派遣事務を辞めたいと思った5つの理由とは?辞めずに乗り切る3つのコツも紹介


「派遣事務の仕事を辞めた人は何が原因だったのだろう?どんなことが辛いのか?辞めずに乗り切るコツを知りたい!」と困っていませんか?

派遣事務を辞めた人は何が原因だったのか?派遣事務に応募する前に知りたいと思いますよね。派遣事務を辞める決断した人が何を辛いと感じたのかが分かれば、自分がそれに耐えられるか判断することができるはずです。

そんなみなさんに朗報です!この記事では派遣事務を辞めることになった原因と辞めずに乗り切るコツを詳しく解説しています。

派遣社員を7年経験した私。派遣事務の仕事を熟知しているので、この仕事が抱える問題や辛さをよく知っています。また、どうすれば乗り切れるかも分かっているので詳しく解説できるんです!

派遣事務は慣れてしまえば働きやすい仕事。多くの人が辞めたいと思った原因が自分にとって乗り越えられるものなら、あとは頑張るのみです!派遣事務として頑張りたいと考える皆さんの希望が叶うことを祈っています。

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
代表取締役 中塚 章浩

大手人材会社にて約6年勤務。 派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験

派遣事務を辞めたいと思った5つの理由

退職願いを上司に提出する派遣事務社員

派遣事務の仕事を辞めたいと思う原因は、この仕事が持つ特徴にあります。その特徴を頭で理解していても、実際に働いてみると納得できないことばかりなのです。派遣事務の仕事内容と立場をよく理解することから始めましょう。

派遣事務が一人しかおらず肩身が狭い

派遣された会社の部門に派遣事務が一人しかいない環境だと、自分以外はすべて正社員となるので肩身が狭くなり、辞めたくなることがあります。

正社員が重要な仕事の打ち合わせをしている中でも、派遣事務は通常通りのデスクワークです。正社員の仕事内容が把握できず、一人で黙々と事務をするというのは精神的にきつくなります。

高いスキルを持つ派遣事務はプライドがあるので、特に肩身が狭いと感じるでしょう。また、正社員なのに派遣事務に近い業務をしている人が近くにいた場合、その人との待遇差に不満を感じて辞めたくなることも考えられます。

何から何まで仕事を押し付けられる

「事務仕事のみ」と正式契約されていない派遣先で働くと、事務以外の雑務まで押し付けられ、仕事を辞めたくなることがあります。

仕事内容の指定が約束されていない場合は、お茶出しやコピー取り、電話番などの雑務を派遣事務に任せても、契約違反にはなりません。そのため、仕事内容を曖昧にし、派遣事務にこれらの雑務を肩代わりさせる派遣先は多いです。

パソコンを使って事務仕事をテキパキこなす派遣社員をイメージしていたのに、実際は雑用がメインとなれば、仕事への情熱も冷めてしまいますね。しかし、現実問題として、派遣事務に雑務と庶務への対応も求める派遣先がほとんどだと理解しておきましょう。

以前勤めていた派遣事務と比較される

派遣事務を定期的に入れ替えている会社に勤めると、以前に働いていた派遣事務と比較されることが多く、仕事を辞めたくなることがあります。

ただでさえ、入ってすぐは仕事を覚えるのに精一杯なのに、そのうえ他の人と比較をされれば、誰でも嫌な思いをするでしょう。特に、仕事ができる人の後任になってしまうと、その人と同じだけの能力やスピードをすぐ求められることになるので、プレッシャーは大きなものになります。

また、忙しい時期だけ派遣事務を雇うという会社では、とにかく即戦力が求められます。この場合、前任者との比較はあまりされないでしょうが、スキルをきちんと身につけた上で就職しないと、周囲から白い目で見られるようになるでしょう。

自分のスキルを活かせる職場ではなかった

派遣社員としての経験もスキルも十分あるのに、派遣先ではそれらがまったく活かせないとなると、やりがいが感じられずに辞めたくなることがあります。

例えば、ハイレベルのPCスキルを持ち、英会話ができ、書類管理はお手のものという人が、パソコンを使うのは簡単な表計算のみ、英会話は不要、書類のファイリングはずさんという派遣先に配属されてしまえば、辞めたくもなるでしょう。

こうしたミスマッチを防ぐためにも、自分の持つスキルや経験は派遣会社にしっかりと伝え、派遣先の仕事内容をきちんとチェックするようにしましょう。

職場の人間関係が悪い

派遣先での人間関係が良くない場合、仕事内容に不満はなくても、辞めたいという気持ちは強くなります。

待遇や責任の違いがあるため、派遣事務に対して差別意識を持つ社員が存在するのは事実です。もし、派遣先にそんな人がいた場合、精神的につらくなって仕事は長続きはしないでしょう。

社内の人間関係については、実際に働いてみないとわかりません。どうしても人間関係に我慢できないようなら、できるだけ早く派遣先を変更したほうが自分のためです。

辞めずに乗り切るための3つのコツ

辞めずに乗り切る3つのコツをアドバイスする女性

派遣事務を選んだみなさんは、この仕事にメリットを感じたからこそ応募したのでしょう。
それなのに、泣く泣く辞めなければならないのはとても残念なことです。

派遣事務という仕事に対する意欲を無駄にしないためにも、トラブルが起きても乗り切るコツをしっかり理解し、胸に刻み込んでから応募しましょう!

派遣事務という自分の立場を割り切る

大抵の会社は派遣事務と正社員の立場を分けているため、派遣事務として働く場合は立場を割り切って働くようにしましょう。

「事務のみ担当」という契約がなく派遣された場合、企業は正社員が処理しきれない雑務を派遣社員に任せてきます。正社員は重要業務、派遣事務はサポート業務、という立場に位置付けられるのです。

正社員よりPCスキルが高かったとしても、派遣事務に重要業務を与えることはほぼありません。そうした現実を割り切って働くと、気持ちに余裕ができ、周囲とも打ち解けられるでしょう。

派遣会社に環境改善を訴える

仕事内容が事前の契約内容とあまりにかけ離れている場合は、派遣会社に相談して環境改善を訴えましょう。

ポイントは、派遣会社を上手に利用することです。派遣事務個人で環境改善を訴えても流されるだけでしょうが、派遣会社からの正式な訴えとなれば、派遣先も動かざるを得なくなります。

我慢ばかりでは、何度転職しても同じことが繰り返されます。派遣会社という後ろ盾がいるメリットを、有効活用しましょう。

派遣先に深入りしない

派遣事務は派遣先に長く勤めるわけではないので、「会社の人は今だけの人間関係だ」と考え、深入りしないようにしましょう。

Aさんの愚痴を聞き、Bさんの悪口を聞き、Cさんの悩みを聞くなどしているうちに、派遣先の人間関係にどっぷりはまり、トラブルに巻き込まれることも考えられます。

余計なストレスを抱え込まないためにも、軽い付き合いをキープしましょう。

まとめ

派遣事務を辞めずに済むコツは仕事と立場を理解すること

派遣事務は一般的な仕事に思えますが、正社員の中に入っていくという特殊な部分も持ち合わせています。
ここをよく理解して仕事の内容や立場をわきまえ、派遣会社をしっかり活用すれば、辞めたい状況にならずに済むものです。
この記事をまとめると、「実際に派遣事務の仕事に就く前に、起こりうるトラブルやそれを回避するコツを理解しておきましょう」ということになります。

事前にちゃんと理解しておけば、派遣事務という仕事でストレスなく働くことができるでしょう!この記事が、あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

関連記事
▽仕事そのものを変えるなら、今の派遣会社に固執しないで!さまざまな派遣会社の求人を見ながら、自分にあった会社を探し出してください。

【2019】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社営業】がぶっちゃけで語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA