【福岡市で介護に強い!】おすすめ転職サイトランキング|北九州・久留米・飯塚など他都市でもランキングを紹介

福岡で介護に強い転職サイト


「福岡市で条件のいい介護の仕事、ないかな?」
「どっかいい転職サイト、いいかな?」

と、思っていますか?

もしかして、
「本当に介護でいいのかな?」
なんて迷いながら転職活動していますか?

そんな気持ちをもっているのなら、
少しでもあなたのサポートをさせてください!

はじめまして!#就職しよう編集部の酒井です。今回、この記事の調査と執筆を担当しました。

今回、この記事では介護の求人を掲載している40の転職サイトを比較し、そこから厳選した9つのおすすめ転職サイトをランキングでご紹介しています。

ただ、わたしを含め#就職しよう編集部は、介護業界への転職については、大した経験のない素人です。

それでも、介護の仕事に就きたい方々を少しでもサポートしたくて、今回、現役介護士の方100名にご協力いただき、この記事を執筆いたしました。福岡市在住の方も10名ご協力いただいております。

転職サイトの選び方や介護の実態調査、キャリアプランなど、さまざまなところで現役介護士の意見や経験を盛り込んでいます。

ぜひ、現役介護士のみなさんの意見を踏まえたこの記事、長いですが、最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

執筆にご協力いただいた方

現役介護士100名のみなさま
【実施日】2019年7月3日~7月5日に実施
【対象者】クラウドワークスに登録中の現役介護士(離職中・元介護士は除く)

20代 30代 40代 50代
男性 8名 16名 5名 5名
女性 21名 26名 15名 4名

【求人数比較】福岡市で介護求人が多い転職サイトランキング

さっそく、福岡市で介護業界に転職するなら、おすすめしたい転職サイトをランキングでご紹介しましょう。

今回、ランキングを作るために、40の転職サイトから、
9つの転職サイトに厳選し、調査・比較しました。

これは、介護士を専門にしている転職サイトだけでなく、一般的な職種も豊富な転職サイトも比較して調査しました。その結果がこちらです。

介護におすすめ転職サイトランキング
福岡市
求人数

 

ジョブメドレー 858件

 

介護求人ナビ 495件

 

介護求人パーク 427件

 

カイゴジョブ 193件

 

MC-介護のお仕事 192件
6位 コメディカルドットコム 57件
7位 介護21 11件
8位 ベネッセMCM 4件
9位 はたらいく 2件

※求人数は、2019年8月17日時点の調査結果です。

9つの転職サイトの求人数を比較すると、このようなランキング結果になりました。

ただ、ここで疑問に感じませんか?

「40の転職サイトから
なぜ9つのサイトだけで比較したのか?」
と。

実は、これは現役介護士からの「次に転職するならここの気をつけて転職したい!」という声を元にして、その基準をちゃんとクリアしている転職サイトだけを厳選したんです。

その基準とは、なんだと思いますか?

この次で、詳しくご紹介します。

9つの転職サイトに絞り込んだ基準と求人数で比較した理由とは?

9つの転職サイトに絞り込んだ基準は、
「求人票に施設情報が細かく載っている」
ということなんです。

なので、この9つの転職サイトは、業務内容や福利厚生について細かく載っているだけでなく、可能な限り、外観や内観、働いている方の写真があって、施設の内部の状況が求人票から分かるものを掲載しているサイトなんです。

では、なんで現役介護士のみなさんは、この情報が必要!という声を上げたのでしょうか。

その理由、ここから詳しくご紹介します。

求人票の内容が細いサイトに厳選した理由

今回、現役介護士100人にアンケートを行い、その中で「もし今、再度介護の仕事に転職するなら、どのような点を重要視しますか?」とうかがいました。

そうすると、「介護の仕事は、同僚と協力しながら利用者の介助にあたるため、施設の内部の雰囲気や人数も知っておくべき」という意見が多かったんです。

そのため、介護の仕事をしたいみなさんにいい求人を見つけてもらうために、まずはこの条件にあう転職サイトを厳選したというワケです。

そして、9つの転職サイトを厳選してからは、求人数の多さでランキング付けをしました。

それにも、ちゃんと理由があります。

求人数でランキング付けした理由

これは、当編集部がさまざまな派遣会社や転職エージェントをご紹介するなかで、求人数が多いほうが転職成功率が高いという経験から導き出した基準です。

弊社代表の中塚もよく言っていますが、どれだけいい派遣会社や転職エージェントであっても、紹介できる求人がなければ、転職はできない!

だからこそ、求人数が多い転職サイトでないなら利用する意味なし!と断言してもいいほど、求人数は重要で、求人数の多さを元にランキング付けしたというワケなのです。


ここまでの説明で、このランキングをどういう基準で付けたのか、ご理解いただけたでしょうか。

ただ、広い福岡県内、福岡市と北九州市など他の都市では、ランキング順位は違ってしまうのでしょうか?

そこで、福岡市で人口も多い「北九州」「久留米」「飯塚」の3都市を、同じ基準でランキング付けしてみました。

【北九州・久留米・飯塚】福岡県の地域別介護転職サイトランキング

福岡市以外の大都市、「北九州市」「久留米市」「飯塚市」の3都市を、同じ基準でランキング付けすると、ランキングの順位は変動することが分かりました。

働きたい地域やお住いの地域が福岡市ではない場合は、ぜひこちらのランキングを参考になさって転職サイトを決めてみていただきたいです。

【北九州市】介護おすすめ転職サイトTOP5
北九州市
求人数

 

ジョブメドレー 602件

 

介護求人パーク 430件

 

カイゴジョブ 320件

 

介護求人ナビ 205件

 

MC-介護のお仕事 59件

※求人数は、2019年8月17日時点の調査結果です。

【久留米市】介護おすすめ転職サイトTOP5
久留米市
求人数

 

ジョブメドレー 151件

 

介護求人パーク 134件

 

介護求人ナビ 27件

 

カイゴジョブ 26件

 

コメディカルドットコム 18件

※求人数は、2019年8月17日時点の調査結果です。

【飯塚市】介護おすすめ転職サイトTOP5

※求人数は、2019年8月17日時点の調査結果です。

北九州・久留米・飯塚の3都市のランキングをご紹介しましたが、都市ごとで順位の変動はありますが、上位3つの転職サイトはどの都市でも同じサイトでした。

ということは、福岡市内で介護に転職するなら、これら3つの転職サイトに登録するのがいいでしょう!

では、それらの上位3つの転職サイトがどういうものなのか、次から詳しくご紹介します。

ランキング上位3サイトをもっと詳しく!介護に強い転職サイト3選

介護に転職したい方におすすめの転職サイトランキング、上位の3サイトを振り返るとこちらになります。

  1. ジョブメドレー
  2. 介護求人ナビ
  3. 介護求人パーク

△クリックすると、各転職サイトの詳細までジャンプします。

介護の仕事に就きたいならば、
この3つのサイト、すべてに登録しましょう!

これは介護に限った話ではありませんが、転職サイトに掲載されている求人はすべて同じではありませんし、求人数が一番多いところがすべて網羅しているわけでもありません。

複数の転職サイトに登録することで、自分が出合える求人数を増やすことができるのです。

では、登録数が多ければ多いほうがいいのでは?と、思われると思いますが、登録数が3つと10つで劇的に出合える求人数が増えるかというとそういうことはありません。微増程度です。

できる限り出合える求人数を多くしながら、登録などの手間を少なくするならば、登録する転職サイトは3つが適当なんです。

登録数を多くすると確認箇所も増え、手間がかかりすぎて転職に嫌気が差すことも考えられます。

とはいえ、自分に合っているのか、登録すべき転職サイトかは最終的にこの記事を読んでいるあなたにしっかりと見極めていただきたい。

だからこそ、ここからはランキング上位の3つの転職サイトについて、1つずつ詳しく解説していきます。

ジョブメドレー

ジョブメドレー全職種TOP画像

画像引用元:JobMedley公式サイト

無資格者 OK! 正社員希望 OK!
経験者 OK! 派遣希望 OK!

