【派遣のプロが教える】派遣スキルチェックができなかったときは?

「派遣のスキルチェックができなかった!」
「求人紹介に影響はあるの?」
「もう一回受けられないのかな?」

と思っていませんか。

派遣会社に長年勤務をして、現在は転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、派遣会社のスキルチェックについて解説します。

派遣のスキルチェックができなかったと不安を感じる方に、少しでもこの記事がお役に立てば幸いです。

派遣のスキルチェックができなかったら求人紹介に影響があるの?

派遣のスキルチェックによって、ある程度は求人紹介に影響が出ます。

しかし、「スキルチェックが上手くいかなかったから時給が低い求人しか紹介されない」と短絡的に決めつけるのは間違いです。

なぜなら、スキルチェックは、登録者のスキルを把握して相応しい派遣先企業を探すためのものだからです。

結果が悪くても大丈夫ですし、実力が発揮できなくてもそれほど落ち込む必要はありません。

スキルチェックの結果より過去の経験や実務でのスキル、あなた自身の人柄の方がずっと重視されます。

何より、スキルチェックの結果が影響して登録を断られると言うこともありません。

派遣のスキルチェックを再度受け直すことはできる?

スキルチェックの結果に満足いかないのであれば、多くの派遣会社でスキルチェックを受け直すことができます。

「緊張して普段の実力が出せなかった」
「想像以上にスキルチェックが難しかった」
上記のように失敗してしまったと感じている方もいるでしょう。

いきなり再挑戦するのではなく、実務の経験を積んでから受け直したり、参考書やサイトを利用して勉強し直してから再チャレンジするというのもいいでしょう。

ただし、スキルチェックの点数が上がることで、すぐにより良い派遣求人が紹介されて時給も上がると言うことは考えにくいです。

一方で、次に紹介される求人が変わるという可能性はあります。

再度受け直したい場合は改めて派遣会社へ連絡を入れ、日程を決めて1回目と同じようにスキルチェックを受けることになります。

そもそも派遣のスキルチェックはどんなことをするの?

派遣のスキルチェックは、主に以下の内容について合計30分程度で確認されます。

  1. タイピング
  2. Excel(エクセル)
  3. Word(ワード)
  4. 一般常識
  5. 適性検査

これらは派遣求人として多い事務職の場合のスキルチェック内容で、どこの派遣会社でもだいたい似たような内容が出題されます。

1.タイピング

タイピングでは、PCでキーボードによるタイピングの速度、正確さをチェックします。

だいたいの目安として1分間に60文字の速度があれば、仕事で問題なく活用できるレベルと言われています。

不安であれば無料のタイピング練習サイトで練習しても良いでしょう。

2.Excel(エクセル)

Excelによるデータ入力や、ごく簡単な計算式の入力ができるかどうかをチェックします。

・セルに数値や文字の入力ができる
・列や行の挿入・削除ができる
・簡単な表が作れる
・足し算・引き算や、合計、平均といった基本的な関数が使える
・表を元にしてグラフが作れる

このくらいが出題されるおおよその基準となっており、正解できれば基本的なExcelスキルはあると判断されます。

3.Word(ワード)

WordはExcelほど出題量が多くなく、文書作成ができれば問題ないとみなされます。

・文字入力
・文字フォントやサイズの変更
・太字や下線などの装飾
・印刷
Word、Excelとも、このレベルの内容であればYouTubeにも基本操作セミナー動画が多数アップされています。お金をかけて参考書を買う必要はありません。

4.一般常識

一般常識の中には「ビジネスマナー」も含まれます。

具体的には、以下のような内容が出題されることが多いです。
・漢字の読み書き
・計算問題
・時事問題
・敬語の使い方
・電話応対の仕方
・封筒の宛名書き

ビジネスマナーに関しては、オフィス勤めの経験がないと馴染みが薄いかもしれません。こちらもWebサイトやYouTubeで基本を浅く広く見ておくと良いでしょう。

5.適性検査

適性検査はあなた自身の考え方や人柄をみる検査ですので準備は不要です。

具体的には自制心や規律の遵守意識、協調性、ストレス耐性などをチェックする問いかけが出題されます。

なぜ派遣のスキルチェックが行われるの?

