【派遣のプロが教える】派遣の顔合わせはどんな質問されるの?逆質問はしたほうがいい?

「派遣の顔合わせはどんな質問をされるの?」
「逆質問ってしたほうがいいの?」

と思っていませんか。

派遣会社に長年勤務をして、現在は転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、派遣の顔合わせ時の質問について解説します。

派遣先企業との顔合わせを前に緊張されている求職者の方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

派遣の顔合わせ中に派遣先企業の担当者からどんなことを聞かれるの?

派遣の顔合わせ中に派遣先企業から聞かれる内容としては、おもに下記4点が挙げられます。

  1. これまでの職歴
  2. これまで頑張ってきたこと
  3. 志望理由
  4. 離職理由

1.これまでの職歴

職歴に関する質問は、派遣先企業が派遣社員の候補はどのようなことが出来るのか知りたいため行います。

派遣の場合、履歴書を提出しないため、派遣先企業の方は顔合わせまで何も情報を持っていません。

そのため、派遣先企業と同じ業種、職種での経験がある場合、その部分を詳細に話します。他は端的にさらっとで構いません。

2.これまで頑張ってきたこと

派遣社員候補が派遣先企業で活躍できそうか知りたいと思って行います。

実績をあげたこと、自身の取り組みで良くなったことなど具体例を用いて話すと伝わりやすいです。

派遣先企業ではどのように役立つかまで伝えると、働いた時のイメージをしてもらいやすいです。

3.志望理由

どのような想いで顔合わせに臨んでいるのかを知りたいと思っています。

事前にホームページなどで企業研究をしておくと、特徴が分かり応えやすいです。

これまでの経験をより活かせると思ったなど、どの部分で活かせるのかまで話すと、さらに印象が良くなります。

4.離職理由

派遣先企業は派遣期間満了まで続けてもらえるか気にしています。

これまでの離職理由が正当なものか知りたがっています。

ここでのポイントは、これまでの企業の悪口を言わないことです。自分のイメージも悪くなってしまう可能性があります。

派遣の顔合わせでは先方からの質問に回答するだけでいいの?

基本的に聞かれたことに応えればいいですが、逆質問は準備しておいた方がいいです。

なぜなら質問することで、派遣された後のイメージがつきやすく、働く上で不安に思っている部分などあれば、質問することで払拭できる可能性があります。

そもそも派遣の顔合わせはどのような流れなの?

通常の企業の面接とは違い、派遣先企業、派遣社員に加えて派遣会社の方で顔合わせする場合が多いです。

派遣先企業の方、派遣会社の方どちらかが進行される形となります。

まず、派遣社員が自己紹介をします。

派遣の顔合わせの場合、事前に履歴書の提出が無く派遣先企業には名前も伝えられていません。これは、派遣法で個人情報を開示しないことが義務づけられているためです。

派遣社員が所属するところは派遣先企業ではなく、派遣会社となるため派遣先企業へは最低限の情報しか伝えられていません。その点に注意して自己紹介を行いましょう。

また自己紹介の際には、簡単に職歴を伝えます。伝える職歴は、派遣先企業と同じ業種や職種で働いていた部分をメインに端的に伝えます。

その後、派遣先企業より業務内容や配属先部署の説明等があり、派遣社員への質問となります。

最後に派遣社員から質問がないか聞かれ、一通り質問を終えると終了となります。

派遣の顔合わせの流れや質問の内容は職種で違ったりするの?

顔合わせの流れは大体一緒ですが、職種によって質問の内容が異なってきます。

それぞれ求められるスキルが異なるため、スキルに基づく質問をされることから、質問内容が違ってくるのです。

例えば、営業職であれば、数値目標を達成した経験やその時の経緯があり、エンジニアの場合は、派遣先企業で実際に行う業務に対して経験があるかやどこまでできるかなどが挙げられます。また事務職の場合ならば、部門によっても異なり、人事部門での配属であれば給与計算の経験があるかなどを聞かれることが多いです。

派遣の顔合わせでは逆質問する方がいいの?

派遣の顔合わせでは、逆質問をした方がいいです。

上記でもお伝えしたように、逆質問をすることで派遣先企業で働くイメージがもてるからです。

質問の例として以下のような質問があります。

  • 一日の業務の流れを教えてください。
  • 職場の雰囲気を教えてください。
  • 同じ部署で同じ仕事をしている方は何名おられますか。
  • 直接お世話になる方はどのような方ですか。
  • キャリアアップ制度はありますか。

派遣の顔合わせで逆質問してはNG項目は?

基本的にお給与など待遇面はあまり質問しないほうがいいです。

なぜなら、後で派遣会社の人に確認することができる内容だからです。

また待遇面の質問ばかりになってしまうと企業への志望度も低くみられ、イメージが良くありません。質問していい内容か不安な場合は、あらかじめ派遣会社に確認しておくことをお勧めします。

ただし、残業の有無なども後ほど派遣会社の方から聞くことができますが、残業などの待遇面について派遣先企業に直接聞きたい場合にはポジティブにとらえてもらえるような聞き方をするといいでしょう。

例えば、「前職では勤務時間内に仕事を終えるよう時間ごとのスケジュールを立て、取り組んでおりましたが、御社では残業はどのぐらいありますか。」などです。

派遣の顔合わせ後に不採用になることはあるの?

派遣の顔合わせ後に不採用になることはあります。

派遣先企業は選考してはいけないというルールがあります。このルールは、派遣先企業と派遣社員には雇用関係が発生しないためです。

ただ、一つの派遣先企業に1人だけが希望する訳ではないので、定員に達すれば不採用となる可能性があります。そのため、不採用とならないように顔合わせに備えて準備をしておく必要があります。

派遣の顔合わせ前に準備しておいたほうがいいことは?

顔合わせ前に準備しておいた方がいいこととして、以下4点あります。

  1. ホームページを見るなど企業研究しておく
  2. 職歴を端的に話せるようにしておく
  3. 逆質問を考えておく
  4. 気になる部分を派遣会社に聞いておく

1.ホームページを見るなど企業研究しておく

企業研究のために、ホームページなどは顔合わせ前にチェックしておきましょう。

企業研究しておくことで働くイメージができますし、逆質問をするために必要な情報を得ることができるからです。企業研究で気になった部分を逆質問すればいいでしょう。

2.職歴を端的に話せるようにしておく

職歴について、派遣先企業に関連するところを端的に話せるようにまとめましょう。

ダラダラ話してしまっては派遣先企業の方に伝えたい経歴の部分が伝わりにくくなるため、話せるよう準備しておくことをお勧めします。

3.逆質問を考えておく

企業研究で気になった点をまとめるなどして、逆質問を考えておきましょう。

企業研究等で聞きたいと思ったことがあったとしても、いざ顔合わせになると聞き忘れてしまったりすることも多いでしょう。あらかじめまとめて考えておくことで、逆質問も気軽にできるようになります。

4.気になる部分を派遣会社に聞いておく

気になることを思いついたら、顔合わせ前に派遣会社の人に聞くことをお勧めします。

派遣先企業に直接聞きにくいことも聞くことができますし、もし面談時に聞いた内容が違った場合、再度確認することもできます。

派遣会社が知らない情報については、面談前に派遣会社の方から確認してもらうか面談時に逆質問すればいいです。

まとめ

この記事をまとめると、

派遣の顔合わせは通常の企業の面接とは違い、企業が選考することができません。

只、希望者が多い場合には不採用となる可能性もあります。

採用してもらう為だけではなく、自分にとって働きやすい環境か見極めるためにも十分に準備をして臨むことをお勧めします。

この記事があなたの転職活動に役立てば幸いです。

最初にチェック!

おすすめ派遣会社「スタッフサービス」

業界最大級の求人数!幅広い職種対応!
スタッフサービスは、事務やコールセンターなど幅広い職種に対応した業界大手の派遣会社です。

豊富な求人数と実績から、派遣で働きたい方の希望に合った派遣求人を紹介しています。派遣会社を探すなら、まずは「スタッフサービス」に登録することをおすすめします。

PR