【転職のプロが教える】転職エージェントとの面談後にお礼メールを送ってもいいの?例文は?送ったら迷惑?

「転職エージェントとの面談後にお礼メール送ってもいいの?」
「どこに送ったらいい?」
「忙しいなら迷惑かも…」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントとの面談後のお礼メールについて解説します。

面談後にお礼メールを送りたいなとお考えの方にとって、この記事が少しでも役立てば幸いです。

転職エージェントとの面談後にお礼メールを送ってもいいの?

転職エージェントとの面談後に、お礼メールは送って問題ありません。

むしろ、面談を有意義だと感じられたのであれば、ぜひその気持ちを転職エージェントに伝えてあげてください。

面談後に求職者の方からお礼のご連絡をいただけることはそう多くありません。

そのため、お礼をいただけると印象に残りますし、転職エージェントは、その期待に応えられるようにさらにがんばって紹介やサポートをしてくれるはずです。

転職エージェントとの面談後のお礼メールはどこに送ればいい?

転職エージェントとの面談後のお礼メールは、面談時にもらう名刺のアドレスにお送りされるのがいちばんスムーズです。

なぜなら、すぐにその転職エージェントの担当者本人に届くからです。

しかし、もし面談時に名刺が渡されない場合や、オンライン面談の場合など、その転職エージェントのメールアドレスがわからない場合もあると思います。

その際は、面談までのあいさつや求人紹介でご自身に転職エージェントから送られているメールアドレスに送ってください。

もしそれもわからなければ、その転職エージェントのHPのお問い合わせから代表のメールアドレスに送っていただいてもかまいませんが、規模の大きい企業だとすぐに本人まで届かない可能性もあります。

できる限り本人に届く方法で送ってあげてください。

お礼メールを突然送ったら、転職エージェントはどう思うの?

面談をした方からお礼メールが届くと、転職エージェントはとても嬉しく思います。

突然メールが届いたからといって、迷惑に思うようなことは一切ありません。

転職エージェント側は面談の中でできる限り、お気持ちに寄り添い、期待に応えられるようにお話をお伺いしてご提案したいと思っています。

ただ、ご本人が面談を経てどのように感じられたのかを知る機会はほとんどありません。

そのためお礼メールが届くと、少しでもお役に立つことができたと感じられ、これからの転職活動に向けてできる限り期待に応えられるようにサポートしたいとさらに強く思います。

転職エージェントへのお礼メールはどのようなことを書けばいいの?

転職エージェントへのお礼メールはどんな内容でもかまいません。

面談を受けたうえで、お礼メールを送ろうと思えたのはなぜなのか、その感じたお気持ちを率直に記載ください。

たとえば「転職の方向性が定まった」「モヤモヤした気持ちが解消された」など面談を受けた上で、何がクリアになったのかという観点でお伝えされるとわかりやすくなります。

例をお伝えいたします。

タイトル:面談の御礼

○○様

お世話になります。本日は面談のお時間をいただきありがとうございました。

○○様から転職に関する情報をたくさん教えていただき、

私の現職の不満や今後のキャリアに対する悩みも聞いていただけたことで、

転職に対する不安な気持ちが解消でき、

前向きに転職活動にチャレンジしていこうと思えるようになりました。

本当にありがとうございます。

転職活動を頑張っていきますので、引き続きサポートいただければと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

署名と連絡先

転職エージェントとの面談のお礼メールは一言でももちろんかまいません。

どんな形でも、気持ちを伝えるメールを送っていただければ転職エージェントはさらにあなたのために頑張ろうと思えます。

 まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントとの面談後のお礼メールについてお伝えさせていただきました。

どんな形でもかまいませんので、面談を受けてプラスになったと感じられたなら、ぜひその気持ちを転職エージェントに伝えてあげてください。

メールを送ることは、ご自身の転職活動の成功に向けても、プラスになるはずです。

この記事が、あなたの転職活動に役立てば幸いです。