【転職のプロが教える】転職エージェントは退職交渉をしてくれる?

「転職エージェントは退職交渉してくれるの?」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントの退職に関するサポートについて解説します。

転職エージェントを利用して転職活動されている方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

転職エージェントは退職交渉をしてくれる?

転職エージェントでは、退職交渉は行っていません。

退職交渉に向けての相談には乗りますが、退職交渉自体は自分で行うことになります。

どうしても自力での退職交渉が難しい場合は、退職代行会社を使う方もいるようです。退職は労働者の権利として法律で認められています。強い意志を持って伝えるようにしましょう。

転職エージェントは退職に向けてサポートをしてくれる?

転職エージェントでは、退職に向けての相談やサポートを行っています。

具体的には退職が初めての方に対して、退職を申し出る時期や退職届の書き方など具体的な手続きについて相談に乗っています。

また退職交渉がなかなか進まない場合は、上司や人事担当者との交渉の進め方や相手が納得してくれるにはどう伝えればよいかなどあなたの経験や性格、状況に合ったアドバイスを行っています。

退職交渉が上手く行かないときは内定を取り消されるの?

退職が上手く行かない場合は、内定が取り消しになることもあります。

企業が中途採用をする際は、できる限り早く入社してもらいたいというのが本音です。ただ内定者が在職中の場合、事情を考慮して1~2ヶ月は入社を待ってもらえることが多いです。

その上で入社予定日を決めますが、その日に間に合わないとなると「内定を辞退した」と判断されて結果として内定取り消しになります。

ただし以下のような場合には、入社予定日を待ってもらえることもあります。

  • 企業にとって必要な人材である
  • 強い入社意欲と現状と伝えて交渉した

ただし受け入れる企業の事情にもよるので、一概には言えないところです。

退職交渉が上手く行かない理由とは?

退職が上手くできない理由としては、以下が考えられます。

1.退職の申し出が遅かった
法律や就業規則に基づいて退職の意志を伝えても「うちの会社は半年前には言ってもらわないと困る」などと言われ、退職がなかなか認めてもらえなかった。

急な退職者が出た
体調不良や介護等、やむを得ない事情で急な退職者が出た場合、人員不足となり、退職が認めてもらえない、もしくは引き延ばされる。

人員の補填がうまくいかない
求人を出しても応募者がこない、来ても良い人が見つからないなど、代わりの人員が見つからない。

転職エージェントは退職してから利用したほうが良い?

転職エージェントは退職する前から利用した方が良いです。

なぜなら転職エージェントを利用したとしても、退職後にすぐに次の転職先が見つかるとは限らないからです。

在職しながら転職活動をする方が、精神的にも経済的にも余裕をもって進めることができます。転職エージェントを利用することで手間などを省くことができるため、在職中でもスムーズに転職活動をすることができます。

ただしあらかじめ退職の意志を会社に伝え、退職時期を決めた上で利用してもいいでしょう。事前に退職の意志を伝えて時期を決めることで、退職できないなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントに退職交渉はしてもらえませんが、交渉が難航した場合、サポートを受けることはできます。

退職がうまく行かない場合は、内定を取り消される可能性もあるので、早めに相談しましょう。また、在職中の企業には、早めに退職の意志を伝えるようにしましょう。

この記事があなたの転職活動に役立てば幸いです。