【元転職会社執筆】20代の転職で「転職する理由・目的」を明確にする方法


「とくに理由はないけれど、いまの仕事を辞めたい」
「いまの仕事は自分に向いていない気がする…」
「なんとなく他の仕事をやってみたくなった…」
そんな理由で転職しちゃだめですか?

元派遣会社6年勤務

『転職する理由』は人それぞれですが、20代の転職希望者のなかでは、ぼんやりとした理由をきっかけに転職を検討し始める方も多いです。
ぼんやりとした理由だけで退職してしまうと…
転職活動に真剣に身が入らない
→転職活動が不用意に長引く
転職活動が長引き、なかなか内定が決まらずに焦る
→「どんな会社でもいいや!」と手当たり次第に応募し、労働条件が希望と全く異なる企業に入社してしまう

上記のような悪循環を避けるためには、転職活動を始める前に『転職する理由・目的』を明確にすることがとても大切です!

この記事では簡単な手順で『転職する理由・目的を明確にする方法』をご紹介します!

この記事の管理者
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩
派遣&転職会社で約6年勤務

転職活動にまつわる悩みを抱えている方は、この記事の一番下にあるコメント欄より、ぜひご相談ください! 必ず回答します。

また、この記事の「よかった点」や「悪かった点」がありましたら、ぜひひと言コメントをお寄せいただけるとうれしいです。「#就職しよう」編集部の励みになります!

▽『転職する理由・目的』を明確にする方法

『転職する理由・目的』を明確にする方法

  1. 『いまの仕事を辞めたい理由』を思いつくまますべて書き出す。
  2. 『いまの仕事を辞めたい理由』を前向き(ポジティブ)な表現に言い換える!

「いまの仕事を辞めたいなぁ…」と考えている方には、
必ず『辞めたいと思うようになった理由』があります。

その理由を大小問わず書き上げていくことで、
『転職する理由・目的』を自身で把握できるようになります。

≪具体的な例文≫
「いまの職場は薄給で昇給も見込めない…」
→「もっと給与の高い企業で働きたい!」
「サービス残業が多くてつらい…」
→「残業が少なくて、週休2日をしっかり取れる環境で仕事がしたい!」
「営業職の仕事内容は好きだけど、ノルマがきつい…」
→「営業職でも、ノルマ管理の厳しくない職種や企業はあるのかな?調べてみよう!」

このように前向きな表現に言い換えるだけで、

『辞めたい理由(ネガティブ)』
『転職する理由・目的(ポジティブ)』

に早変わりします!

もしも『いまの仕事を辞めたい理由』があまり思いつかない場合は、転職(退職)のタイミングではないのかもしれません。

『本当に転職すべきなのか?』ということを検討する時間を設けることをおすすめします。

▼『転職活動を始める前の悩み』についてはdodaの特集ページも参考になります。

参考

「いつかは転職」という人の悩み、「今」考えておきたいことdoda

【元転職会社執筆】20代の転職。仕事が暇すぎて辞めたい時の対処法

まとめ:退職する前に『転職する理由・目的』を整理することが大切!

退職する前に『転職する理由・目的』を整理することが大切!

元派遣会社約6年勤務

『転職』を考えるようになったきっかけが曖昧なものでも、そのあとに『転職する理由・目的』をしっかりと考えることができれば問題ありません。

『いまの仕事を辞めたい理由』を前向きな表現でまとめることにより、転職活動に対しての意識が自然と高まっていきます

転職活動がよりよい結果になるように、丁寧な下準備を行いましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


?