【転職のプロが教える】転職エージェントとの面談で注意しなければならないことは?

「転職エージェントとの面談のときに、注意すべきことはなに?」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントとの面談時の注意事項について解説します。

転職エージェントとの面談を前に不安や緊張を抱えている方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

転職エージェントとの面談で注意すべき点は?

転職エージェントとの面談では、以下の3点について注意する必要があります。

  1. 現職(前職)の不平不満ばかり言わない
  2. 担当者にすべて丸投げはしない
  3. 転職理由や希望する条件などは本音で話をする

ここからは、それぞれの注意点について、より詳しくご紹介いたします。

1.現職(前職)の不平不満ばかり言わない

不平不満ばかりを言うと、転職エージェントの担当者の印象が悪くなる可能性があるからです。

現職(前職)に何らかの不満があるから転職を考え始めるのは当たり前のことです。

何が不満だったかを伝えることは、決して悪いことではありません。

しかし、その話ばかりでは担当者に良い印象を持ってもらえない可能性があります。

そんな職場であっても、
「何か一つくらい良いことはなかったか?」
「そこであなたがコツコツと頑張っていたことはなにか?」
などを思い出して、是非転職エージェントの担当者にも伝えましょう。

2.担当者にすべて丸投げはしない

転職する意志がないのではと転職エージェントの担当者が判断する可能性があるからです。

転職先の希望や条件を聞かれた時に「お任せします」「適当に探してください」では、担当者は困惑します。

本当に転職する気持ちがあるのか?もしかしてやる気がないのか?と判断される可能性もあります。

もしわからない・思いつかない場合は、転職エージェントの担当者に相談しながら決めることもできます。

自分では分からない場合は、「一緒に考えたいです」と話してみましょう。

3.転職理由や希望する条件などは本音で話をする

本音で話をすることで、転職エージェントがより転職希望者を知れるからです。

現職(前職)の不平不満ばかり話すことはよくありませんが、転職理由は率直に伝えた方がよいです。

希望条件についても正直に話しましょう。

そこで担当者はあなたが何を重要視するのか、つまり「価値観」を知ることができます。

また、本音で話すことで、担当者にあなたの気持ちが伝わり、信頼関係を築くことができます。

担当者もより親身になって相談に乗ってくれたり、希望条件に合う求人を探そうと努力してくれます。

ちょっと無理な条件かな?と思っても、取り敢えず伝えてみてください。

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないということはないの?

転職エージェントとの面談では、経歴詐称は絶対にやってはいけません。

例えば、
・アルバイトを3社経験しているのに2社と話したり
・営業経験がないのにあると話したり
このような嘘をつくと、話に辻褄が合わなくなり、結局バレてしまうことが多いです。

もし、短期間で退職した経験などがあっても、包み隠さず話すようにしましょう。

他の転職エージェントの批判は言ったらダメ?

他の転職エージェントの批判は、少しくらいなら言っても問題ありません。

当然、合う合わないはあると思いますので、他の転職エージェントのどんなところが嫌だったのかを伝えるのはかまいません。

転職理由や希望条件と同じく、ここからも転職エージェントの担当者はあなたの価値観を知ることができます。

しかしながら、悪口大会にならない程度に留めることが必要です。

積極的なアピールが苦手だけど転職エージェントとの面談はマイナスイメージにならない?

話をするのが苦手でも、伝えようという姿勢を見せることで印象は全然違ってきます。

自分のことを話すことが苦手な方は多いです。

転職エージェントの担当者は「聞き上手」な方が多いので、転職希望者の話をうまく引き出してくれます。

ただ、質問されたことに対して「はい」「いいえ」だけで答えるのではなく、「なぜそう考えるのか」も話せるように心掛けましょう。

伝えようとする姿勢を見せることが大切です。

転職エージェントとの面談の服装の注意点は?

面談時の服装は、清潔感のある服装を心掛けましょう。

特にスーツなどを必ず着なければならないということはありません。

ビジネスカジュアルなスタイルで、自身に似合っている服装が相応しいです。

スーツ以外のビジネスカジュアルをで面談を受けると、より自然体の転職希望者を見ることができることから、より良いところが伝わりやすいでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントでの面談は、本音で話すことが大切です。

ただし、あまり不満ばかり言わないよいに気を付けてください。

話すことが苦手な方も、伝えようとする姿勢を見せることで意欲は伝わります。

この記事が、あなたの転職活動に役立てば幸いです。