【転職のプロが教える】転職エージェントの内定連絡と内定後の流れ

「内定連絡は企業から?それとも転職エージェントから?」
「転職エージェントからの連絡に出れなかった!どうしよう!」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントの内定連絡について解説します。

転職エージェント経由で内定を待っている方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

内定連絡は転職エージェントから来るの?

転職エージェント経由で応募した企業の内定連絡は、転職エージェントから電話もしくはメールで届きます。

内定連絡は、確実に伝えたい重要な連絡のひとつです。

電話がつながらない場合は、折り返しを依頼する留守番電話メッセージが入っていたり、電話とメールを併用して内定を伝えたりすることもあります。

そして、連絡がつき次第、基本的な待遇面や給与面、入社日などが書かれている条件通知書が開示されます。

条件通知書に関しては、口頭説明だけでなく、対面で手渡しされるか、メールに添付されることが一般的です。

転職エージェントからの内定連絡の電話が取れなかった!どうしたらいい?

手が空き次第折り返しの電話をするか、メールにて電話可能な時間を送付し、再度の連絡を待ちましょう。

電話に出られなかった場合でも、内定が取り消されるなどの事態に及ぶことはありません。

ただ、最初に連絡が来てから数日~1週間以上空けてしまうと、内定だったとしても入社意志が低いと思われる場合があります。

出来るだけすみやかに、何らかの連絡をするようにしましょう。

内定後も転職エージェントから連絡はあるの?

内定後も転職エージェントから連絡は、大きく分けて3つあります。

  1. 条件通知書の説明と内定承諾の契約
  2. 入社日案内や入社までの不安点・疑問点の解消
  3. 入社日以降の状況確認

1.条件通知書の説明と内定承諾の契約

内定後、企業から条件通知書が交付され、転職エージェントを通じて説明を受けます。

場合によっては、条件面談として再度企業に訪問し、企業から直接説明を受けることもあります。

条件面の説明を受け、内定を承諾する場合、転職エージェントを通して企業と契約を結びます。

2.入社日案内や入社までの不安点・疑問点の解消

一般的に内定~入社までは2週間から1ヶ月、長いときは2ヶ月ほど時間を要します。

その間、転職エージェントから、入社までに必要な準備項目や入社日案内、入社までの不安解消などの連絡があります。

気になることがあれば、適宜転職エージェントに相談しましょう。

3.入社日以降の状況確認

入社した後も、転職エージェントから連絡が入る場合があります。

これは、安定的に就業できるように、入社日以降不安なことはないか・疑問に思ったことはないかなどの軽い状況確認の意味合いがあります。

内定連絡と不採用連絡で転職エージェントからの連絡方法は違うの?

最終面接結果の報告は重要な局面となるため、採用・不採用に関わらず、確実に伝えられる「電話」となる場合が多いです。

転職エージェントによって連絡方法はさまざまですので、内定の際は電話で不採用の際はメールとしている場合もあります。

特にメールでの対応になる場合があるのは、転職希望者にとって、受けている企業の優先順位が低い場合です。

面接前後に、転職エージェントとともに受けている企業の優先順位を整理しますが、今回の連絡が優先順位の低い企業の場合、メールで連絡されることがあります。

転職活動において、転職エージェントの担当者と話し合うタイミングは多くありますので、気になる結果報告はどういった方法で行われるのか、確認しておくと良いかもしれません。

内定辞退したいときは転職エージェントにどう連絡したらいい?

内定を辞退したい場合、理由を添えて辞退したい旨を電話かメールで伝えましょう。

内定辞退をしたい例として、以下のような理由が挙げられます。

  • 条件が合わない
  • 他に優先順位の高い企業が選考に残っている
  • まだ転職活動を始めたばかりで決めきれない
  • 他の内定を優先したい

内定を辞退した場合は、上記の例のように辞退したい理由を添えて、ストレートに転職エージェント担当者に相談してみましょう。

場合によっては、転職エージェントが内定企業に掛け合い、返答期限を延ばしてくれることもあります。

まとめ

この記事をまとめると、

内定の連絡は、転職エージェントを通して電話またはメールにて行われます。

転職活動において、最終面接後は特に期待と不安が伴うものです。

諸事情により、エージェントからの連絡が取れなかった場合は、焦らず折り返し連絡をしてみましょう。

また、内定承諾を保留にしたい、辞退したい場合なども相談に乗ってくれる場合がほとんどです。

悩みすぎず、エージェント担当者に相談されることをおすすめします。

この記事が、あなたの転職活動に役立てば幸いです。