【派遣のプロが教える】外資系企業に強い派遣会社おすすめランキング!

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
元派遣会社勤務 兼 転職エージェント 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

「外資系企業で働きたいけど、どの派遣会社がいいのだろう?」
と思っていませんか?

元派遣会社勤務・現役の転職エージェント

元派遣会社で6年勤務し、2000人以上のスタッフ就業に携わってきた私が「外資系企業」の派遣登録におすすめの派遣会社をぶっちゃけで紹介します。

今回は外資系企業に強い大手派遣会社を比較し、
「外資系企業の派遣求人数が多い」派遣会社を厳選しました。

その他に

  • 「外資系企業への転職」

などの不安も解決できるサイトになっています!

この記事では、派遣会社ごとに公開求人数を調査しています。あなたの派遣会社選びに、少しでも役に立ったり、参考になったりすれば嬉しいです。

関連記事
様々な職種(事務職、製造業、介護、保育、ITなど)や条件(主婦,短期単発,学生,年代別,都道府県別など)で派遣会社を比較しています。

派遣会社おすすめランキング【元派遣会社】が評判や口コミを紹介

最初にチェック!

おすすめ派遣会社「スタッフサービス」

業界最大級の求人数!幅広い職種対応!
スタッフサービスは、事務やコールセンターなど幅広い職種に対応した業界大手の派遣会社です。

豊富な求人数と実績から、派遣で働きたい方の希望に合った派遣求人を紹介しています。派遣会社をお探しの方は、まずは「スタッフサービス」をチェックすることをおすすめします。

PR

【大手派遣6社比較】外資系企業の派遣求人数ランキング!

外資系企業の求人数派遣会社別ランキング!

外資系企業の仕事でおすすめの派遣会社は、「外資系企業の求人数(派遣先の数)が多い派遣会社」です。

なぜなら、外資系企業の派遣求人数が多い派遣会社に登録すると選択肢が広がり、自身の希望条件に合う派遣求人に出合える可能性が高くなるからです。

そこで外資系企業の全国求人数を、大手6社の派遣会社で調べてみると、以下の結果となりました!

  1. 【第1位】パーソルテンプスタッフ
  2. 【第2位】アデコ
  3. 【第3位】マンパワー
外資系企業の求人数が多い派遣会社ランキング求人数(件)

パーソルテンプスタッフ

1,010

アデコ

493

マンパワー

473

スタッフサービスグループ

331

リクルートスタッフィング

242

パソナ

184

※当社調べ/2021年4月14日時点の情報です。
※各派遣会社の求人サイトにて、「雇用形態:派遣・紹介予定派遣」で絞り込み、該当の条件に沿った絞り込み算出しています。

それでは次に、ランキングに掲載されている会社の特徴を紹介していきます。

【求人数第1位】パーソルテンプスタッフ

テンプスタッフのホームページ画像

対応地域 全国
総求人数 39,797件(第1位/6社中)
外資系企業求人数 1,010件(第1位/6社中)
福利厚生 社会保険(労働者災害補償保険、健康保険、厚生年金保険、雇用保険)
年次有給休暇制度、特別休暇・慶弔見舞金制度
産前産後休業・育児休業制度/介護休業制度
定期健康診断、ストレスチェック
クッキングなどのカルチャー講座、旅行や各種施設割引の特典
災害時のサポート

※求人数は2021年4月14日時点の数値です。

テンプスタッフは、創業から40年という歴史をもち、人材派遣会社のなかで5年連続売上1位という実績をもつ派遣会社です。※テンプスタッフは、2017年7月1日に「パーソルテンプスタッフ株式会社」に社名を変更しています。

創業者である篠原欣子氏が、利益主義ではなく社会貢献をモットーとして設立した企業であり、派遣スタッフを大切に扱う派遣会社として有名です。だからこそ、派遣スタッフのフォローが手厚く、派遣先での悩みやトラブルにも率先して対処してくれます。

人との深いつながりが欲しい方や派遣スタッフへの手厚いサポートを必要とする方なら、登録しておくべき派遣会社でしょう。

【求人数第2位】アデコ

アデコのホームページ画像

展開地域 全国対応
求人数 5,347件(第5位/6社中)
外資系企業求人数 493件(第2位/6社中)
福利厚生 社会保険(労働者災害補償保険、健康保険、厚生年金保険、雇用保険)
育児支援サービス、スタッフ専用相談窓口
有休休暇、健康診断、安否確認システム
旅行・宿泊、スポーツクラブ、レジャー施設・エンターテインメント
グルメ&ビューティー割引

