【派遣のプロが教える】紹介予定派遣はやめたほうがいいの?紹介予定派遣に向いている人・やめたほうがいい人

パーソルテンプスタッフ株式会社に約6年在籍し、現在は派遣会社「株式会社アドバンスフロー」の代表取締役。
のべ約2,000名もの転職支援を行い、求職者が希望する仕事を得られるよう尽力。人材6年の経験から「派遣はしっかりとした情報が得られれば得られるほど、理想の職場を見つけられる」と確信し、多くの人が情報を得られるよう、記事の監修も行う。

「紹介予定派遣ってやめておいた方がいいの?」
「メリット・デメリットは?」

と思っていませんか。

この記事では、紹介予定派遣について解説します。

紹介予定派遣についてぜひしっかり理解していただき、自分にとって紹介予定派遣はメリットがあるかデメリットなのかを考えるきっかけとなれば幸いです。

最初にチェック!おすすめ派遣会社

事務ほか幅広くおすすめ テンプスタッフロゴ
公式サイトへ
事務系求人国内トップクラス!
事務以外の職種も豊富に取り揃え
約2分で登録完了!
公式サイトで詳細を見る
事務におすすめ スタッフサービスロゴ
公式サイトへ
事務・オフィスワーク系に強い!
大手企業で就業できるチャンスも
約2分で登録完了!
公式サイトで詳細を見る

<PR>

紹介予定派遣はやめた方がいいの?

紹介予定派遣はおすすめすることができる働き方のひとつです。

紹介予定派遣をおすすめできる理由としては、以下の2点があります。

  1. ハローワークなどの通常の就職活動では応募できないような大手企業で就業でき、実際に正社員になれる可能性がある
  2. 実際に職場の人間関係や実際の残業時間などを、正規雇用を結ぶ前に確認する事が出来るため働く側のリスクを減らす事が出来る

長く働く上で2つ目の「職場の人間関係や実際の労働環境」という部分は特に最重要ポイントになります。その部分を事前に確認出来るというメリットは、とても大きいことから紹介予定派遣はおすすめできます。

紹介予定派遣を辞めた方が良い人、向いている人は?

紹介予定派遣を辞めた方がいい方、逆に向いている方の特徴は以下の通りです。

紹介予定派遣は辞めたほうが良い方の特徴
・自分の就職活動に自信が有り、すぐに正社員で働きたい方
・社会保険や有給休暇等の福利厚生を早い段階で受けたい方

2つ目の有給休暇については、派遣会社の派遣社員から派遣先企業の直接雇用に雇用転換をする際に、有給休暇のカウントがリセットされてしまうことから注意が必要になります。

紹介予定派遣に向いている方の特徴
・希望する企業の資格や応募要件を満たしていない方
・正社員になる前に実際の職場の雰囲気等を確認しておきたい方

紹介予定派遣のデメリットとは?

紹介予定派遣には、以下のようなデメリットがあります。

  1. 良くも悪くも本人の実力主義となってしまう
  2. 社会保険が最初から適用されない場合がある
  3. ある程度忍耐力が必要になる

1.良くも悪くも本人の実力主義となってしまう

紹介予定派遣では、実際にスキルや実力を向上させないと正社員になれない場合があります。

スキルや実力の向上はもちろんのこと、向上させることに伴ってコミュニケーション能力も試されていきます。その結果によっては満了後に正社員になれない可能性もあります。

2.社会保険が最初から適用されない場合がある

派遣会社によっては、最初に試用期間を設ける場合もあり社会保険が適用されない可能性もあります。

紹介予定派遣で就業する際はあくまでも派遣会社の雇用となります。

その派遣会社で働くのが初めての場合やしばらく期間が空いている場合、2か月の試用期間を設ける派遣会社も多いことから、紹介予定派遣期間が2か月以下の場合は社会保険に加入せずに就業することになることもあります。

3.ある程度忍耐力が必要になる

紹介予定派遣は、実際に正社員になれるか不安な状態のまま業務を行うことになります。

紹介予定派遣は必ず直接雇用になれるわけではないため、紹介予定派遣の期間終了後に直接雇用になれるのか不安を抱えながら業務を進める必要があります。

また紹介予定派遣の受入に慣れていない企業だった場合は、周囲と馴染むのに少し時間がかかってしまう場合もあることから、周囲との関係性に対する忍耐力も必要になることがあります。

紹介予定派遣のメリットは?

紹介予定派遣には、以下のようなメリットがあります。

  1. 通常では応募できない企業の正社員になれる可能性がある
  2. 実際の企業の情報を確認できる
  3. リスクが少ない状態で仕事を覚えられる

1.通常では応募できない企業の正社員になれる可能性がある

派遣会社が仲介することから、通常では入社が難しい企業への転職の可能性が高まります。

一般採用では基準の応募要件を満たしていなくても、紹介予定派遣では最初は派遣会社が仲介をしてくれるため、大手企業や有名企業に紹介予定派遣で入社し、期間満了後に正社員になれる可能性があります。

2.実際の企業の情報を確認できる

実際に働くことで、現場の環境を理解してから直接雇用になるかを決めることができます。

転職活動では、求人紙やネットに掲載される求人票などの情報や採用担当の方の話と、実際の現場の環境が違ったという場合が非常に多いです。

実際に紹介予定派遣として就業している中で、派遣である自分は定時で退社していても周囲の方が残業しているという事は、自分も正社員になった場合は残業するという事になるため実際の現場の本当の情報を得られるというメリットは一番大きいです。

3.リスクが少ない状態で仕事を覚えられる

紹介予定派遣では責任を伴う作業は少ないことから、リスクが少ない状態で仕事を覚えていけます。

最初から正社員などの直接雇用で入社すると、社員として責任のある業務を行うことも多く、ミスを犯してしまうと会社から直接処罰が下ってしまいます。

紹介予定派遣の場合は、大きな責任を伴う作業は基本的になく、もし大きなミスを犯しても派遣会社が対応してくれる分リスクが少ないです。

紹介予定派遣で正社員になれない事はあるの?

紹介予定派遣では、必ず正社員になれる訳ではなく、契約社員としての採用も多いです。

はたらこねっとによると、紹介予定派遣から正社員になった割合は26%になります。


画像引用元:はたらこねっと「みんなの声レポート|紹介予定派遣について」

企業の規模にも左右されますが、上記のデータから直接雇用になれる可能性はありますが、正社員になる可能性は4分の1程度と言えます。社員の人数の多い大手企業の場合は、最初から正社員になれる可能性は低く契約社員スタートが多い傾向があります。

紹介予定派遣でも企業側から断られて採用されない事はあるの?

紹介予定派遣期間満了後に企業側から断られて採用されない事はあります。

先のはたらこねっとのデータによると、全体の41%が直接雇用にはならなかったとなっています。


画像引用元:はたらこねっと「みんなの声レポート|紹介予定派遣について」

年々数値は変動していきますが、紹介予定派遣だからといって必ず採用されるとは限らないのです。

紹介予定派遣だけど正社員になりたくないと断わるのは大丈夫?

紹介予定派遣で就業していても断るのはもちろん可能です。

紹介予定派遣期間中に正社員になりたくないという気持ちになった場合、無理にその状態で続けるくらいであれば担当営業の方にその事を伝え、こちら側から派遣契約を途中で解約しても問題はありません。

紹介予定派遣の派遣契約期間の途中解約はあるの?

かなり稀なケースですが、途中解約となる場合もあります。

解約が考えられるケースですが、以下のような場合がほとんどです。

  1. 欠勤、遅刻が多い
  2. 職場の人とのトラブル(※特に暴力等を振るってしまった場合は、即時解約もあり得ます)
  3. 挨拶や言葉使い等の職場での勤務態度が悪い
  4. 業務の習得状況があまりにも悪い

4つ目の「業務習得状況が悪い」という場合は、派遣社員は頑張っているのに会社都合での判断という部分も大きいケースになります。そのため途中解約となった場合でも、休業補償等を請求できる事があります。自分に過失等が無いのであれば請求してみてください。

主婦も紹介予定派遣に応募する事は可能?

主婦の方も紹介予定派遣に応募することは十分に可能です。

参考までに内閣府の規制改革推進会議の資料によると、年齢別で派遣社員で勤務されている方の年齢別割合から見ても30~50歳で67.6%を占める事、また、男女別の全体の統計割合から見ても女性のスタッフさんが多いです。


画像引用元:内閣府「 第3回働き方の多様化に資するルール整備に関するタスクフォース 議事次第|厚生労働省提出資料その3」

年齢と性別の割合を考えると、一般派遣及び紹介予定派遣でも主婦の方含め、働く女性の需要は年々高まっていると言えます。

又、近年ではリモーワークも急速に普及しておりますので、特に主婦の方が活躍しやすい環境になっています。

紹介予定派遣を利用する際のアドバイスは?

紹介予定派遣として就業するからと転職活動を止めることなく、他の選択肢も用意できるようにしておきましょう。

紹介予定派遣ですが、事前に職場の雰囲気や実際の残業の有無など労働環境を確認ができます。また大手企業に正社員として入社出来る可能性も高く利用するメリットは多分にあります。

しかしながら紹介予定派遣は、良くも悪くも実力勝負となってしまったり忍耐力も必要な面が出てきたりもします。そのため選択肢を紹介予定派遣1社だけに絞ってしまうと仕事が上手く進んでいない時などは不安を感じてしまうこともあります。

だからこそ紹介予定派遣で働きながらも、別の紹介予定派遣先もしくは正社員での求人もチェックするなど他の選択肢も用意しておくといいでしょう。精神的な余裕も生まれて仕事も上手く進んでいく可能性が高くなります。

まとめ

この記事をまとめると、

紹介予定派遣は向いている方ならば特に利用すべき働き方です。

紹介予定派遣には、実力勝負となったり直接雇用になるか不安を感じながら就業したりというデメリットもあります。

それでも正社員になる前に一度職場の人間関係や労働環境を現場で確認できるというメリットは長く働こうとする上でとても大きいです。

以上の点から紹介予定派遣という働き方はおすすめすることができます。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。

関連記事
派遣会社にはそれぞれ強みがあり、すべての職種や条件に対応できるところはありません。

だからこそ派遣会社を探すなら、
自分の希望する職種や条件に強い派遣会社を選ぶことが大切です。


こちらの記事では、さまざまな職種や条件に強い派遣会社を詳しくご紹介しています。
【毎月更新】派遣会社おすすめランキング|求人数や実際に聞いた評判や口コミも紹介

派遣会社探しに苦戦されている方、
どうやって探したらいいか分からない方、
ぜひ一度こちらの記事をチェックしてみてください。