【転職のプロ監修】アパレルにおすすめ転職エージェントランキング

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

アパレル おすすめ転職エージェントランキング

「ショップ店員やデザイナーなどアパレル業界への転職におすすめの転職エージェントはどこだろう?」と悩んではいませんか?

転職会社で約6年働いた「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

この記事で、信頼を寄せる転職エージェントに出会い、素敵な勤務先と巡り会えることを心より願っております。

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

アパレルにおすすめの転職エージェントランキング

アパレルの転職には、
「アパレルの求人が多い転職エージェント」
がおすすめです。
なぜなら、求人の多い転職エージェントに登録することで求人の選択肢が広がり、希望する条件の求人や好条件の求人に巡り合う可能性が高くなるからです。

そこで、Googleで「アパレル 転職エージェント」と検索した際に掲載されていた転職エージェントを抽出し、求人数を調査すると、以下のような結果となりました。

調査概要
調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした転職エージェントについて Googleで「アパレル 転職エージェント」という検索ワードで検索して掲載していた「『有料職業紹介事業許可』を取得している」企業を厳選としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントがWEBサイトで公開している求人のうち、「条件:アパレル」の条件に合致する求人数をカウントしました。
調査日 2020年12月12日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の指標のひとつとしてご利用ください。

ここからは、各転職エージェントそれぞれについて詳しくご紹介します。

【求人数第1位】スタッフブリッジ

スタッフブリッジTOP画像引用元:スタッフブリッジ

スタッフブリッジのおすすめポイント

  • ファッション・アパレル業界に特化しており、業界のプロである
  • 提携ブランド数が多く業界トップクラスなので興味あるブランドで勤務できる可能性が高い
  • 最初から契約社員や正社員が不安な人は、紹介予定派遣を利用して派遣社員から始めることもできる
担当者からのひとこと
私たちスタッフブリッジはファッション・アパレル業界に特化した人材会社です。
人材紹介の他にも人材派遣、求人サイトを運営しており、総合的にファッション・アパレル業界に転職したい方を支援しています。

提携ブランド数が他社に比べ圧倒的に多く、業界トップクラスです。
非公開求人のブランドもあるので、きっとあなたに合うブランドも見つかるはずです。

最初から契約社員や正社員として勤務するのは不安という方は、派遣社員からスタートする紹介予定派遣という働き方もあります。

専任のキャリアパートナーが細かく希望条件や今までのご経験などをおうかがいしますので、あなたにマッチした会社を紹介させていただきます。

また、転職活動で重要な履歴書や職務経歴書の書き方まで細かく指導させていただきます。

憧れのブランドがある方、おしゃれに興味がある方、新しいことを始めてみたい方、一緒に転職活動を成功させましょう。

スタッフブリッジに関する情報
アパレルの求人数 8,455件
取り扱い職種 ショップ販売、美容部員/コスメ販売、商品管理、店長、SV、デザイナー、パタンナー、MD/バイヤー、VMD/プレス/販促、営業/企画、生産管理、店舗開発、バックオフィス、WEB/EC、その他
取り扱い業種 レディース、メンズ・レディース、ラグジュアリー、キッズ、コスメ、ジュエリー・ウォッチ、バッグ・シューズ、ランジェリー・インナー、スポーツ・アウトドア、雑貨・その他
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/契約社員/派遣社員

【求人数第2位】iDA

iDA
画像引用元:「iDA」公式サイト

iDAのおすすめポイント

  • ファッション・コスメ業界専門人材サービスで、初の「職業紹介優良事業者」に認定。
  • iDAの正社員となり、派遣先ブランドで働くアンバサダー制度を用意しています。
iDAに関する情報
アパレルの求人数 4,194件
取り扱い職種 【派遣】 ラグジュアリー販売/アパレル販売 コスメ・化粧品販売/シューズ・バッグ販売 ジュエリー・アクセサリー販売/その他販売/販売職以外
【正社員】 販売/店長・副店長/スーパーバイザー・エリアマネージャー/トレーナー/デザイナー/パタンナー/MD・バイヤー/VMD・プレス・販促 営業(リテール・卸)/生産管理・物流/WEB・エンジニア/その他 オフィス職
取り扱い業種 アパレル/ファッション/コスメ
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/契約社員/派遣社員

【求人数第3位】リクルートエージェント

リクルートエージェント
画像引用元:「リクルートエージェント」公式サイト

リクルートエージェントのおすすめポイント

  • 一般の求人サイトでは見られない、非公開求人を20万件以上保有!
  • 「面接対策セミナー」など、転職に役立つセミナーが無料で受講できます。
リクルートエージェントに関する情報
アパレルの求人数 1,933件
取り扱い職種 営業・販売/経営・企画・マーケティング/事務系(経理・総務・人事)/IT・エンジニア/電気・機械・科学エンジニア/医療・医薬品・化粧品/コンサルタント/建築・土木技術
取り扱い業種 IT・通信/Web・インターネット/機械・電子/科学・素材/商社/物流・運輸/小売・卸売・サービス/旅行・エンタメ/マスコミ・広告/人材/コンサルティング/金融・保険/不動産・建設/医療・医薬/インフラ・官公庁
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/他

【FAQ】アパレル職の仕事探しに関するよくある質問

アパレル職への転職活動のとき服装はどうする?

アパレル業界への転職をする場合、面接が私服で行われる場合も多いです。

少し前まではスーツで行う会社も多かったですが、近年で少なくなりました。

ただ、私服であれば何でも良いという訳ではありません。

  • 常識的な服装であるか
  • 自社ブランドのイメージと合っているか
  • 応募者に似合った格好ができているか

主に上記3つのポイントを見られます。

例えば、パーカーにスラックスなど、面接に適していない格好をして来たり、ブランドのコンセプトとかけ離れた服装で来た場合などは良くない評価を受けるでしょう。

求人票に「服装自由」と書いてある場合も、やはり基本は私服です。

選考されるポイントも変わらないので、応募先に合わせたコーディネートで受けるのがベストです。

アパレル職への転職活動の証明写真はスーツ?私服?

アパレル職への転職活動をする際の証明写真の服装は、スーツ、私服どちらを選んでも構わない場合が多いです。

特定のブランドに応募することが決まっている方は、「トレンドを意識した服装」や「そのブランドのイメージに合った服装」で証明写真を撮る方が多いです。

スーツで証明写真を撮る場合でも、メイクやヘアスタイルを就活生のようにピシッと整えるのではなく、自分らしさや個性が出るようにアレンジして証明写真を撮影する方が多いようです。

また、「トレンドを意識した服装」や「スーツ」以外にも、清潔感のある服装で証明写真を撮っても構いません。

【参考リンク】
>>Fashion HR「アパレル面接、履歴書の証明写真どうする? 服装やピアスなど許容範囲を解説」

アパレル職への転職は未経験者でも可能?

アパレル業界は未経験者でも始められるお仕事です。

ただし、誰でも応募すれば合格するというものではありません。

未経験者でも次の様なポイントをチェックされます。

  • コミュニケーション能力
  • 立ち居振る舞い
  • 素直さ、吸収力の高さ

また、アパレル業界の職種によっては未経験者では合格が厳しい職種もあります。

デザイナーやパンタナーの職種はまず未経験だと合格はできないと考えておきましょう。

未経験者でも十分に合格を狙える職種は販売員です。

店舗での販売や接客などを中心に、レジ打ちや開店・閉店作業などを行います。

立ち仕事も多いのである程度の体力も必要ですが、特殊なスキル・経験が無くても狙える職種です。

アパレル職が未経験の男性でも転職は可能?

アパレル職は未経験の男性でも転職は可能です。

アパレル業界はコンセプトがはっきりしているブランドが多いので、メンズブランドでは男性中心の募集がかかります。

また、店頭では力仕事も発生するため、女性向けのブランドであっても少数ですが男性も在籍していたりします。

未経験の男性の場合は、女性と同様に店頭で販売を行う販売職か、メーカーの商品を小売店に売り込む「営業職」がお勧めです。

これらの職種はコミュニケーションスキルや立ち居振る舞いなどの基本的な対応ができれば、合格できる可能性がある職種です。

また、実績を上げるとより上位の職種にも挑戦できる可能性が出てくるため、未経験から始めるには狙い目と言えるでしょう。

アパレルデザイナーへの転職は未経験でも可能?

アパレル系のデザイナー職は未経験者だと転職しづらいでしょう。

理由としては、デザイナー職は専門的なスキルや経験が必要な職種になるからです。

デザイナーはトレンドを常に分析して把握し、業界や売れ行きなどの動向を見ながらイメージマップを作成します。

イメージマップを元にデザイン画を作り、アイテムを決めます。

アイテムが決まると、色や素材、副資材を決めて、サンプルを作り、問題が無ければ商品化となります。

この様な業務内容は未経験者にできる内容ではなく、長い業界経験がある人か、広報やマーケティング・企画職の近しい業務内容を経験している人でないと難しいでしょう。

別職種で広報やマーケティングを行っていた人で、なおかつデザイナーに活かせる次のような資格を有していれば、デザイナー未経験でも可能性が出てくるでしょう。

  • カラーコーディネーター認定試験
  • ファッション色彩能力検定
  • ファッションビジネス能力検定

高卒でもアパレル職の正社員になることは可能?

最終学歴が高卒の方でもアパレル職の正社員になることは可能です。

なかでも「アパレルショップの正社員」や「アパレルショップの店長」は高卒の方でも目指しやすい職種の一つです。

その他にもデザイナー、バイヤー、本部勤務なども高卒の方でも目指せる場合がありますが、アパレルブランドによっては「大卒のみ応募可能」となっている求人もあるため、事前に確認が必要です。

アパレル職の転職で高収入を目指す場合のポイントや注意点はある?

アパレル職で高収入を目指す方法としては次の通りです。

  • 本社勤務を目指す
  • 専門的な上位職を目指す
  • ハイブランドに転職する

まず、一番の王道は販売員から就職し、本社勤務を目指すルートです。

国内のアパレルブランドであれば、販売員から店長など現場マネージメントを経て、本社の営業や広報、人事などキャリアアップできるケースがあります。

特に本社営業は売り上げを上げれば直接評価に繋がるので、収入を上げやすい職種と言えるでしょう。

また、販売員から資格を取得し、デザイナーやマーチャンダイザーなどの高収入な職種へキャリアップも狙えます。

どうしてもすぐに収入を上げたいという場合は、手っ取り早くハイブランドへ転職するのも一つです。

ただし、ハイブランドはブランドイメージがあるため、よりレベルの高い仕事を求められます。

すぐにハイブランドへ転職を選択せず、自分にあった収入の上げ方を狙いましょう。

アパレル職の年収や月収はどれくらい?

アパレル職の平均収入(2020年時点)は月収で約28万4千円、年収で約341万円です。

2019年と比較すると平均年収が約4万円アップしている状況です。

一方で収入の二極化が進んでいる状態にもなっています。

職種別にみると、年収が高かったのは「VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)」で約452万円、その次に「営業」で約432万円でした。

未経験から入ることができる販売職は最も年収が低く約315万円でした。

参考:アパレル業界の平均年収と転職動向「クリーデンス by パーソルキャリア」

アパレル職の転職に有利な資格やスキルはある?

アパレル職へ転職をする際に有利になる資格やスキル・経験はあります。

存在しますが、弁護士資格の様に、それだけあれば必ず転職できるというものではないので注意しましょう。

有利になる主な資格は次の通りです。

    有利になる資格

  • 販売士(リテールマーケティング)検定
  • ファッション販売能力検定
  • ファッションビジネス能力検定
  • 繊維製品品質管理士(TES)
  • ファッション色彩能力検定

資格以外のスキルや経験については次のものが役立つでしょう。

    スキル・経験

  • 個人向け接客の経験
  • クレーム対応業務の経験
  • 営業経験
  • 語学スキル

アパレル職の仕事内容はきつい?ノルマはある?

アパレル職の仕事は決して楽な仕事ではありませんし、様々な形はありますがノルマも存在します。

アパレルショップは基本的には土日祝日も営業をしています。

そのため、販売員として勤務する人は平日休みを取ることが多く、年間休日も少なめです。

厚生労働省の「平成30年就労条件総合調査」によると、アパレルショップなどの小売業の年間休日平均は105.7日であり、16業界中11位です。

ショップスタッフが欠勤した場合の急な出勤や、お客様への突発的な対応は販売員にとって負担になる業務の一つです。

また、ノルマに追われて精神的に辛い仕事だという声も見受けられます。

ただし、最近では個人にノルマを課すのではなく、チームや店舗全体の目標として掲げる場合も多くなっています。

アパレル・販売・接客の転職市場はコロナの影響で変化した?

アパレル・販売・接客の転職市場は2020年の新型コロナウイルスの影響で求人数が一時落ち込みましたが、2021年の後半以降、求人数は徐々に増えています。

ただし、アパレルや小売業の中では、売上減の影響から店舗の閉店や事業の縮小を行っている企業も多いため、2020年以前と同じような転職市場に戻るためにはまだ時間がかかりそうです。

転職活動で志望動機を作成する際のポイントや注意点は?

