派遣の社内選考とは?社内選考が行われる理由と顔合わせとの違い

「派遣会社の社内選考がどのように行われるのかわからず、派遣先が決まるか不安・・・」
とお悩みではありませんか?

派遣会社に約6年勤務した「#就職しよう」編集部の中塚が、派遣の社内選考について解説します。
この記事で、派遣会社の社内選考が何の目的で行われるのか理解して、社内選考を通過するために必要なことを身につけていただければ幸いです。

目次

社内選考とは?

社内選考は、派遣会社が派遣先企業で働く派遣社員を選ぶために行われます。

ここでは派遣会社が社内選考を行う具体的な理由と、選考基準を解説します。

選考基準を知っておけば、派遣会社に選んでもらえるようにスキルアップをするなどの対策が取りやすくなります。

派遣会社が社内選考を行う理由

派遣会社が社内選考を行う理由は、派遣先企業で派遣希望者が働いても問題なく業務がこなせるかどうか事前に判断したいからです。

派遣会社にとって、派遣先企業にしっかりと業務をこなせる派遣社員を送ることは信頼度を高めることにもなるため、業務が行えるスキルを持っていない派遣社員を派遣するわけにはいきません。

つまり、派遣会社が派遣希望者の持っているスキルや人となりを評価した上で、派遣先企業で働けるかどうか決定します。

社内選考の選考基準

社内選考の選考基準は、

  • 派遣先企業で働くために必要な資格やスキルを持っていること
  • 派遣経歴に問題がないこと
  • 人柄や印象が悪くないこと

などで判断されます。

より具体的にいうと、派遣先企業で働くための実務経験がなかったり、派遣社員として働いていてトラブルを起こしたことがないかであったり、言葉遣いや服装、コミュニケーションがしっかりしているかなどを総合的に判断します。

派遣会社の社内選考で落ちることはあるの?

派遣会社の社内選考であっても、求人の条件を満たしていないなどの理由で落ちることもあります。

また、派遣希望者が求人の条件を満たしていても、応募人数が多かったりしても社内選考に通らないこともあります。

応募したからといって、全ての社内選考に通るわけではない点にご注意ください。

派遣社員の社内選考は違法じゃないの?

派遣会社の社内選考は違法となりませんが、派遣先企業が、面接を行ったり派遣社員の年齢や見た目だけで選考したりすることは禁止されています。

業務に必要となる資格やスキルを持たない派遣社員を派遣先企業で働かせるわけにはいかないため、業務を行う上での条件を満たしているかどうかを派遣会社が判断することに関しては禁止されていません。

社内選考の合格率はどれぐらい?

社内選考の合格率について、はっきりとした確率はありません。

社内選考に落ちる要因として、

  • 人気の求人だっため応募者が多く競争率が激しかった
  • 自分が持っているスキルでは応募できない会社だった

可能性が高いです。

自分が持っているスキルと求人の条件を照らし合わせて自分に合っている求人を探すことが重要です。

派遣の社内選考と顔合わせの違いって何?

顔合わせは派遣会社ではなく、派遣先企業が行うという点に大きな違いがあります。

社内選考は派遣会社が、派遣先企業に派遣社員を派遣しても問題がないか判断するもので、顔合わせは実際に派遣先企業が派遣希望者を職場に招いて、業務内容や職場環境に問題がないか最終確認するための手段として用いられます。

顔合わせは面接ではないため、派遣先企業側が派遣社員を断るかどうか決めることは禁止されています。

しかし、顔合わせで派遣社員の態度が悪かったり、想定していたスキルを持っていないと判断されてしまったりしてしまうと、契約の成立が成されなくなる可能性があります。

派遣の社内選考はどのタイミングで行われるの?

社内選考のタイミングは、下記の2番目の順番で行われます。

  • 1.求人に応募する
  • 2.社内選考
  • 3. 派遣先企業との顔合わせ
  • 4.就業の開始

派遣会社は、派遣先企業から提示された求人表に応募してきた派遣希望者が問題なく業務ができる能力を持っているのか確認します。

社内選考通過が決まれば、派遣希望者は派遣先企業との顔合わせを行いながら調整を行っていく形になります。

顔合わせをして特に問題がなければ、働き始める日を決めて就業開始となります。

しかし、求人にエントリーしても必ず派遣先企業の顔合わせまで進めるわけではないことにご注意ください。

派遣会社の社内選考にかかる日数はどれくらい?

社内選考にかかる日数は、派遣会社や求人の応募人数によって変わることもありす。

スムーズに進めば翌日で社内選考が終わったり、長い時だと1週間以上かかったりするような時もあるため、3日が経っても社内選考の結果が出ない時は、派遣会社に直接問い合わせることをおすすめします。

社内選考に落ちる派遣社員の特徴

社内選考に落ちてしまう派遣社員の特徴を紹介します。

派遣会社に悪い印象を与えてしまうと、求人を紹介されにくくなってしまう可能性もあるため、普段の行動にもご注意ください。

スキルや経験の不足

派遣先企業で働けるほどのスキルや経験の不足、資格がないなどがあると判断された場合、社内選考で落ちてしまいます。

派遣希望者がしっかりと求人の契約内容を確認した上で、派遣先企業で働ける実力があるのか判断してから求人に応募するようにしてください。

見た目や態度で悪い印象を与えてしまう

派遣社員の見た目や態度も、社内選考が通過できるかどうかに関わってきます。

適切な服装ができているか、言葉遣いはマナーを守っているか、コミュニケーション能力に問題はないかなど、派遣会社に悪い印象を与えないことが大切です。

過去の派遣で問題を起こしたことがある

過去に同じ派遣会社で働いた経験がある方は、派遣経歴から問題のある行為がなかったかどうかも社内選考の判断基準とされます。

遅刻が多かったり、勤務態度の悪さでトラブルを起こしたりなどの問題行為があった場合は、社内選考に通らない恐れがあります。

社内選考に落ちないための対策

できるだけ社内選考に落ちないようにするためには、どのようにして行けばいいのか、効果的な対策を紹介します。

社内選考に必ず落ちなくなるわけではありませんが、派遣会社からの信頼が高ければ、社内選考に通過する確率があがります。

求人条件に必要なスキルを身につける

派遣希望者が派遣先企業で働ける能力を持っていることをアピールできるのは、求人条件に必要なスキルや資格を持っていることを証明することです。

例えば、専門的な資格が必要な業務を行うために資格を取得し、同じ業務内容の求人を契約満了までしっかりと働きあげたなどの経験があれば、派遣会社からの評価も高まります。

服装や言葉遣いに気をつける

服装や言葉遣いも、派遣会社に与える印象を良くしてくれます。

派遣登録会等で派遣会社を訪れる際に、ラフすぎる格好や寝癖をつけたままの格好で派遣会社に通っていると、悪い印象を与えかねません。

また、タメ口を聞いたり、間違った敬語を使ったりしている場合でも、「派遣先企業でしっかりとコミュニケーションが取れそうにないな・・・」と評価されてしまうことにつながります。

社内選考通過を目指すためにも、日頃から服装や言葉遣いには気をつけるようにしてください。

派遣の仕事に真面目に取り組む

同じ派遣会社で新しい求人を探す場合は、働いていた派遣先企業で契約満了を迎えるまで問題を起こすことなく働いた実績は、派遣会社の信頼を高めることに役立ちます。

また、派遣先企業からも高い評価を受けていれば後々の社内選考を有利に進めることができるため、派遣先の仕事に真剣に取り組むことも大切です。

社内選考が通っても不採用になるって本当?

社内選考通過後に、派遣先企業から派遣希望者が不採用にされるようなことはありません。

しかし、派遣先企業と派遣会社との交渉で派遣契約が成立しなくなってしまうことがあります。

社内選考に通ったからと、絶対に派遣されるというわけではないことにご注意ください。

社内選考では40代・50代が不利になる?

社内選考では40代と50代の派遣社員は、20代や30代などの若い派遣社員と比べると不利になることもあります。

ここでは、40代と50代の派遣が厳しいとされている理由について解説します。

40代の派遣が厳しいとされている理由

派遣社員が40代になってくると、年齢的な部分がネックとなって社内選考が通りにくくなってしまう傾向にあります。

年齢で派遣社員を選ぶことは禁止されている行為となりますが、成長が見込める人材を派遣先企業が欲しがるのも事実です。

また、40代の派遣社員でスキルなしや、パソコンが使えないなどになってくると、派遣会社からも求人が紹介されにくくなってしまいます。

派遣先企業によっては、40代派遣社員の経験やスキルを求めていることもありますが、若い派遣社員に比べると選べる求人が少なくなってしまいがちです。

50代の派遣が厳しいとされている理由

派遣社員が50代になると、さらに年齢的な部分が社内選考で引っかかりやすくなってしまいます。

特に20代や30代の職員が多い派遣先企業では、50代の派遣社員を派遣すると、正社員との年齢差でお互いが気を使ってしまうのではないかと派遣会社に心配されてしまいます。

しかし、50代になると女性派遣社員でも子育てが一段落して時間に余裕ができることから、フルタイムでベテランを求めているような派遣先企業で活躍することも可能です。

50代が働ける派遣先企業の範囲は限定されてきますが、十分に働けるスキルを持っていれば働ける場所は0ではありません。

派遣会社から社内選考の結果が送られてこない時はどうすればいいの?