派遣のスキルチェックは、その時点でどれくらいのスキルがあるかを確認するために行われます。

派遣先企業が派遣社員を募集する際には「このくらいのレベルは欲しい」とリクエストがあるので、ミスマッチを防ぐために行われていると考えるとイメージしやすいです。

つまり必要なレベルとは企業それぞれの考え方でしかなく、時給の高低や働きやすい環境かどうかとは必ずしも連動していないのがポイントです。

スキルチェックの結果はざっくりと「初級・中級・上級」のように判定され、派遣先企業にも保有スキルを記載したスキルシートとして共有されます。

希望する職種によって派遣スキルチェックは違うの?

同じ派遣会社であっても、希望する職種によってどんなスキルチェックをするかは異なります。

例えば、工場での仕分けや組み立ての希望者に、ExcelやWordのスキルは殆ど必要ありません。

逆に、外資系企業や海外との取引が多い商社であれば、英語は必須となりTOEICスコアなども提出する必要が出てきます。

専門職を希望する場合のスキルチェックの例
外資系企業や商社 英語の読み書き、会話、資格やTOEICスコアの提出
経理 Excel、簿記(3級相当の問題)
製造 ねじ締めや部品組み立ての実技チェック、体力測定
IT・エンジニア スキルチェックシートでの自己申請

派遣会社のスキルアップ研修は就業前から利用できるの?

大手の派遣会社ですと、能力の高い派遣スタッフを育成する目的でスキルアップ研修が豊富に用意されています。

派遣会社や派遣開始日によってまちまちですが、スキルアップ研修は就業前から利用できることが多いです。

例えば、テンプスタッフの場合ですと、自分の好きなタイミングでオンラインで受講申し込みをして、Office講座やビジネス研修を自宅から受講することができます。

スマホのみで受講できる派遣会社もあるので、事前に調べてみると良いでしょう。

スキルチェックでできなかった点を克服できれば時給アップも可能?

スキルチェックでできなかった点を実務や勉強によって克服できたとしても、残念ながら今の派遣先で必ずしも時給アップするとは限りません。

改めて派遣先企業への交渉が必要になりますし、派遣先企業は資格よりも実務能力で見ている傾向があるからです。

また、派遣先企業としては「この仕事ができるようになったのは、弊社の社員が教育に時間を割いたからだ」と言いたくなる気持ちもあります。

ただし、あなた自身の業務外での努力によって新しいスキルを身につけたのであれば、時給アップの可能性はあります。

それよりも次の派遣先選びの際に、より時給が高くその分だけスキルが必要とされる派遣先企業を紹介してもらえる可能性が高まると考えた方が現実的です。

まとめ

この記事をまとめると、

スキルチェックを再度受け直すことができるかどうか?
スキルチェックではどんなことをするのか?
といった内容を解説してきました。

スキルチェックはテストではなく、あくまでマッチする求人を探すためのチェックでしかありません。

点数は参考程度にしか見られませんし、実務で培った経験の方が社会ではずっと役に立つと誰もが理解しています。

上手くいかなくても必要以上に落ち込まず、その分仕事でゼロからなんでも吸収してやるぞという気持ちで臨むのがベストです。

この記事があなたの仕事に少しでも役立てば幸いです。

最初にチェック!

おすすめ派遣会社「スタッフサービス」

業界最大級の求人数!幅広い職種対応!
スタッフサービスは、事務やコールセンターなど幅広い職種に対応した業界大手の派遣会社です。

豊富な求人数と実績から、派遣で働きたい方の希望に合った派遣求人を紹介しています。派遣会社を探すなら、まずは「スタッフサービス」に登録することをおすすめします。

PR