派遣事務を辞めたいと思った5つの理由とは?辞めずに乗り切る3つのコツも紹介


「派遣事務の仕事を辞めた人は何が原因だったのだろう?どんなことが辛いのか?辞めずに乗り切るコツを知りたい!」と困っていませんか?

派遣事務を辞めた人は何が原因だったのか?派遣事務に応募する前に知りたいと思いますよね。派遣事務を辞める決断した人が何を辛いと感じたのかが分かれば、自分がそれに耐えられるか判断することができるはずです。

そんなみなさんに朗報です!この記事では派遣事務を辞めることになった原因と辞めずに乗り切るコツを詳しく解説しています。

派遣社員を7年経験した私。派遣事務の仕事を熟知しているので、この仕事が抱える問題や辛さをよく知っています。また、どうすれば乗り切れるかも分かっているので詳しく解説できるんです!

派遣事務は慣れてしまえば働きやすい仕事。多くの人が辞めたいと思った原因が自分にとって乗り越えられるものなら、あとは頑張るのみです!派遣事務として頑張りたいと考える皆さんの希望が叶うことを祈っています。

この記事の管理者
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩
派遣&転職会社で約6年勤務

転職活動にまつわる悩みを抱えている方は、この記事の一番下にあるコメント欄より、ぜひご相談ください! 必ず回答します。

また、この記事の「よかった点」や「悪かった点」がありましたら、ぜひひと言コメントをお寄せいただけるとうれしいです。「#就職しよう」編集部の励みになります!

派遣事務を辞めたいと思った5つの理由

退職願いを上司に提出する派遣事務社員

派遣事務の仕事を辞めたいと思う原因は、この仕事が持つ特徴にあります。その特徴を頭で理解していても、実際に働いてみると納得できないことばかりなのです。派遣事務の仕事内容と立場をよく理解することから始めましょう。

1.派遣事務が一人しかおらず肩身が狭い

派遣された会社の部門に派遣事務が一人しかいない環境だと、自分以外のメンバーが全て正社員という状況に置かれて肩身が狭くなり、辞めたくなることがあります。

重要な仕事を任される正社員達が仕事の打ち合わせをしていても、派遣社員だけはデスクで仕事。正社員達が話している仕事の内容も全く把握できず、一人で黙々と事務をする状況はとても辛く肩身が狭いものです。

派遣社員として高いスキルを持つ人はプライドがあるので、特に肩身が狭いと感じやすくなります。また、同じ部門に正社員なのに派遣事務に近い業務をしている人がいると、その人との待遇差を感じてますます肩身が狭くなります。

2.何から何まで仕事を押し付けられる

事務のみの仕事と約束されていない派遣先で実際に働くと、何から何まで押し付けられて仕事を辞めたくなることがあります。

派遣社員がお茶出しやコピー取り、他部門への書類渡し、電話番などの雑務をスムーズに進めてくれれば部門はとても助かります。事務のみの担当という約束がない場合は、これらの業務を暗黙の了解で任せられるのです。

パソコンの前に座ってバリバリ働く派遣社員をイメージしていたのに、実際は雑用も任される現実に仕事への情熱も冷めてしまいます。しかし、派遣事務には雑務と庶務への対応を求める会社がほとんどだと理解しておきましょう。

3.仕事の覚えが悪く周囲から白い目で見られる

派遣事務を定期的に入れ替えて採用している会社に勤めると、以前に働いていた派遣社員と比較されて仕事を辞めたくなることがあります。

前の派遣事務との入れ替で就職すると、どうしてもその人と比べられて嫌な思いをします。特にスキルが高く仕事も早い人の後任になると、同じだけの能力やスピードを求められ、徐々に仕事を辞めたいと思うようになるのです。

就職してすぐは優しかった周りの社員も、数ヶ月経つごとに仕事にスピードを求めます。派遣社員に必要なスキルがなくほぼ初心者として就職すると、周囲から向けられる白い目に耐えられなくなってしまうのです。

4.自分のスキルを活かせる職場ではない

派遣社員としての経験がありスキルも十分保有しているのに、実際に派遣された会社で経験もスキルも活かせないとわかると、やりがいが感じられずに辞めたくなることがあります。

派遣先でパソコンを使うのは簡単な表計算のみ、英会話は不要、書類は適当にファイルしている。パソコンは上級レベル、英会話可能、書類管理はお手のもの、という人がこの状況を目の当たりにすれば、当然辞めたくなります。

自分の希望が派遣会社にきちんと伝わっていないとこの問題が起こりやすくなります。就職先を探す場合は勤務地や給与の希望だけでなく、自分のスキルが活かせる会社を求めていることをしっかり伝える必要があるのです。

5.職場の人間関係が悪い

派遣された職場で人間関係の悪さを感じたり嫌がらせを受けると、最初のうちは我慢できても徐々に辞めたくなってしまいます。

派遣社員にイヤミを言う社員は少なからず存在するもの。社員である自分が威張れる相手は派遣社員しかいないので、面白がってちょっかいを出すのです。そんな人がいる職場ではやりがいがあっても長続きはしません。

人間関係の悪い職場か?嫌な人がいるか?を判断して就職するのはまず不可能です。これは働いてみないとわからない部分と言えます。どうしても人間関係に我慢できなければ、できるだけ早く転職したほうが自分のためです。

辞めずに乗り切る3つのコツ

辞めずに乗り切る3つのコツをアドバイスする女性

派遣社員を選んだみなさんは、いろいろな情報を調べてこの仕事にメリットを感じたからこそ応募を決めたはずです。それなのに泣く泣く辞めなければならないのはとても残念なことです。

そんな自分の思いやこの仕事のメリットを無駄にしないためにも、辞めずに乗り切るコツをしっかり理解し、胸に刻み込んでから応募しましょう!

1.派遣事務という自分の立場を割り切る

大抵の会社は派遣事務と正社員の立場を分けて考えているため、派遣事務として働く場合は事前にその立場を理解し、割り切って働くのが辞めずに済むコツです。

事務のみ担当という約束がなく派遣された場合、企業は正社員が処理しきれない「事務・雑務・庶務」を派遣社員に任せたいと考えます。正社員は重要業務、派遣事務はサポート業務、という立場に位置付けられるのです。

正社員よりパソコンが使えても、そこを認めて重要業務を与えることはまずありません。これが現実と割り切り、派遣事務としての立場をよく理解して働きましょう。割り切って働くと周囲とも打ち解けられ、仕事が楽しくなるはずです。

2.派遣会社に環境改善を訴える

派遣会社から「事務担当のみの仕事」として会社を紹介されたのに、仕事内容があまりにかけ離れている場合は、派遣会社に相談して環境改善を訴えましょう。

大切なのは自分から派遣会社に現状を伝えて訴えること。派遣会社と企業の契約内容とは全く違う雑務を大量に与えられていると分かれば、派遣会社から仕事環境の改善を申し入れることができるのです。

辞めずに働き続けるポイントは、派遣会社を上手に利用することです。派遣会社に登録しているメリットを活かさずに我慢ばかりしていては、何度転職しても同じことが繰り返されます。ここをしっかり認識しておきましょう。

3.職場に深入りしない

定期更新がある派遣社員はその職場に長く勤めるわけではないので、会社の人は今だけの人間関係と考えて軽く付き合うことが辞めずに済むコツです。

職場の人間関係に深入りしてしまうと、そこから抜け出せない状況になり、トラブルが起こったときになぜか自分が辞める結果になることがあります。人情深い性格の人は人間関係に深入りしやすいので特に注意が必要です。

Aさんの愚痴を聞き、Bさんの悪口を聞き、Cさんの悩みを聞く。こうしているうちに職場の人間関係にどっぷりはまり、気づけば悪人になっていることがあるのです。こうならないためにも、軽い付き合いをキープしましょう。

派遣事務を辞めずに済むコツは仕事と立場を理解すること!

派遣事務を辞めずに済むコツは仕事と立場を理解すること

派遣事務は一般的な仕事に思えますが、正社員の中に入っていく仕事という特殊な部分を持ち合わせています。ここをよく理解して仕事の内容や立場をわきまえ、派遣会社をしっかり活用すれば、辞めたい状況にならずに済むものです。

心機一転、派遣事務を目指すなら、少しでも楽しく働きたいと思いますよね。そのための事前準備としてこの記事を読んだなら、あとはどうするかがわかったと思います。早速派遣事務にトライしてみましょう!

関連記事
▽仕事そのものを変えるなら、今の派遣会社に固執しないで!さまざまな派遣会社の求人を見ながら、自分にあった会社を探し出してください。

【2019】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社営業がぶっちゃけで語る】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA