【転職のプロが教える】転職エージェントの推薦状とは?選考に効果はあるの?

「転職エージェントの推薦状ってなに?」
「転職に効果はあるの?」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントの推薦状について解説します。

転職エージェントをより有効に活用していただくために、推薦状についてぜひより理解していただければ幸いです。

転職エージェントの推薦状とはどのようなものなの?

転職エージェントの推薦状とは、書類選考の通過率をアップさせるための転職エージェント独自のアピール文です。

求職者が直接企業へ応募する際には、履歴書と職務経歴書を提出することになります。

転職エージェントは履歴書と職務経歴書に加えて推薦状も応募企業へ送付します。推薦状を送付することで書類選考の通過率をアップさせるのが目的です。

転職エージェントの推薦状の内容は?

転職エージェントの推薦状には、求職者の人柄や強みをPRする文章を記載しています。

転職エージェントから応募する際には、面談を通してその求職者の人柄や強みを汲み取り、応募企業へそのアピールポイントを伝えていくことになります。

履歴書や職務経歴書だけでは伝えきれないポイントや、その求職者を客観的に見た強みなどを応募企業へ伝えて、書類選考の通過率をアップしていきます。

推薦状の送付方法は、メールで送ったり別紙で推薦状を作成したり転職エージェントによって異なります。

一般的な方法だと、メールで履歴書と職務経歴書を応募企業の人事担当者へ送る際に、そのメールに推薦文として求職者のPRポイントを追記します。また別紙で推薦状を作成し手紙のような形で付け加えるケースもあります。

推薦はスキルがない人でもしてくれるの?

スキルがない方も、推薦してもらえる可能性が高いです。

過去の求職者の例を挙げると、今までずっと派遣で事務のお仕事をされていて、正社員として働いたことがなかった方がいらっしゃいました。

その方は自分が思うに突飛したスキルを持っていなく、自分自身の長所を理解されていませんでした。しかし面談を通して、その方がまわりにとても気遣いができる方であると感じ、ヒアリングを重ねていくうちに同僚や上司からもすごく頼りにされているエピソードを聞くことができました。

推薦状には、その方の人柄ともし応募企業へ入社した場合に現職でのエピソードを基にこういうスキルを活かせますという文面を追記したところ、書類選考が見事通過したケースがあります。

転職エージェントが推薦状を書く理由としては、求職者の魅力やアピールポイントを引き出して企業へ伝えていくためであるため、自分自身ではスキルがないと思っていても、客観的に見れば何か長所やスキルが見つかることは多いです。

実際に推薦状は選考に影響が出たり効果はあるの?

転職エージェントからの推薦状は書類選考に効果があると感じられるケースが多いです。

実際に今までも推薦状を応募先の人事担当者が見られて、書類が通過したケースがいくつもあります。

応募者の履歴書と職務経歴書だけでは判断できない「人柄はどういう方なのか」を知りたいと聞かれることも多く、推薦状を通しても判断をされています。

近年の転職市場では、ひとつの応募求人に対してより多くの求職者が殺到するケースが増えています。応募先の人事担当者も同じような経歴やスキルを持っている方の応募が多いようです。

応募者が多く同じ経歴の方が競っている状態の中で、推薦状を加えることは客観的な視点で応募者の強みやスキルを把握できるという点でもいい効果があります。

転職エージェントからの推薦は面接でも効果があります

転職エージェントからの推薦が、応募した企業との面接の後押しになる場合があります。

過去の求職者の例を挙げると、求職者が応募先企業との面接が終わった際、応募先企業から求職者の推薦PRを求められることがありました。

その求職者の方は、面接ではとても緊張されており受け答えはしっかりとできたものの、人柄がありのままに伝わらなかったようでして、どのような印象や人柄の方かを知りたいと聞かれました。

その方の推薦PRを改めてお伝えした所、前向きに検討頂いて改めて最終面接に来てほしいとなったということがあります。

この事例は推薦状とは若干異なりますが、転職エージェントが選考の際に求職者を推薦していくことで選考が有利になっていくケースも多いです。

推薦文や推薦状を求職者が確認することは可能なの?

転職エージェントに相談をすれば、確認できる場合もあります。

もし推薦文や推薦状の中身が気になった場合、転職エージェントに相談いただければ確認できる場合もあります。

自分自身のアピールポイントがどのような内容で応募企業へ伝わるか、気になることもあると思います。客観的な視点で自分自身を見つめることができるものでもあると思います。

なかには転職エージェントが面談の際に客観的な視点からアドバイスをしつつ、求職者と一緒に推薦文を作っていく転職エージェントもいます。

転職活動をしていく上で自己研究は必要なことであり、ご自身で強みや弱み、アピールポイントを考えていくことは不可欠であります。

他人から見て自分自身がどう思われるか、どのようなスキルやアピールポイントを持っているかを認識することで、より自分自身を知っていくことに繋がるため、推薦文や推薦状がどういう内容なのかを転職エージェントに聞いてみるのも良いでしょう。

転職エージェントの推薦状には例文やテンプレートがあるの?

転職エージェントによりけりですが、構成や内容はある程度決まったテンプレートがある場合もあります。

転職エージェントにもよりますが、文章構成や内容はある程度決まっており、テンプレートのようなものはある場合が多いです。

推薦状であれば、応募企業名や担当者名、また頭語や結語も入力されており、あとはその求職者の方の推薦文を入力して手紙のような形式で送る会社もあります。

実際に推薦文を送る際は、求職者の職務概要を要約したり、スキルや人柄など項目を決めて作成して送るようにしております。ある程度文章構成やポイントを伝えようというテンプレートは各社とも持っていることが多いです。

推薦文や推薦状は誰に送るの?

推薦文・推薦状は、一般的には応募先企業の人事担当者に送ります。

通常推薦文や推薦状を送るのは、転職エージェントがやり取りをしている応募先企業の人事担当者に送るケースが多いです。

メールにて履歴書と職務経歴書、推薦文(推薦状)を送り、その後に電話でも直接お伝えすることもあります。あとは応募先企業にもよりますが、募集しているポジションの上長が窓口になっていたり、社長が人事担当といったケースもあります。

また履歴書と職務経歴書と一緒に推薦文や推薦状に目を通す担当者は、大企業ですと書類選考を人事部のみで行う場合もありますが、多いケースとしては人事部が確認した後、現場責任者が目を通すケースも多いです。

現場担当者が目を通すケースの場合、人事担当者がOKを出しても現場責任者が書類NGを出すこともあり、転職エージェントは誰が読むのかによって推薦状や推薦文の内容により注意を払って書類選考に通るように考えていきます。

まとめ

この記事をまとめると、

推薦状や推薦文を出してくれる転職エージェントを積極的に活用しましょう

推薦状や推薦文を出してくれる転職エージェントはメリットが多くあります。ご自身で直接企業へ応募するより、書類選考や面接が通過する確率がアップすることもあります。

まず転職エージェントとの面談を受ける際に、推薦状や推薦文を応募企業へ出してもらえるか確認してみるのも良いでしょう。

また、もし推薦状や推薦文を確認できるのであれば、転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。自分では思っていなかったことや気付かなかったことも客観的な意見をもらうことで確認できます。

ぜひ推薦状という効果的なツールを是非活用するためにも、転職エージェントを利用いただき、より良い転職活動にしていただければと思います。

この記事があなたの転職活動に役立てば幸いです。