【派遣のプロが教える】未経験だと派遣の事務職は受からないの?

「事務の経験がないと、派遣事務の仕事は受からないのかな?」

と思っていませんか。

派遣会社に長年勤務をして、現在は転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、未経験の事務派遣について解説します。

今、派遣の事務職の仕事を探している方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

派遣事務は未経験だと受からないの?

派遣事務は未経験だと、確かに受かりづらい場合があります。

未経験だから確実に受からないという事はありません。

しかしながら派遣の事務職の仕事は、地域にもよりますが基本的に人気が高いため競争率が高く、さらに事務経験者の方も多く応募することから、未経験の場合はどうしても不利となってしまいます。

また派遣先企業から「経験のある人でお願い致します」という指示が派遣会社にされてしまう場合が多いため、社内選考で落とされやすくなってしまう現状といえます。

未経験が派遣事務に受からない理由は?

事務未経験が派遣事務に受からない理由としては、以下3つの理由があります。

  1. 派遣先企業からの指示があるから
  2. 求職者の志望理由が良くないから
  3. 競争率が高いから

ここからは、それぞれの理由についてより詳しくご紹介いたします。

1.派遣先企業からの指示があるから

派遣先企業から「事務経験者でお願い致します」と指示を受けている場合があります。

派遣会社からしてみれば、人材のご依頼を頂く派遣先企業はお客様という観点になりますので、お客様の要望には基本的に添えなければなりません。

そのため余程人手不足の地域ではない限り、経験者を希望する派遣先企業も多く、未経験の方を紹介することは少々難しくなります。

2.求職者の志望理由が良くないから

派遣事務を希望する求職者の志望理由によっては、より派遣事務に受かりづらくなります。

未経験で事務のお仕事を希望する方の志望理由として、良くあるのが「立ち仕事が辛いから」「休みを取りやすそう」といった理由です。

特に今まで肉体労働をしてきて体力的に厳しくなって来たから応募したいというものが多いですが、志望理由がネガティブになってしまっている場合、社内選考でもほとんど通らなくなってしまいます。

3.競争率が高いから

派遣の事務職は、多くの方が希望しているため競争率が高いです。

事務のお仕事は高校生の新卒からでも希望する方が多く、あらゆる業種の中でもトップクラスに人気があります。

その中には職業訓練校を受けて来た方なども含まれており、特に派遣の事務の案件は時給も高く設定される事が多いことから、ほとんどが経験者の中での争いとなってしまっているのが現状です。

そのため未経験者で派遣事務に受かることが難しくなってしまっています。

未経験が派遣事務の仕事に就くためには?

まずは自分自身が派遣事務のお仕事をやりたい理由を明確にするべきです。

他の職種から事務職を希望する際、なにかしら今の職種で大変な点などが出てきて希望することが多いものです。

しかしながら事務は事務で、決められた指示を決められた納期で機械的にこなさなければならなかったり、密室と言える空間で人間関係が上手くいってない場合はそこから離れる事もできずにストレスをため続ける事になったりなどのデメリットもあります。

そのため本当に事務職に就きたい前向きな理由を明確にするべきです。

理由を明確にして事務を希望されるなら、タッチタイピングは練習しておきましょう。そして時給など待遇面でのこだわりは無くして求人を探してみましょう。

職種の幅を広げれば派遣の仕事に就ける可能性はある?

職種の幅を広げる事で、すぐにでは無くても事務のお仕事に就ける可能性が高くなります。

職種の幅を広げるなら、自身の今の仕事から得られたスキルを活かして職種の幅を広げることをおすすめします。

例えば販売・接客の経験がある方は大きな強みがあると言えます。なぜなら事務を希望する方は、人とのコミュニケーションが苦手という方が多く、事務の仕事は出来るが電話応対があまり良くないという方が多いからです。

そのため「販売や接客の経験はあるので、営業アシスタント、それも厳しければコールセンターでも大丈夫です。」と派遣会社に伝えることで、事務に近い職種に就きやすくなります。

営業アシスタントやコールセンターのお仕事は、比重はそれほど高くないにせよ事務作業的な仕事はあります。そのため少しずつ事務の仕事も覚えていくことができ、経験を積むことで事務経験者になることが出来ます。

受からない事が続いて不安になる時は派遣会社に言ってもいいの?

不安な気持ちは伝えて頂いて構いません。伝えにくければメールでも良いと思います。

現在、求職活動がうまく行かなくてもしっかり向き合っている方は少なくなってきており、真剣に相談までしてくれる求職者に対して派遣会社は条件のあったお仕事を紹介してあげたいと思うことも多いでしょう。

そのため不安な気持ちや相談したいと思うことは、気軽に派遣会社の担当者に伝えていただきたいです。

ただし現実的難しい面もあるため、派遣会社としても代替案を出す形となってしまう可能性が高くあります。その時に条件を一歩も譲らない姿勢でいると、状況を変えることが難しくなってくるため多少の妥協は検討することをおすすめします。

もし派遣会社に相談しても話を全く聞いてくれない場合、別の派遣会社に登録に行きましょう。数社登録した方が良いですが、大手ではない派遣会社の方が親身に話を聞いてくれる可能性が高いのでおすすめです。

派遣に拘らず事務職に直接応募しても未経験だと難しい?

事務職の場合は、派遣で応募するよりも直接応募した方が採用率は高くなります。

なぜなら派遣での事務は即戦力を求めており、なおかつ優秀な人材は競争率も高いことから派遣先企業もコストをかけています。

しかしながら直接雇用を希望している企業の場合は、即戦力では無くても良いから会社に合わせてゆっくり育てていきたいという場合が多いです。

そのため直接雇用に応募した方が、未経験がハンデにならず、しっかりと面接の対策や多少のPCスキルを習得しておけば採用される可能性はかなり高いです。

まとめ

この記事をまとめると、

派遣の事務の仕事は、未経験だと不可能ではないですが、かなり難しいのが現状です。

なぜなら事務職は、競争率が高く、経験者が希望することも多い職種だからです。

未経験だと採用されにくいが、職種の幅を広げて経験を積むことで採用率が高くなるばかりが、より好条件のお仕事に就ける可能性も高くなります。

今後、技術の進化により簡単な事務作業はシステムで自動化されどんどん人がやらなくなっていきます。

そのため事務のスキルだけでなく、コミュニケーション能力もあって事務のお仕事もできるなど、他の能力を組み合わせることで市場価値の高くなります。

ぜひ自分に自信を持って就職活動を成功させて下さい。

この記事があなたの転職活動に役立てば幸いです。