【派遣のプロが教える】派遣の企業面接で聞かれることは?紹介予定派遣の企業面接について解説

「紹介予定派遣の企業面接でなにを聞かれるの?」

と思っていませんか。

派遣会社に長年勤務をして、現在は転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、紹介予定の企業面接で聞かれることを解説します。

紹介予定派遣での企業面接を前に不安や緊張を抱えている方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

紹介予定派遣の企業面接で聞かれることはどんな事?

紹介予定派遣の企業面接は、一般的な企業の転職面接と大差はありません。

紹介予定派遣の面接では、以下のようなことを一般的に聞かれます。

  • 「なぜこの仕事を志望されましたか?」
  • 「この仕事の経験はありますか?」
  • 「以前勤めていた会社はどのような理由で退職されましたか?」
  • 「健康状態や家族構成、通勤方法や休み希望等の勤務の条件」

質問1.「なぜこの仕事を志望されましたか?」

この質問は、紹介予定派遣の面接のほとんどで質問される内容です。

答え方ですが、ネット等で会社の情報を調べておきましょう。派遣会社の担当営業の方に聞いておくのも有効です。

そのうえで今までの経験から、「~の部分は御社でも生かせるかと思い志望させて頂きました。」と組み立てましょう。

定石を言えるかという所も大事な要素ですが、多少的外れでもあくまで意欲を見ていますので問題ありません。紹介予定派遣の場合スキル等より、「すぐに辞めないかどうか」という所が最も重要視される部分となります。

質問2.「この仕事の経験はありますか?」

ほとんどの派遣の企業面接で質問される内容かと思います。

まず、経験がある場合は何年程度経験がある等数字で具体的に伝えましょう。

無い場合でも近い経験があればそれを伝え、全く無い場合でも今迄のお仕事で学んだ生かせる部分を「未経験ですが、いままで〇〇の仕事で培った経験は御社で生かせるかと思います」と伝えましょう。

質問3.「以前勤めていた会社はどのような理由で退職されましたか?」

ある程度厳しく選考する企業であれば聞かれる可能性が高い質問です。

基本的に「新しい事に挑戦してみたくなった」などポジティブな理由を述べましょう。

ただどうしても批判をしないと理由付け出来なくなった場合でも、「私の努力不足もありますが~」など自分の悪かった部分も前置きする事で批判的な印象を与えない様にします。

質問4.「健康状態や家族構成、通勤方法や休み希望等の勤務の条件」

志望動機よりもこの質問の方が多い印象です。

持病などがある場合は、後から発覚してしまう方が問題ですので正直に伝えましょう。

もしお子さんがいる方の場合は、ご両親に見てもらうなどの対策をとっている際はその旨も伝えましょう。欠勤を懸念した質問といえます。

そもそも派遣の企業面接は全ての派遣で行われるの?

紹介予定派遣では企業面接が行われますが、全ての派遣で行われるとは限りません。

しかし、紹介予定派遣でも一般の登録型派遣でも、企業面接を行わない派遣先企業を見つける方が難しいほど、ほとんどの企業で行われます。

また、一般の登録型派遣では企業面接という言葉を使わず「現場(職場)見学」「顔合わせ」という言葉を使用する場合も多いですが、ほとんど面接に近い内容になるため注意が必要です。

(紹介予定派遣では無い一般の派遣の場合、派遣先企業が求職者の方を直接面接する事は派遣法で禁止となっているため、現場見学や顔合わせといったような言い回しを使います。)

例外としては、1ヵ月以下の短期・単発のお仕事の場合は、求職者から希望しない限り事前の顔合わせなどは無い場合がほとんどです。

派遣の企業面接で企業側に質問するべき?

逆質問は必ず行いましょう。これは派遣でも正社員の面接でも同様です。

「質問は無い」と答えてしまうと派遣先企業に興味が無いと思われてしまい、不採用のきっかけになってしまいます。

質問ですが、一番使えるのは「仮に御社で就業させて頂く場合はどのようなスキルを勉強しておけば有効活用できそうでしょうか?」です。

もちろん、単純に気になっている事があれば先にそちらを聞いてからでも大丈夫です。2つか多くて3つ程度の質問が理想かと思います。

派遣の企業面接で聞いてはいけない質問とは?

「時給は上がりますか?」や「有給は取れますか?」等待遇にあたる質問をこの場で質問するのは止めておきましょう。

そもそも紹介予定派遣の場合、派遣社員の期間中の時給や有給休暇は、あくまで派遣会社から支給されますので、企業面接の場でその話をされてしまうと企業側も困惑してしまいます。

また、「派遣期間が終わった後は採用して頂けますか?」等面接の時点でかなり先の待遇の質問をするのも止めておきましょう。自信が無いと思われてしまいます。

ただどうしても気になる部分かと思いますので、この質問をする際は「今まで紹介予定派遣から正社員になられた方は何名程度おられますか?」など実績を聞くような質問にしましょう。

派遣の企業面接では面接以外に試験を受けたりするの?

紹介予定派遣で面接以外の試験まで導入している企業はあまり多くはありません。

実際に行われている試験としては、以下のようなものがあります。

  • 事務等の場合は、タイピングソフトでのタイピングの速さや正確さ
  • 製造業であれば、一般的な安全知識の筆記試験

他には一般常識やSPI等も考えられますが、対策する上で一番確実なのは、事前に派遣会社の担当営業の方にどのような試験があるか確認しておくことです。

基本的に派遣先企業も人を採用したいから派遣会社を利用していますし、当然派遣会社も採用になってほしいはずなので試験内容は必ず把握しているはずです。

逆に派遣会社が試験内容が全く分からない場合は、状況の把握ができていない可能性がありますので、別の派遣会社を利用する事も選択肢に入れてもいいでしょう。

派遣の企業面接は派遣会社の担当者も同席するの?

派遣会社の担当者は、基本的に企業面接に同席します。

法定上の義務というわけではありませんが、求職者の方と派遣先企業の方だけで面接等行われる場合、本来派遣会社と取り決めしている契約以外の話をされる可能性も非常に高いです。

例えば、本来3ヶ月を予定しているが「1ヵ月で自己都合退職してうちに来ないか?」などの引き込みは企業側がコストを抑える為に一般の派遣でもよくあるケースで、それらを回避するために同席します。

それ以外にも、担当者が同席した方が企業側の信頼を得られる事や求職者の方の緊張を和らげて上手く伝えられない事を代弁しフォローをするなどを行っています。

派遣会社としても、採用が決まってほしいので、当然のように同席をするはずです。

派遣の企業面接を受ける場合は模擬面接等の対策をしてくれる?

必ず行っているわけではないですが、希望すれば派遣会社でも対策を行ってくれます。

正社員向けの転職エージェントは違い、短期的な対策となりますがその分要点を絞って対策を行います。

過去に質問された内容を参考とした模擬面接や、事前に派遣先企業の会社付近に行って雰囲気を体験して頂いたり、事務系であれば基本的なofficeソフトの使い方を説明する等の対策は取る事ができます。

特殊な機材や設備が必要な場合や専門知識の対策が出来ない場合もありますが、その際は応募条件が最初から有資格者となっている事がほとんどですので、派遣会社でも十分な対策を取ることが出来ると言えます。

ただし希望しないと対策が行われない場合もあるため、一番大切なのは求職者の方から希望する事です。

企業面接を受ける際に一番重要な事

どのような面接でも言える事ですが、面接で1番大切なのは第一印象です。

人は第一印象で8割判断されてしまうので、面接当日は以下のような点に注意するといいでしょう。

  • 当日の身だしなみに気を付ける
  • 会社に入った際に通りすがる方に軽くこんにちはと挨拶をする

挨拶は、会釈をするだけでも問題ありません。面接前に自身の緊張をほぐす事も出来ます。

面接時のシチュエーションとしては、一度事務所の受付から会議室等で面接官を待つ場合が多いです。

  • 事務所に入った際も「失礼致します」と頭を下げる
  • 会議室で座って待っている状態から面接官の方が来られた際に素早く立ち「~と申します。本日は宜しくお願い致します」と自分から先に挨拶をする

これが出来る事は多少のスキルや経験よりも大きいアドバンテージとなります。

まとめ

この記事をまとめると、

派遣の企業面接は、短期のお仕事以外は基本的に行われます。※ただし一般の派遣(登録型派遣)では「顔合わせ」と呼ばれます。

紹介予定派遣の面接では聞かれる事が基本的には一般の採用試験と変わりませんが、希望すれば派遣会社でも対策をしてくれます。

面接を通過する為に大切な事ですが、面接に進んでいる時点で経験やスキルの基準はクリアしています。

後は人柄が良ければ受かるので第一印象を良くする事と自信を持って臨む事が大切です。

この記事があなたの転職活動に役立てば幸いです。

最初にチェック!

おすすめ派遣会社「スタッフサービス」

業界最大級の求人数!幅広い職種対応!
スタッフサービスは、事務やコールセンターなど幅広い職種に対応した業界大手の派遣会社です。

豊富な求人数と実績から、派遣で働きたい方の希望に合った派遣求人を紹介しています。派遣会社を探すなら、まずは「スタッフサービス」に登録することをおすすめします。

PR