ベンチャー企業におすすめ転職エージェントランキング【転職のプロ監修】

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

ベンチャー企業 ランキング

「ベンチャーにおすすめの転職エージェントはどこだろう?」

と悩んではいませんか?

転職会社で約6年働いた「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

この記事で、信頼を寄せる転職エージェントに出会い、素敵な勤務先と巡り会えることを心より願っております。

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

ベンチャー企業におすすめの転職エージェントランキング

ベンチャー企業の転職には、
「ベンチャー企業の求人が多い転職エージェント」
がおすすめです。
なぜなら、求人の多い転職エージェントに登録することで求人の選択肢が広がり、希望する条件の求人や好条件の求人に巡り合う可能性が高くなるからです。

そこで、Googleで「ベンチャー企業 転職エージェント」と検索した際に掲載されていた転職エージェント10社を抽出し、求人数を調査すると、以下のような結果となりました。

ベンチャー企業におすすめ転職エージェントランキング
(求人数調査日:2021/12/28)
ベンチャー企業の求人数(件)

Green

5,319

リクルートエージェント

4,010

dodaエージェント

2,886

レバテックキャリア

2,394

Geekly(ギークリー)

944

ワークポート

837

パソナキャリア

736

コトラ

734

Spring転職エージェント

675

マイナビエージェント

231

クライス&カンパニー

60

AXIOM(アクシアム)

54

ロバート・ウォルターズ

13

DYM就職

4
調査概要

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした転職エージェントについて Googleで「ベンチャー企業 転職エージェント」という検索ワードで検索して掲載していた「『有料職業紹介事業許可』を取得している」企業などを10社厳選としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントがWEBサイトで公開している求人のうち、「条件:ベンチャー企業」または「ベンチャー」の条件に合致する求人数をカウントしました。
調査日 2021年12月28日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の指標のひとつとしてご利用ください。

ここからは、各転職エージェントそれぞれについて詳しくご紹介します。

【求人数第1位】Green

Greenのホームページ画像
画像引用元:Green

Greenのおすすめポイント

  • 上場企業から中小企業、ベンチャー企業まで幅広い会社の求人を保有。クリエイター求人数は19サイト中1位。
Greenに関する情報
ベンチャー企業の求人数 5,319件
(※求人数調査日:2021年12月28日)
取り扱い職種 クリエイティブ職・WEB
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/他

【求人数第2位】リクルートエージェント

リクルートエージェント
画像引用元:「リクルートエージェント」公式サイト

リクルートエージェントのおすすめポイント

  • 一般の求人サイトでは見られない、非公開求人を20万件以上保有!
  • 「面接対策セミナー」など、転職に役立つセミナーが無料で受講できます。
リクルートエージェントに関する情報
ベンチャー企業の求人数 4,010件
(※求人数調査日:2021年12月28日)
取り扱い職種 営業・販売/経営・企画・マーケティング/事務系(経理・総務・人事)/IT・エンジニア/電気・機械・科学エンジニア/医療・医薬品・化粧品/コンサルタント/建築・土木技術
取り扱い業種 IT・通信/Web・インターネット/機械・電子/科学・素材/商社/物流・運輸/小売・卸売・サービス/旅行・エンタメ/マスコミ・広告/人材/コンサルティング/金融・保険/不動産・建設/医療・医薬/インフラ・官公庁
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/他

【求人数第3位】dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービスのおすすめポイント

  • 地方での転職やUターン、Iターンにも強い。全国に拠点があるため、各地の企業とのつながりが深い。地方の転職状況も把握している。
  • 転職満足度1位 ※電通バズリサーチ調査。実際に弊社の口コミ調査においても「手厚すぎるサポートだった」「逆にあつすぎるくらいだった 笑」などの声が見られた。
dodaエージェントサービスに関する情報
ベンチャー企業の求人数 2,886件
(※求人数調査日:2021年12月28日)
取り扱い職種 営業職/企画・管理/技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)/技術職(組み込みソフトウェア)/技術職(機械・電気)/技術職(食品・香料・飼料)/技術職(建築・建設・不動産・プラント・工場)/クリエイター・クリエイティブ/販売・サービス/事務・アシスタント/医療系/金融系 他
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/他

【求人数第4位】レバテックキャリア

レバテックキャリア
画像引用元:「レバテックキャリア」公式サイト

レバテックキャリアのおすすめポイント

  • 求人を選ぶこだわり条件に「ベンチャー企業」をチェックできる項目がある。
  • ITエンジニア、デザイナーなどIT業界の転職サポートに特化。
  • 関東圏・関西圏・福岡県の求人を扱っています。
レバテックキャリアに関する情報
ベンチャー企業の求人数 2,394件
(※求人数調査日:2021年12月28日)
取り扱い職種 ソフト開発・システムエンジニア/クリエイティブ/ネットワーク/サポート/研究・製品開発/品質・評価/コンサルタント・プリセールス/ゲーム/ものづくり系エンジニア/営業/事務・管理/企画/マーケティング・プロモーション/役員/販売・サービス
取り扱い業種 ゲーム/インターネットサービス/WEB制作・デザイン/SI/MI/ソフトウェア・クラウドサービス/広告・マーケティング・リサーチ/SES・ITアウトソーシング/通信・ISP・データセンター/ITコンサル/放送・映像・音響/出版・グラフィックデザイン/メーカー/商社/外食・フードサービス/レジャー・アミューズメント・スポーツ施設/ホテル・ブライダル・旅行/美容・エステティック/運輸・流通/教育/人材サービス/アパレル・ファッション雑貨/スーパーマーケット・コンビニ・量販店/自動車販売/家電・OA・携帯/調剤薬局・OTC/医療機関/福祉サービス/コンサル・シンクタンク/建築・土木・設計/不動産/マンション管理・ビルメンテナンス/設備関連/電気・ガス・水道・エネルギー/銀行・信用金庫/証券/保険
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/契約社員/業務委託

【求人数第5位】Geekly(ギークリー)

ギークリー(Geekly)
画像引用元:「Geekly」公式サイト

Geeklyのおすすめポイント

  • IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
  • 内定までの平均期間は1カ月とスピーディーな対応と適切なマッチング力が魅力です。
Geeklyに関する情報
ベンチャー企業の求人数 944件
(※求人数調査日:2021年12月28日)
取り扱い職種 システムエンジニア/プロジェクトマネージャー・システムコンサルタント/ネットワーク・サーバー/社内SE・テクニカルサポート・その他/webディレクター・webデザイナー・webマスター/ゲーム/営業関連/ネットマーケティング/管理・経営企画・新規事業/制御系・組込み・通信系
取り扱い業種 IT/Web/ゲーム
取り扱いエリア 東京23区内が中心
取扱い雇用形態 正社員

ベンチャーにおすすめの転職サイト

Amateras(アマテラス)

画像引用元:「アマテラス」公式サイト
※画像準備中

アマテラスのおすすめポイント

  • スタートアップ・ベンチャー経営者を実際に面接するなどして厳しい審査を通過した企業のみ求人掲載されるサイトなので安心!
  • 成長の高いスタートアップ企業のみ掲載している
アマテラスに関する情報
取り扱い職種 金融/IT/コンサルティング/製造業/経営幹部・管理系ビジネス
取り扱い業種 AI・ブロックチェーン・量子、モビリティ・ロボティクス、IoT、新素材・バイオテクノロジー、サステナビリティ・環境、ヘルスケア・シニアサービス、HRtech・Edtech(教育)、金融・Fintech、webサービス・メディア、コンシューマーbiz、コンサルティング、インバウンド、建設・不動産、ベンチャーキャピタル 他
取り扱いエリア 東京都中心
取扱い雇用形態 正社員

ベンチャー企業とはどのような会社?

ベンチャー企業とは、設立からあまり期間が経過しておらず、新しいビジネスに取り組む中小規模の企業のことを指します。

明確な定義がされているわけではありませんので、人によって意味合いに若干の違いがあります。

最近ですとIT技術の発達によって、ネットを活用した新サービスが続々と生まれています。

このような真新しいビジネスを手掛けていることは特徴の一つと言えます。

規模としては社員数100名くらいまでの企業が多く、200人を超えたくらいには大企業的な雰囲気が見え始めるようです。

ITベンチャー企業とはどのような会社?

ITベンチャー、あるいはITベンチャー企業と呼ばれる会社は、「IT技術やネット技術による新しいサービス」を事業とする企業を指すことが多いです。

IT技術は日進月歩で進歩しますから、時代とともにどんな事業を手掛ける企業なのかは変化していきます。

例えば、現在では当たり前となったECサイト(ネット通販)も、過去にはITベンチャーと呼ばれた時代がありました。

現在では「SaaS」と呼ばれるクラウドサービスを手掛ける企業がITベンチャーと呼ばれることが多いです。

ベンチャー企業への転職を成功させるために注意すべきポイント

ベンチャー企業への転職を成功させるためには、注意すべきポイントがあります。

  1. ベンチャー企業に理想を持ちすぎないこと
  2. 自分の強みを理解し、応募企業のどんな仕事で活かせるのか検討しておくこと
  3. 数年間、本気で仕事にコミットする覚悟を持つこと

ベンチャー企業に自由な社風や働き方ばかりを想像していると痛い目を見ます。

実際には自由が故にあまりに臨機応変に仕事が任され、明確なゴールや目標が分からない中で手探りの仕事をしなければならないことが頻繁にあります。

また、そのために深夜に及ぶ残業や土日出勤が必要になることも珍しくありません。

後悔のない転職をするためにも、応募するベンチャー企業の実態は面接の質問タイムで確認しておくようにしましょう。

ベンチャー企業とスタートアップ企業の違いは?

ベンチャー企業とスタートアップ企業は、立ち上がったばかりのスモールビジネスという意味合いでは同じ言葉です。

微妙なニュアンスですが、「ベンチャー企業」は既にあるビジネスモデルにおいて、小回りが効く規模のスモールビジネスを行います。

一方の「スタートアップ企業」は、革新性がある事業を行い、業界や社会にイノベーションを起こす企業という意味があります。

実際には混同されることが多く、厳密な違いを理解して使われることは少ないかもしれません。

社会人未経験からベンチャー企業への転職は可能?

社会人未経験からベンチャー企業へ転職(就職)することは十分に可能です。

ベンチャー企業では、事業を成長させるために能力やポテンシャルを重視して採用している企業が多いです。

このため、仕事を任せられると判断されさえすれば、仕事の経験の有無や学歴の優劣を問われない傾向にあります。

大手企業の出身者だと、能力はあっても整った環境でしか力を発揮できなかったり、不安定な事業環境に対するスピーディな方針変更に馴染めないケースがあります。

ですので、初めて働く企業がベンチャーで、やる気・素養とも十分と思われれば未経験者の方が長期的な戦力になると捉える企業が多く存在します。

まとめ

この記事をまとめると、

ベンチャー転職におすすめの転職エージェントは、
レバテックキャリア」がおすすめです。
求人を選ぶこだわり条件に「ベンチャー企業」をチェックできる項目がある。
ITエンジニア、デザイナーなどIT業界の転職サポートに特化。

この記事が、
あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

関連記事
【転職のプロが37社検証】転職エージェントおすすめランキング/2020年度版
この記事では、「職種」や「業種」、「性別」などさまざまな分野ごとに強い転職エージェントをご紹介しています。