派遣社員はみじめな思いをしてしまう?派遣がみじめだと思われる理由と上手な付き合い方

「派遣社員はみじめなイメージが持たれていて、派遣業務を続けていいのか不安・・・」

とお悩みではありませんか?

派遣会社に約6年勤務した「#就職しよう」編集部の中塚が、派遣社員が惨めだと感じることについて解説します。
この記事で、派遣社員としての働き方に自信を持てるようになることを祈っています。

目次

派遣社員がみじめだと感じるのはどんな時?

派遣社員として働いている方達が、実際にどのようなときに「派遣」がみじめだと感じるのか、みじめと感じるタイミングと理由をそれぞれ解説していきます。

派遣社員は、どのようなところが不安要素となりえるのか知っておけば、「派遣」という働き方を選ぶかどうかの参考にできるようにもなります。

派遣切りにいつなるのかわからないとき

派遣社員は事前に契約更新が行われるか決まっていない場合、契約更新を迎えるタイミングで契約が終了したり、会社の経営不振などが原因で派遣切りがいつ行われるのか分からなかったりします。

雇用期間に定めのない正社員とは違い、派遣社員は期間を定められていることから、契約が終わったら新しい派遣先を探さなければなりません。

契約が更新されるか不安になったり、契約が切れて新しい派遣先を探す必要ができたときに惨めと感じてしまうこともあります。

派遣社員と正社員の格差を感じたとき

派遣社員と正社員は本来、同じ労働者として格差が出ないようにしなければなりません。

ところが、正社員との労働時間の違いなどで、十分な福利厚生が受けられなかったり、給料差が生まれてしまったりすることが多く、派遣社員は正社員と格差ができてしまいやすいことが現状です。

正社員と格差を感じたときに、派遣社員であることを惨めと感じてしまう方もいます。

格差があるにも関わらず、正社員と同じ量の仕事を任せるなどの、派遣社員に求めすぎる派遣先企業があることも問題になっています。

収入の少なさを感じたとき

派遣社員の方がみじめに感じる部分は収入の少なさです。

派遣社員の方の中でも、好条件の派遣先で満足できるほどの収入を得ている方もいます。

しかし、どうしても正社員などと比べると、派遣の収入が少なくなりがちなため、派遣社員として「自分がみじめに思える・・・地獄だ」と感じている方も少なくありません。

特に日雇い派遣で働いている場合に、収入の違いを感じることが多いです。

派遣先企業からひどい扱いを受けたとき

派遣社員の方がみじめだと感じる大きな外的要因として、派遣先企業からひどい扱いを受けることが挙げられます。

定時で上がれる派遣社員に対して派遣先企業の上司が文句を言ってきたり、立場の違いをバカにしたりするような人なども残念ながらいます。

派遣社員としての働き方を理解していない人たちの心無い言動による、人間関係のトラブルが、「派遣社員の働き方はやばい」というイメージを作り上げてしまう原因のひとつと言えます。

知り合いに派遣社員として働いていることを明かすとき

派遣社員をしていて、正社員の知り合いばかりが周りにいると、派遣社員であることを知り合いに伝えることも「自分がみじめで情けない」と感じてしまう要因になっています。

派遣社員として働くこと自体は悪いことではありませんが、正社員との給料差や待遇差が生まれやすいことから、あまり知り合いに知られたくないと思う気持ちが生じやすくなります。

派遣社員として前を向いて働くための考え方

派遣社員がみじめだと感じてしまう理由には、どこか正社員と比べると落ち度があるなど、派遣社員として働くことへの考え方がマイナス思考になりがちなところにもあります。

派遣社員として働くことに意味を見出すことができれば、「派遣」を前向きに捉えられるようになるでしょう。

自由な時間を確保するために働く

派遣社員はある程度勤務時間や、出勤日数の希望を出して派遣先を探せるため、プライベートな時間を取りやすくなります。

仕事よりも自由な時間を大切にしたいという考え方もひとつの考え方なので、自由な時間をより充実させるために派遣社員として働くのも、賢い選択のひとつと言えます。

経験を積んでよりよい仕事をする足がかりにするため

派遣社員は契約期間が定められているため、仕事を転々としやすくなるような部分を持っていますが、逆に考えればさまざまな派遣先で経験が積めると捉えることも可能です。

さまざまな派遣先で経験が積める特徴を活かして、よりよい仕事をする足がかりとして派遣という働き方を活用してみてはいかがでしょうか。

正社員になる前の一時的な収入確保のため

派遣社員として働いている方の中には、正社員になる前の一時的な収入を確保するための方法として、派遣という働き方を利用している方もいます。

どんな仕事をしたいのか悩んでいる方などが、今後の就職に役立てるために経験を積みながら、収入を確保する手段として派遣社員を活用するケースも存在しています。

派遣はやめたほうがいい?派遣社員のメリットとデメリット

派遣の働き方は、メリットとデメリットどちらもあるので、派遣をやめたほうがいいのかどうかは、派遣として働く人の向き不向きが大きく関わってきます。

どんな長所があるのか、どのような部分が短所になってしまうのか、派遣社員の働き方を選ぶ前に、「派遣」の実態をチェックしておきましょう。

派遣社員で働くメリット

派遣社員で働くメリットはどんなところにあるのか、3つのポイントに分けて紹介します。

自分にとって「派遣」の働き方には、プラスになる部分があるのかどうか確認していきましょう。

1.好きな仕事を選んで応募できる

派遣社員は、必要な資格さえ持っていれば、専門性の高い派遣先企業であっても応募できます。

好きな業務内容や、職種の中から好きなものを選べることもメリットのひとつです。

どんな仕事に就こうか悩んでいる方は、さまざまな仕事を紹介してくれる派遣会社の活用を考えてみてはいかがでしょうか。

2.未経験でも始められる仕事がある

派遣会社が紹介している仕事の中には、派遣社員が未経験でも始められる仕事も扱われています。

初めての仕事であっても、教えてもらいながら新しい技術を身につける機会も得られるため、やったことのない仕事でもチャレンジできるところは、派遣社員ならではの強みです。

3.派遣会社のサポートが得られる

派遣社員が派遣先企業で仕事がスムーズに行えるように、派遣会社は派遣先企業との話し合いを行ったり、契約内容の交渉などを行ってくれたりします。

また、派遣先企業の派遣社員に対する扱いが不当な場合は、派遣先企業の環境改善あるいは、新しい派遣先企業の紹介などさまざまなサポートが得られます。

派遣社員の望む環境で働ける求人を派遣会社に探してもらえることも、メリットとなるでしょう。

派遣社員として働くデメリット

派遣社員として働いた時に起こりうる、デメリットをそれぞれ紹介します。

物事には良いところもあれば、悪いところもあるのでしっかりと見極めていくことが大切です。

1.同じ派遣先企業で3年以上働けない

派遣社員は、同じ派遣先企業で3年以上働けない、派遣3年ルールと呼ばれる決まりがあります。

同じ職場であっても部署を変えることで、3年後も続けて働くことはできますが、部署が変われば仕事内容や環境も変わるため、本当に同じ職場で働き続けたいと考えている人にとってはデメリットになりえます。

2.契約の更新がされない場合もある

派遣社員は、3ヶ月ごともしくは6ヶ月ごとに1回行われる契約更新のタイミングで、そのまま契約が続くのか終了するのか決まることになります。

契約上更新がない場合はもちろん、契約更新ありでも双方が合意しない場合は、契約の更新をされないこともあるため、契約が終了したら、また新たな派遣先を探すことになります。

派遣社員は、正社員のように定年退職までの一生を同じ職場で続けられない点は、忘れないようにしましょう。

3.専門的な派遣先企業で働けるかどうかで給料の差が大きくなる

派遣社員では、専門知識や資格が必要になる派遣先企業になると、他の仕事と比べて給料が高くなりやすい特徴を持っています。

つまり、必要資格などの条件を満たせない場合は給料の差が大きくなってしまうといったデメリットも存在します。

スキルが重要になってくるところは、派遣社員などの非正規社員にとって大変な点のひとつです。

もし資格やスキル・経験がなく、さらに人気の求人や職種を希望していると、悲惨と感じてしまうほど派遣先探しが難しいと感じてしまうこともあります。

デメリットとメリットどちらを重視するかで派遣社員になるか決めよう

派遣社員として働く時のメリットとデメリットを見て、プラスになることの方が多いのか、マイナス面が大きくなってしまうのか比較して、派遣社員になるかどうか決めることをおすすめします。

仕事に関して何を重視するのかは個人で異なるため、まずは自分が派遣社員として働きたいかどうかで考えていくことをおすすめします。

派遣社員としてうまく働くための方法

派遣社員としてうまく働いていくために役立つ4つの方法をそれぞれ解説していきます。

派遣会社・派遣先の選び方を変えていくだけでも、安心して働ける派遣先企業に出会いやすくなるでしょう。

1.派遣社員に対するサポートが手厚い派遣会社に登録しよう

派遣会社によっては、あまり派遣社員を大切にせず危ない派遣会社などと言われてしまう派遣会社もあれば、就労から終了後のアフターケアまで、手厚くサポートを行っている派遣会社もあります。

派遣社員の評判が悪いような派遣会社では、派遣社員をサポートする体制が整っていないことが多いため、サポートの内容が明確になっている派遣会社や、評価の高い派遣会社に登録するようにしましょう。

2.スキルが活かせる派遣先を選ぼう

前向きにやる気を持って派遣先企業で仕事をしていくためにも、スキルを活かせるやりがいのある仕事を選ぶことをおすすめします。

持っている資格や知識が役に立つ派遣先企業であれば、業務もスムーズに行えるようになったり、派遣先企業からの評価も得られたりしやすくなるため、派遣契約の更新もしてもらいやすくなるでしょう。

3.できるだけ長期契約の派遣先を探そう

短いスパンで派遣先企業が変わるのが嫌だという方は、できるだけ長期契約の派遣先を探しましょう。

3ヶ月程度の契約更新はありますが、2年から3年ほどの長期で働ける派遣の仕事であれば、次の就職先や派遣先をどのようなところにするのか考えられる時間も作れます。

正社員を目指していくのか、派遣社員として働いていくのかなど、ゆっくりと考えていきましょう。

4.スキルアップでより良い条件の会社を目指そう

専門的な資格を持っていれば、より良い条件の派遣先で働いたり、異なるジャンルの職種に挑戦したりできるため、自分自身のスキルアップをして行くことも手段のひとつです。

努力をすればするだけ、多くの方が感じているみじめな人生を変えるチャンスがあるのも、派遣社員の魅力です。

信頼できる派遣会社を選ぶコツは?

悪質派遣会社のリストやランキングに載っているような、「やばい・悪質・悪い」と言われる派遣会社が多い中、信頼できる派遣会社を選ぶためには、実績や派遣社員へのサポートなどの情報を、事前に調べることが大切です。

サポート内容が詳しく書かれていなかったり、保証がどのようになっているのか説明がなかったりするような派遣会社は、避けるようにしたほうがいいでしょう。

また実際に派遣会社に訪れて、派遣会社のスタッフの対応や、一般事務や工場での仕事など、派遣先探しに集中できそうな環境かどうかチェックしておくのも効果的です。

派遣先企業から不当な扱いを受けたときはどうしたらいい?

派遣社員の中には、派遣先企業の上司などから、「クズ」などの暴力的な言葉を使われた方も少なからずいます。

もちろん、派遣社員を大切にしてくれるような派遣先企業もありますが、不当な扱いをしてくるような派遣先企業に出会うことがあるかもしれません。

派遣社員同士のトラブルや、不当な扱いを派遣先企業から受けた時は、派遣会社に相談するようにしましょう。

派遣会社が、トラブルを起こした派遣社員への注意を行ったり、派遣社員への対応を改めるように派遣先企業へ働きかけてくれたりします。

40・50代の派遣社員は苦労することになる?

派遣社員として働いている40代・50代のアラフォー・中高年と言われる世代の方々が、派遣社員としての苦労を語っている、派遣社員のブログなどを見かけたことはあるでしょうか?