※求人数は2021年4月14日時点の数値です。

アデコは、アメリカのビジネス雑誌フォーチュンが発表している「フォーチュン・グローバル500」に9年連続のランクインするほど、実績を備えた世界第1位の人材派遣会社です。

世界60カ国・5,100拠点を展開し、日本でも北海道から沖縄まで全国展開しており知名度も信頼度も高いです。

総合人材派遣会社としてすべての職種に強いですが、なかでも外資系ということもあり、外資系就職希望の方に特におすすめしたいです。翻訳・通訳の求人数も大手の中で最多水準です。

アデコの知り合いの営業もたくさんいますが、責任感が強く、スタッフがより働きやすくなるよう努めていました。

【求人数第3位】マンパワー

マンパワーのホームページ画像

対応地域 全国
総求人数 30,390件(第2位/6社中)
外資系企業求人数 473件(第3位/6社中)
福利厚生 社会保険(労働者災害補償保険、健康保険、厚生年金保険、雇用保険)
有給休暇、健康診断、任意型入院保険、提携施設・サービス
メンタルヘルスカウンセリング、マンパワーグループ クラブオフ
災害時の安否確認体制

※求人数は2021年4月14日時点の数値です。

マンパワーは世界82か国に展開するグローバル人材派遣会社です。その歴史は50年になります。
すべての職種に強く人材派遣、紹介予定派遣、アウトソーシング業務など幅広いサービスを展開しています。

特に海外展開しているということもあり、外資系企業の職種に強みをもっています。

未経験の方が就業できる仕事も数多くあります。就業後のフォロー体制もしっかりと敷かれています。自宅で習得できるオンライントレーニングも充実しています。

【求人数第4位】スタッフサービスグループ

スタッフサービスのホームページ画像

対応地域 全国(※拠点がないエリアでも紹介可能)
総求人数 14,359件(第3位/6社中)
外資系企業求人数 331件(第4位/6社中)
福利厚生 社会保険(労働者災害補償保険、健康保険、厚生年金保険、雇用保険)
各種休暇・休業、健康診断、産休・育休、相談窓口、スキルアップ(資格取得など)

※求人数は2021年4月14日時点の数値です。

スタッフサービスは、リクナビNEXTやじゃらんなどを展開するリクルートグループの派遣会社です。

実は業界内でもスタッフサービスの営業マンの力が高いと評判なんです。どういうことかというと派遣会社は企業に訪問して営業マンが仕事を依頼してもらう必要があります。つまり営業力が強い会社であればあるほど、求人数が多いといえるわけです。

スタッフサービスは就業中の派遣スタッフの評判もよく実績も豊富なため、営業マンも自信をもって企業への営業ができるので、より多くの仕事の中からあなたにぴったりの仕事がみつかるでしょう。

【求人数第5位】リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングのホームページ画像

展開地域 全国対応
求人数 4,256件(第6位/6社中)
外資系企業求人数 176件(第5位/6社中)
福利厚生 社会保険(労働者災害補償保険、健康保険、厚生年金保険、雇用保険)
人間ドック、フィットネスクラブ割引、健康相談&カウンセリング
健康診断、歯科健診、有給休暇、ベビーシッター割引サービス

※求人数は2021年4月14日時点の数値です。

リクルートスタッフィングは、スタッフサービスと同じリクルートグループの派遣会社です。

企業にもスタッフにも丁寧な対応な対応で質が高いと評判です。だからこそ、月刊人材ビジネス2016年5月にて口コミNo.1にも輝いています。

また、大手企業の求人が多く、リクルートグループはもちろん、三菱商事やマイクロソフト、楽天、バンダイなどの超有名企業で働けるチャンスがあります。

もちろんリクルートグループへの派遣ということもあります。リクルートは上場もしておりコンプライアンスも優れているので、非常に働きやすい会社です。

【求人数第6位】パソナ

パソナのホームページ画像

対応地域 全国
総求人数 6,730件(第4位/6社中)
外資系企業求人数 184件(第6位/6社中)
福利厚生 社会保険(労働者災害補償保険、健康保険、厚生年金保険、雇用保険)
年次有給休暇制度、特別有休休暇制度、交通費支払(既定あり)、弔慰金・見舞金
介護休暇・育児休暇、育児補助金・介護補助金、貸付金・パソナで働く女性向けローン

※求人数は2021年4月14日時点の数値です。

パソナはテンプスタッフと非常に社風が似ているといわれます。テンプと同様にスタッフを大切にする社風が根付いており、自信をもって紹介できる1社です。
歴史も長く40年になりこのあたりもテンプと同様です。

口コミ評価でもNo1になることが多い会社です。求人数も多く時給も高いです。
私の知り合いに.パソナの営業がいました。とても紳士でほんとうにスタッフ想いの方でしたよ。

【番外編】大手派遣6社以外で外資系の派遣におすすめの派遣会社3選

ここからは大手派遣会社6社以外で「外資系の派遣求人」を保有している派遣会社を3社紹介します。
可能であれば複数の派遣会社に登録するといいでしょう。

なぜなら派遣会社によって外資系求人の職種が異なるので選択肢が広がり、希望する条件の求人や好条件の求人に巡り合う可能性が高くなるからです。

余裕があれば、ここまで紹介したランキングのおすすめ派遣会社(大手派遣会社6社)とあわせて、比較検討のためにチェックしてみてください。

株式会社アイ・エス・エス

アイ・エス・エス
画像引用元:「株式会社アイ・エス・エス」公式サイト

「株式会社アイ・エス・エス」のおすすめポイント

アイ・エス・エスは50年以上、翻訳・通訳の人材派遣を行っている人材サービス会社です。
翻訳・通訳など、実績のあるキャリアコンサルタントがサポートを行ってくれます。

派遣会社名 株式会社アイ・エス・エス(運営サイト名:ISS)
派遣求人のある地域 東京都/神奈川県/大阪府/京都府
派遣の求人数 16件
(2021年4月14日時点)
対応職種 通訳/翻訳/秘書/アシスタント/英文事務/その他

マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社

Micheal Page(マイケルペイジ)
画像引用元:「マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社」公式サイト

「マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社」のおすすめポイント

1976年イギリスで創業した外資系転職サービスの大手企業で、派遣、正社員、契約社員、パートなどさまざまな雇用形態の求人があります。

派遣会社名 マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社(運営サイト名:Micheal Page)
派遣求人のある地域 東京都/神奈川県/愛知県/静岡県/大阪府/京都府/兵庫県/千葉県/埼玉県/茨城県/群馬県/栃木県/広島県/福岡県/沖縄県/海外
派遣の求人数 64件
(2021年4月14日時点)
対応職種 IT/エグゼクティブサーチ/エンジニアリング/カスタマーサービス/コンサルティング/デジタル/マーケティング/ライフサイエンス/不動産/事務系/人事/医療・ヘルスケア/営業/小売/法務/財務・経理/購買・サプライチェーン/金融
福利厚生 各種社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)
有給、健康診断、交通費(規定による)

ロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ
画像引用元:「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」公式サイト

「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」のおすすめポイント

1985年にイギリスのロンドンで設立されたグローバル人材に特化した企業で、派遣や正社員などの求人紹介、キャリアサポートを行っています。

派遣会社名 ロバート・ウォルターズ・ジャパン(運営サイト名:ロバート・ウォルターズ)
派遣求人のある地域 関東/関西/その他
派遣の求人数 27件
(2021年4月14日時点)
対応職種 IT/人事/リテール/メーカー/法務/エネルギー/インフラ/金融/自動車/サプライチェーン/物流/購買/秘書/ビジネスサポート/科学/マーケティング/経理/財務/ヘルスケア/営業/デジタル/他

外資系企業へ正社員転職を考えている方におすすめの転職エージェント

外資系企業への転職希望する方は、国内企業とは違う理由も持っている方もいらっしゃいます。
外資系の雰囲気に惹かれた方、高年収を期待する方、活躍の場を世界に広げたい方などさまざまです。

転職する際のさまざまな理由を考えたときに、外資系企業を希望する方には、以下の転職エージェントがおすすめです。

外資系求人が豊富なおすすめ転職エージェント一覧
1.リクルートエージェント
2.JACリクルートメント
3.dodaエージェントサービス
4.エリートネットワーク
5.マイナビエージェント
6.パソナキャリア
7.MS Agent by MS-Japan
8.ロバート・ウォルターズ
9.Spring転職エージェント
10.ランスタッド
11.アンテロープ
12.キャリアインキュベーション
調査概要
調査の企画・集計
株式会社アドバンスフロー
調査対象とした転職エージェントについて
外資系企業の求人が豊富な大手転職エージェント11社を対象としました。
調査対象とした求人について
上記で調査対象とした転職エージェントがWEBサイトで公開している求人のうち、「条件:外資系企業」の条件に合致する求人数をカウントしました。
調査日
2020年9月2日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の指標のひとつとしてご利用ください。

ここからは、上記一覧より外資系企業に強いおすすめの転職エージェントを2社紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントのホームページ画像
外資系企業に限らず、国内企業の求人でも圧倒的な数をもつ転職エージェントです。

1977年からの実績があり、国内企業・外資系企業を問わずに幅広く対応しています。

外資系企業は、本社が海外のため企業研究が難しい場合もありますが、リクルートエージェントは今までの企業との取引実績から、企業や業界の情報、過去の選考傾向などの情報をもっています。

求人数も多く、さらには必要な情報も得られやすいため、まずは登録すべき転職エージェントでしょう。

会社概要
運営会社 株式会社リクルート
求人取り扱い地域 全国
拠点所在地一覧 東京八重洲/札幌/仙台/宇都宮/さいたま/千葉/立川/横浜/静岡/名古屋/京都/大阪/神戸/岡山/広島/福岡

JACリクルートメント

JACリクルートメントのホームページ画像
JACリクルートメントは、高年収・ハイキャリア向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

JACリクルートメントは、イギリスとアジア数カ国にグループ拠点があるため、外資系企業との接点が強く、求人数・転職支援実績ともに多いです。

さらに、英語力に自信のある方は「マルチリンガルの転職」にも積極的です。

また、JACリクルートメントは、年収500万円程度の実績がある30代以上のハイクラス向け転職エージェントのため、高年収求人も多く、転職による年収アップの可能性もあります。

会社概要
運営会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
求人取り扱い地域 全国
拠点所在地一覧 神保町/さいたま/横浜/名古屋/静岡/大阪/京都/神戸/広島
外資系転職エージェントをもっと知りたいなら

こちらの記事で、全国版の外資系転職エージェントをご紹介しており、外資系専門の転職エージェントを確認することができます。

【外資系転職におすすめの転職エージェント】自分が登録すべき先がすぐ分かる!

そもそも外資系とはどんな仕事や企業があるの?

一口に外資系企業と言っても色々なタイプがあります。

おそらくいわゆる外資系だと言うことで思い浮かべられる代表的な職種は銀行や証券会社などの金融系や、保険会社やIT関係でしょう。

よく街で見かける自転車で配達を行っている会社も外資系企業です。

他にもコンサル系の企業もあります。

日本に乗り入れしている海外の航空会社も必ず日本に支部を持っているので航空会社も外資系企業だということになります。

一番就職しやすいのは外国のチェーン店のレストランでこれは資本関係だけで見ると立派な外資系企業ということになります。

チェーン店の場合、日本にある全ての企業が外資というわけではなくフランチャイズ権を日本の企業が購入して運営しているという場合もあります。

また、マクドナルドのように、元々日本人がフランチャイズ権を購入した独立した日本企業だったものが経営不振のためにアメリカの本社に買収されて外資となったケースもあります。

シャープのように日本で生まれた日本企業であっても外資系に買収されると一応外資系企業ということにはなります。

このように様々なジャンルで外資系企業は存在します。

外資系金融で働くためにはどうしたら良い?

