【転職のプロが教える】転職エージェントの面談は地方在住でも受けられるの?

「地方在住の場合、転職エージェントとの面談はどうなるの?」

と思ってませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、地方在住の方向けの転職エージェント利用について解説します。

近くに転職エージェントがないけど利用したいという方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

転職エージェントの面談は地方の場合どうなるの?

地方に在住の場合、近くに転職エージェントの支店があれば、近隣の支店で面談を受けることができます。

もし、近くない場合でも、電話やWEBを利用して気軽に面談を受けることができます。

転職エージェントとの対面面談を受けるために、遠方でも支店に行くべき?

転職エージェントの遠い支店にわざわざ行く必要はありません。

なぜなら、電話やWEBを利用して、対面と同じように面談を受けることができるからです。また、遠方からですと、時間も交通費もかかってしまうため効率的とは言えません。

ただ、もし支店の近くに行く用事(ライブを観に行く・買い物に行く・友人に会うなど)があり、ついでに面談を受けられるのであれば、支店に出向いてもいいでしょう。

転職エージェントの面談は、平日の夜や土日も受けることができるので、都合が合えば対面での利用も検討されることをおすすめします。

地方から利用しても転職エージェントの利用に差は出ないの?

電話面談だからといっても、対面と同様のサービスや求人紹介を受けることができ、大きな差はありません。

なぜなら転職エージェントとの面談は、初回が対面であったとしても、2回目以降は電話やメールでのやり取りが中心になります。

そのため、転職エージェントの拠点の近くである場合と遠い場合で、大きな差は出ないのです。

ただし、対面の方が電話よりコミュニケーションが取りやすいのも事実です。

担当者はあなたの立ち居振る舞いや受け答えの表情から、別の角度でアドバイスをしてくれることもあります。直接顔を見て話すことで「察して」もらえることもあります。

近頃では、遠方からの利用者やコロナ対策のためにWEB面談をと取りいれている転職エージェントも多いのです。

より対面に近い面談を受けられることから、WEB面談も検討されることをお勧めします。

地方過ぎて転職エージェントが使えないということはあるの?

地方だからと言って転職エージェントを使えないということは、全くありません。日本中どこからでも利用できます。

転職エージェントとの面談だけでなく、紹介先の企業との面接もWEBで対応してもらえる場合もあります。

別の都市へ移住転職したい場合は、その都市で転職エージェントの面談を受けるべき?

他の都市へ移住転職を考えるのであれば、できればその都市で面談を受けるほうが良いです。

なぜなら、転職エージェントが扱っている求人も、その都市ごとに分かれている場合が多いからです。

例えば、東京都内の転職エージェントであれば、都内の求人を多数扱っていますが、札幌市内の転職エージェントであれば、札幌の求人を多数扱っています。

希望する都市で、転職エージェントの面談を受けることをお勧めします。その際は電話面談やWEB面談も活用すると良いです。

転職エージェントに支店が複数ある場合、支店の枠を越えた情報共有はあるの?

同じ転職エージェントで全国に支店がある場合、支店の枠を越えて情報共有を行うこともあります。例えば、札幌支店に登録している転職希望者の希望勤務地が東京の場合、東京の担当者に転職相談を行うことも可能です。

求人情報は常に各拠点で共有されているので、特定の地域でないと応募できないことはありません。

地方在住の方が転職エージェントを選ぶ際に気をつけるべき点は?

転職を希望する都市の都道府県に転職エージェントの拠点があるかどうか、気をつけた方がよいです。

なぜなら、転職エージェントが求人情報を獲得する際、担当エリア内の企業を取り扱うことが多いからです。

企業側が求人を出す際も、自社に近いエリアにあるエージェントに依頼することがほとんどです。

つまり、拠点がないエリアの求人が集まりにくい傾向があるので、自ずと紹介する件数が少なくなります。

地方都市の場合は東北地方、中国地方など、エリア毎に拠点を置いている転職エージェントもあります。

希望する都市がエリア内に含まれていれば大丈夫です。

地方在住の方におすすめする転職エージェント

地方在住の方ならば、
・地方の求人数が豊富である
・電話面談やWEB面談を積極的に実施している
この2点を満たす転職エージェントへ登録することをおすすめします。

なぜなら、求人数が豊富であれば、さまざまな求人を比較検討することができ、希望通りの求人が見つかったり、より好条件の求人と出合える可能性があるからです。

また電話やWEB面談を積極的に活用している転職エージェントであれば、対面面談と変わらずに手厚いサポートを受けることもできるからです。

そこで、地方求人数が豊富で、かつ電話・WEB面談を活用している転職エージェントを3社ご紹介します。

1.マイナビエージェント

マイナビエージェント
画像引用元:「マイナビエージェント」公式サイト

「マイナビエージェント」おすすめポイント

  • WEBや電話での面談が可能で、特に現在はWEB面談を推奨しています。来社が難しい地方在住の方へのサポートに積極的に取り組んでいるため。
  • 20代に信頼される転職エージェントNO.1に選ばれており、若年層の転職サポートに力を入れているため。

2.リクルートエージェント

リクルートエージェントのホームページ画像
画像引用元:「リクルートエージェント」公式サイト

「リクルートエージェント」おすすめポイント

  • 電話での面談が可能で、地方在住者でも気軽に相談ができます。WEB面談が可能かについては、確認が必要です。
  • 一般には紹介されていない、非公開求人の取り扱い件数が多く、地方の求人も多いため。

3.dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス
画像引用元:「dodaエージェントサービス」公式サイト

「dodaエージェントサービス」おすすめポイント

  • 電話での面談が可能で、面談後は担当者とLINEで気軽にやり取りができます。
  • 予約時に希望すれば、居住地以外のエリアの担当者と面談ができます。例えば、今は北海道在住で、東京で働きたいと思っている場合、東京の担当者と面談ができます。

まとめ

この記事をまとめると、

地方在住の方でも、転職エージェントの利用は可能です。

現在は電話やWEBでの面談を積極的に取り入れている転職エージェントも多いです。

まずは相談してみることをお勧めします。

この記事が、あなたの転職活動に役立てば幸いです。