ここでは志望動機を作成する際のポイントをご紹介します。

志望動機を作成する際は、

  • その「企業」を志望した理由を記載する
  • その「職種」を志望した理由を記載する

上記2点のうち、とくに「その企業を志望した理由」についてよく考える必要があります。

まずは下記の内容について、思いつくことをすべて書き出すとよいでしょう。

  • 転職先の企業を志望した(選んだ)理由
  • 転職先の企業に対して魅力を感じた点
  • これまでの経歴やスキル
  • 転職先の企業で実現したい目標、目指すポジション

志望動機を作成する際、「最初からきれいな文章で完成させよう」と考えるよりも、思いつくことをすべて書き出した後に、文章を組み立てたほうが志望動機を作成しやすいです。

文章を組み立てる際は、「なぜその企業を選んだか」を分かりやすく簡潔に記載するとよいでしょう。「熱意」や「伝えたいこと」が豊富にある場合は、志望動機が長くなっても問題ありませんが、不必要にダラダラと長い文章を書くことはおすすめしません。

また、

  • 同業職種への転職
  • 異業種への転職
  • ハイクラス職への転職
  • パート勤務の転職
  • 仕事をしていない期間を挟んだ後の転職

など、転職する方の状況に応じて、志望動機で注意すべきポイントは異なります。

職種や業界などのタイプ別の志望動機については、転職サイト「doda」の特集ページに具体例が記載してありますので、ぜひ参考になさってください。

詳細は下記リンクよりご確認ください。
doda公式サイト-志望動機・志望理由の書き方【81職種の例文付き】
(※外部のサイトにジャンプします)

転職活動で自己PR文を作る時のポイントは?

ここでは応募書類や面接時に利用する「自己PR」を作成するときのポイントや注意点について紹介します。

まず、自己PR文を作成する際は「自己分析」を行う必要があります。自己分析の手順は以下の通りです。

自分で出来る『自己分析』
  1. 今までに経験した業務内容をすべて書き出す(キャリアの棚卸)
  2. ①の内容に対して
    『印象的なエピソード』
    『壁にぶつかったときの対処方法』
    『問題や業務上の悩みを解決したしたときの体験談』
    『それぞれの業務を経験して得たもの、感じたこと』を書き足す
  3. ②の内容に
    『尽力した業務』
    『得意な業務』
    『褒められたことのある業務』
    『失敗から学んだこと』を書き足す
  4. 書き出した内容を簡潔にまとめる
  5. まとめた文章に補足説明やデータ(数字や実績)があれば追記する

上記の内容のなかで、自己PR文としてアピールしたいポイントはなにか、自分の強みはなにかを考えながらまとめましょう。

その上で、「応募先企業が求めている人材」や「応募先企業の特徴」に対して、どのようなことをアピールすれば良い印象を与えることができるのか考えましょう。

また、「応募書類に記載する自己PR文」と「面接時に口頭で述べる自己PR」は、伝え方を少し変える必要があります。

【応募書類に記載する自己PR文】
  • これまでの実績や自分の強みを、段落、太字、箇条書きなどで強弱を付けながら読みやすい文章にまとめる必要があります
【面接時に口頭で述べる自己PR】
  • 「応募書類に記載する自己PR文」の内容をより簡潔に分かりやすくまとめた上で、文章では伝えにくい、エピソードや感情なども踏まえて述べると良いでしょう

「自己PR文をうまく作れない…」といったお悩みを抱えている場合は、「転職エージェント」の利用がおすすめです。転職エージェントでは自己PR文などの応募書類の添削を無料で提供している会社が多いです。またその他にも面接なのに関する質問や相談にも対応してもらうことが可能です。

その他にも、転職サイトの「リクナビNEXT」では、「グッドポイント診断」というインターネット上で簡単に適性診断を行えるサービスを無料で提供しています。

「グッドポイント診断」を利用することで、自己分析に使えるヒントを得ることができる可能性が高いです!

【FAQ】転職エージェントに関するよくある質問

Q&A

「転職エージェント」を活用することに、不安を感じていませんか?

転職エージェントを知らない方にとっては、転職エージェントの存在自体を不安に感じてしまうこともあるでしょう。しかし、転職を成功させるための強力なサポーターである転職エージェントは、第二新卒の転職には欠かせない存在です。

ここからは、転職エージェントについての疑問・質問に詳しく解説します。

Q. そもそも転職エージェントってなに?

A.転職エージェントとは、人材を求める企業と転職したい希望者をマッチングする人材紹介会社です。

転職エージェントは、登録者が企業に転職することで企業から報酬を得ています。だからこそ、登録者の魅力を最大限に引き出し、転職を成功させられるようサポートしてくれるのです。

Q. なんで転職エージェントを使うといいの?

A.転職エージェントとは、人材を求める企業と転職したい希望者をマッチングする人材紹介会社です。

転職エージェントは、登録者が企業に転職することで企業から報酬を得ています。だからこそ、登録者の魅力を最大限に引き出し、転職を成功させられるようサポートしてくれるのです。

Q. なんで転職エージェントを使うといいの?

A.今までの転職支援実績をもとに、転職希望者の魅力を最大限に引き出すサポートをしてくれるからです。

たとえ文句のつけようがない経歴をもっていても、それを企業にアピールできなければ転職に結びつきません。転職エージェントは、適切なアピールをするためのノウハウを心得ています。

そのため、転職エージェントを活用することで、企業により魅力的と映る転職活動ができるようになるのです。

Q. 転職エージェントを利用するにはお金がかかるの?

A.転職エージェントは企業側から報酬を得ており、登録者(転職希望者)は無料で利用できます。

転職エージェントは、登録者の転職が決まらないと売り上げになりません。そのため真剣に、時には熱すぎるくらいに熱心な対応をしてくれるのです。

Q. 転職エージェントで転職するってどんな感じ?

A.転職エージェントを利用しての転職は、以下のような流れになります。
転職エージェントの流れ

Q. 自分でも転職できるのになんでわざわざ転職エージェントなの?

A.すぐれたアピール術をもっているだけでなく、企業との日程調整なども代行してくれるからです。

企業に「この人を採用したい!」と思わせるには、テクニックも必要です。何万人という転職を支援している転職エージェントはそのことを十分理解し、それに対するノウハウを蓄積しています。それを活用しない手はありません。

また、面接の日程調整や内定後の入社条件に関する調整などを、自分で行うと手間と時間がかかるものですが、転職エージェントではそうした業務も代行してくれるため、在職中でも転職活動がしやすくなります。

Q. 企業が高い報酬を払うなら、転職エージェントを通さないほうが採用されやすい?

A.転職エージェントを利用することで、採用されやすい・されにくいということはありません。

転職エージェントを通さなくても、企業が人材を採用するためには相応の費用を払う必要があります。仮に転職エージェントを使わない場合、企業は求人サイトに広告費を払って求人を掲載し、集まった応募書類の一つひとつを確認して通知を出し、面接して内定を出す、採用しない人にはお断りのご連絡をする、といったことをしなければなりません。

企業は、人材採用を転職エージェントに依頼することで、広告費や採用にかかる人件費が不要になります。ですから、企業が最終的に負担する費用としては大差がないのです。転職エージェントを通す場合、企業としても希望する人材を得てから報酬を払うことになり、むしろ無駄な支出がないともいえます。

Q. 在職している状態で登録してもいいの?

A.転職エージェントは、在職中でも登録可能です。むしろ、在職しているからこそ登録すべきです。

先にもふれたように、転職エージェントは面接や応募書類の対策サポートを行うだけではなく、面接日程の調整なども代行してくれます。在職中は、転職活動にかけられる時間が圧倒的に少ないため、煩雑なやりとりを代行してくれる転職エージェントは積極的に活用すべきです。

Q. 今すぐ転職する気がなくても登録していいの?

A.どれくらいの期間で転職を考えているのかを転職エージェントに伝えれば、今すぐ転職しなくても問題ありません。

転職エージェントは、基本的には「可能な限り早く転職してもらおう!」と考えます。そこで「今すぐ転職したいわけでは…」という転職希望者が登録すると、ミスマッチが起こりかねません。

それを避けるためには、今すぐ転職したいとは考えていないこと、いつごろ転職したいかという希望をしっかりと伝える必要があります。それができれば、登録しても問題はありません。

「いつごろ」という時期を明確に決められず、漠然と転職を考えているなら、そのことを伝えて転職エージェントに登録してみましょう。そうすることで、アドバイザーから適切な転職スケジュールのアドバイスをもらえる可能性もあります。

Q. 自宅近くで面談できない、忙しくて面談できないけど登録してもいいの?

A. 転職エージェントに登録する際、担当者との面談はできるだけ対面で行うべきです。そのほうが細かい点もすりあわせることができ、情報共有がうまくいくからです。

しかし、在職中だと平日の日中に時間を取るのが難しいものです。そこで、平日の夜や土・日に面談できるエージェントが増えています。地域が遠い場合は、電話やSkypeなどでも対応してくれます。

土日も面談を行っている転職エージェント土日も面談を行っている転職エージェントはどこ?面談の連絡がこない理由も掲載!
Q. 転職エージェントの担当者と相性が悪いときは?

A.転職エージェントの担当者は変更できます。

転職エージェントには、各拠点の代表電話番号やお問い合わせ受付メールアドレスがありますので、そこに連絡して相談してみましょう。

Q. 転職エージェントは1社だけ登録すればいいの?

A.転職エージェントには、「女性の転職に強い」「IT系の転職に強い」など、それぞれ得意分野があります。

転職エージェントが幅広い求人をもっていても、得意分野の違いによってサポートの手厚さも異なります。そのため、自分の属性や希望する分野を得意とする転職エージェントを選ぶ必要があります。

また、転職エージェントには、その転職エージェントの登録者だけが紹介を受けられる「独占求人」もあります。自分の希望に合った多くの求人に出合うためには、多くの転職エージェントに登録しておくべきで、2~3社は登録することをおすすめします。

Q. 登録すると転職するまでしつこく連絡がくるの?

A. 転職エージェントが「この求人を紹介したい」と考えた場合、希望者に連絡がきますが、在職中の方だと勤務中など電話連絡を受けられない時間が少なくありません。そうしたことが重なると、対応が面倒になるでしょう。

そのような場合は、電話連絡を受けられない時間をはっきり伝えたり、メール連絡のみにしてほしいと伝えたりすることで、面倒を減らすことができます。

また、登録した転職エージェントで転職しないことを決めたり、転職が決まった場合、転職自体を辞めることにした場合は、その旨を伝えれば連絡を控えてもらうことも、退会することも可能です。

Q. 人気のない求人を押し付けてくることはあるの?

A.自分の希望と多少ずれている求人の紹介を受けることは多々あります。しかしそれは、転職エージェントが「もしかしたらこの仕事は合っている可能性があるかもしれない」と感じたからこそです。人気がない求人を押し付けるということはありません。

ただ、それが嫌だと感じるならば、「希望に沿った求人のみ紹介してほしい」ということを再度伝えるべきです。それでも希望とは違う求人を紹介されるということであれば、担当者との考え方の相性が悪いとも考えられるため、担当者を変更することをおすすめします。

Q. 別の方法で転職が決まったら退会できるの?

A.転職エージェントは簡単に退会できます。引き止められることもありません。

現在、複数の転職エージェントに登録する方が多く、その転職エージェント経由で転職せずに退会する人はとても多いです。そのため、退会方法は簡単ですし、もめたりすることもありません。

退会・個人情報削除申請方法一覧

申請方法
リクルートエージェント 専用フォームで申請
dodaエージェントサービス 会員専用ページより申請
(詳しくはこちら
マイナビエージェント 担当者またはメールで申請
(詳しくはこちら
Spring転職エージェント 専用フォームから申請

<スマホご利用の方向け>右にスライドします▷▷▷

転職エージェント登録から入社までの流れ

転職エージェントに登録してから入社するまで、一般的には以下のような流れになります。
転職エージェントの流れ

転職エージェントのキャリアアドバイザーとの面談は、対面または電話で行い、今までの経歴や転職の希望条件などを確認します。面接ではありませんが、スーツまたはオフィスカジュアルで訪問すると、転職エージェント側の印象もいいでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、

アパレルの転職なら、求人数の多い「スタッフブリッジ」や「iDA」を利用するのがおすすめです。
スタッフブリッジやiDAはアパレル求人を豊富に保有しています。
→求人数の多い転職エージェントを選べば選択肢が広がり、希望の求人に巡り合う確率が高まります。

この記事が、
あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

販売業界の求人をより多く知るなら……
【転職のプロ監修】「販売職」の転職サイトおすすめランキング(46社求人数調査)
こちらの記事では、「販売職」の転職に強い転職エージェントをご紹介しています!
【転職のプロ監修】「アパレル」の転職サイトおすすめランキング(33社求人数調査)
こちらの記事では、「アパレル業界」の求人を豊富に掲載しているおすすめの転職サイトをご紹介しています。

転職エージェントと併用することで、求人に出合うチャンスが広がる転職サイトもぜひ一緒に登録しませんか?

販売系に限定して転職したいなら……
【転職のプロ監修】販売におすすめ転職エージェントランキング
こちらの記事では、「販売」の求人を豊富に掲載しているおすすめの転職エージェントをご紹介しています。
さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載