職種による専門知識は当然必要ですが、それ以外にも外資系全般に渡って必要なスキルは以下の4つが主なスキルになります。

  1. 英語力
  2. 外資系企業は外国の資本が入っている企業ですので、上層部に行くほど日本人は少なくなってきます。

    そのため、ある程度高いポジションに出世するには英語力は必要となってきます。

    外資系企業であっても、日本にあり日本人を顧客として商売をしている以上、実際の現場での業務にはさほど英語は必要ありません。

    しかし、出世して本社の取締役などとやりとりをする立場になった時に、英語力は必要となってきます。

  3. アピール力
  4. 外資系企業は結果重視の成果主義です。

    したがって経緯などはあまり重視されず、たとえ惜しい状況だったとしても結果を出せなければ失敗だったという結果が実績として残ります。

    しかし、中にはあと一歩で契約に届きそうだったという時なども考慮される事があり、その時に重要な事がアピール力です。

  5. 情報処理能力
  6. 外資系企業に特に必要なスキルというわけではなく、どんな仕事でも必要なことではありますが、情報処理能力は外資系企業で働く上で重要となってくるでしょう。

    外資系企業は成果主義なので、効率よく仕事をこなすほど給料が上がっていきます。

  7. 自己管理能力
  8. 外資系企業は、成果主義なので、効率良く働くほど給料はどんどん上がっていきます。

    そのため、限りある時間をどう使うべきかを常に考えておかなければなりません。

外資系で働くためにはどうしたら良い?

外資系の企業は日本の企業とは違い経歴よりもスキルが重視される傾向にあります。

日本の企業ではメンバーシップ雇用と言って、新卒者を採用し企業にあった人材を育てていき社内の状況に応じて部署移動などが行われるのが一般的です。

しかし、外資系企業はその逆で「ジョブ型雇用」と言ってその部門や部署に必要なスキルを持っている人材を採用します。

その為、学歴や職歴などではなく個人のスキルや経験値を重視しています。

未経験で応募する場合は、応募しようとしている職種に自分の持っているスキルや経験のどれが活かす事ができるのかをまず考えましょう。

外資系のIT企業で働くためにはどうしたらよい?

外資系のIT企業はGoogleやAmazon、マイクロソフトなど様々な外資系企業が日本には存在します。

外資系企業では経歴や学歴よりも個人の持っているスキルやパフォーマンスを重視する傾向にあるので、外資系IT企業で働くためにはその業務に関する知識やスキルをどのくらい持っているが重要になってきます。

その為、日系IT企業で働いてスキルを磨いた方などはスキルの部分で外資系IT企業への転職には有利と言えます。

その他にも、自分の意思をしっかりと伝えられるコミュニケーション能力も大切なスキルの一つです。

働きやすい外資系企業とはどのような企業?

働きやすい外資系企業とは、日本とは違いフランクな社風の企業が多く見受けられます。

社内の人間関係も比較的風通しがよく、自分の意見をしっかりと言える環境であったり、ファミリー感が強い会社も多く存在します。

残業に関しても、日本では協調性が求められ自分の仕事が終わった後もチーム全体での仕事が終わらなければ中々帰りづらい雰囲気ではありますが外資系企業の多くはそうではありません。

外資系企業は、個人のスキルにあった職種に就けるので、自身の仕事が終われば残業なしで帰れる事も多いです。

日系企業と外資系企業の特徴をしっかりと把握し、自分自身のあった企業を選びましょう。

外資系企業への転職に関する注意点

外資系企業へ転職する際に注意したいのは日本との社風の違いです。

例えば、日系企業と外資系企業との大きな違いは外資系企業は成果主義ということです。

外資系企業は日系企業に比べ求人の給料も高いことが多いですが、成果主義という事を忘れてはいけません。

外資系企業では、しっかりと成果を上げなければ日常的にキャリアダウンは行われます。

今まで日系企業で慣れていた方は、そのギャップに悩んでしまうこともあります。

その他にも、風通しがよくフランクな社風ではありますが、その分しっかりと自分の意見を述べれるようにならないとキャリアアップは難しいでしょう。

外資系企業に転職を考えるなら、しっかりと特徴を把握してから転職のプランを立てるようにしましょう。

外資系企業の年代別に必要とされているポジションとは?

外資系企業の年代別に必要とされているポジションは以下のポジションが多いです。

  • 第二新卒や若手はIT企業の営業や製薬会社のMR、事務など
  • 30代は経験を活かしマネージャーやディレクターなど
  • 40代はキャリアアップを目標として、マネージャーやディレクター以外にも事業開発や事業企画やエグゼクティブクラスなど

外資系企業は日本に比べて年齢はそこまで重視されていないので、業務に必要なスキルや経験が重要視されています。

自分のスキルや経験にあった外資系企業の求人であれば積極的にそれらのスキルなどをアピールしてみましょう。

【FAQ】派遣登録に関するよくある質問

派遣が初めての方へ!派遣登録の流れ

初めて派遣という働き方を選択する方は、
どのような流れで仕事がはじまるか不安ですよね?

そこでここでは、派遣会社を探して、お仕事開始までの流れを図にしてみました。

バイト派遣(登録制バイト)の流れ

派遣会社にWebから登録した後は、

まずは派遣会社が、登録希望者の今までの経歴やスキルを確認するため、あなたは「派遣登録会」への参加が必要です。

派遣登録会にて派遣登録を完了すると、専用ページで仕事を検索することもできますし、派遣会社から直接仕事の打診がくることもあります。

希望の求人に応募すると、派遣会社内での選考を経て、派遣先企業との顔合わせや職場見学があります。それらを問題なく完了し、派遣スタッフとしての採用が決まれば、仕事をスタートできます。

▽さらに詳しく確認したい方はこちらのページをご確認ください。

【派遣のプロが語る】初めての派遣登録の流れ|派遣会社選びから登録会までの詳しい流れが一気にわかる

派遣会社の登録会は、どのような服装でいけばいいの?

派遣会社の登録会には、そのまま出勤できるような「オフィスカジュアル」で行きましょう。

「オフィスカジュアル」は次のような服装です。

  • シャツ・ブラウス
  • ニット
  • カーディガン
  • パンツ(黒・紺・ベージュ)
  • スカート

が多いです。ジャケットは必須ではありません。適宜コーデに合わせて使いましょう。

ただしコーデに自信がないならスーツで全然問題なしです。無理にオフィスカジュアルにする必要はありません。

MEMO

また職種によっては服装を指定される場合もあります。特に多いのが「アパレル業界」。センスを見るために敢えて普段着で着て欲しいと言われる場合があります。
▽詳しくはこちらの記事に記載しています。

【派遣のプロが教える】派遣登録会におすすめの服装14選/主婦・大学生・看護師・40代・工場などシーン別に紹介

まとめ

元派遣会社勤務・現役の転職エージェント

あなたにピッタリの派遣会社は見つかりましたか?

この記事をまとめると、

外資系企業に強いおすすめの派遣会社は、
パーソルテンプスタッフ」です。
パーソルテンプスタッフは、外資系企業の求人を豊富にもっています。
求人数の多い派遣会社を選べば、外資系企業という条件以外にも選択肢が広がり、希望の求人に巡り合う確率が高まります。

この記事が、
あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

関連する記事
外資系転職におすすめの転職エージェント
外資系の仕事を探している方におすすめの記事です
「英語を活かした仕事」の転職サイトおすすめランキング
英語を活かした仕事を探している方におすすめの記事です
未経験でも外資系に転職出来る?日系企業との違いと求められる人材
未経験で外資系の仕事にチャレンジされたい方におすすめの記事です
外資系企業への転職のメリットとデメリットは?「やめとけ」と言われるのはなぜ?
外資系企業で働くメリット・デメリットを知りたい方におすすめの記事です
外資系企業へ転職してよかった?外資系へ転職するにはどうしたらいい?
外資系の企業に転職されたい方におすすめの記事です
外資系への転職は失敗だった!?後悔している理由と合わない人
外資系の企業に転職を考えている方におすすめの記事です
20代が外資系企業に転職するにはどうしたら?外資系のメリット・デメリット
20代の方で外資系の企業に転職を考えている方におすすめの記事です
外資系企業への転職は英語は必要?英語ができない状況で外資系はつらい?
外資系企業で働く場合、英語は必要か疑問に思っている方におすすめの記事です
外資系コンサルは学歴が重要?年収は?気になる疑問を徹底解説!
外資系コンサルの転職を考えている方におすすめの記事です
女性が外資系企業へ転職するのはどうなの?やめとけと言われる理由とは
外資系の企業に転職を考えている女性におすすめの記事です
外資系企業への転職に必要なスキルは?向いてる人と合わない人
外資系企業への転職に必要なスキルがあるか確認したい方におすすめの記事です
外資系企業への転職の時の面接対策!英語面接はどうすればいい?
外資系企業への転職で面接対策を考えている方におすすめの記事です
関連記事

外資系企業に限らず、国内の大手企業のオフィスワークや営業職などもチェックしてみたい!そういう方は、こちらの記事をぜひチェックしてみてください。

【12月更新】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社】が評判や口コミも紹介します!