派遣先企業への採用のされにくさや、扱いなどについてマイナスなイメージがつきやすくなっています。

ここでは、40代・50代の派遣社員が働く実態について、採用されにくい理由などについて解説します。

若手を求める派遣先には採用されにくい

派遣会社で紹介されているような派遣先企業には、若手を求める派遣先が多いのが実情です。

本来、派遣先企業は年齢制限を設定することは禁止されていますが、社員の平均年齢が20代などの若い派遣先企業などは、40代・50代の派遣社員が入ると「気を使ってしまうのでは?」と派遣会社も考えやすくなってしまうこともあります。

即戦力を求める派遣先なら活躍できる

派遣会社に登録している派遣先企業は、若手を求めている派遣先企業ばかりではありません。

40代・50代の仕事経験が豊富な、即戦力となるベテランを求めている派遣先企業も存在しています。

長く働いていないと分からないような作業や、若手ではなかなか身につけられない技術面などの部分は、40代・50代の派遣社員だからこそのアピールポイントとなるでしょう。

派遣社員として働くのに向いている人

派遣社員として働いて行くのに、向いている人はどんな人なのか大きく3つに分けて紹介します。

派遣社員として働くかどうか悩んでいる方は、自分に該当するところがあるのか確認してみましょう。

1.臨時的な収入を得たい人

派遣社員の働き方として、正社員を見越した臨時的な収入を得るために派遣社員を選んでいる方も少なくありません。

派遣社員として短期契約を行って、いつでも就職先を探して行動が起こせるようにしたり、資格を取るための資金づくりに利用したりなど、臨時的な収入を得たいという人にも派遣社員はおすすめです。

2.プライベートを重視したい人

派遣社員の労働日数や時間の希望が出せる特長を生かして、子育てや趣味の時間を作る、プライベートを重視する手段として派遣社員を選んでいる方もいます。

仕事以外のことで何かしてみたいことや、大切な時間があるのであれば、派遣社員として働いてみるのもいいでしょう。

3.さまざまな職場で働きたいと考えている人

派遣社員としての働き方は、派遣会社が紹介しているさまざまな仕事に就けるチャンスがあるため、「派遣の方がいい」と思わせてくれるでしょう。

あえて短期契約を結んで、定期的に新しい派遣先に行きながら、自分にぴったりな仕事を探すことにも役立ちます。

派遣社員に向いていない人

派遣社員の働き方に向いていない人はどのようなタイプの人なのか、それぞれ紹介します。

派遣社員が全ての働き方ではないので、他の道を選ぶ参考としても役立ちます。

1.安定した収入を得たい人

派遣社員は3年以上の勤務などができないため、安定した収入がもらいにくくなる特徴を持っています。

正社員であればひとつの会社で安定した収入を得ながら、定年を迎えるまで働くことも可能ですが、派遣社員のままでは難しくなってしまうでしょう。

2.福利厚生を利用したい人

正社員であれば利用できる福利厚生も、派遣社員の勤務日数などの違いから全てを利用することは難しくなっています。

もちろん条件を満たせば派遣社員でも利用できるような、福利厚生が用意されているような派遣先企業もあります。

しかし、正社員のように充実した福利厚生を求めるのであれば、派遣社員はあまりおすすめできません。

3.同じ職場で働き続けたい人

同じ職場で、慣れた人たちと働き続けていきたいと考えている方にとって、契約期間が定められている派遣社員としての働き方は、「めんどくさい」と感じることでしょう。

正社員でも転勤などが必要になる可能性もありますが、派遣社員は最長でも3年しか同じ職場で働き続けることはできないため、ひとつの職場に絞りたいという方に派遣社員は向いていません。

まとめ

今回の記事をまとめると、

派遣がみじめだと感じるのは、周りとの差が気になるから
派遣社員として多くの人がみじめだと感じている理由は、周りから派遣社員としての働き方を理解してもらえなかったり、正社員などとの給料の差や、待遇の違いなどによって生まれています。

デメリットの部分ばかりを見ているとみじめに感じるかもしれませんが、派遣社員としての自由な働き方を活用すれば、派遣社員として自信を持てるようになるでしょう。

派遣社員としての働き方を前向きに考えよう
派遣社員には、プライベートな時間を重視した生活リズムを作れたり、さまざま職場で経験を積むことができたり、考え方を変えれば前向きなポイントになるメリットも存在しています。

他の人にとってはデメリットになりえる派遣社員の特徴も、うまく活用していければ、自分の求める働き方にあった働き方として、派遣社員を選択肢に加えられるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA