【キャリアコンサルタントが教える】なぜ転職エージェントは急かすのか?

「転職エージェントは転職を急かすって本当?」

と思っていませんか?

この記事では、現役のキャリアコンサルタントが「転職エージェントが転職を急かす理由」を詳しく解説しています。

転職エージェントを利用を検討する際に、不安を感じていらっしゃるならば、この記事が少しでも解消できるきっかけとなれば幸いです。

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

転職エージェントが転職を急かすことはあるの?

転職エージェントが転職を急かすことは、時と場合によってはありえます。

転職エージェントが転職を急かすいくつかのケースが考えられますが、主に次の3つケースが挙げられるでしょう。

  1. あなたの経歴、希望職種が、募集先の希望する条件と合致している時
  2. 早急に、募集先が人材を確保したいという希望がある時
  3. 転職エージェントに登録してもなかなかエントリーしない時

ここからは、転職を急かす3つの理由について、それぞれ具体的にご紹介します。

1.あなたの経歴、希望職種が、募集先の希望する条件と合致している時

応募先の条件と転職希望者の条件がマッチしていることは、転職できる可能性が高いです。

そのため転職エージェントは、転職のチャンスがあると捉え、あなたに早く行動して欲しいという思いを込めて急かす時があります。

2.早急に、募集先が人材を確保したいという希望がある時

募集先である企業は、転職エージェントにとってお客様です。

お客様の募集先から、例えば「プロジェクトの開始期限が迫っているので、早急に人材を確保して欲しい」という要望があれば、要望に応えようとするために、転職希望者に転職を急かす場合があります。

3.転職エージェントに登録してもなかなかエントリーしない時

あなたが転職エージェントに登録してもなかなかエントリーをしないということは、転職エージェントは、あなたが、どんなお仕事に関心があるのか判断がしにくいです。

転職エージェントは、あなたが、どんな会社に転職したいのかを知りたい気持ちから、いくつかのお仕事を提案する時があります。

この提案が、転職を急かしていると思われるかもしれません。

転職はタイミングが重要なため、転職エージェントは、そのタイミングを逃さないようにいつも気にしています。

「今が、転職のチャンス!」と判断した時は、急かすときはあります。

転職エージェントの売上や営業目標などノルマのために急かすのは本当?

転職エージェントの売上のために、転職を急かすことはありえます。

転職エージェントに限らず、どんな業界の営業パーソンにも営業目標等は存在します。

まだ目標達成していなければ、目標達成するため転職の成約可能性が高い転職希望者に、早期転職を促す行動を取る可能性はあります。

ただ、もし、自分のペースで転職活動したいという希望があるならば、事前に転職エージェントに具体的に希望を伝えておけば、急かすような提案はしないのでご安心してくださいね。

転職エージェントに急かさないで欲しい場合はどうしたら?

もし、転職エージェントに急かされないで、自分のペースで転職活動をしたいと思っているのならば、その旨を転職エージェントの担当者に伝えておきましょう。

その際、転職時期、業界、職種、勤務地、年収等希望の条件をしっかりと伝えておくことをお勧めします。

転職エージェントは、予め相談者の希望を知っていれば、そのように動きます。

転職エージェントは、ボランティアで転職先を提案しているわけではなく、あくまでもビジネスです。

相談者の「急かさないで欲しい」という希望が分かっていれば、強引に提案することはまず無いでしょう。

急かされることがあっても転職エージェントは使うべき?

少しでも転職に関心があるのならば、急かされることがあっても転職エージェンシーを利用した方が良いと思います。

なぜなら、「転職は情報とご縁が命」だからです。

そのため、転職エージェントも情報源のひとつとして広げた方が良いです。

転職エージェントには、一般には未公開の案件(非公開求人)があるため、情報を増やすことができます。

また、本当に自分に希望に合った会社に転職できるかは、ご縁にかかっており、転職エージェントの担当者に、あなたの情報がインプットさえていれば、どこで企業の担当者とのご縁がつながるか分かりません。

ご縁の機会を増やす意味でも転職エージェントは有効です。

しかしながら、どうしても急かされることが我慢できずにストレスをなる方は、無理に転職エージェントを活用する必要はありません。

現在は、無料の転職サイトなどがたくさんあることから、転職情報は入手しようと思えば、いくらでも入手できる環境にあります。

また、ハローワークは誰でも利用できますし、転職フェアも開催されています。

自分で情報を得られるところから転職活動を開始して、自分なりのペースで進めていきましょう。

まとめ

転職エージェントに登録したことが無い人は、最初は、急かされることがあるとの噂を聞いて登録に躊躇される方もいるでしょう。

しかし予め転職エージェントに急かされないで自分のペースで転職活動をしたいという希望を伝えておけば、まず、転職エージェントは急かすことはないでしょう。

ただ注意して欲しいことは、本当は早く転職したいのに自分のペースで転職活動をしたいと転職エージェントに伝えておくと、転職エージェントの担当者は積極的にサポートをしなくなる恐れがあります。

また、最悪の場合、担当者が忘れてしまうこともありえます。

転職エージェントはビジネスで転職活動をサポートしています。

そのため、転職希望者自身もビジネス感覚で転職エージェントと付き合う気持ちでいたほうが良いです。

また、転職エージェントの担当者とは希望条件などを詳しく伝えておき、コミュニケーションを良くしておくことをお勧めします。

「転職活動は情報とご縁が命」です。

人と人のつながりが、転職の成功の基です。

あなたの希望に合った会社に巡り合えることを祈念しています。

記事監修者カリエーレ・コンサルタンツ代表・一般社団法人カリエーレ・コムサ代表理事
佐渡 治彦

キャリアコンサルタント
2016年に国家資格取得し、上場企業管理職からニート・フリーターまで幅広いキャリアコンサルティングを実施。2020年6月著書『「キャリアコンサルタント」で自立する方法』(合同フォレスト)発刊。東京23区および全国約200ヶ所の図書館や大阪大学等大学図書館に採用。
HP:カリエーレ・コンサルタンツ

2020年6月、「「キャリアコンサルタント」で自立する方法」(合同フォレスト)が発売されました。
amazon「「キャリアコンサルタント」で自立する方法」