派遣の釣り求人とカラ求人に注意! 案件の特徴と見分ける方法

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
代表取締役 中塚 章浩

大手人材会社にて約6年勤務。 派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。面接ノウハウが評判・Twitter(@shushokushiyou)

「派遣で派遣先企業を探したいけど、派遣会社に掲載されている求人が信頼できるのか不安・・・」

とお悩みではありませんか?

派遣会社に約6年勤務した「#就職しよう」編集部の中塚が、派遣の釣り求人とカラ求人について解説します。
この記事で、釣り求人とカラ求人の案件の見分けがつくようになれば幸いです。

関連記事
様々な職種(事務職、製造業、介護、保育、ITなど)や条件(主婦,短期単発,学生,年代別,都道府県別など)で派遣会社を比較しています。

派遣会社おすすめランキング【元派遣会社】が評判や口コミを紹介

派遣の釣り求人はどんな案件?

派遣の釣り求人と呼ばれる案件は、求人として募集する内容に派遣先企業もしくは派遣会社が嘘の条件を記載して、派遣先企業の求人内容と異なる仕事を派遣社員にさせることを目的としたものです。

ここでは釣り求人について、どのような意味があるのか、どのような特徴を持っているのか解説していきます。

派遣の釣り求人の意味

派遣会社や派遣先企業が釣り求人を掲載する意味は、嘘の条件を派遣社員に見せることで、あまり人気のないような案件を紹介することを目的としています。

つまり、派遣社員が自分にぴったりな仕事や、やってみたかった業務ができると思って募集したのに、派遣が始まったら派遣先企業に契約内容と全く違うことをさせられるような案件のことを指します。

釣りのように派遣社員が食いつくような情報を掲載して、派遣会社や派遣先企業が無理やり全く違う条件下で派遣社員を働かせる罠を仕掛けている可能性がある点には、ご注意ください。

派遣の釣り求人の特徴

派遣の釣り求人の特徴は、

  • 業務が簡単なのに反して高時給等の好条件で掲載されている
  • 派遣された後に条件が変えられる

などがあります。

とにかく相手に興味を持たせるために、派遣社員が飛びつきたくなるような条件を掲載していることが多いのが特徴です。

全ての派遣会社が釣り求人を掲載しているわけではありませんが、嘘の情報を派遣会社や派遣先企業が掲載している可能性もあるため、業務内容に対して好条件な求人には気をつけてください。

派遣のカラ求人はどんな案件?

派遣のカラ求人はおとり求人とも呼ばれ、派遣先企業から募集がかけられていないのにも関わらず、架空の求人を派遣会社が掲載する案件のことを指します。

釣り求人に続いて、派遣会社がカラ求人を掲載する意味と、どのような特徴を持っているのか解説します。

派遣のカラ求人の意味

派遣会社が掲載するようなカラ求人は、実際には存在しない好条件な求人を掲載することで、派遣社員の登録者数を増やす目的があります。

派遣会社は、派遣社員の登録者数が多ければ、その分派遣先企業に派遣できる機会が増えて利益が上がるため、登録させるために派遣会社が嘘の求人を掲載するケースが残念ながらあります。

派遣のカラ求人の特徴

派遣のカラ求人の特徴は、

  • 応募した途端、派遣会社から募集が終わっていると伝えられる
  • 代わりの求人をすぐに紹介してくる

などがあります。

好条件な求人を見つけて派遣会社に登録したはいいものの、募集が終わっているとすぐに言われて、全く別の求人を紹介されるケースも存在しています。

本当に派遣先企業の都合で求人の募集がなくなることもありますが、少しでも好条件な派遣先で働きたいという派遣社員の気持ちを悪用するような派遣会社には注意が必要です。

派遣の釣り求人・カラ求人の見分け方る方法

派遣の釣り求人とカラ求人をどのようにすれば見分けられるのか解説します。

見分けるポイントに当てはまるからといって、すべてが釣り求人とカラ求人というわけではありませんが、好条件だからとすぐに応募せずに用心することが大切です。

釣り求人を見分ける方法

釣り求人は、派遣社員の興味を引くために他の求人と比べると高時給で様々な福利厚生が受けられるなどの好条件が設定されています。

まずは落ち着いて求人の内容を見て、条件が良すぎないかどうかチェックすることが重要です。

また、派遣会社に直接問い合わせてみて派遣会社の返事が曖昧であったり、派遣社員としての就業をしつこく進めてくる時は要注意です。

カラ求人を見分ける方法

カラ求人の場合も、釣り求人と同じく条件が良すぎないかどうか確認することが肝心です。

また、難しい内容の求人にも関わらず未経験でもOKや残業なしなどの、矛盾していたり怪しいと感じたりする求人を掲載している派遣会社は、登録する際、注意が必要です。

釣り求人のように派遣先企業に登録してから違う仕事を押し付けられるということはありませんが、すぐに派遣先企業で働きたいと考えている方達にとっては迷惑な求人です。

派遣の釣り求人・カラ求人の見分けるときの注意点

派遣の釣り求人と空求人を見分ける時に共通する注意点を紹介します。

条件が普通でも嘘の情報を掲載している可能性もあるため、派遣先企業選びにはご注意ください。

ずっと掲載されている求人には要注意

派遣求人で、同じ派遣先企業のものがずっと掲載されて派遣社員を募集している求人は、派遣先企業の環境や対応が悪く、不人気な求人の可能性があります。

募集内容では好条件を提示していても、派遣として働き始めてみると派遣先企業から違う仕事を押し付けられたり、時給が下げられたりするケースに発展する可能性もあります。

同じ求人を何個も出しているような派遣先企業は怪しい

むやみやたらに同じ求人を何個も出しているような派遣先企業は、何とかして派遣社員を集めようと好条件の求人を何個も出している場合もあります。

釣り求人ばかりでなく契約通りの条件で仕事ができる派遣先企業もありますが、派遣社員の目を引くためだけに好条件の案件を何件も派遣会社に掲載して、騙そうとしている派遣先企業の可能性も捨てきれません。

派遣先求人を探す時は、同じ派遣先企業が派遣会社に掲載する求人が同条件だらけになっていないか事前にチェックすることをおすすめします。

派遣会社と派遣先企業が釣り求人とカラ求人を掲載する理由

派遣会社と派遣先企業が、なぜ釣り求人やカラ求人を掲載するのか、その理由について詳しく解説していきます。

本来であれば派遣社員に安心して働ける環境を提供する責任のある派遣会社や派遣先企業が、派遣社員を騙すようなことをするのか理由を知っておくことも、派遣会社に騙されないようにする対策に役立ちます。

派遣会社に釣り求人が掲載される理由

派遣会社がなぜ釣り求人を掲載するかと言うと、応募しても人が集まらないような条件の業務を、なんとか派遣社員にさせようと派遣会社や派遣企業がわるだくみした結果です。

派遣会社側は派遣社員を派遣させることで利益を得て、派遣先企業は人材が集まらないところに労働力を得られるというようなことにつながります。

本来は派遣社員も納得した上で、派遣会社と派遣先企業は条件通りの仕事を派遣社員に提供しなければなりません。

派遣会社にカラ求人が掲載される理由

派遣会社にカラ求人が掲載される理由は、カラ求人の意味でも解説しましたが、派遣社員の登録者数を増やしたいからです。

派遣会社の利益を上げることはもちろんのこと、多くの派遣社員が登録していることを派遣先企業にアピールできることにもつながるため、カラ求人を使うような派遣会社も少なからずあります。

何も考えずに好条件だからと派遣会社に登録しても、本当は嘘の情報だったという可能性もあるため、本当に信頼できる情報なのか慎重に判断するようにしてください。

派遣会社の釣り求人やカラ求人などの「おとり求人」は違法になる?

派遣会社の釣り求人やカラ求人などのおとり求人は、虚偽の広告を出したとみなされ、派遣先企業や派遣会社に6か月以下の懲役または、10万円以下の罰金が課せられる違法行為となります。

ニ 虚偽の広告をなし、又は虚偽の条件を呈示して労働者の募集を行った者又はこれらに従事した者は6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処せられる(法第65条第9号)。

しかし、

  • 派遣会社が「条件を満たせるスキルを持っていなかったから採用できなかった」
  • 派遣先企業が「募集の途中で変更をせざるを得ず、騙すために出した求人ではない」

などと出張されてしまった結果、派遣会社や派遣先企業が嘘つきと証明できずに派遣社員が泣き寝入りすることがほとんどです。

釣り求人・カラ求人数にあった場合の対策方法

いくら注意していても、釣り求人とカラ求人と気づかずに応募してしまったという方も少なくありません。

もし派遣社員として働いていて、釣り求人やカラ求人などの悪質な求人に登録してしまった時の対策方法を紹介します。

派遣会社や派遣先企業に騙されたとしても、対策方法を事前に知っておけば落ち着いて対処できるようになります。

釣り求人にあった場合の対策

釣り求人にあってしまった場合は、労働基準監督署に申告することで、派遣会社に釣り求人の取り下げを指示してもらうことも可能です。

ただし、派遣先企業などが釣り求人を認めなかった場合、嘘を立証することが難しくなるため、解決することが困難になる案件でもあります。

釣り求人に出会ってしまったら、退職をして次の派遣先を探すことをおすすめします。

嘘の求人を扱うような派遣先企業とは縁を切って、同じような釣り求人に騙されないように気持ちを切り替えることが大切です。

同じように騙された人がいれば集団訴訟などを起こすことも可能ですが、お金や時間、労力を無駄にしてしまう場合もあるため、慎重に考えて行動するようにしてください。

カラ求人にあった場合の対策

派遣会社からカラ求人を紹介された場合、架空の情報を流したとして労働基準監督署などに通報することもできますが、実証に至らないことがほとんどです。

もし、派遣会社に登録してカラ求人に騙された場合は派遣会社の変更を考えることもひとつです。

嘘の情報を扱うような派遣会社に見切りをつけて、新しい派遣会社で派遣先企業を探した方が安全に求人探しができます。

派遣のデータ入力は釣り求人・カラ求人にされやすいって本当?

派遣会社や派遣先企業が釣り求人として扱うのは、資格がなくてもできる比較的簡単な仕事に集中します。

つまり、データ入力が特別に釣り求人やカラ求人にされやすいわけではなく、一般事務やコールセンターなど資格がなくてもできる簡単な仕事が高時給で紹介されている場合は、釣り求人やカラ求人であることが多いため注意が必要です。

紹介予定派遣は釣り求人の可能性があるのは本当?

直接雇用を目指すことができる紹介予定派遣ですが、釣り求人である可能性は残念ながらあります。

直接雇用を目指せる求人は、正社員を目指している派遣社員にとっては大きなチャンスなので、人材が集まりやすい紹介予定派遣を悪用する派遣先企業も少なからず存在しています。

例えば、派遣社員が正社員を目指せると言っておきながら、派遣先企業は最初っから契約満了で終了させようと考えていたり、条件とは違う仕事内容や時給で仕事をさせられたりする可能性があります。

紹介予定派遣であっても、内容に矛盾しているところはないか、条件が良すぎないかなどに注意して応募するようにしてください。

紹介予定派遣のメリットとデメリット

派遣社員が紹介予定派遣を利用するメリットとデメリットの両方を解説していきます。

釣り求人である可能性もありますが、紹介予定派遣は派遣社員が正社員などの直接雇用を目指す近道となります。

紹介予定派遣のメリット

派遣社員が紹介予定派遣をするメリットは、

  • 試用期間で派遣先企業を見極められる
  • 通常派遣よりも時給が高額になる
  • 派遣会社が業務内容の調整などを行ってくれる

などがあります。

紹介予定派遣の試用期間は上限6ヶ月間と法律で定められています。
派遣先企業の雰囲気や業務の内容が自分に合っているのかどうかじっくりと判断できます。

また、通常派遣よりも時給が高額であったり、派遣社員がより働きやすいように派遣会社が業務内容の調整などの交渉を行ってくれたりするところも、紹介予定派遣の強みです。

紹介予定派遣のデメリット

紹介予定派遣のデメリットは、

  • 必ず直接雇用・正社員になれるわけではない
  • 求人数が少なく競争率が高い
  • エントリーを行うまで企業名がわからない
  • 給料が下げられることもある

