【元転職会社執筆】20代の転職で「やりたい仕事」を見つける4つの方法


「転職する意思は固まっているけれど、その先のビジョンが思いつかない…」
「気になる仕事はいろいろあるけれど、どうやって選べばいいんだろう?」
「自分がやってみたい仕事は自分に向いている仕事なんだろうか…」

元派遣会社6年勤務

社会人歴が浅く、転職経験が少ない20代の転職希望者のなかにはこのような悩みを抱えている人が多いです。

『納得のいく転職』をするためには事前にしっかりと情報リサーチをすることが大切です。

この記事では『やりたい仕事』を見つけるためのポイントをご紹介します。

  1. 『doda職種図鑑』を利用して「職種」について学ぼう
  2. 『適職診断/とらばーゆ』を受けて自分の内面を客観的に見てみよう
  3. 『自分に合っている業務内容』を把握しよう
  4. 求人検索をするときに重視すべきポイント

これらのポイントを実行することで、いままで思いもしなかった『仕事(職種)』を見つけたり、転職活動を行っていく上で自分の視野が広がっていく可能性が十分にあります!

この記事の管理者
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩
派遣&転職会社で約6年勤務

転職活動にまつわる悩みを抱えている方は、この記事の一番下にあるコメント欄より、ぜひご相談ください! 必ず回答します。

また、この記事の「よかった点」や「悪かった点」がありましたら、ぜひひと言コメントをお寄せいただけるとうれしいです。「#就職しよう」編集部の励みになります!

『やりたい仕事』を見つけるための4つのステップ

『やりたい仕事』を見つけるための4つのステップ

4つのステップ
  1. 世の中にはどんな職種があるのか再確認してみよう!
  2. 『適性診断』を受けて、自分の内面を客観的に把握しよう
  3. いままで経験した業務内容のなかで『好きな業務』『得意な業務』を書き出してみよう
  4. 『働きたい業種・業界』よりも『働きたい職種』を中心に求人検索してみよう!

STEP1
『doda職種図鑑』を利用して、世の中にはどんな職種があるのか再確認してみよう!

doda職種図鑑
doda職種図鑑
引用元:doda-doda職種図鑑/あの職種ってどんな仕事?

学生時代と、一度社会を経験した現在では、職種や業種に対する感じ方や考え方が変化していませんか?

『doda職種図鑑』には全100種類の職種に関する情報が掲載されています。

世の中にはどのような職種が存在するのかを改めて確認することにより、これまで意識していなかった職種に興味を抱くかもしれません。

▼『doda職種図鑑』とは…
doda職種図鑑/掲載内容
  • 仕事内容
  • 平均年収
  • 男女比
  • 転職前の職種(上位5つ)
  • 転職後の職種(上位5つ)
  • 転職希望者の年齢
  • 転職成功者のの年齢
  • 転職回数
  • ボーナス金額
  • 1ヵ月あたりの残業時間
  • 年間休日
  • TOEIC(R)テスト点数
  • 所有資格(上位5つ)

『doda職種図鑑』には上記の通り、職種に関するさまざま情報が掲載されているので
「この職種って、実際にはどんな仕事を行っているんだろう?」
と思い立ったときに、すぐに検索できるのでとても便利です。

▼<例>職種:総務/アシスタント

doda職種図鑑

doda職種図鑑

doda職種図鑑
引用元:doda-doda職種図鑑-総務/法務/知財/広報事務アシスタントの仕事内容とは?

このように『doda職種図鑑』には転職希望者に役立つ情報が多く掲載されています。
気になる職種があるときは、まずは『doda職種図鑑』で検索して仕事内容を確認してみましょう!

STEP2
『適職診断』を受けて、自分の内面を客観的に把握しよう!

▼『適職診断テスト(R-CAPとらばーゆ版)』

適職診断テスト(R-CAPとらばーゆ版)
引用元:【とらばーゆ】女性の求人・女性の転職情報サイト-適職診断テスト R-CAPとらばーゆ版

数ある適職・適性診断のなかでも『適職診断テスト(R-CAPとらばーゆ版)』は診断結果が最も細かく、自分の適性について見つめなおす際に非常に役立ちます。
診断結果の内容を転職活動を行う上でのヒントとして利用してみてください。

『適職診断テスト』5つの項目
(所要時間:30分程度)
▼診断結果サンプル
適職診断テスト(R-CAPとらばーゆ版)診断結果サンプル
引用元:【とらばーゆ】女性の求人・女性の転職情報サイト-適職診断テスト R-CAPとらばーゆ版
▼診断結果からわかること

【職業適性】
あなたの志向と似ている職種TOP10/似ていない職種TOP10
【仕事の好み】
自分はどのような仕事内容を好む傾向にあるのか
【欲求パターン】
自分自身の『ものごとの感じ方』や『性格・性質』を客観的に判断
【ストレス可能性】
職場において、どのような状況にストレスを感じやすいかを判定
【キャリア志向】
自分がどのようなキャリア志向か5種類の中から判定
注意点
※とらばーゆは『女性向け転職サイト』ですが、リクルートIDを持っている方なら誰でも『適職診断テスト(R-CAPとらばーゆ版)』を利用できます。

※所要時間:30分程度と少し時間が掛かりますが、数ある適職診断ツールの中でも満足度の高い診断結果を得ることができます。

※内部リンク(工事中)※【全11社27種類の診断系テストをやってみた】

STEP3
いままで経験した業務内容のなかで『好きな業務』『得意な業務』を書き出してみよう

20代の転職希望者のなかには
『業務内容が自分と合わない』ことが理由で転職を考える方も多いです。

満足のいく転職をするためにも、求人票を読むときには必ず
『自分に合っている業務内容』の作業比率が高いかどうかをチェックしましょう。

▼『自分に合っている業務内容』の見つけ方

①『好きな業務内容』

  • 『得意な業務内容』
  • 『褒められた経験のある業務内容』
  • 上記のような業務内容を、思いつくままに書き出す。
②STEP1で紹介した『doda/職業図鑑』を見ながら、
①で書き出した『自分に合っている業務内容』の作業比率が高い職場を探そう!

STEP4
『働きたい業種・業界』よりも『働きたい職種』を中心に求人検索してみよう!

転職支援サイトで求人検索をする際に、あなたは希望条件をどこまで入力しますか?

ここで紹介する求人検索のポイントを押さえるだけで、転職の可能性や選択肢が格段に広がります。

▼【求人検索のポイント】
職業を選ぶ際、『働きたい業種・業界』を選択せずに『働きたい職種』のみを選択する!

(例)
「出版業界で記者・編集者として働きたい!」という希望があっても、
業種を選択せず、職種のみを選択して求人抽出を行ってください。

出版業界以外にも『記者』の仕事は存在します。

『業界』に捕らわれずに求人を検索することにより、意外な業界で『理想の求人』に出会える可能性もあります。

転職の『可能性』や『選択肢』を少しでも広げるためにも、
『業種』は選択せずに、
『希望の職種』を中心に求人検索を行いましょう!

転職エージェントに1から相談しちゃダメなの?
『転職の目的・目標』などを決めていない状態で、転職エージェントのキャリアカウンセリングを受けると下記のような状態に陥る可能性があります。

 

  • 全く興味のない仕事ばかり紹介される
  • 転職エージェントに勧められた企業に転職したが、自分に合っていなかった…

 

転職エージェントに、希望条件や将来のビジョンをしっかり伝えることが出来れば、このようなミスマッチが発生する可能性は低くなります。

「転職についてなんでも相談してください!」と公式サイトで謳っている転職エージェントもありますが、最終的に『転職』をするのは自分自身です。

転職エージェントにすべてを委ねるのではなく、あくまでも

自分の考えに対して『助言』をもらう
転職を『サポート』してもらう

このような心構えで転職エージェントを利用することをおすすめします。

まとめ:「納得のいく転職」をするための第一歩は「自分の好きな仕事・得意な仕事」を再確認すること!

転職したいけど、次にやりたいことが決まらないときは「自分がこれまで携わってきた業務内容や成果を振り返ってみましょう。」

好きな作業、得意な作業を書き出していくことで、自分の目標とすべき職業や職種が見つかる可能性が高まります。

また、無料の適職診断テスト(R-CAPとらばーゆ版)などを受けることで自分に向いている職業を客観的に確認することもできます。

自分の能力を活かせる職場・職種に巡り合えることを心から願っております。

よりよい転職をするなら…
この記事では、20代の転職で「やりたい仕事」を見つける4つの方法をご紹介しましたが、転職を成功させるなら、転職エージェントは必須!しかも「求人数の多い」転職エージェントがおすすめです!それらを知りたい方は、こちらの記事をぜひ読んでみてください。
【転職エージェントおすすめ18選】職種別に徹底調査!誰でも登録したい転職エージェントが見つかる|事務・営業・エンジニア・看護師・薬剤師・介護士・保育士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA