【転職のプロが教える】転職エージェントがゴリ押しすることはある?ゴリ押しされたらどうすればいい?

「転職エージェントがゴリ押ししてくることはあるの?」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントのゴリ押しについて解説します。

転職エージェントに強引に進められる不安を感じている方にとって、少しでもこの記事がお役に立てば幸いです。

転職エージェントは本当にゴリ押しすることあるの?

転職エージェントが、求職者に対してゴリ押しすることはあります。

転職エージェントが強引に進めてくるタイミングとしては、主に以下の2つがあります。

  1. 求人を紹介され応募するかを確認をするとき
  2. 内定が出た際に内定受託を確認するとき

その他にも、書類選考や面接の選考中のタイミングでも、求職者が辞退しそうになるとゴリ押しをしてくる可能性が稀にあります。

面談時に求職者がこだわりが強く、強い意志を持っているとゴリ押しされる可能性は低いです。

逆に、どの企業に応募しようか迷っていたり、応募するかの返事を保留にして、その後の返答がない時はゴリ押しされる可能性が高くなります。

内定をもらった際は、転職エージェントが紹介している求人なので、自身の紹介先に入社をしてもらえるようにゴリ押しされる可能性は高いです。

なぜ転職エージェントは強引なゴリ押しをするの?

転職エージェントが強引に進めてしまうのには、理由があります。

上記に紹介しました、以下の2つのタイミングごとにご説明いたします。

  1. 求人を紹介され応募するかを確認をするとき
  2. 内定が出た際に内定受託を確認するとき

求人紹介するタイミングでゴリ押しする理由

求人紹介でのタイミングでのゴリ押しは、求職者に紹介した求人にまずは応募してもらうためです。

転職エージェントが求職者を内定に導くためには、転職エージェント自らが紹介した求人に応募してもらわなければいけません。

求職者は、複数の転職エージェントに登録していたり、自分で求人媒体から企業へ応募している可能性もありますので、転職エージェントが紹介した求人に応募してもらうためにゴリ押しするのです。

求職者がどの求人に応募しようか迷っていたり、WEB面談や電話面談の際は後日改めて電話がきてゴリ押しされるというケースも多いです。

内定受託するタイミングでゴリ押しする理由

次に内定受託するタイミングでゴリ押しされるのは2つの理由が考えられます。

1.求職者に応募企業へ入社してもらうため

転職エージェントは、求職者を応募企業へ入社させることで応募企業から紹介料をもらいます。

だからこそ求職者に負担がないのですが、転職エージェントの売上確保のために、求職者に内定受託をしてもらい、入社してもらうためゴリ押しをしてきます。

求職者は複数の転職エージェントに登録していることも多いので、他社に逃げられないためにもゴリ押しする場合も多いです。

2.転職エージェントが応募企業との信頼関係を損なわないため

応募企業は、転職エージェントを信頼して求職者を選考したり、求職者のフォローを任せています。

この転職エージェントが推薦するのであればという気持ちで面接をしてくれたり、内定を出すことも多いです。

そのため、求職者が内定を辞退することが続いてしまうと、転職エージェントは応募企業からの信用を損なわれてしまうのです。

だからこそ、何としても入社してもらうようにゴリ押しをしてくる場合もあります。

転職エージェントにゴリ押しされたらどうしたらいい?

転職エージェントにゴリ押しをされた場合の対処法について、ケース別にお伝えいたします。

対面面談にて求人紹介をされた時にゴリ押しされた場合

もし希望でない求人であればハッキリと断りましょう。

断る場合、理由を伝えることが大事です。

例えば、希望している仕事内容ではないだったり、年収が希望条件と相違していたりなどの理由をしっかり伝えた上で、転職エージェントも納得すれば、より希望に合った別の求人を持ってきてくれる事もあります。

転職エージェント側からすると、ハッキリ断る理由を伝えられなかったら、もしかするとまだ応募してもらえる余地があるかもと思い、ゴリ押しを続けてくる可能性があります。

ただし、もしハッキリ理由を伝えた上で断ってもまだ同じ求人をゴリ押しをしてくるのであれば、担当の転職エージェントを変えてもらったり、転職エージェント会社を変えることも検討したほうがいいでしょう。

電話で求人紹介のゴリ押しをされた場合

電話の場合は、迷っていたり断りづらければその場では保留の返事で終わってもいいです。

また、応募したい求人をメールで伝えます、また改めて電話しますとお伝えしてもいいでしょう。

ただし転職エージェントとしては、その場合は必ずメールでも何かしら返事は返してもらえるとありがたいです。

応募する求人はどれか、断る場合は理由も一緒に伝えることがベストです。

転職エージェントからすると、もし求職者と連絡が途絶えてしまった場合、その後求人の紹介がしづらくなってしまいます。

しっかりと断りの返事をすれば、その後も継続して別の求人を紹介してもらえる可能性があります。

内定をもらった際にゴリ押しをされた場合

内定の場合は、その場での返事は保留にしても大丈夫です。

ただし、応募企業への返答期限が、大抵の場合は内定が出てから1週間程度です。

そのため、転職エージェントにもしっかりといつまでに返事をできるか伝えることや、保留や断りを伝える際にしっかりと理由を伝えることが大事です。

例えば、
「他社の選考も受けておりその結果も待ちたい」
「面接の際に会社の雰囲気が思ったイメージと違った」
など素直に転職エージェントに伝えていただければと思います。

応募企業への伝え方は転職エージェントと相談したり言い回しを変えたりできるので安心してください。

転職エージェントがゴリ押しで勝手に企業応募することあるの?

勝手に応募するケースは本来はないですが、勝手に企業応募をしていた転職エージェントもあると聞きます。

具体的には、転職エージェントがゴリ押しをした際に、求職者があいまいな返事をしてしまい相違が起こってしまったようです。

求職者もゴリ押しをされて面倒臭いと感じてしまい、○○の条件があれば考えると伝えたところ、転職エージェントはその条件がクリアになったことで応募OKと認識してしまい、勝手に企業へ応募書類を提出してしまったとのこと。

結果面接に行けることになったのですが、その面接案内の連絡を求職者に行った際に誤解が分かったとのことでした。

こういった事例もあるので、転職エージェントからゴリ押しをされた際は返答を保留にする時も断りをする時も、理由と一緒にハッキリと返事を伝えることが大事であると思います。

転職エージェントの営業トークを真に受けてもいいの?

正直なところ、転職エージェントの営業トークについて半分は真実、半分は大げさな内容と思ってもらった方がいいです

例えば、応募する求人に対して返答期限の催促をされることについて、明日までに返事をくださいなどと言われることがあります。

期日の催促については、他に求職者が応募する可能性もあったりして応募締切を設けている可能性がありますので、なるべく早めに返答をした方が無難でしょう。

また、「◯◯さんは特別」「◯人の方からあなただけ選んだ」などの特別感を謳うときは、実際に転職エージェントや応募先企業が良い評価をしているのは事実なので、受け止めてもいいでしょう。

転職エージェントもあまり応募企業へオススメできない求職者に対しては、特別感を伝えることはないです。

また、「次も内定を貰えるかわからないですよ」などと言われることもあるかもしれません。

内定は最後は自分で勝ち取るものです。このようなことを言われても特に気にせず、しっかりと自分の意見をもって惑わされないようにしましょう。

ノルマのためだけにゴリ押しする転職エージェントっているの?

ノルマのためだけにゴリ押しする転職エージェントは、実際に少なからずいます。

以前面談をした求職者より聞いた話では、希望条件を伝えているときに、やたらと否定的に話を返されたことがありました。

その時に不快感を感じたみたいですが、その後の求人紹介の時にあまりにも希望条件からかけ離れた求人を数件紹介されていました。

ご本人はハッキリと断ったのですが、現状紹介できる求人はこれしかないと言われ、その後もゴリ押しをしてきたため、別の転職エージェントに登録し相談したとのこと。

求職者が、別の転職エージェントに伝えた希望条件もそこまでこだわりが強いものではなかったので、恐らくその転職エージェントはノルマのためや、より利益が出る求人先を紹介した可能性があります。

転職エージェントも人なので、中にはそういった利益のため、ノルマのためにゴリ押しする転職エージェントも少なからずあります。

そう感じる場がありましたら、ぜひ別の転職エージェントにも登録したり相談してみて比較するといいでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントを利用するときにゴリ押しされる可能性もあります。

転職エージェントの立場としては、ゴリ押しが必要な場合もあります。

ただしそれは、求職者が転職の軸が決まっていなかったり、将来のキャリアビジョンを導くためにゴリ押しするのであって、自己の利益のためにゴリ押しはしてはいけません。

求職者もそのゴリ押しがどういう意図があるのかを難しいですが見極めていくのも大事です。

例えば自分では決めきれない、あと一押しが欲しい時のゴリ押しは手助けになるでしょう。

しかし、求職者の気持ちを汲み取らず、話を全然聞いてくれなかったり自分の話ばかりしてしまう転職エージェントがいたら気を付けたほうが良いかもしれません。

もし不快に感じることがあれば、その転職エージェント会社に連絡し、担当者変更や別の転職エージェントへの登録で比較することもおすすめします。

この記事があなたの転職活動のお役に立てば幸いです。