派遣会社から社内選考の結果がなかなか送られてこない時は、派遣会社に一度直接問い合わせることをおすすめします。

社内選考が長引けば長引くほど、派遣希望者の仕事探しに影響を及ぼしてしまいかねないため、いつ頃に結果が出るのか把握することが大切です。

ひとつの派遣会社では採用されるか不安だという方は、派遣会社を複数登録して複数の求人に応募をしておくと、より多くの派遣先企業で働ける可能性を高めてくれます。

コロナ下でも派遣の社内選考と顔合わせは行われる?

コロナ下であっても、リモートで社内選考や顔合わせを行っている派遣会社や派遣先企業も少なくありません。

顔合わせなしで派遣社員を受け入れているところもありますが、コロナの対策をしっかりとした上で求人を出している派遣先企業も増えてきています。

緊急事態宣言時などであまり外出したくないと考えている方は、リモートで顔合わせを行ってくれるような求人を探すことをおすすめします。

派遣会社で社内選考に対するサポートは受けられる?

派遣会社では社内選考や顔合わせに向けて、求人条件に合った派遣社員を育成するサポートなどが行われています。

派遣会社が実際にどのようなサポートを行っているのか紹介します。

派遣会社の就職に役立つ支援をうまく活用できれば、社内選考や顔合わせの合格率を高めることにつながります。

テンプスタッフの社内選考に向けたサポート

テンプスタッフでは、OAやITエンジニアの知識などが学べるスキルアップ講座や、TOEIC や簿記などの資格取得を目指した講座などが利用できます。

テンプスタッフで開かれる様々な講座に出席して、スキルアップを実現できれば社内選考や顔合わせ時に有利に働きます。

スキル不足だと感じたら、身につけたい講座を選んで出席することも可能です。

リクルートスタッフィングの社内選考に向けたサポート

リクルートスタッフィングでは、

  • 自分のペースで学べるeラーニング
  • パソコンのライブ配信で参加できるOAセミナー
  • 資格検定に向けた提携スクールでの学習
  • キャリアコンサルティング

などのサービスを活用すれば、社内選考時にも役立つスキルアップを目指せます。

スキルアップを目指した学習をし、キャリアコンサルタントと相談しながら理想の派遣先企業を探すことも可能です。

興味のある方はメールの問い合わせなどを活用して、問い合わせてみることをおすすめします。

ヒューマンリソシアの社内選考に向けたサポート

ヒューマンリソシアでは、会社独自の教育訓練が受けられたり、入学金と受講料を合わせて50%オフでオンライン講座が受けられたりするなどのサービスが用意されています。

また、WordやExcel などの基本から学べる講座や資格の取得などのサポート体制が整えられています。

ヒューマンリソシアの登録者は、資格取得やキャリアアップが目指せる「ヒューマンアカデミー」の講座を入学金免除で受講できるため、誰でも参加しやすいようになっているのが特徴です。

パソナの社内選考に向けたサポート

パソナでは、全国どこでも好きな場所や時間でオンライン習ができる『PASONA CAREER COLLEGE オンライン』のサービスを提供しています。

キャリアアップに役立つ講座から、教養や趣味についての知識も得ることができる1600種類もの口座が用意されています。

業界でもトップクラスのさまざまな講座を選んで受講できることが、パソナならではの強みです。

アデコの社内選考に向けたサポート

アデコではOAレッスンや提携スクールの利用の他に、理想的なキャリアを目指すためのセミナーや、留学などのサポートが行われています。

キャリアコンサルタントなどのキャリアコンサルティングも受けられるため、就業前の準備から就業開始後も、アドバイスをもらいながら派遣社員として業務をしていくことも可能です。

まとめ

この記事をまとめると、

社内選考では派遣先企業に派遣社員を派遣しても大丈夫か審査される
社内選考は、派遣会社が派遣社員を派遣先企業に派遣しても大丈夫かどうか、判断するために行われます。

持っているスキルや資格はもちろんのこと、勤務態度や人柄など派遣先企業が求めている条件を満たしているかどうかで社内選考を通過するかどうかに大きく関わってきます。

派遣会社の社内選考の合格を目指すならスキルアップが大切
派遣会社の社内選考に合格するためには、派遣先企業の条件を満たすことはもちろんのこと、業務に役立つスキルアップや資格の取得などが大切です。

言葉遣いや服装なども社内選考の選考基準に含まれるため、社会人としてのマナーを守って真面目に業務をしていくことも新しい派遣先探しにつながります。