派遣事務は初めてでもできる?考えられる4つの問題と採用に必要な3つの要素をチェック

派遣や転職の会社で7年勤務

派遣で働こうと思った時、事務なら初めてでも出来そうと考える方が多いと思います。しかし、その気持ちの裏側には「本当に初めてでも大丈夫?」と言う思いもあり、不安になりますよね。

でも安心してください!この記事では初めてでも派遣事務の仕事に就けるかどうかの真相と、初心者が派遣事務の仕事をした場合の問題を詳しく解説しています!

さらに、派遣事務が初めてでも採用されるポイントも説明しているので、最後まで読んでいただければ皆さんの不安が払拭でき、知りたいことが分かるんです。

派遣会社に7年勤務した私。派遣事務に必要な資質や能力を十分理解しています。だからこそ皆さんが知りたい本音を解説できます!

初めてでも派遣事務で働きたいという意欲を持ったなら、不安を取り除いてから応募に挑みましょう。

皆さんが派遣事務として活躍できることを祈っています。

関連記事
事務経験はないけど、これから頑張りたい!そんな未経験事務希望の方は、どの派遣会社に登録したらいいのでしょうか?

こちらの記事で、未経験の事務職希望の方におすすめな派遣会社をご紹介しています。

【求人数調査】未経験で事務の派遣会社おすすめランキング!
この記事の管理者
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩
派遣&転職会社で7年勤務

転職活動にまつわる悩みを抱えている方は、記事の一番下にあるコメント欄より、ぜひご相談ください!必ず回答しますね。

またこの記事の「よかった点」や「悪かった点」ありましたら、ひと言いただけると嬉しいです。わたしたち"#就職しよう編集部"の励みになります!

初めてでも派遣事務として働くことは可能


派遣や転職の会社で7年勤務

これまでに経験がなく初めてであっても、派遣事務の仕事に就くことは可能です。実際に初心者から事務を始めたという人は世の中にたくさんいます。

派遣事務にはさまざまな求人があり、その中には「初心者歓迎」とする会社もあります。このような会社は人材育成に力を入れており、初心者に仕事を覚えてもらうための研修やシステムを整えて安心して働けるようになっています。

また、仕事の内容がそれほど難しくない場合は、初心者でもまず採用して仕事に慣れながら覚えてもらうシステムを取る会社もあります。

いずれの場合も最初は仕事が全くわからない状態なので、どうしてもさまざまな問題が生じてきます。どんな問題が起こりうるのか?どう対処すればいいのか?を次に説明しますので、じっくり読んでみてください。

初めて派遣事務になった場合に考えられる4つの問題


派遣や転職の会社で7年勤務

派遣事務の仕事は簡単そうに思えても、実は意外に細かったり難しい業務も含まれています。

事務をする上で必要な知識やスキルをあまりにも身につけていないと、働き始めてから以下のような問題が起こる可能性があります。事前に把握しておきましょう。

1.一人で仕事ができるようになるまで時間がかかる

初心者が派遣事務の仕事に就くと、1人で仕事をこなせるようになるまで時間がかかり、仕事に支障が出たり周囲の足でまといになる可能性があります。

事務の仕事は予想以上に多く、次々にこなさなければなりません。しかし、初心者でなかなか仕事が覚えられず業務のスピードが遅いと、部門全体の仕事も滞るようになります。結果として部門の業績に影響するのです。

分からなければ聞きながら仕事をすればいいと思うかもしれませんが、周囲もそれぞれ仕事があり、いつまでも初心者にかまってはいられません。この問題を解決するために、自分が努力と工夫をして仕事を覚える気構えが必要です。

2.パソコン業務が遅く周囲の仕事に影響する

IT化が進んでいる今、事務は書類作成や伝票入力などの業務を全てパソコンで行うため、パソコンの扱いが分からなかったり入力が遅いのは事務として致命的と言えます。

パソコン入力が遅いと伝票処理が滞り、入力データを待つ人に迷惑をかけます。エクセルやワードが少ししか使えないと文書作成が遅くなり、書類の仕上がりを待つ人が不満を感じます。さらに、自分の他の仕事にも影響します。

少しならパソコンが使えるから大丈夫と思うのは甘いのが事実。事務の仕事をするならブラインドタッチを習得し、最低でもエクセルとワードを使いこなせないとスムーズに仕事が進められないと理解しておきましょう。

3.書類や資料を正しく管理できずにトラブルを起こす

派遣事務が初めてだと書類や資料の扱いに慣れていないため、大切な書類を正しく管理できずに問題を起こす可能性があります。

社外秘の資料や重要書類は紙にプリントして保管するのが基本です。しかし、事務の経験がないと、ファイリングの知識や重要性を理解していないので、書類を紛失したり誤って破棄するなどのミスをすることがあります。

どんな会社にも決して紛失してはならない重要書類や、他に漏れてはならない極秘書類が存在します。事務はこれらを扱うのも業務なので、書類を慎重に取り扱う意味をよく理解しておかなければなりません。

4.秘書的業務の作法を知らず恥をかく

派遣事務の仕事の中には、秘書的要素が含まれる業務があり、正しい作法を知らないと恥をかくことがあります。事務が初めてだと正しいマナーが身についていないと思いますので注意が必要です。

外からの電話応対の仕方、取引先を会議室に通す時のマナー、お茶出しの正しい礼儀作法。どれも初めての初心者は、当然正しいマナーや作法を理解しておらず、取引先が戸惑うのを見て気まずい思いをするのです。

事務の仕事はデスクワークだけでなく、外部応対の役目も担います。ここを事前に理解し、ビジネスマナーの本を読んだり、秘書が身につけている作法をネットで調べるなどして頭に入れておきましょう。

派遣事務に採用されるために必要な3つの要素


派遣や転職の会社で7年勤務

派遣事務が初めての場合、どんな問題が起こりうるのかがお分かりいただけたと思います。

しかし初心者にこれらの問題が予想できても、会社が欲しいと思える人材であれば採用される可能性があります。その為にはどうすべきかを説明していきます。

1.過去の経験や職歴をアピールする

これまでに経験してきた仕事や職歴がある場合は、その内容を明確に伝えて派遣事務の仕事に活かせることをしっかりアピールしましょう。

派遣事務が初めてでも就労経験があれば、何かしらの知識やスキルを持つと考えられるため、会社側はここを詳しく知りたいと思っています。その内容が事務に役立つと判断されれば、採用につながる可能性が高まるのです。

デスクワークや事務的な経験はもちろん、これまでの仕事で得たコミュニケーション能力や判断力、危機管理能力などがあればしっかりアピールしましょう。どれも事務の仕事に必要なものばかりなので、採用に有利となります。

2.事務に有利な資格を取得する

これまでに就労経験がなく、採用されそうな要素が何もないという方は、事務に有利な資格を取得してアピールすると採用が一歩近づいてきます。

初心者を採用する会社の本音は「できれば知識やスキルを持った人を採用したい」です。初心者でも、仕事に役立つ何かを持つ人を採用したほうが即戦力になり、仕事を教える期間も短くなるので会社にとって有益となります。

パソコン検定、簿記、秘書検定、MOS、文書処理能力検定、など、事務に直結する資格は多数あります。派遣事務に応募する前に時間的余裕があるなら、自分にできそうなものを選んでチャレンジしてみましょう。

3.やる気を全面に押し出す

派遣事務が初めてでも、努力をしてしっかり仕事を覚えるというやる気を見せれば、採用される可能性があります。

初心者を採用する会社は、この人なら自分で進んで仕事を覚えられると判断した人を選びます。あまりやる気のなさそうな人を採用すれば、いつまでも半人前でだらだら仕事をされ、結局は重荷になるだけだからです。

会社が求める人材は、知識やスキル以上にやる気を持つ人です。これがなければ、どんなに有能でもいい仕事はできません。自分に自信を持ってやる気をアピールしましょう。

初めてでも努力すれば派遣事務に採用される!


派遣や転職の会社で7年勤務

新しい仕事に就くときは誰もが初心者です。大切なのは初心者であっても、どう努力しどのように成長したいと考えているかをアピールすることです。

派遣事務が初めてでも、会社側が欲しいと思ってくれれば採用されます。その希望を叶えるために必要なことをまずは実践してみましょう。

派遣事務として1人前になれれば、仕事がどんどん楽しくなります。皆さんの活躍を祈っています。

関連記事
派遣事務として働くために、どの派遣会社に登録したらいいのでしょうか?

こちらの記事では、さまざまな事務職の求人数などを元にした「2018派遣会社おすすめランキング」をご紹介しています。

【2018】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社営業がぶっちゃけで語る】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


?