【派遣のプロが教える】短期・単発バイトの「選び方や注意点」

短期・単発バイトの「選び方や注意点」


「短期・単発のバイトをしたいけど、わからないことだらけ……どうしたらいいの?」

と不安に感じていませんか?

派遣会社に約6年勤務した経験をもつ「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたの不安が少しでも解消するようお手伝いします。

この記事を読むあなたが、働きやすいバイトや素敵なバイトに巡り合えることを心より願っております。

Q1. 短期・単発バイトを探す方法は?

Q.短期・単発バイトを探す方法は?

A.短期・単発のバイトを探す方法には、主に以下の2つがあります。

どちらの方法にもメリットがあるため、短期・単発バイトを探すならどちらも活用することをおすすめします。

1.求人サイトを使って自分でバイトを探し、直接応募する
  • 求人数の多い求人サイトでは、1万件以上の求人からバイトを探せる
  • 「直接雇用」と「派遣」のどちらの求人もチェックすることができる
  • 求人に応募するたびに履歴書の提出と面接が必要になる
2.派遣会社に登録して求人を紹介してもらう
  • 登録が完了したあとは、自分の希望に合う求人があれば派遣会社から紹介してもらえる
  • 求人に応募する際、履歴書の提出や面接が省略される場合がある
  • 派遣会社がもっている求人のなかからしか選ぶことができず、求人の選択肢が少なくなる

Q2.「派遣」の仕事ってどういうもの?

短期単発バイトの派遣のしくみ

A. 「派遣」とは、まず派遣会社に登録したうえで、派遣会社のスタッフとして派遣先で仕事をする働き方です。

短期・単発で働く派遣の仕事のことを、「派遣バイト」「登録制バイト」と称することもあります。

「直接雇用」とは、働く会社と直接雇用契約を結んで仕事をする働き方で、雇用形態としては「社員」や「アルバイト」となります。

仕事中の指示を働く会社の担当者から受けるのは、派遣でも直接雇用でも同じです。

一方で、直接雇用の場合は働く会社から給料を受け取るのに対して、派遣の場合は派遣会社から給料をもらいます。また、遅刻や欠勤などが発生した際、派遣の場合は「派遣会社」と「勤務(派遣先)」の両方に連絡する必要があります。

Q3.「直接雇用」と「派遣」はどっちがいい?

短期単発の直接雇用と登録制はどっちがいい?

A. 直接雇用と派遣は、それぞれ以下のようなメリット・デメリットがあるため、どちらかに決めずどちらも検討するほうがいいバイトを探しやすいです。

1.応募時の手間
直接雇用の求人に応募する場合、応募するたびに履歴書の提出と面接が必要となりますが、派遣は1回派遣登録すれば、以降の履歴書提出などが省略されます。
2.コーディネーターの存在
派遣で働く場合は、派遣会社の担当者(コーディネーター)が勤務先(派遣先)との調整を行ってくれますし、いろいろな相談にも乗ってくれます。
3.求人数
直接雇用と派遣では、直接雇用の求人のほうが多いです。

Q4. 派遣の登録は派遣会社に行けばいい?

派遣会社の登録

A.派遣の登録は、派遣会社に行って登録する「来社登録」と、派遣会社には行かずにインターネットで登録する「WEB登録」があります(派遣会社によっては「WEB登録」に対応していないところもあります)。

どちらの登録方法がいいかは、住んでいる地域や状況などによって異なるため、ご自身に最良の方法を選択しましょう。

来社登録のメリット
派遣会社の担当者と直接会って話ができる
WEB登録のメリット
インターネット環境があればいつでも登録できる

Q5. 派遣の登録はどんなことをするの?

派遣の登録はどんなことをする

A.派遣の登録では、登録者が派遣会社に対して「住所などの個人情報」や「仕事の希望」などを伝えます。

派遣会社は、この登録で得た情報をもとに、希望に合う求人や興味をもたれそうな求人を探して紹介してくれます。

なお、派遣登録の際、派遣会社の担当者は「この人に仕事を紹介しても大丈夫か」という見極めも行っています。

仕事を紹介してもらうためには、虚偽の情報を登録しない、来社登録では身だしなみや態度に気をつかうといったことに注意を払いましょう。

Q6. 派遣の登録に必要なものってなに?

登録制(派遣)の仕事の前に行う「登録」ってなにをするの?

A.派遣の登録には、以下のような書類を提出・提示する必要があります。

  1. 身分証明書
  2. 仕事の経歴がわかるもの
  3. 給与を振り込む口座の情報がわかるもの

派遣会社によっては、これらのほかにも必要となるものがある場合もあります。登録の前に必ずご確認ください。

Q7. 派遣に登録したら必ず仕事しないといけない?

登録制(派遣)は登録後、絶対仕事しないといけないの?

A.派遣登録後、一切仕事することなく退会することになっても、全く問題ありません。

派遣登録したあとは、希望条件に合う求人があれば派遣会社から連絡が入ります。そのため、仕事しなければいけない気持ちになる方も少なからずいらっしゃいますが、希望しない場合は無理に働く必要はありません。

希望条件や働ける状況はその時々で変化します。紹介されたときに「今は仕事できない」「紹介された求人が希望と違う」と判断した場合は、その旨を担当者に伝えれば、派遣会社から無理強いされることもありません。

Q8. 高校生でも短期・単発バイトはできる?

高校生でも短期・単発バイトはできる?

A.直接雇用の短期・単発バイトは、高校生でも問題ありませんが、派遣の場合は以下の理由から求人が見つからない可能性があります。

  1. 派遣求人は即戦力となる人が必要となり、高校生には難しいことが多いため
  2. 高校生の就業は、法律によって制限がされているため

派遣会社によっては、「18歳以上(高卒以上)であること」を派遣登録の条件にしているところもあるなど、高校生は派遣で働くのが難しいのです。

直接雇用の短期・単発バイトは、高校生でも応募できる求人が多数ありますので、高校生の方は求人サイトを利用して直接雇用の短期・単発バイトを探しましょう。

Q9. 短期・単発バイトは掛け持ちできる?

短期・単発バイトの掛け持ちはできる?

A.勤務先や派遣会社によって異なりますが、掛け持ちできる場合が多いです。

複数の仕事を掛け持ちしたい場合は、勤務先や派遣会社に事前に確認しましょう。

ただし、たとえ掛け持ちがOKでも、勤務日時の重複や、いずれかの仕事で遅刻や早退が必要になる事態は避けなければいけません。

スケジュール管理に不安がある方は、まずは1つの仕事をしっかり務めましょう。

Q10.短期・単発バイトはその日に給料をもらえる?

短期・単発バイトはその日に給料をもらえる?

A.短期・単発バイトの場合、勤務した翌日や1週間後に給料を振り込んでもらえる求人は多くあります。

これらは勤務先や派遣会社によって異なるため、必ず事前に給与の振り込み日を確認してから応募しましょう。

Q11.バイトの期間中に退職してもいい?

A.基本的には、契約した就業期間中に退職することのないよう、事前に状況を確認してから応募しましょう。

短期・単発バイトは、その期間しっかり働くことを前提として採用されています。

そのため、決められた就業期間の途中で退職するのは、原則としてはよくありません。

特に派遣の場合は、それ以降派遣会社から求人を紹介してもらえなくなる可能性もあります。

ただし、やむを得ない事情がある場合は、まず勤務先や派遣会社に相談しましょう。

まとめ

この記事をまとめると、

短期・単発バイトがしたいなら、
「派遣」と「直接雇用」の求人を探しましょう
どちらの求人も確認することで選択肢が広がり、希望の求人に巡り合う確率が高まります。
求人サイトで求人を探しながら、
派遣会社にも登録しましょう
派遣会社に登録していれば、いい仕事が見つかったときに紹介してもらえる可能性も高まります。

この記事が、
あなたのバイト探しのお役に立てれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA