【派遣スタッフに夏休みはない!?】長期休暇のときはどうなるの?

派遣や転職の会社で7年勤務

「派遣先企業が夏休みのとき、派遣スタッフはどうしたらいいの?」と不安になっていませんか?

働いた分だけ給料になる派遣スタッフにとって、夏休みや年末年始などの長期休暇はどうしたらいいのかと思ってしまうもの。

この記事では、派遣スタッフに長期休暇はあるのか、休暇中はどうなるのかなど詳しく解説しています。

派遣スタッフにとっては少し衝撃的な内容かもしれませんが、この記事をキッカケに事前に準備や心構えができれば嬉しいです。

派遣スタッフに夏休みはあるの?


派遣や転職の会社で7年勤務

残念ながら、派遣スタッフに「給料の出る夏休み」はありません。また、夏休みが取れるかは派遣先企業次第です。

給料の出る休みは有給休暇だけ

6ヶ月以上勤務していれば、派遣スタッフでも有給休暇が与えられます。

有給休暇の制度は派遣スタッフも対象です。6ヶ月以上勤務していれば「10日間」の有給休暇が与えられます。

派遣スタッフにとっては、有給休暇は唯一「給料の出る休み」を取る方法なのです。

関連記事
下記の記事を読むと、有給休暇の申請方法など詳細が分かります。

【派遣にも有休はある!】派遣スタッフの有給休暇の仕組みや取得方法

社員は休暇なら派遣はどうなる?

社員が休暇でも、派遣スタッフは勤務になる派遣先企業はあります。

社員が夏休みなどの長期休暇のとき、派遣スタッフも強制休みになる企業もあれば、派遣スタッフのみ勤務になる企業もあります。派遣先企業によって、派遣スタッフの扱いはバラバラです。

まずは、長期休暇の予定を決める前に、派遣先企業の上司や派遣会社の営業担当者に長期休暇の出勤について確認してみましょう。

もし「勤務」となっていても、休みにしたい旨を伝えれば、休みになることもあります。

強制夏休みに有休はつかえるの?


派遣や転職の会社で7年勤務

契約によっては、長期休暇の間に有給休暇を使えない場合があります。

有給休暇は仕事の日を「給料が発生する休み」にするものです。そのため、休みの日に有給休暇は使えません。

もし、契約時の書類に「休日は派遣先に準ずる」と書かれていると、長期休暇は休みとなるため、有給休暇が使えないのです。

ただし、有給休暇は派遣会社の裁量次第な面もあります。まずは、契約時の書類「労働条件通知書」や「就業条件明示書」を確認し、派遣会社の営業担当者に相談してみるのがいいでしょう。

各自で夏休みを取るときの注意点


派遣や転職の会社で7年勤務

自分で夏休みとして休みが欲しい場合、周囲への配慮がとても重要になります。

私用で休みをとったり、シフト勤務でバラバラに休みをとったりするとき、派遣スタッフに限らず「周囲への配慮」が必要です。

ここでは、各自で夏休みを取るときに気をつけたい注意点を解説します。

仕事に支障が少ない日か確認を

繁忙時ではないかなど、前後の仕事や周囲に支障が少ない日を選びましょう。

夏休みに限らず、周囲が仕事の日を休みにするなら、当日が忙しくないだけでなく、前後の仕事に支障が出ない日を選びましょう。

また、シフトでバラバラに長期休暇を取る場合、周囲の同僚とかぶらないようにするのも大切です。

事前に派遣先企業の上司に相談を

自分で支障がないと判断せず、日程を決めたらまず派遣先企業の上司に相談しましょう。

仕事に支障が少ない日で休みをとりたい日が決まったら、「休みます!」という前に「休んでも大丈夫でしょうか?」と相談してみましょう。

決めてから承認を得るよりもまずはお伺いを立てる。この方が派遣先企業の上司の心象もいいですよ。

まとめ:5・8・12~1月は給与が下がると覚悟して


派遣や転職の会社で7年勤務

残念ながら、派遣スタッフには夏休みはなく、もしかすると有給休暇すら取れないと、ご理解いただけましたか?
まずは長期休暇中、数日でも有給休暇が使えるかは事前に確認しておきましょう。

暦をみると、5月・8月・12~1月は長期休暇になり、翌月給料が下がる可能性があります。

その点を事前に踏んで、生活費の確保などの準備をしておくといいでしょう。

関連記事
長期休暇があると、給料が下がる…。ただただ、受け入れていてはいけません!時給を上げて、収入を増やす努力も必要です。

下記の記事を読むと、時給交渉のコツが分かりますよ。

【派遣でも昇給できる?】派遣スタッフの時給を上げる時給交渉のコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


?