などです。

紹介予定派遣だったとしても、派遣先企業の派遣社員に対する評価が低くなってしまえば、直接雇用や正社員として採用されないこともあります。

また、求人そのものの数が少ないため、競争率も高くなりがちです。

他にもエントリーを行うまで企業名が分からなかったり、派遣契約の条件が変えられて当初よりも給料が下げられたりするケースも存在しています。

40代以降で紹介予定派遣で採用されるのは厳しい?

40代以降の紹介予定派遣は0ではありませんが、20代から30代の若手向けに求人を出している派遣先企業に比べると数が少なくなってしまうため、より競争率が高くなってしまいます。

しかし、40代以降ならではの経験や知識を求めて紹介予定派遣の求人を出している派遣先企業があることも事実です。

若手向けの紹介予定派遣であったとしても、仕事に必要なスキルや人柄などがうまくマッチすれば、40代以降であっても採用してもらえる可能性はあります。

紹介予定派遣で失敗しないために注意しておきたいこと

紹介予定派遣を利用するにあたり、派遣先企業選びに失敗しないために役立つ注意しておきたいことを紹介します。

間違った選択をしてしまうと、直接雇用されても環境の悪い職場で働くことになったり、派遣会社と派遣先企業間のトラブルに巻き込まれたりする可能性が高まります。

急な延長や条件の変更に注意

紹介予定派遣が上限6ヶ月までと決められているのにも関わらず、延長をしてくるような派遣先企業には注意が必要です。

6ヶ月を超える紹介予定派遣を派遣先企業がしてしまうと、派遣会社と派遣先企業が都道府県労働局から指導を受けることもあります。

また、当初は正社員になれると言っていたにも関わらず、いつのまにか条件が変わって契約社員として登録されたり、時給が下げられたりなどするケースもあるため、契約内容は何度も目を通しておくようにしてください。

派遣会社を通さない打診には注意

紹介予定派遣を通して派遣社員の直接雇用を行うと、派遣先企業は派遣会社に紹介料を支払う必要があります。

派遣先企業の中には派遣会社への紹介料を避けるために、紹介予定派遣の契約が終わってから、派遣会社を通さずに派遣社員を直接雇用にしようとする企業も存在します。

実際に、派遣先企業が契約満了してから派遣社員を正社員にしたことが派遣会社に伝わった場合、派遣先企業と派遣会社の間で大きなトラブルへと発展することになりかねません。

派遣社員にとっては直接雇用されて嬉しいと感じるかもしれませんが、紹介予定派遣を終えた直後に、派遣会社を通さずに派遣先企業との直接雇用契約を結ぶことはおすすめできません。

まとめ

この記事をまとめると、

釣り求人とカラ求人は派遣会社と派遣先企業の利益を優先した案件
派遣会社と派遣先企業は、本来派遣社員が働きやすい環境を作っていくことが求められています。

しかし、人材の確保や利益を上げるために釣り求人とカラ求人を悪用している派遣会社や派遣先企業が少なからず存在しています。

派遣社員の都合よりも、人が集まらない職場に無理やり派遣社員を登録させて契約と違う仕事をさせたり、架空の求人で派遣社員の登録を増やそうとしたりなど悪質な行為です。

派遣サイトや大手派遣会社でも釣り求人とカラ求人が存在している可能性がある
どんな派遣会社や派遣サイトでも、高評価を出している方もいれば、釣り求人とカラ求人を紹介されたなどの口コミも存在しています。

つまり、大手派遣会社や人気の求人サイトであっても、釣り求人とカラ求人がある可能性があります。

登録した派遣会社や利用している派遣サイトでも、もしかしたら嘘の情報が掲載されているかもしれないと考えて、好条件すぎるなどの不安要素がある場合は求人を慎重に選ぶことが大切です。