面接官のタイプ

面接官のタイプ 〜大きく分けて4パターン〜
・面接の分析方法
まず分析するために初めにすべきことは、その会社本体の性格を分析することと、面接官自体のパーソナリティを把握することの2点が挙げられます。

その理由として、私の経験上、企業の求めている理想像だけでは、決め手に欠けることが少なくないと感じたためです。

もちろん企業として、求めている人物像があり、その人物像に合った学生さんを採用するのですが、実際に3〜4回程度の面接で、その人の全てがわかる訳ではありません。そうなると面接官も人間の部分が出てきてしまいます。

結果、面接官との相性が最後の決め手になってしまうケースもあります。
そのため、この二つの側面から分析する必要があります。
実際に、分析方法として、前者は企業説明会や、四季報など容易に分析することは可能ですが、難しいのは、面接官がどの様なタイプであるかを判断することです。
これは実際に社員の方々に接触する必要があります。例えば、OB訪問を活用し、その際に、「1次面接の面接官は何年目のどの様な仕事を行われている社員の方で、どの様な雰囲気でしたか?」などと質問をすると良いでしょう。

面接官がどの様な雰囲気で面接を進行するのかシュミレーションすることができます。

そしてこの二つの側面を分析した結果、面接のタイプは大きく分けて4つに分けることができます。
企業としての方針として、面接において、「なぜ?」を突き詰めてくるタイプのロジカルタイプと、就活生に対して人生の目標や、これまでの人生においてどの様な価値観や情熱を持って物事に取り組んでいたかを深く聞いてくるパッションタイプの二つに大きく分け流ことができます。また、面接官自体のタイプとしては、あまり面接ということを意識させずに、その人の素の部分を見極めようとするフランクタイプと、緊張感を漂わせ、時には圧迫気味な面接を行うナーバスタイプの2タイプに分かれます。
そしてこれを組み合わせることで、4パターンの面接タイプなります。
では、実際にタイプ別に解説を行います。

1.ロジカル-フランクタイプ

このタイプの面接のポイントとしては、「面接官の質問にしっかり耳を傾ける」ことです。
フランクな面接官に対して就活生はどうしても盛り上がってしまい、少し喋りすぎて要点が面接官に対してうまく伝わっていないことがあります。
なので、普段の面接よりもさらに面接官の質問に対して耳を傾け、何を答えて欲しいのかを冷静に判断する必要があります。
もちろん盛り上がること自体悪いことではないのですが、このタイプの面接では「盛り上がったからOK」ではなく、面接官はその盛り上がりの裏で話の一貫性があったかなどを冷静に見極めているので注意しましょう。
対策としては、提出したESを面接前にもう一度確認して、自らが伝えたい要点を「単語単位」で良いのでまとめておきましょう。フランクに会話が進む面接官の場合は、あまりESを丸覚えした様な受け答えよりは、いつも通りの会話の中で、重要な単語をしっかり伝えることを意識しましょう。

2.ロジカル-ナーバスタイプ

この面接は良くも悪くも「The 面接」といったタイプになります。
そのため、特別な対策が必要となるわけではありません。しかしその一方で、オーソドックスな面接のあまり自らの個性を出せるタイミングがないので、「他の就活生と差がつきにくい」といった部分があります。話の内容自体が被ってしまうことは学生側として特に悪いわけではないのですが、どうしても面接官は1日に大勢の学生と面接をするので印象に残りづらいです。
  そこで、ポイントとなる部分が、「逆質問」を利用することです。
  逆質問の内容としては、なるべく面接官が話しやすい様な内容の質問をすることです。具体的には、面接官が過去に所属していた部署や勤務地での成功体験に関わる質問をすることです。人間は過去の経験、特に良い経験などは熱を込めて多くを語りたくなるものです。
  その部分について引き出すことで、他の質問をするよりも事細かな経験談を聞け、仕事のイメージが明確になるだけでなく、面接官本人も熱を込めて話したことで、その質問をした学生の印象が残りやすくなります。
  

3.パッション-フランクタイプ

  このタイプで最も重要なポイントは、自らの夢や目標を明確に持ち、そのビジョンについて自信を持って話せるかどうかです。このタイプの面接は、ベンチャーや体育会系の企業に多い傾向にあります。そして面接官も社風と同じようなタイプの面接を行うタイプなので、自らが入社した後に成し遂げたい夢や目標について生き生きと話せるように準備をしておきましょう。さらに、その目標を立てることに至った過去の経験なども付け加えて話すことで、その夢や目標に向かってどれだけの熱量をもって取り組めるか、いわいる「本気度」をアピールすることにも繋がるので意識しましょう。また、自信を持って話すために、しっかりとした姿勢、大きく聞きやすい声で話すことなどもいつも以上に気を使うようにすると非常に好印象です。
事前の対策としては、自己分析のさらなる深掘りです。自信を持って話す為にはやはりどれだけ実体験を踏まえて話せるかにかかっています。これまで行ってきた自己分析をもう一度整理して面接に臨んでみましょう。

4.パッション-ナーバスタイプ

この面接でのポイントは、事前に会社の社訓やスローガン、または社員紹介ページに掲載されている社員の方々の仕事に対する「モットー」のようなものをしっかり調べ、面接ではその内容に合うようなエピソードを自らの経験から話すことです。
このタイプの面接ですが、正直最も難しいです。
会社としては、人間性を特に重要視しているにも関わらず、本番の面接ではなかなか本来の自分を出しにくい環境にあります。そのため、面接という短時間で面接官の心を動かす為には、
面接官の身近な存在、つまり社内の有能な現場社員と同じような意気込みをもった学生に心動かされます。
それを調べる為に有効な手段がHPなどの社員紹介ページです。会社のHPに載せる社員と言うことは、会社の
中での貢献度や、仕事に対するモチベーションが高いと考えられます。そのような方々のエピソードを読み、どの部分なら自らのアピールポイントになるかなどを分析し、面接に挑みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA