派遣登録ってどうやるの?登録だけでもOK?

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
代表取締役 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

初めての派遣登録でやり方がよくわからない、なるべくさっと終わらせたい、といった要望をお持ちの方も多いでしょう。

そこで、派遣登録の仕方、簡単な方法などについてご紹介します。

関連記事
様々な職種(事務職、製造業、介護、保育、ITなど)や条件(主婦,短期単発,学生,年代別,都道府県別など)で派遣会社を比較しています。

派遣会社おすすめランキング【元派遣会社】が評判や口コミを紹介

派遣登録とは

派遣登録とは、派遣会社に登録することです。

実際に就業する派遣先が決まるという意味ではないのでその点はご注意ください。

まずは派遣登録を行い、その後派遣先に応募して派遣先が決定するという流れになります。

では、最初のステップである派遣登録にはどのような方法があるのでしょうか。

Webと登録会がある

派遣登録の方法には、Webと登録会があります

Webとはスマホやパソコンで各派遣会社の公式ページにログインし、そこからオンラインで登録する方法です。

身分証明書の写真添付や経歴の記入を求められる場合が多いですが、オンラインで完結します。

登録会は、各派遣会社の公式ページから登録会の予約を行い、実際に会場に足を運んで登録する方法です。

会場で実際に話を聞いたり相談ができるので、より安心感が高いというメリットはあるでしょう。

Webがおすすめ

派遣会社の登録方法は大きく分けて二種類あるということでしたが、どちらかをおすすめするのであればWebの方がおすすめです。

理由は単純で、時間、労力、交通費などの節約になるからです。

今はコロナで人との接触を減らすことが推奨されていますし、リモートで完結できることはなるべくリモートで完結させることが常識になっています。

そのため派遣登録に関しても、Webで完結させられるならそれに越したことはないでしょう。

また派遣会社も登録のためだけに登録者を会場に集めるということが難しくなっています。

Web対応する派遣会社が多い中、それに対応しないのは明らかに競合他社から遅れを取ることを意味します。

現状ほとんどの派遣会社がWeb登録に対応していて、今後ますますWebのみで完結することは増えていくでしょう。

逆に言えば、今後は会場での登録会というものがなくなっていくと考えられます。

登録会に行けば直接担当者から話を聞けるというメリットはありますが、コロナ禍、今後の社会においてはデメリットの方が圧倒的に大きいです。

派遣登録の流れ

Web登録をおすすめしていて、またコロナの影響でWeb登録のみに移行している派遣会社が多いということでした。

ただしまだ登録会を行っている派遣会社もあるので、Web、登録会のそれぞれの登録方法についてご紹介します。

Webの場合

Web登録の方法は簡単です。

公式サイトからフォームに従って作業を進めるだけです。

基本的にはフォームに従って入力するだけなのですが、身分証明書を撮影してアップロードする必要がある場合もあります。

登録完了後に担当者から連絡が入る派遣会社もあれば、自動でメールが送られて、そこから自由に応募できるようになる会社もあります。

単発の仕事であれば、登録後すぐに予約が可能な場合もあります。

登録会の場合

登録会の場合、最初に登録会の予約を行います。

登録会の予約はWebのフォームから、メールで、電話で、といった方法があります。

具体的にどの方法で予約ができるかは派遣会社によって異なりますが、必ず公式ホームページに記載されています。

予約が完了したら、記載されている持ち物を持って当日会場に行きます。

持ち物は指定されますが、身分証明書、履歴書、職務経歴書、印鑑、給与口座のキャッシュカード、通帳、などです。

当日の服装はスーツかオフィスカジュアルが無難です。

詳細は派遣会社によって異なりますが、ビジネスシーンにも対応できるオフィスカジュアルくらいがもっとも無難かと思います。

会場では今後の流れの説明や担当者との面談などを行います。

単発の仕事なら早ければ翌日、翌々日に仕事に入れる場合もあります。

派遣登録だけするのはあり?

自分の今後のスケジュールはわからないが、とりあえず派遣登録だけしておきたい、という要望もあるでしょう。

実際に働けるかどうかはわからないが、とりあえず登録だけしておけば時間ができたときにいつでも仕事に行けるからです。

登録だけでも問題ない

結論として、登録だけでも問題ありません

登録したらすぐに働かなければならないというルールはないからです。

多くの派遣会社はほぼ無条件で登録が可能なので、仮に面談で今後のことを聞かれた際に正直に答えても、登録会で落ちるということはないでしょう。

ただし、派遣会社によっては登録会で落とされることもあります。

このような派遣会社の場合は今後働けるかはわからないと正直に答えると審査に不利になる可能性が高いです。

とはいえ嘘を付くのもあまり得策ではないので、なるべく無条件で登録できる派遣会社を選ぶのがおすすめです。

具体的には、パソナやリクルートスタッフィング以外の派遣会社であればほぼ無条件で登録できます。

登録だけの人も多い

派遣登録だけ行うことも可能ということでしたが、実際に登録だけ行う人も多いです。

最初からとりあえず登録だけのつもりで登録する人もいれば、働こうと思ってもスケジュール等が合わず、結果的に登録だけで終わったという場合もあるでしょう。

いずれにしても登録だけして一度も働いていないという人はかなり多いので、登録後に働けるかどうかはあまり気にする必要はありません。

とりあえず登録だけ済ませるというのも悪くない選択肢です。

派遣登録に年齢制限はある?

中高年の方は、派遣登録に年齢制限はあるのか、年齢を理由に登録を断られてしまうのではないか、と心配されているかもしれません。

年齢制限は法律違反

年齢を理由に派遣登録を断るのは違法です。

厳密に言えば、年齢の上限を設けるのは違法になります。

逆に下限については定められています。

派遣というよりも労働自体が満15歳に達し、最初の3月31日を超えた日からでないと認められていません。

つまり義務教育を終えたタイミングから労働が可能になるということです。

年齢とスキルのバランスは重要

派遣登録に年齢制限はないということでしたが、年齢が高くても無条件に登録できるということではありません。

年齢の割にスキルが伴っていないと、登録に不利になる場合があります

明らかに職歴が少なく無職の期間が長かったり、希望している仕事に対してスキルが足りていないと登録してもらっても仕事を紹介できないからです。

ただし年齢が高くてスキルがなくても、単価があまり高くない単調作業などを希望している場合などは登録可能かもしれません。

対応は派遣会社によって異なりますが、スキル、希望条件、年齢、など総合的に見られるということです。

高校生でも派遣登録はできる?

派遣登録に年齢の上限はなく、下は中学を卒業している年齢であれば問題ないということでした。

では、高校生でも問題なく派遣登録できるのか、という疑問が出てくるかもしれません。

結論としては、高校生が登録できる派遣会社と、登録できない派遣会社があります

年齢の上限を設けることは違法ですが、、高校生を不可にすることは問題ないのです。

むしろ高校生不可の派遣会社の方が多いでしょう。

高校生を不可とする理由は、夜勤が禁止されているため働ける時間が短い、派遣の仕事に多い多少危険の伴う肉体労働ができない、週の労働時間合計も制限されている、などの理由があります。

特に危険な肉体労働に関しては気を付けていても現場の流れで割り振ってしまう可能性があり、それによって万が一怪我でもしてしまったら大問題になります。

つまり高校生を雇うことは派遣会社にとってリスクになるので、避けるのも無理はないということです。

単発バイトにおすすめの派遣会社

次に具体的におすすめの派遣会社をご紹介します。

派遣会社の仕事の中でも特に需要の大きい、単発バイトでおすすめの派遣会社です。

フルキャスト

フルキャストは短期、日雇い、といった気軽に働ける仕事が豊富です。

また給与を最短で翌日に受け取ることができるので、すぐにお金がほしい人がフルキャストで働くケースも多いです。

求人件数が多いのも大きな魅力でしょう。

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングは単発に限らず様々な仕事があります

どちらかというと、特定のスキルがあって、高単価の案件をお探しの方に向いているでしょう。

というのも、単価が比較的高い分登録や仕事獲得のハードルもある程度高めに設定されているからです。

テンプスタッフ

テンプスタッフはパソナグループが運営する派遣会社で、単発の仕事が豊富です。

フルキャストほど単発に特化しているわけではありませんが、空いた日に稼ぎたい方は登録先の一つにしておくのがおすすめです。

ランスタッド

ランスタッドはオランダに本社がある派遣会社です。

単発の仕事が豊富で、軽作業だけでなく試験監督などの仕事もあります。

学生の登録者も多いので、大学生や専門学生にも向いている派遣会社です。

ヒューマントラスト

ヒューマントラストも単発案件が多く学生にも向いています

軽作業に加え、イベントスタッフなどの求人も多いです。

給与が随時振り込まれる仕組みになっていて、事務所に取に行かなくても早くお金をもらえます。

派遣登録の仕方に関するQ&A

次に派遣登録の仕方に関するQ&Aをご紹介します。

1日派遣でも登録会はあるのか?

1日派遣でも登録会はあるのが基本です。

理由は、派遣会社としては派遣先に派遣する責任があります。

どのような人かわからないまま派遣するのは無責任なので、登録会でそれを確認するということです。

ただし今はコロナ禍なので、Webで登録できるようになっています。

Webで登録してそのまま現場に行ける派遣会社や、リモートで面談をすることで登録者の確認を行う派遣会社もあります。

コロナの影響で派遣の登録会が大きく変わりましたが、アフターコロナでも完全に以前のようには戻らないでしょう。

つまり可能な限りリモート化が進むということです。

派遣登録や面接がない仕事を見つけるには?

「登録会 なし 地域名」と検索してください。

多数の求人サイトがでるので調べられます。

求人サイトから条件を確認すれば、派遣登録不要、面接不要、といった案件が見つかります。

まとめ

派遣登録の仕方は簡単です。

そしてコロナの影響で世の中大変なことが多いですが、派遣登録に関してはリモートで完結する部分が増えたのでメリットと言えるでしょう。

今後はより一層リモートでできることはリモートでやる流れになっていくはずです。

Webで登録が完結する場合も登録会に参加する場合もまずは公式ホームページから登録、もしくは予約を行います。

この後の流れはすべてホームページに記載されているので、安心して作業を進めると良いでしょう。

また登録後のスケジュールがわからない場合も問題ありません。

おすすめしているわけではありませんが、登録後一度も働いていない人も数多いです。

働けるかわからないけれどとりあえず登録しておく、という選択肢も悪くはないということです。

最初にチェック!

おすすめ派遣会社「スタッフサービス」

業界最大級の求人数!幅広い職種対応!
スタッフサービスは、事務やコールセンターなど幅広い職種に対応した業界大手の派遣会社です。

豊富な求人数と実績から、派遣で働きたい方の希望に合った派遣求人を紹介しています。派遣会社を探すなら、まずは「スタッフサービス」に登録することをおすすめします。

PR