【派遣のプロが比較】新潟の金融事務におすすめ派遣会社ランキング

「新潟で金融事務におすすめの派遣会社はどこだろう?」

と悩んではいませんか?

派遣会社に長年勤務をして、現在は転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、あなたにおすすめの派遣会社を紹介します。

この記事で信頼を寄せる派遣会社と出会い、素敵な勤務先と巡り会えることを心より願っております。

関連記事
様々な職種(事務職、製造業、介護、保育、ITなど)や条件(主婦、短期単発、学生、年代別、都道府県別など)で派遣会社を比較しています。
派遣会社おすすめランキング【元派遣会社】が評判や口コミを紹介

新潟で金融事務におすすめ派遣会社ランキング

金融事務の仕事を探すなら、
「金融事務の求人数が多い派遣会社」
がおすすめです。

なぜなら、求人の多い派遣会社に登録することで求人の選択肢が広がり、希望する条件の求人や好条件の求人に巡り合う可能性が高くなるからです。

そこで、Googleで「金融事務 派遣会社」と検索した際に掲載されていた派遣会社17社を抽出し、求人数を調査すると、以下のような結果となりました。

調査概要
調査の企画・集計
株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について
Googleで「金融事務 派遣会社」という検索ワードで検索して掲載していた「『労働者派遣事業許可』を取得している」企業などを17社を対象
調査対象とした求人について
上記で調査対象とした派遣会社がWEBサイトで公開している求人のうち、「条件:金融事務」「地域:新潟県」の条件に合致する求人数をカウントしました。
調査日
2021年10月調査

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各派遣会社の優劣を意味するものではございません。派遣会社選びの際の指標のひとつとしてご利用ください。

それではここから、ランキング上位3社の派遣会社について、それぞれ詳しくご紹介します。

【求人数第1位】テンプスタッフ

「テンプスタッフ」の特徴は?

  • テンプスタッフは歴史の長い人材派遣会社で約40年の実績と信頼があります。
  • オフィスワークや営業職、販売職、研究職など、全職種といっていいほどの幅広い求人を扱っています。
  • コーディネーターが、手厚く丁寧にフォローしてくれるので安心できます。
求人に関する情報
新潟の
金融事務求人数
6件
取り扱い職種 オフィスワーク/翻訳・通訳/金融・証券/テレマーケティング/営業/販売・接客/IT・CAD・クリエイティブ/音楽・映像製作/研究開発・メディカル・医事/作業・物流・整備/保育・介護/栄養士・調理師
取り扱いエリア 全国

※掲載している情報は、2021年10月時点の調査結果です。

運営会社に関する情報
運営会社 パーソルテンプスタッフ株式会社
一般労働者派遣事業許可番号 派13-010026
本社所在地 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー

【求人数第2位】アデコ

「アデコ」の特徴は?

  • アデコは長期的に就業できるようよう、専任の担当者がコーチングやキャリアコンサルティングを行ってくれます。
  • 福利厚生では育児と仕事を両立できるように、保育施設の割引や育児相談などさまざまなサービスがあります。
  • 北海道から沖縄まで全国展開しており、知名度も高く信頼できる派遣会社です。
求人に関する情報
新潟の
金融事務求人数
3件
取り扱い職種 オフィスワーク・事務系/金融系/営業・販売・サービス系/IT系/クリエイティブ系/メカトロニクス・エレクトロニクス系/建築・土木・プラント系/研究開発系/メディカル・ヘルスケア系/製造・物流・軽作業系/その他
取り扱いエリア 全国

※掲載している情報は、2021年10月時点の調査結果です。

運営会社に関する情報
運営会社 アデコ株式会社
一般労働者派遣事業許可番号 派13-010531
本社所在地 東京都千代田区霞が関3-7-1 霞が関東急ビル

【求人数第3位】パソナ

「パソナ」の特徴は?

  • パソナは40年にわたる歴史をもち、口コミ評価でもNo.1になることが多い会社です。
  • 大手企業や人気企業などの求人があり、全体的に求人数も豊富で時給も高めになっています。
  • キャリアアップのサポートだけではなく、社会保険や雇用保険も充実しているため、安心して働くことができます。
求人に関する情報
新潟の
金融事務求人数
2件
取り扱い職種 事務・オフィスワーク・他/外国語事務/営業・販売・接客・他/テレマーケティング/IT・CAD・クリエイティブ/製造・作業/ヘルスケア・産業保健/医療・保育・介護/医薬・臨床・研究開発
取り扱いエリア 全国

※掲載している情報は、2021年10月時点の調査結果です。

運営会社に関する情報
運営会社 株式会社パソナ
一般労働者派遣事業許可番号 派13-304674
本社所在地 東京都千代田区大手町2-6-2

金融事務とは?

元派遣会社勤務・現役の転職エージェント

金融事務とは、一般的に銀行、証券会社、保険会社における金融業界の業務をいいます。
一般的な事務スキルに加えて、業界知識や専門用語への理解を深めながら仕事を進めます。

金融事務の特徴として、他の事務職に比べると、直接お客様と接する機会が多いことが挙げられます。お客様と電話やメールでやりとりをするなど、事務作業や手続き以外の業務も担う仕事です。

ただ金融事務は、業務の内容や働く場所によっても仕事内容などに違いがあります。

業務内容による違い

金融事務の仕事は、業務内容の違いによって「証券事務」「銀行事務」「保険事務」の3つに分類されます。

いずれも「事務」という職種は同じです。

しかし、異なる商品やサービスを扱っているので、仕事の進め方や、必要とされる知識に違いがあります。

働く金融分野によって業務内容が異なることを把握しておきましょう。
証券事務の仕事内容
証券事務は、株式や債権の取引や投資信託などを扱っている証券会社に勤務します。

証券事務の主な仕事内容を紹介します。
  • 証券取引に関する業務
  • 証券口座の管理
  • 決算データの入力
  • トレーダーのアシスタント業務
  • アナリストのアシスタント業務など 
証券会社は、有価証券の取引に興味がある方や、これから勉強したいという方におすすめの職場です。

また、日頃から日本の経済情勢を把握し、仕事に活かすことが求められます。
銀行事務の仕事内容
銀行事務は、日常生活で利用するため働き方がイメージしやすい銀行に勤務します。
  • 銀行口座の開設
  • 預金申し込みの受付
  • 入出金の処理
  • 海外送金の手続き
  • 通貨の両替 など
外資系銀行となると、上記に加えて為替や貿易取引に関する業務を担うこともあります。

銀行では、業務を正確かつスピーディに処理することが求められます。

大切なお金を扱うからこそ、ミスは許されないという緊張感のある職場で働きたい方におすすめです。
保険事務の仕事内容
保険事務は、生命保険や損害保険などを扱っている保険会社やその代理店に勤務します。
  • 保険商品の契約手続き
  • 保険金の支払い処理
  • 各種書類作成
  • 事故の受付
  • 問い合わせ対応 など
保険事務の仕事には、金融や法律に関する専門用語が数多く登場するため、勉強し続けることが求められます。

最初は大変かもしれませんが、身についた知識は自身の日常生活にも役立つでしょう。

勤務場所による違い

業務内容が同じ金融事務であっても、勤務場所によって仕事内容が異なります。

主な勤務場所として挙げられるのが「店舗や支店」と「管理センター」の2つです。

それぞれの勤務場所で、お客様や社内外の関係者との関わり方も変わってきます。

金融事務の求人を探す際には「どの勤務場所で働くか」もチェックしておきましょう。
店舗や支店などでの仕事内容
まず、金融機関の店舗や支店での仕事内容を紹介します。
  • 窓口対応(口座開設など、各種手続きの受付)
  • 後方事務(各種手続きの処理)
  • 営業事務(営業担当者のサポート)
  • 問い合わせ対応(電話やメールでの回答) など
どの仕事にも求められるスキルがコミュニケーション力です。

特に「窓口対応」と「問い合わせ対応」は、直接お客様と接する仕事です。

そのため、手続きの内容をわかりやすく説明したり、快く対応したりすることが大切です。

「後方事務」と「営業事務」はお客様と対面することが少ない仕事です。

ですが、社内外の関係者との、円滑なコミュニケーションで仕事を進めることが重視されます。
管理センター等での仕事内容
次に、管理センター等での仕事内容を紹介します。

管理センターとは、一括して社内の事務処理を行う場所のことです。
  • 支店からの問い合わせ対応
  • 支店から依頼される事務処理
  • 郵送やオンライン経由で依頼される事務処理 など
最近では、インターネットバンキングの利用手続きなど「オンライン経由」での依頼が増えています。

そのため、企業も管理センターの人手が必要なため、求人数も増えていくことが予想されます。

また、店舗や支店に比べると、仕事を進める上でお客様と接する機会は少ないです。

資料やデータのチェックが多いので、コツコツとパソコンに向かう仕事が好きな方におすすめでしょう。

金融事務の働き方は?(勤務時間やシフトなど)

ほとんどの職場が、勤務時間を「9時~17時」としています。

正社員や派遣社員の場合は、フルタイムで働くことが多いです。またパートタイマーの場合は、シフト制で「9時~12時」「14時~17時」など、希望する時間帯のみ働くことができます。

上記に加えて、正社員は多忙な時期だと、休日出勤や残業が多い傾向にあります。

しかし、派遣社員やパートタイマーはカレンダー通りの出勤で、残業もほとんどありません。

退社が遅くなる心配も少なく、土日祝日が休みなので、主婦の方にとっても働きやすいでしょう。

金融事務が働く場所の雰囲気は?

配属される拠点にもよりますが、職場の雰囲気として「協調性が高く、働きやすいこと」が挙げられます。

金融機関では、営業や事務、正社員や派遣社員など、属性が異なる人たちが同じ拠点で働いています。

そのうえ、年齢層も幅広く、20代から50代までがバランスよく配属されていることが多いです。

お互いを尊重し合いながら協調することが必須の環境なので、自然と働きやすい雰囲気ができています。

金融事務で働くメリット・デメリットは?

金融事務として働くことを検討する際に、メリット・デメリットを把握しておくことは大切です。

企業や拠点によっても異なりますが、主なメリット・デメリットを知ることによって、事前にミスマッチを防いでおきましょう。

金融事務で働くメリット

金融事務で働くメリットとして、次の点が挙げられます。
  1. 金融業界内でのキャリアアップが見込める
  2. 派遣社員の活躍の場が充実している
金融業界内でのキャリアアップが見込める
金融事務として経験を積み、さまざまな知識を吸収することで、より専門的な職種へキャリアアップできます。

具体的には、証券事務や銀行事務からは、信託銀行事務や投資顧問事務などが目指せるでしょう。

また、保険事務からは、ファイナンシャルプランナーやライフコンサルタントとして、企業や独立を目指すケースもあります。
派遣社員の活躍の場が充実している
金融事務の仕事は、正社員に比べて、派遣社員の雇用割合が高い傾向にあります。

そのため、豊富な求人の中から、条件や希望に合う職場を探しやすいです。

加えて、派遣社員としてでも、やりがいのある仕事を得られる可能性が高いでしょう。

金融事務で働くデメリット

金融事務は、日頃から緊張感が漂う職場で働くことになります。

そのため、気の抜けない環境からストレスを感じてしまうことがあるでしょう。

金融事務が取り扱うのは、大切なお客様の個人情報や資産です。

そのため、ミスが許されず正確に仕事を進める必要があります。

とくに、繁忙期は、正確かつスピーディーに事務処理をしなければなりません。

自分のペースで仕事を進めたい方にとっては、苦しいことも予想されます。

金融事務の派遣の仕事は激務なの?

銀行などの金融機関で働く金融事務の派遣社員の仕事は、一般企業で働く事務員と比べ「忙しい」「大変」と感じる方が多いです。

なぜならば、銀行などの金融機関は、お客様の個人情報や資産を取り扱う業務が多いため、常に緊張感がある環境で仕事を行うためです。また、業務の中で窓口対応や電話応対をする場合は「対応の正確さとスピード」を求められる場面が多いです。

業務内容を覚え、忙しさ、緊張感がある職場環境に慣れるまでは「ストレスを感じる…」「仕事内容が大変…」「辛い…」「辞めたい…」と感じてしまう場合があります。

業務の忙しさや職場環境について不安がある方は、就業を開始する前に、派遣会社の担当者に派遣先企業の内情について質問するとよいでしょう。

金融事務は未経験/金融知識ゼロでもなれる?

金融事務は、未経験かつ金融知識がゼロからでも挑戦できる仕事です。

業界動向や専門知識など、覚えることは山ほどありますが、金融に興味がある人なら楽しみながら成長できるでしょう。

未経験かつ金融知識がゼロからでも挑戦できるとはいえ、即戦力となれる実務経験がある人が優遇されることもあります。

未経験の場合は、基本なOAスキルやコミュニケーション力、向上心を積極的にアピールすることが大切です。

金融事務に有利な資格は?

金融事務の仕事に関連する資格を持っていると、採用において有利になることがあります。

金融業界ならではの資格はもちろん、事務職に求められるOAスキルに関する資格などが有効でしょう。

とくに、未経験からチャレンジする場合は、専門知識を身に付けているアピールにもなるので、取得することをおすすめします。

日商簿記検定

日本商工会議所が主催している日商簿記検定は、年間で約60万人以上が受験しており、社会的な信頼度が高い資格です。

就職に有利なのは2級以上と言われていますが、初心者の方は3級から挑戦すると良いでしょう。

3級では、商業簿記に関する基本的な知識を身につけ、徐々に簿記に慣れることができます。

より高いレベルの級を取得できるよう、継続して勉強できる点もおすすめです。

証券外務員(外務員資格)

証券外務員(外務員資格)は、日本証券業協会が主催しており、株式や債権などの金融商品を取引するにあたって必要な資格です。

この資格を持っている人のことを、一般的に「証券外務員」と呼んでいます。

「証券」という名前がついていますが、証券会社だけでなく、銀行や保険会社で働く上でも役立つ資格です。

また、取得する過程では、金融商品についての知識が身に付き、証券取引に関連する法令への理解も深められます。

ファイナンシャルプランナー(FP)技能検定

ファイナンシャルプランナーは、日本FP協会が主催しており、お客様に資産運用のアドバイスをする上で役立つ資格です。

基礎的な内容である3級を取得することで、2級以上の受験資格を得られます。

そのため、勉強を続けることで、より難易度の高い級に挑戦でき、転職や就職にも有利になるでしょう。

また、家計にまつわるお金の知識が身に付くので、仕事だけでなく日常生活にも役立つ、一石二鳥の資格です。

国際会計検定(BATIC)

東京商工会議所が主催する国際会計検定(BATIC)は、日商簿記検定の英語バージョンといえる資格です。

「英文簿記」の科目は、日商簿記検定の内容と被っている部分も多いため、英語力に自信がある方におすすめです。

また、国際会計理論についての理解も深めることができます。

取得すれば、外資系の金融機関への転職・就職にも挑戦しやすくなるでしょう。

金融事務の年収相場は?

金融事務の平均年収相場は、「200万円〜400万円」と言われています。

役職がついたり、外資系の金融機関に勤めたりすると、500万円以上も望めます。

しかし、正社員か派遣社員かを問わず、短期間で大きく昇給することはほとんどありません。

そのため、インセンティブなど成果報酬を望む人にとっては、物足りなさを感じる可能性もあります。

派遣の金融事務の平均時給は?

派遣社員の場合、時給は「1,300円~1,400円」に設定されていることが多いです。

月収に換算すると、フルタイムで働けば20万円は見込めるでしょう。

ただ、地域によっても時給は変動するため、ここからは、具体的に北海道・東京・福岡の3都市の金融事務の平均時給を比較してみます。
北海道の金融事務平均給与
<北海道平均>時給900円~1,150円前後、月収14~17万円前後
例1:金融事務(窓口事務)
9:30~16:00(5.5時間勤務)・週4日勤務・時給1,110円 1,110円×5.5h×16日=月収9万7,680円(年収約117万円)
例2:金融事務(保険)
9:00~17:00(7時間勤務)・週5日勤務・時給1,000円 1,000円×7h×20日=月収14万円(年収約168万円)
例3:金融事務(損保)
9:00~17:00(7時間勤務)・週5日勤務・時給1,050円 1,050円×7h×20日=月収14万7,000円(年収約176万)
例4:金融事務(証券)
8:40~17:10(7.5時間勤務)・週5日勤務・時給1,200円 1,200円×7.5時間×20日=月収18万円(年収約216万円)
例5:金融事務(銀行)
8:30~17:00(7.5時間勤務)・週5日勤務・時給900円 900円×7.5時間×20日=月収13万5,000円(年収約162万円)
東京の金融事務平均給与
<東京平均>時給1,500円~1,700円、月収約22万~25万円前後
例1:金融事務(証券)
8:40~17:10(7.5時間勤務)・週5日勤務・時給1,580円 1,580円×7.5h×20日=月収23万7,000円(年収約284万円)
例2:金融事務(営業)
8:40~17:10(7.5時間勤務)・週5日勤務・時給1,630円 1,630円×7.5h×20日=月収24万4,500円(年収約293万円)
例3:金融事務(銀行)
9:00~18:00(8時間勤務)・週5日勤務・時給1,530円 1,530円×8h×20日=月収24万4,800円(年収約293万円)
例4:金融事務(不動産)
9:30~17:30(7時間勤務)・週5日勤務・時給1,550円 1,550円×7h×20日=月収21万7,000円(年収約260万円)
例5:金融事務(データ入力)
9:00~18:00(8時間勤務)・週5日勤務・時給1,500円 1,500円×8h×20日=月収24万円(年収約288万円)
福岡の金融事務平均給与
<福岡平均>時給1,100円~1,200円、月収15万円~18万円前後
例1:金融事務(生命保険)
8:40~17:30(7.5時間勤務)・週5日勤務・時給1,250円 1,250円×7.5h×20日=月収18万7,500円(年収約225万円)
例2:金融事務(銀行)
8:50~17:10(7時間勤務)・週5日勤務・時給1,100円 1,100円×7h×20日=月収15万4,000円(年収約184万円)
例3:金融事務(損害保険)
9:00~17:00(7時間勤務)・週5日勤務・時給1,150円 1,150円×7h×20日=月収16万1,000円(年収約193万円)
例4:金融事務(損害保険)
8:45~17:45(8時間勤務)・週5日勤務・時給1,050円 1,050円×8h×20日=月収16万8,000円(年収約201万円)
例5:金融事務(銀行後方)
8:50~17:10(7時間勤務)・週5日勤務・時給1,200円 1,200円×7h×20日=月収16万8,000円(年収約201万円)
このように、地域によって派遣の金融事務の時給は変動し、東京などの大都市ですと1,500円以上求人も多いですが、地方都市になると1,100円前後が多くなります。

派遣が初めての方へ!派遣登録の流れ

初めて派遣という働き方を選択する方は、
どのような流れで仕事がはじまるか不安ですよね?

そこでここでは、派遣会社を探して、お仕事開始までの流れを図にしてみました。 バイト派遣(登録制バイト)の流れ 派遣会社にWebから登録した後は、

まずは派遣会社が、登録希望者の今までの経歴やスキルを確認するため、あなたは「派遣登録会」への参加が必要です。

派遣登録会にて派遣登録を完了すると、専用ページで仕事を検索することもできますし、派遣会社から直接仕事の打診がくることもあります。

希望の求人に応募すると、派遣会社内での選考を経て、派遣先企業との顔合わせや職場見学があります。それらを問題なく完了し、派遣スタッフとしての採用が決まれば、仕事をスタートできます。

▽さらに詳しく確認したい方はこちらのページをご確認ください。

【派遣のプロが語る】初めての派遣登録の流れ|派遣会社選びから登録会までの詳しい流れが一気にわかる

派遣会社の登録会は、どのような服装でいけばいいの?

派遣会社の登録会には、清潔感のある「オフィスカジュアル」で参加するのがおすすめです。 「オフィスカジュアル」とは次のような服装です。
  • シャツ・ブラウス
  • ニット
  • カーディガン
  • パンツ(黒・紺・ベージュ)
  • スカート
ジャケットや襟付きのシャツが必須ではありません。
また、コーディネートに自信がない方はスーツを着用してもOKです。

▼関連記事▼
>>派遣登録会におすすめの服装14選/主婦・大学生・看護師・40代・工場などシーン別に紹介

金融事務以外で金融機関の派遣求人にはどんな職種があるの?

金融事務以外の派遣の求人には、主にテレフォンオペレーター、営業、接客等があります。

金融の中にも、銀行、証券会社、保険会社、カード会社等種類があり、それぞれ業務内容が異なります。

テレフォンオペレーターは、商品の問い合わせ対応、契約内容確認、新規サービス案内等の業務があります。

訪問はありませんが、電話営業があることが多く、個人やチームに目標数字がつく場合が多いです。

営業は、訪問や電話でニーズのヒアリング、商品の提案等です。

個人やチームに目標数字がつき、達成すると時給が上がる場合もあります。

接客業務は、商業施設等でのカードの入会案内、受付業務等です。

こちらも接客ですが、成約件数等目標数字がつくことが多いです。

まとめ

この記事をまとめると、

新潟で金融事務の派遣会社を探すなら、
テンプスタッフ
が最もおすすめできる派遣会社です。

求人数が豊富な派遣会社であれば、自分の希望に近い求人やより好条件の求人が見つかりやすくなります。

ただし派遣登録するなら複数の派遣会社に登録することをおすすめします。

複数に登録して比較検討することで、よりよい派遣先企業が見つかりやすくなります。

この記事が、あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

関連記事

こちらの記事では、金融事務におすすめ派遣会社を全国版でご紹介しています。
>>【派遣のプロが比較】金融事務におすすめ派遣会社ランキング

・他のエリアのおすすめ派遣会社が知りたい
・全国的におすすめ派遣会社はどこ?
と思っている方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

【都道府県別】金融事務におすすめ派遣会社

東京を除く全国46道府県ごとに金融事務におすすめの派遣会社も調査しています。

  • 今、住んでいる地元で働きたい!
  • 隣の都道府県で同じ職種で働けるかな?

など、働きたい都道府県別で金融事務におすすめの派遣会社を探したい方は、ぜひそれぞれの地名をクリックして地域別記事もご覧ください。

新潟県に関連する記事の一覧