事務への転職が決まらない5つの理由。採用につながる5つの対策もチェック


「派遣事務に応募してもなかなか決まらないのはなぜ?自分の何が問題なの?どうすれば採用されるのだろう?」と困っていませんか?

派遣事務は簡単そうな仕事と思われがちなので、応募すればすぐに決まると思う人が多いかもしれません。だからこそ、なかなか決まらないと、なぜ採用されないのか?どうすれば採用されるのか?と悩んでしまいますよね。

でも安心してください!この記事では、派遣事務に採用されない理由とその対策について詳しく解説しているので、最後まで読んでいただければ疑問や悩みを解消することができます!

派遣社員を7年経験した私。長い経験により、派遣事務に求められる資質をよく理解しています。だからこそ採用されない理由と採用に必要な対策を解説できるんです!

派遣事務は覚えるまでが大変ですが慣れてしまえばとても快適に働ける仕事です。特にデスクワークを求める人には最高の職場と言えます。心機一転、派遣事務として頑張ろうと意気込む皆さんの希望が叶うことを祈っています。

この記事の管理者
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩
派遣&転職会社で約6年勤務

転職活動にまつわる悩みを抱えている方は、この記事の一番下にあるコメント欄より、ぜひご相談ください! 必ず回答します。

また、この記事の「よかった点」や「悪かった点」がありましたら、ぜひひと言コメントをお寄せいただけるとうれしいです。「#就職しよう」編集部の励みになります!

事務への転職が決まらない5つの理由


事務の仕事は求人も多く仕事も簡単そうなイメージがあるので、すぐ仕事が決まると考える人が多いものです。しかし、事務職を求めている採用側は、は誰でもいいから働ける人を雇いたいと思っているわけではありません。

なぜ事務への転職が決まらないのか。その理由の多くは事務という仕事に対する考え方が甘さにあります。ここをよく把握しておきましょう。

1.自分に対する自己分析が足りない

転職する際には仕事への意欲ややる気を見せなければなかなか採用されません。新しい仕事を選ぶ際に自己分析をせず、自分が何をしたいのかを明確にできないと、意欲もやる気も出ないので採用につながらないのです。

採用側は応募者のやる気がどのくらいあるかを一番知りたがります。しかし、なんとなく選んだ仕事には十分なやる気が出る訳もなく、その気持ちは自然と表面に出てしまいます。

採用側は応募者の心の内側を読み取るプロ。やる気が感じられなければ採用しません。「なんとなく楽そう」「働ければ何でもいい」「今の仕事が嫌だから」こんな理由で事務を選んでもやる気を見せられないのは当然です。

もっとよく自分を見つめ、事務の仕事にどんな魅力を感じるかを考えれば自然と意欲も出てくるはずです。採用側は適当に働く人より意欲をもって働く人を求めています。

2.事務の経験が浅すぎる・なさすぎる

事務職を求める職場では即戦力となる人材を求めています。その為、事務の経験が浅すぎたりなさすぎる人はなかなか採用されない傾向にあります。

事務の仕事は細かい作業が多く、毎日処理をしなければどんどん業務が積み上がってしまいます。

その為、素早く事務処理が出来る人を雇わないと職場全体の仕事も滞ってしまいます。この問題を回避するためにもある程度の事務経験がある人を求めるのです。

3.見た目に問題がある

事務職は来訪者の受け入れやお茶出しを担当する可能性があるため、見た目に問題があると採用されない可能性があります。

社外からの訪問が多い職場では、事務が会議室までの案内やお茶出しをします。ということは、当然ながら社外の人に失礼にならないような人材にこの業務を任せたいと考えるのです。

自分が取引先の会社を訪れたとき、見た目に問題がある人に受け入れ対応をされたらどうでしょうか。取引先のイメージが悪くなり、なんとなく気まずくなるはずです。事務は相手に失礼にならない程度の見た目を保つ必要があります。

身だしなみができていない、髪の色が明るすぎる、表情が暗い、太りすぎている、女性らしさがない。自分の見た目にこんな問題がないか確認してから面接に挑むことが大事です。

見た目に関しては、自分では大丈夫と思っても他人に不快を与えることがあるものです。家族や友人などの第三者に身だしなみをチェックしてもらってから面接を受けるようにしてみましょう。

4.年齢が微妙

事務職を求める職場では、出来るだけ長く働いてくれる人材を求めています。そのため、数年または数ヶ月で仕事を辞めてしまう可能性がある微妙な年齢の人は採用されにくい傾向にあります。

事務職に採用されやすい年齢はまだまだ働ける20代が一番。次に子育てが落ち着く40代と言われています。その中間の30代は結婚や出産で仕事から離れる可能性がある微妙な年齢のため、採用を見送られることがあります。

事務の仕事は細かいことが多く、覚えるまでに時間がかかります。しかし、やっと覚えた頃に結婚を理由に退職されてしまうと、また新しい人を探して仕事を教えなければなりません。

働く女性にとってネックとなる結婚と出産を控えた人はできれば採用したくないのが会社の本音。20代や40代でも、面接の際に結婚や出産の予定があるか聞かれることがあるので、仕事への意欲を前面に出して上手に答えましょう。

5.事務に関するスキルがほとんどない

コピー機の使い方がわからない、パソコンが打てない、ファイリングの知識がない、電話対応の仕方がわからない。このように事務に関するスキルがほとんどない人材を事務職として雇う会社はほとんどありません。

事務に関するスキルがほとんどない人を雇ってしまえば、周りの社員に負担がかかってしまい、本来やるべき業務が滞ってしまうからです。誰もが自分の仕事で手一杯なので、あなたに手取り足取り事務業務を教える余裕はありません。

コピー機の使い方やパソコン操作については事前に勉強し、ある程度は一人でできるよう準備をしておきましょう。

採用されるためにやるべき5つの対策


事務に採用されない理由がわかり自分の問題を見つめ直すことができても、やはり事務職として働きたいと考えるなら、採用されるためにやるべき対策を実践してみましょう。

1.事務以外のデスクワークで自分に合う仕事がないか考える

事務職の仕事を選んだ理由がデスクワークなら、事務職以外のデスクワークを探すのも1つの方法です。

デスクワークの仕事には、受付、コールセンター、データ入力、商品包装、検品作業、など多数存在します。座って出来る仕事が良いなら、無理に事務職を選ぶ必要はないのです。

デスクワークには事務職しかないという固定観念を払拭し、他の仕事で自分を活かせないか考えてみましょう。

2.倍率の低い求人を探す

事務の仕事は思っている以上に倍率が高いため、人気のある会社の事務職に応募してもなかなか採用されません。どうしても事務として働きたいなら、倍率の低い求人を探すのも1つの方法です。

倍率が低いのは、駅から遠い、他の事務より時給が低め、オフィスが古い、といった条件の事務職の求人です。求人サイトでこれらの条件を設定し、検索してみましょう。

一方で倍率が高い人気の求人条件は、大手企業、駅チカ、新築オフィス、などの環境で働ける事務職です。倍率の低い求人を探すなら、この条件を避けて調べましょう。

3.清楚で清潔な見た目を目指す

事務職は社外の人と接する可能性があるため、採用側は誰からも好まれる見た目の人を採用したいと考えています。

誰からも好まれる見た目の特徴として、髪の毛は清潔か、背筋は曲がっていないか、爪が汚れたり折れていないか、メイクは派手ではないか、洋服にシワがないか、などです。

事務の仕事に応募する際には、自分の全身を鏡に映してだらしない部分がないか?女性として足りない部分がないかよくチェックしてみましょう。

4.年齢不問の仕事から選ぶ

自分の年齢が30代前後で事務として働くには微妙だと感じる場合は、求人票に「年齢不問」と書かれているものから仕事を選ぶようにしましょう。

すぐに事務職が欲しい人手不足の会社は、求人票に「年齢不問」と書いてできるだけ多くの応募を集め、有能な人材を見つけたいと考えています。

このような会社を上手に見つけて応募し、自分がどのように会社に貢献できるかをしっかりアピールすれば、年齢は問題にならず即戦力となる人材として評価され、採用される可能性があります。

5.事務に必要な最低限のスキルを身につける

どうしてもここで働きたいと言う事務の仕事がある場合は、事務として最低限必要なスキルを身につけて自分の強みを作るのが採用に近づく方法です。

具体的なスキルの取得方法は、パソコン教室に通ってエクセルやワードを習得したり、簿記検定を取って簡単な経理ができるようにしておくことです。

また、自分で事務職の仕事の流れを調べたり、事務職が扱う書類やパソコンソフトの勉強をして事務業務のイメージトレーニングをしておくことも大事です。

採用側にも事前に色々な準備をしたことを伝え、働く意志とやる気をしっかり見せて採用を掴みましょう。

落ち込んでばかりはいられない!やれることから始めよう!


理由があって事務の仕事を選んだのに、何度応募しても仕事が決まらないと心の底から落ち込みます。
しかし、仕事が決まらないのには理由があり、これを把握して問題を修正しなければいつまでたっても採用を掴めません。

この記事を読んだ今こそ、採用を手にする手段が見えてきたと思います。早速できることからチャレンジしてみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


?