【派遣のプロが教える】派遣の仕事で覚えることが多すぎると思う人は多い?

「派遣の仕事って覚えること多くない?」
「回らないときどうしたらいいの?」

と思っていませんか。

派遣会社に長年勤務をして、現在は転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、派遣での仕事で覚えることが多すぎる件について解説します。

派遣の仕事でキャパオーバーを感じてしまっている方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

派遣の仕事で「覚えることが多すぎる」と感じる人は多い?

派遣の仕事で「覚えることが多すぎる」と感じる方は少なくありません。

肌感覚ですが「5人に1人」くらいは多すぎると感じている印象があります。

具体的な事例としては、以下のような状況があります。

  1. 新しいことを次から次に教えられていて、終始メモを取り続けている状態だ
  2. 前任者が担当していた業務範囲が広く、なるべく早く同じ仕事ができるよう求められている
  3. 自分の仕事の範囲がはっきり定まっていなくて、思いつきで新しい仕事を依頼されてしまっている

上記のように様々な事例もあり、派遣の仕事が覚えることが多すぎると悩むことは、特段珍しいことではないのです。

派遣の仕事で覚えることが多すぎると感じるのはどんなところ?

派遣の仕事で覚えることが多すぎると悩むポイントは、以下のような内容があります。

  • 社内用語や略語が多くて覚えきれない
  • 業界特有の専門用語が多くて覚えきれない
  • PCや社内システムの操作が覚えきれない
  • 仕事の手続きフローが複雑で覚えきれない
  • 教育を前提に未経験の仕事内容で採用されたため、仕事そのものが覚えきれない
  • 職場で働く社員や関係部署が多すぎて覚えられない

特に、派遣開始から2ヶ月くらいの時点で直面しやすいのが、「社内用語の多さ」「職場で働く社員の多さ」による悩みです。

社内用語や社員の名前が覚えられないと、派遣先企業の社員同士の会話についていけないという切実な悩みが生じます。

また、これまでの職場がアナログな環境だった方にとっては、業務効率化が進んでいる職場ほどPCやシステムに対する困惑が生じがちです。

派遣の仕事で覚えることが多いときどうしたらいい?

派遣の仕事で覚えることが多いときの対策としては、以下の2つが挙げられます。

  1. 上司や先輩に「覚えきれない」ことを伝えましょう
  2. 営業担当から派遣先に、仕事を加減するようお願いしてもらいましょう

意外に思われるかもしれませんが、この2つが最も安全に効果が出ます。

それぞれ説明していきます。

1.上司や先輩に「覚えきれない」ことを伝えましょう

まずは思い切って、上司や先輩に「覚えきれない」という事実を伝え相談しましょう。

派遣社員である皆さんからすると、「せっかく教えてくれているのに、覚えきれないなんて言えない」と遠慮してしまうかもしれません。

しかし、教えている側として一番危惧しているのは、悩みを抱え込んで潰れてしまうということです。

何も困っていることを言わず頑張っているから大丈夫だと思った、と言われてしまってはお互いに不幸です。

覚えきれないということだけでなく、自分がどのような状態にあるか、どう感じているかは日々こまめに伝えるようにしましょう。

2.営業担当から派遣先企業に加減するようお願いしてもらいましょう

上司や先輩だけでなく、派遣会社の営業担当にも「ついていけていないので仕事を加減してほしい」旨を派遣先企業に伝えてもらいましょう。

派遣会社の営業担当と派遣先企業の間では、
「問題なく仕事できているか?」
「何か悩みを打ち上げてきてはいないか?」
という会話を、毎月から3ヶ月に一度程度は必ずしているものです。

派遣先企業としても、派遣社員という立場では悩みを直接言いづらいだろうと理解しているため、このような会話がされています。

そのため、派遣会社の営業担当に伝えることで、派遣先企業の方にも状況を伝えてもらうことができます。

派遣の仕事で覚えることが多いために残業することはできるの?

派遣の仕事で覚えることが多いために行う残業は、できる場合とできない場合があります。

残業を希望する場合は、必ず上司に理由を相談してから残業するようにしましょう。

なぜなら、派遣社員を導入するために、毎月のコスト・予算を正確に管理していることがほとんどだからです。残業すればその分支払う派遣料金が増加することになります。

自分の判断で残業して、派遣先企業が把握していないところでコストが増大するのは問題です。

また、退社後に自宅で多大な労力をかけることはサービス残業になってしまいます。

仮に自発的な努力だったとしてもなるべく避け、就寝前や出勤前にメモを見返すくらいに止めるのが無難です。

派遣の仕事で仕事内容とスキルが合っていないときはどうしたらいい?

派遣開始後にスキルやレベルが仕事内容に合っていないと感じた場合、なるべく早く派遣先企業と共有しなければなりません。

派遣会社の営業担当から伝えてもらうよう、助けを求めることも重要です。

派遣先企業としては不足分を教える前提で採用していることもよくありますが、働く皆さん自身が悩んでしまうレベルであれば早急に対策してもらうべきです。

仕事内容とスキルがあっていない場合に行える対策

スキルが合っていない場合に行える対策として、主に以下のような方法があります。

  1. 担当の業務範囲を狭めてもらう
  2. レベルに見合った業務にしてもらう
  3. 業務量を減らし、考える時間を増やしてもらう
  4. 軌道に乗るまではフォローを手厚くしてもらう

万が一、対策が取られないまま仕事が続くようであれば、大変残念ですが「これ以上は期待に応えられない」と解約を申し出ることも検討しましょう。

派遣の仕事で仕事量がどんどん増えてしまうことはあるの?

皆さんが必死に頑張った結果、さらに仕事量が増やされてしまうことが稀にあります。

残念なことに、職場によっては「何か問題がない限りは大丈夫」と考える風土、文化の職場が存在します。

繰り返しにはなりますが、「これ以上は対応できない」ということを早く伝え、なし崩しに任されてしまわないよう防御することがとても重要です。

なお、大企業であるほど人事部門の影響力が強く、派遣社員にまつわるコンプライアンスや業務量の管理が徹底されている傾向があります。

予防的な話ではありますが、派遣先企業選びの段階から「大丈夫かな?」という目で注意しておくことも対策の一つです。

まとめ

この記事をまとめると、

派遣先企業で「覚えることが多すぎる」と悩む方は意外にも多く、状況や内容にも多くのケースがあります。

お互いに理解が浅い時点で起きることが多いため、積極的に自分の状況を開示することが重要です。

仕事に対しどのように感じているかは、派遣先としても気になりながらなかなか聞けていないということは多いです。

まず遠慮して抱え込まないように注意し、謙虚な姿勢で自分がどう感じているかを日々伝えるように心がけましょう。

この記事があなたの仕事に少しでもお役に立てば幸いです。

最初にチェック!

おすすめ派遣会社「スタッフサービス」

業界最大級の求人数!幅広い職種対応!
スタッフサービスは、事務やコールセンターなど幅広い職種に対応した業界大手の派遣会社です。

豊富な求人数と実績から、派遣で働きたい方の希望に合った派遣求人を紹介しています。派遣会社を探すなら、まずは「スタッフサービス」に登録することをおすすめします。

PR