【転職のプロが教える】転職エージェントがよくないと感じる転職エージェントのデメリットとは?

パーソルテンプスタッフ株式会社に約6年在籍し、現在は人材紹介会社「株式会社アドバンスフロー」の代表取締役。
のべ約2,000名もの転職支援を行い、求職者が希望する仕事を得られるよう尽力。人材業界16年の経験から「転職はしっかりとした情報が得られれば得られるほど、理想の職場を見つけられる」と確信し、多くの人が情報を得られるよう、記事の監修も行う。

「転職エージェントってよくないの?」
「利用するデメリットってなに?」

と思っていませんか。

この記事では、転職エージェントをよくないと感じるデメリットについて解説します。

転職エージェントにあまりいいイメージをお持ちではない方に、少しでも転職エージェントがどういうものかを知っていただけけるきっかけとなれば嬉しいです。

最初にチェック!おすすめ転職エージェント

doda
リクルートエージェント
公式サイトへ
・豊富な求人数は国内トップクラス
・転職支援実績NO.1
約2分で登録!
登録はこちら
doda
dodaエージェントサービス
公式サイトへ
・豊富な求人数をもつ
・転職サイトとしても利用可
約2分で登録!
登録はこちら

<PR>

転職エージェントをよくないと感じる5つのデメリットとは?

転職エージェントをよくないと感じてしまうような、利用時のデメリットはあります。

主に以下の5つの点が挙げられます。

  1. 担当者との連絡・やり取りが面倒になる
  2. 求人を紹介してもらえない可能性がある
  3. 質の悪い担当者が対応する可能性がある
  4. 急かされるなどマイペースでの転職活動ができない
  5. 選考通過率が低くなる可能性がある

1.担当者との連絡・やり取りが面倒になる

転職エージェントを利用すると、企業との直接のやり取りよりも選考に時間がかかります。

なぜなら転職エージェントは、求職者と企業の間に入って仲介するためです。

さらに、企業が気になっていることをヒアリングの段階で聞かれていないと、転職エージェントの担当者と何度もやり取りすることもあります。

2.求人を紹介してもらえない可能性がある

転職エージェントは複数の求職者を担当しており、後回しにされることがあります。

転職エージェントは、企業が求めるところに達している求職者から優先的に紹介しています。

企業が求めていることは「即日勤務できる」「その業界(職種)の経験がある」「資格がある」などです。

逆に上記に該当しない求職者や転職回数が多すぎる求職者などは、転職エージェントから求人紹介がされにくくなることもあります。

3.質の悪い担当者が対応する可能性がある

転職エージェントには、それぞれ目標数字があり、数字を上げるためには手段を選ばない人も稀に存在します。

例えば、離職率の高いところを紹介され、その後のフォローが一切ない、などです。

また、上記の求人紹介が後回しされる件と類似しますが、数字を上げやすい(企業とマッチングしやすい)求職者の転職支援に力を入れて、そうではない求職者は求人紹介してもらえない可能性もあります。

4.急かされるなどマイペースでの転職活動ができない

転職エージェントに目標数字の期限があるため、今月あと1人決まれば目標達成する場合などは、しつこく連絡してくることがあります。

他に、企業から早く人材を探して欲しいと頼まれている場合も、しつこく連絡する場合があります。

人手が足りない企業の場合、一日でも早く働いてほしいと思っていますが、直接だと言いにくい為、転職エージェントが代わりに伝えることがあります。

5.選考通過率が低くなる可能性がある

転職エージェントは、求職者の内定が決まれば、企業から仲介手数料をもらっています。

企業にとって転職エージェントを使うことは、金銭面でもリスクがあり、選考の段階でハードルが上がります。

そのため、同じ経験値や能力をもった2人が選考を受けた場合、自分で直接応募した人の方が採用されやすいです。

それでも転職エージェントを利用するべきか?

転職活動を進めるならば、自分で転職サイト等を使って求人を探しながら、転職エージェントも利用するべきです。

なぜなら、転職エージェントを利用すると、転職サイト等で求人を探しても見つからないところを紹介してくれる可能性があるためです。

転職活動の幅を広げる意味でも利用して損はなく、転職後のイメージとのギャップも生まれにくいです。

また、直接応募だとなかなか聞けないことでも、転職エージェントを通せば聞いてもらえることも多いです。

さらに、面接で企業に好印象をもってもらえた際には、転職エージェントを通じて給与交渉をしてもらえる場合もあります。

転職エージェントをよくないと感じるデメリットを少しでも解消するには?

転職エージェントのデメリットを解消する方法として、以下の3つがあります。

1.自分の強みを伝えられるようにしておくこと
アピールポイントを明確に伝えることで、転職エージェントは企業に紹介しやすくなり、後回しにされにくくなります。
2.転職活動において大事にしたい部分をはっきりさせておくこと
大事にしたい部分を明確にしておくことで、紹介されて希望と合わない企業ははっきりと断ることができます。

自分の意思を持っていないと、転職エージェントから上手く誘導されてしまう可能性もあります。任せっきりにしないことです。

3.転職エージェントに抱いている不安な部分を初めのうちに伝えておくこと
言いにくいかもしれませんが、伝えることで転職エージェントも気を使ってくれ、不安を解消できる可能性があります。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントのデメリットはいくつかありますが、使うメリットも多くあります。

転職エージェントは営業成績を上げたい気持ちで取り組んでいる部分もありますが、根底には、いい転職先を紹介して、喜んでもらいたいという想いを持っている人が多いです。

不安な部分は、伝えることで解消できる可能性も高いので、ぜひ利用してみることをおすすめします。

この記事があなたの転職活動に役立てば幸いです。

関連記事
転職をするなら、転職エージェントを積極的に活用することをおすすめします。

転職に関する不安や悩みを相談でき、転職活動へのアドバイスや支援を受けられます。

こちらの記事では、さまざまな条件におすすめの転職エージェントを詳しくご紹介しています。
【転職のプロが比較】転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

転職活動に不安を感じている方、
転職エージェント探しに苦戦されている方、
ぜひ一度こちらの記事をチェックしてみてください。