ジョブメドレーは、株式会社メドレーという医療系の人材支援や業務支援を行っている会社が運営している転職サイトです。

求人サイトとして直接応募できる機能があるだけでなく、転職エージェントのように求人の紹介や面接などの日程調整の代行業務なども行ってくれます。

介護の仕事が初めてで誰かの支えがほしいという人も、経験者だから自分のペースで厳選した求人に応募したいという人も使いごたえがある転職サイトです。

ジョブメドレーの求人・サイト詳細
介護系職種 総求人数 858件
もっと求人数を詳しく見る
職種別求人数
介護職・ヘルパー求人数 747件
サービス提供責任者 40件
管理職 23件
ケアマネジャー 48件

※求人数は、2019年8月17日時点の調査結果です。

地域別求人数
東京23区 5,035件 横浜市 1,687件
大阪市 1,508件 名古屋市 921件
札幌市 726件

※求人数は、2019年7月26日時点の調査結果です。

サイト形態 求人サイト
求人雇用形態 正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣 その他
募集職種 介護職/ケアマネジャー/管理職/サービス提供責任者 他
応募資格 無資格からOK
対応エリア 全国
料金 無料
お祝い金制度 あり

介護求人ナビ

無資格者 OK! 正社員希望 OK!
経験者 OK! 派遣希望 OK!

介護求人ナビは、株式会社プロトメディカルケアが運営する介護・福祉・医療に特化した求人転職サイトです。

希望地域や職種、雇用形態、サービス形態など、細かく希望条件を指定してから求人情報を検索することができ、そのすべての求人情報に直接応募・問合せができます。

また、サイトには介護基礎知識などのノウハウ系のコンテンツも充実しており、介護の仕事が初めての人にも使いやすいおすすめのサイトです。

介護求人ナビの求人・サイト詳細
介護系職種 総求人数 495件
もっと求人数を詳しく見る
職種別求人数
介護職・ヘルパー求人数 452件
サービス提供責任者 19件
管理職 7件
ケアマネジャー 17件

※求人数は、2019年8月17日時点の調査結果です。

地域別求人数
東京23区 5,035件 横浜市 1,687件
大阪市 1,508件 名古屋市 921件
札幌市 726件

※求人数は、2019年7月26日時点の調査結果です。

サイト形態 求人サイト
求人雇用形態 正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣 その他
募集職種 介護職/ケアマネジャー/管理職/サービス提供責任者 他
応募資格 無資格からOK
対応エリア 全国
料金 無料
お祝い金制度 なし

介護求人パーク

無資格者 OK! 正社員希望 OK!
経験者 OK! 派遣希望 OK!

介護求人パークは、株式会社バリューラボの運営している介護専門の転職求人サイトです。

独占掲載求人や高収入、未経験者歓迎、オープニング求人も豊富に揃い、求人情報や介護の仕事に関する相談ができる「介護求人パークお問い合わせダイヤル」があるのが特徴になります。

その内容は、忙しい人や、インターネットが苦手な人に代わって、検索応募手続きの代行を行ってくれたり、求人広告の内容が事実と違っていた場合も相談することができるので安心です。

さらに「介護求人パーク会員」になると、プロフィールを見た採用担当者からスカウトが受けられる機能があったり、急いで仕事探している人に特に優先的に仕事を紹介する「特紹(とくしょう)」と言うサービスもあり、おすすめの転職サイトです。

介護求人パークの求人・サイト詳細
介護系職種 総求人数 427件
もっと求人数を詳しく見る
職種別求人数
介護職・ヘルパー求人数 426件
サービス提供責任者 0件
管理職 0件
ケアマネジャー 1件

※求人数は、2019年8月17日時点の調査結果です。

地域別求人数
東京23区 5,035件 横浜市 1,687件
大阪市 1,508件 名古屋市 921件
札幌市 726件

※求人数は、2019年7月26日時点の調査結果です。

サイト形態 求人サイト兼転職エージェント
求人雇用形態 正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣 その他
募集職種 介護職/ケアマネジャー/管理職/サービス提供責任者 他
応募資格 無資格からOK
対応エリア 全国
料金 無料
お祝い金制度 あり

ここまで、転職サイトを3サイトご紹介しました。

でも、転職するんだったら、
やっぱり「ハローワーク」がいいんじゃない?

とお思いではありませんか?

ハローワークや地元の求人誌、新聞の求人欄など、介護の求人はさまざまな場所で探すことができます。

自宅ですぐに見つかるのに、敢えて転職サイトに登録なんて…と思われるかもしれません。

しかし、転職サイトにはハローワークや地元の求人誌に負けないメリットがあるんです。

ぜひ、転職サイトを使って欲しい!

ここからは、介護の仕事に就くために転職サイトを使うメリットを詳しくご紹介します。

介護士に転職するなら転職サイト!そのメリットデメリットは?

今、あなたは、なにで介護の仕事を探していますか?

ハローワークにも、地元の求人誌にも介護の仕事はたくさん載っているため、身近なもので探しているのではないでしょうか。

もちろんそれらもいい方法ですが、介護の仕事に就くなら、「転職サイト」で仕事を探してみませんか?

転職サイトなら、自分が働きたい条件にあった仕事が見つかりやすく、条件もいいものが多く、さらに転職のサポートをしてもらえることもあるからです。

しかも、介護は専門の転職サイトも多くて、今回、調査した中で、医療・介護専門は34サイトもあったんです!
介護専門転職サイトを使えば、介護に焦点をあてた転職活動ができそうです!

では、先程からご紹介している「転職サイト」は、具体的にどういうものか知っていますか?

実は、転職サイトには3つの種類があります。

  1. 求人サイト
  2. 転職エージェント
  3. 派遣会社

これら3種類の転職サイトは「絶対にすべて使わないとダメ!」という訳ではありません。

それぞれ魅力が違うため、違いやメリット・デメリットを知った上で、自分に合ったものだけ組み合わせて選べばいいですよ!

自分の希望に合うか決めるためにも、まずはそれぞれのメリット・デメリットを知っておきましょう。

1.求人サイトのメリット・デメリット

メリット デメリット
求人数が豊富で、自分のペースで応募可能 転職支援を受けられない

求人サイトとは、さまざまな求人情報が載っていて、そこから直接応募もできるサイトを指しています。

いろいろな求人がたくさん載っているため、自分で求人を比較しながら、自分のペースで自分が応募したい求人にだけ応募ができるんです。

自由に転職活動ができる分、転職エージェントや派遣会社を活用するときのような転職支援を受けることができないというデメリットもあります。

2.転職エージェントのメリット・デメリット

メリット デメリット
転職支援が受けられ、非公開求人への応募もできる 応募したくても、できない場合がある

転職エージェントは、社員やパートが欲しい施設に転職したい人を紹介する人材紹介会社を指します。

転職支援が受けられるほか、まだどこにも公開されていない非公開求人に応募するチャンスもあります。

ただし、転職エージェントは転職希望者が転職しないとビジネスが成り立たないため、内定をもらいやすい求人を中心に打診してきます。

なので、自分の希望とはちょっと違う求人が紹介されてしまうこともよくあります。

3.派遣会社のメリット・デメリット

メリット デメリット
転職支援が受けられ、非公開求人への応募もできる 派遣として同じ施設で働ける期間に制限がある

派遣会社とは、派遣会社に登録をして、その派遣会社のスタッフとして派遣先の施設で仕事をするという働き方ができる会社を指します。

派遣会社にもコーディネーターがいるため、転職支援を受けられるほか、まだ公開されていない派遣求人に応募できる可能性もあります。

また、派遣は契約をしっかり決めるため、仕事内容も業務時間もきっちりしていて、サービス残業などもありません。

ただ、派遣というのは、同じ施設で働けるのは3年以内と決められています。

慣れたころに施設を去って、別の施設に派遣されるという働き方になるため、人間関係の構築が大変になる場合もあります。


転職サイトといわれる3つの種類のサイト、違いやメリット・デメリットをご理解いただけましたか?

介護を専門とする転職サイトのなかには、求人サイトと転職エージェントだったり、転職エージェントと派遣会社だったり兼任している転職サイトもあります。

お互いのメリットを活かすなら、そのような兼任している転職サイトを探すのも1つの手ですよ。

これで、介護の仕事を探すためにおすすめしたい転職サイトについてご紹介し尽くしました。

ちょっとでも、あなたの介護の仕事探しがスムーズ進められるようになれば嬉しい限りです。

ですが、今回調査をしていく中で、
「本当に介護でいいんだろうか」
「介護の仕事はできるんだろうか」
など、介護の仕事に対して不安を持っている方が多い
とも感じました。

そこで、今回現役介護士の方100人にアンケートを行い、介護という仕事がどういうものかを詳しく調査してみました!

【現役介護士100人アンケート】介護という仕事の実態を知ろう

まだ、介護の仕事をしたことがない方なら、
「本当に介護の仕事でいいんだろうか…?」
と、迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

介護業界と言うと、「きつい」「危険」そして「給料が低い」というイメージが定着しています。

調べてみると、鳥取県が行った調査のなかに「介護はきつい・ややきついと思っている」が98.3%だったという結果もありました。

▽クリック(タップ)すると拡大
引用画像:介護のイメージ
画像引用元:鳥取県 平成29年度「介護保険制度と介護保険料負担に関するアンケート結果」

それだけ聞くと、介護じゃない業界で仕事探ししたほうがいいかな?と思ってしまうでしょう。

でも、自分の条件にピッタリ合う求人が多かったり、人と触れ合う仕事に興味が湧いたりと、介護の仕事の魅力にも惑わされて迷っているのが、今のあなたの気持ちではないでしょうか。

そこで、現役の介護士100人にアンケートを行い、介護という仕事の実態を調査してみました。

社内でデータを検証

アンケートを元に、介護士の現状をじっくり分析しました

さらに、福岡市在住でアンケートにお答えいただいた方の声もピックアップしていますよ。

現役介護士の話から、介護の仕事についてちょっとでも知れたら、ちょっとだけでも迷う気持ちは薄れるかもしれませんね。

今回のアンケート調査概要はこちら

【実施日】2019年7月3日~7月5日に実施
【対象者】クラウドワークスに登録中の現役介護士(離職中・元介護士は除く)

回答いただいた方の属性
20代 30代 40代 50代
男性 8名 16名 5名 5名
女性 21名 26名 15名 4名

介護の仕事は本当に大変で危険な仕事なの?

まずは、介護士のみなさんに介護の仕事は体力が必要なのか?そして、危険なことがあるのか?という質問をさせていただきました。

その結果、このようになりました。

介護の仕事に体力は必要?危険はある?
介護は体力勝負? 介護は危険?
はい 98% 88%
いいえ 2% 12%

やはり、介護の仕事はイメージ通りに体力が必要で、ときに危険なこともある仕事のようです。

体力面では、やはり利用者さんを支えたり、持ち上げたりして介助するため体力が必要という声が多い一方、広い施設を一日中走り回るために体力が必要という方もいらっしゃいました。

危険な面がある点も、体力に関連して支えきれないと怪我をさせてしまうだけでなく、自分も怪我をするからという意見が多かったです。ただ、利用者さんから危害を加えられる危険も多少ならずあるという声もありました。

介護の仕事は、利用者さんを守りつつも、自分も守らないといけない仕事なのかもしれません。

介護の仕事はやっぱり給料低いの?

仕事をする上で、重要なのはやっぱり給料です。

そこで、次に伺ったのが現在の年収と、その年収をどう思っているか?です。

その結果、このようになりました。

回答いただいた方の年収分布
300万円未満 49%
300万円~400万円 36%
400万円~500万円 13%
500万円以上・無回答 2%
給料・年収についてどう思うか?
結構もらっている 3%
妥当 40%
ちょっと少ない 29%
かなり少ない 28%

もっとも多い年収層は「年収300万円台」で、全職種平均の年収よりはやはり低いという結果でした。

給与・年収は低いと感じている人は半数以上いますが、それでも今の給与を「妥当」と感じている人が、全体の40%もいらっしゃいました。

介護士の年収は、介護報酬の改定などで年々上昇しているとはいえ少ないのも事実。あとは気持ちややりがいが支えているのではないでしょうか?

ならば、現役介護士のみなさんは、本当にやりがいを感じて今の仕事に就いているのでしょうか?

それでも介護の仕事に就く魅力は?

そこで、100名の方すべてに、介護の仕事の魅力・いいところを思う存分記載いただきました。

残念ながら100人すべてを掲載は難しいため、5名の方のコメントを抜粋してご紹介します。

25歳男性・大阪府在住

利用者さんを笑顔にした瞬間とても魅力を感じると思います。ありがとうと言ってもらえると嬉しいです。

28歳男性・兵庫県在住

人間関係さえ形成してしまえば、辛いなんてこともないかなと思います。世間が付けたイメージ程、この業界もブラックではないとおもいます。

26歳女性・北海道在住

生涯とはいわないけど長く勤められる。自分の家族を介護するときのスキルを身につけられる。

25歳女性・福岡市在住

利用者とコミュニケーションを取るのはとても難しいけど、少しずつ距離が近付き、今では何でもお話出来るような関係にまで発展し、達成感を感じます。

23歳女性・大阪府在住

入居者様は気難しい方もいますが、皆さま本当に可愛らしい良い人が多いです。仕事は体力を使いますがレクリエーションなど楽しいこともたくさんあります。何よりやりがいがあります。介護職はこれからの日本に必要とされる仕事です。誰かの助けになりたい人にはすごく向いていると思います。

ただし!気をつけたい「人間関係」

今回、介護士の方にアンケートをするなかで、わたしたちが驚き、注目したのは「人間関係」でした。

一緒に働く同僚との人間関係が大変だという回答がある一方で、それよりも多く利用者との人間関係の構築が大変という声が多かったのです。

介護の仕事は人間関係の構築が大変?
対同僚 対利用者
はい 66% 71%
いいえ 34% 29%

対利用者については、実際に利用している高齢者だけでなく、その家族との人間関係も含まれます。

介護の仕事は、同僚・利用者・利用者の家族と人間関係を構築すべき相手が多い分、他の職種や業界よりも人間関係に苦労する可能性があるかもしれません。

ここまで、全国各地の現役介護士100名の方のアンケートの結果をみていただきましたが、福岡市で活躍されている方の声も、気になりますよね?

今回、アンケートにお答えいただいた中から、福岡市で活躍中の介護士3名の方の声をご紹介します。

福岡市在住の現役介護士の3名の声

今回、福岡市在住でアンケートにお答えいただいた方は、4名いらっしゃいました。

その中から、3名の方の声をご紹介します。

40歳女性(既婚)
介護業界に入って約15年、社会福祉士、介護福祉士、ケアマネジャー、サービス管理責任者の資格をもち、現在障がい者支援施設(入所)に勤務。

介護の仕事についてどう思いますか?
介護は体力が必要? 必要
介護は危険もある? ある
給料は多い?少ない? ちょっと少ない
人間関係は大変? 大変

これから介護の仕事を目指す人へ一言

転職先はいいことばかりを言ってきます。デメリットも聞かせてくれるようしっかり話されるといいかと思います。

29歳女性(既婚)
介護業界に入って10年、ヘルパー2級、介護福祉士の資格をもち、現在デイサービスに勤務。

介護の仕事についてどう思いますか?
介護は体力が必要? 必要ではない
介護は危険もある? ある
給料は多い?少ない? 妥当
人間関係は大変? ない

これから介護の仕事を目指す人へ一言

以前は、介護職といったら大変というイメージを持ちやすかったと思うが、今ではさまざまなスタイルの企業があるので自分に合った職場をみつけてほしい

53歳女性(既婚)
介護業界に入って4年、介護福祉士の資格をもち、現在デイサービスに勤務。

介護の仕事についてどう思いますか?
介護は体力が必要? 必要
介護は危険もある? ある
給料は多い?少ない? 妥当
人間関係は大変? 大変

これから介護の仕事を目指す人へ一言

絶対やりがいを感じます。
実際に福岡市で働いている方の声、いかがでしたか?

やはり大変な仕事であることに違いはありませんが、介護の仕事は、資格の取得と経験を積めば、どんどんキャリアアップできる仕事ではないでしょうか。

今、介護の仕事をはじめたら、これからどんな未来が待っているのでしょうか?この次でご紹介します。

このアンケートをもっと見たい方は

こちらで紹介したアンケートでは、まだまだ多くのことを介護士の方に伺っています。もっと見てみたい方は、下のリンクからご覧ください。

【介護士100人実態調査】現役介護士にうかがった「現状」と「介護の仕事に対する気持ち」
【介護士100人実態調査】現役介護士にうかがった「現状」と「介護の仕事に対する気持ち」

これから介護士になるならどんな未来になるの?|介護士のキャリアプラン

資格と経験を積めば、どんどんキャリアアップできるのが介護の仕事です。

もし、今から介護の仕事をはじめたら、どんな道に進めるのでしょうか。

きっと、最初は大変なことも多いでしょう…

それでも、経験を積み資格も取得していけば、こんな未来を描ける可能性が待っているんです!

