【派遣のプロが教える】派遣社員がクレジットカードを作る時って派遣会社に連絡が入る?

「派遣社員がクレジットカードを作ったら、派遣会社に連絡が入るの?」
「派遣会社が拒否したりすることはあるの?」

派遣会社に長年勤務をして、現在は転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、派遣社員のクレジットカード作成時の在籍確認について解説します。

クレジットカードを作成したいけど派遣会社への関係から躊躇している方にとって、少しでもこの記事がお役に立てば幸いです。

派遣社員がクレジットカードを作る際の在籍確認は派遣会社に連絡が来るの?

派遣社員がクレジットカードを作る場合、派遣会社のオフィスに在籍確認の電話連絡が来ます。

クレジットカードの申込書に「勤務先」という欄があり、欄に記入した「派遣会社」の連絡先へと連絡が届く仕組みになっています。

クレジットカード会社の在籍確認電話では、明確に社名を名乗らずに「知人のものですがAさんはいらっしゃいますか?」や、「○○(架空の企業名)の鈴木ですが」といった言い方で確認をされることが多いです。

また、この在籍確認は必ず連絡が来るというわけではなく、クレジットカード会社によっては在籍確認連絡がない場合もあります。

派遣登録時にクレジットカードに申し込みたいと言ってきた登録者はいましたか?

派遣登録の場で「クレジットカードに申し込みたいが可能か?」と質問されることはあります。

派遣会社によっては、「派遣先企業で就業して一定期間経過した後なら、在籍確認に対応する」と決められていることもあります。

どの段階でクレジットカード会社からの在籍確認に応じるのかは派遣会社によりけりですので、半年程度は継続して勤務することを念頭においた方が良いでしょう。

派遣社員がクレジットカードを作る際の在籍確認を派遣会社が拒否することはある?

オフィスにいる社員が状況を把握できずに、拒否してしまうケースはあります。

派遣会社には大勢の派遣社員が登録しており、オフィスにいる社員が一度も顔を合わせたことがないことは珍しくありません。

このため、在籍確認の電話に出た社員が、
「弊社にはそのような社員はおりません」
「派遣会社のため、登録者についてはお答えできかねます」
と答えてしまうことがあります。

私自身、慣れていない頃には営業電話と勘違いして「どのようなご用件ですか?」ときつめの口調で問い詰め、電話を切らせてしまった経験があります。

派遣会社が在籍確認を拒否してしまうとクレジットカードの審査が通らなくなってしまうので、派遣社員から派遣会社に在籍確認があることを伝えておく必要があります。

例えばテンプスタッフの場合ですと、「本人から事前に連絡を受けている場合」のみ在籍確認に対応すると明記しています。

第三者の方より在籍確認が入った場合、ご本人様から事前の連絡をいただいている場合のみ対応しています。在籍確認の必要が生じた場合は事前にご連絡ください。

対応例
・クレジットカード会社(お申し込み等)
・不動産会社(賃貸契約等)
・就職活動で応募された企業
・応募された会社が委託しているコンサルティング会社

引用元:テンプスタッフ「在籍確認・各種証明書について」

派遣社員がクレジットカードを作る際の在籍確認は電話以外の方法でも可能?

派遣社員がクレジットカードを作る際、電話以外の在籍確認が可能な場合があります。

例えば、次のような方法で在籍確認の代わりにできる場合があります。

  • 派遣会社が発行する在籍証明書
  • 給与明細や源泉徴収票(会社名の記載がある直近のもの)
  • 健康保険証
  • 社員証

ただし、クレジットカード会社によりけりなため、電話以外での在籍確認ができるかは申し込もうとしているクレジットカード会社に問い合わせてみましょう。

まとめ

この記事をまとめると、

派遣社員がクレジットカードの作成する際、派遣会社に連絡が入る場合があります。

在籍確認自体は珍しいものではなく、派遣会社としても当然そのような電話連絡があるものと理解しています。

質問すること自体はおかしいことではありませんので、気兼ねせず派遣会社に確認してみて大丈夫です。

また、クレジットカード会社側としても派遣や出向といった形で在籍確認が難しいケースには慣れているため、派遣会社への電話以外の方法が可能か質問してみると良いでしょう。

この記事があなたの役に立てば幸いです。

最初にチェック!

おすすめ派遣会社「スタッフサービス」

業界最大級の求人数!幅広い職種対応!
スタッフサービスは、事務やコールセンターなど幅広い職種に対応した業界大手の派遣会社です。

豊富な求人数と実績から、派遣で働きたい方の希望に合った派遣求人を紹介しています。派遣会社を探すなら、まずは「スタッフサービス」に登録することをおすすめします。

PR