ここからは、介護ド素人からスタートし、現在介護福祉士として活躍中の女性2名のお話を紹介します。介護の現場にいるからこそ、こんな未来を描いているんですよ。

①鹿児島県在住 32歳女性の場合

私は、夫と娘の3人暮らしの介護士で、現在、とある有料老人ホームに勤めています。

年収100万円と少ないですが、自宅から近くて未経験でもOKだったので応募し、それからずっとパートとしてお世話になっています。

正直、この仕事をする前は、排泄介助や認知症患者への対応など、不安なことだらけでした。

実際に働いてみると、感謝されたり、人生最後の時間を一緒に過ごせることにやりがいを感じています。

初任者研修は、実は介護の仕事に就く前からもっていました。そして、2年前に実務者研修を、1年前には介護福祉士の資格も得ることができました。

介護福祉士ですが、パートなので管理職にはなれず、今は現場でひたすら頑張っています。

もうちょっと子どもも大きくなってフルタイムで働けるようになれば、ケアマネジャーの資格を取りたいと思っています。

介護が必要な家族のケアや、利用者の健康寿命をのばすお手伝いをしていきたいです。

②神奈川県在住 30歳女性の場合

私は、夫と2人の娘と暮らす30歳で、介護の世界には大学の卒業と同時に入ってもう8年になります。

入社した当時は初任者研修しかもっていなかったですが、今は介護福祉士・実務者研修・痰吸引まで取得したので、入社当時よりほんの少し給料は上がりました。

給料も大切なんですが、それよりもこの施設にしてよかったな~と思うのは、保育園に通っている娘たちを優先したシフトを組んでくれるので、本当に助かっています。

介護の現場でやれることは管理職以外やれるようになりました。

このまま介護の仕事を続けてもいいかな?とも考えていますが、もっと機能的でオシャレな介護用品を作りたい!とも考えています。

介護の仕事をしていて、介護用品の使い勝手の悪さとか、デザインがシンプルすぎるのが気になっているので、介護の経験を生かして作れたいいなと考えています。

ここまで、介護ド素人だった2人の女性の過去・現在、そしてこれから進みたい未来をご紹介しました。

介護の仕事は、施設で管理職になるだけでなく、ケアマネジャーや介護用品の会社立ち上げなどさまざまなキャリアを描ける仕事なんです。

アンケートに回答いただいた介護士のなかには、「障害者支援にまわりたい」「介護を通して地方創生を考えたい」などの未来を描いている方もいましたよ

でも、今回アンケートに回答していただいた現役介護士の多くが「介護福祉士」まで取得した上で、自分なりのキャリアを描いていました。

介護の道に進むなら、まず最初に目指す大きな目標は「介護福祉士」になるんですね。

では、介護福祉士の資格を取得するまでの道のりはどんなものがあるのでしょうか?

介護福祉士を取得までの道のり

介護福祉士になるためには、実はいくつかのルートがありますが、これから介護の仕事に就きながら取得を目指すなら「実務経験ルート」がいいでしょう。

▽クリック(タップ)すると拡大
介護福祉士国家資格
画像引用元:公益財団法人社会福祉振興・福祉センター:介護福祉士国家資格「受験資格」

実務経験ルートなら、新たに学校などに通うことなく、介護士としての経験を積みながら介護福祉士を目指せますよね。

ただ、実務経験ルートで介護福祉士を受験するなら、次の2つの受験資格をクリアする必要があります。

  1. 従業期間3年以上、かつ従業日数540日以上
  2. 実務者研修の修了

ということは、少なくても3年以上介護施設で働かないと受験資格はないということになります。

ただ、もう1つの受験資格である「実務者研修」も時間が必要な資格なので、3年以内にこの実務者研修を取得しておけばストレートで介護福祉士の受験資格をゲットすることができます。

従業期間と従業日数の違い

簡単に説明すれば、従業日数は介護施設で働いた日数のこと、従業期間は介護施設に在籍している期間のことを指します。

例えば、介護施設に在籍して4年目、その間に1年間育児休業を取っていたとしても、勤務日数が540日を超えていれば受験資格はあるという計算になります。

受験資格の「実務者研修」ってなに?

介護の実務者研修は、基本的な介護の知識を身につけてもらうための研修制度で、受講資格もなければ、試験もありません。

この実務者研修を修了すれば、施設内でサービス管理責任者になれるほか、痰吸引なども医師や看護師の指示のもと行えるようになります。

450時間ほどのカリキュラムを受ければ修了ですが、仕事をしながらこの時間を確保するのは大変!

だからこそ、仕事をしながら受講するなら、2~3年くらいの時間はかけて欲しいなりますよ。

受講資格はないので、初心者でも未経験者でも受講はできますが、内容が実務経験していないと難しいとも言われています。

最初は実務者研修の1つ手前の研修である「初心者研修」を受けて、順を追って取得していくほうがスムーズにすすみますよ。

まとめ:転職サイトでいい仕事を探して、介護の世界へ一歩を踏み出して

福岡市で介護の仕事に就きたい方にむけた、おすすめの転職サイトのご紹介から介護士の実態、キャリアプランなどご紹介しましたが、介護の仕事により魅力を感じられたでしょうか?

まずは、ランキング上位としてご紹介した3つの転職サイトをおさらいしておきましょう。

  1. ジョブメドレー
  2. 介護求人ナビ
  3. 介護求人パーク

現役介護士もアンケートでいっているように、介護の仕事は、体力的にも精神的にも、そして経済的にも負担がかかることが多い仕事です。

それでも100名の現役介護士は、やりがいや達成感を感じながら働いていらっしゃいました。

給与は確かに低いですが、その他の条件は高待遇な求人も多いため、介護の仕事に魅力を感じたなら踏み込んでみてはいかがでしょうか?

ぜひご紹介した転職サイトを使って、条件のいい介護の仕事に出会われることを心より祈っております。

長い記事、最後まで読んでいただいてありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA