【転職のプロが教える】転職エージェントを使わない方がいい?使わない転職方法とは?

「転職エージェントを使わないほうがいい?」
「使わずに転職するならどんな方法があるの?」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントを使わない転職方法について解説します。

ご自身の転職活動について不安や緊張を感じている方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

転職エージェントを使わない方がいいの?それとも使うべき?

転職エージェントは利用することをおすすめしますが、メリットデメリットを把握して自身に合った方を選ぶといいでしょう。

転職エージェントはメリットが多いことから、利用することをおすすめします。

しかしながら、転職活動では自身にあった企業に出会うことが最優先であり、企業に出会うための転職活動の手法は様々あります。転職エージェントを利用しないメリットとデメリットを把握した上で、ご自分に合った活動方法をぜひ見つけてみてください。

転職エージェントを使わない転職活動のメリットは?

転職エージェントを使わず転職活動を行うメリットとしては、以下の2点が挙げられます。

  1. 自分なりのスピードで転職活動を進めることができる
  2. 自分の意見を直接伝えることができる

1.自分なりのスピードで転職活動を進めることができる

転職エージェントを利用しない場合、自分のペースで転職活動を進めることができます。

自分のタイミングで興味のある求人を探し、転職活動を進めることができるため煩わしさがありません。どんな求人があるか知りたい方やあれこれ言われるのは嫌だなと思われている方は、転職サイト(求人サイト)やハローワークなどで転職活動を進められるのが良いでしょう。

2.自分の意見を直接伝えることができる

企業との直接のやりとりするため、自分の意見や交渉を企業に直接できることもメリットのひとつです。

転職エージェントを通さないため、言った・言わないの齟齬も発生しにくいです。ご自身の意見を明確に伝えることができる方や交渉が得意な方は、転職エージェントを利用しない転職活動も方法のひとつとして検討されると良いでしょう。

転職エージェントを使わない転職活動のデメリットは?

転職エージェントを利用せずに転職するデメリットとして、大きく以下の2点が挙げられます。

  1. 非公開求人の情報が得られない
  2. 書類のアドバイスを得られない
  3. 面接のアドバイスを得られない
  4. 転職活動の進め方のアドバイスが得られない

1.非公開求人の情報が得られない

転職エージェントを利用しないと、非公開求人の確認や応募ができません。

転職エージェントは多くの非公開求人を扱っています。

一般に求人を公開してしまうと応募者が殺到する人気企業や大手企業の多くは、より優秀な人材を効率よく採用するために転職エージェントを利用し、非公開求人で募集しています。

そのため転職エージェントを利用しないと、大手企業などの求人情報を得ることは難しくなってしまいます。

2.書類のアドバイスを得られない

応募時に提出する履歴書や職務経歴書などの書類の添削を受けることができません。

転職エージェントは毎日いろんな方の職務経歴書などの書類を目にしているため、職種によって何をアピールしたらよいか、などの知識に長けています。

また、書類の通過は転職活動の第一ハードルとなるため、転職エージェントを利用すると書類に対してアドバイスを行うことが一般的です。

転職エージェントを利用していないと、自分の書類の完成度が他の転職活動をされている方と比較することやポイントが抑えられているかなど客観的にみることは難しいことが多いです。

3.面接のアドバイスを得られない

面接に進んだ際のアドバイスや、面接後の結果を受けたフィードバックを受けることができません。

転職エージェントは一般的な面接のノウハウだけでなく、以下のような情報も持っているため求職者にアドバイスすることができます。

  • 特定の企業人事担当者や面接官の面接の特徴
  • 過去のお見送り理由
  • 他の候補者と比較されているポイント

また面接がお見送りなった場合、基本的に転職エージェントはなぜ見送られたのか理由まで応募企業に確認しています。

一般的な「他者との比較のため」などの理由だけではなく、どんな点が比較されたのか、懸念されたのかなど詳細を転職エージェントの担当者から聞くことで、次回の面接に生かすことができます。

4.転職活動の進め方のアドバイスが得られない

スケジュール調整など転職活動全体に対するアドバイスが得られず、なおかつ代行サービスを利用することもできません。

就業中での転職活動はスケジュール調整が大事になってきます。限られた時間の中で様々な企業を比較し、情報を多く得た上で冷静に判断を下すためにも選考のスケジュール管理やスピードの調整はポイントの一つです。

転職エージェントはその企業の選考状況の情報を持っているため、スケジュール調整のアドバイスをすることができますし、企業との面接時間の交渉なども転職エージェントが代行しておこなうことができます。

転職エージェントを使わない転職方法にはどんなものがあるの?

転職エージェントを利用せず転職するには、以下のような方法があります。

  1. 転職サイト(求人サイト)
  2. ハローワーク(公共職業安定所)
  3. 知人からの紹介(リファラル)

1.転職サイト(求人サイト)

転職サイト(求人サイト)とは、リクナビNEXTやマイナビ転職などの求人情報を掲載しているサイトを指しています。

転職サイト(求人サイト)は、インターネットやアプリで検索して、気になる求人があれば、直接企業に応募することができます。転職サイトと呼ばれる場合もあれば、求人サイトと呼ばれることもあります。

気軽に求人情報を得ることができるため、まずは広く情報を得たい方にはおすすめの活動方法です。一方で大手企業などはあまり使用せず、かつ自分で選考をすべて進める必要があります

2.ハローワーク(公共職業安定所)

ハローワークは、国が設置している職業紹介機関「公共職業安定所」を指しており、各都道府県の主要都市にあります。

ハローワークに直接足を運んで求人情報を検索し、応募したい求人があれば、紹介窓口で「紹介状」を交付してもらい応募します。インターネットで求人の検索をすることもできますが、直接応募が可能な求人と紹介状が必要な求人があります。

ハローワークで情報を得られる求人は、企業にとって費用をかけず求人を出すことができます。そのため、地域密着型の企業が利用することが多いのが特徴です。地元で働きたい・通勤時間を短縮させたい・社員全員の顔がわかる環境で仕事をされたい方は、希望する企業に出会える可能性が高いです。

デメリットとしては採用になれていない企業が活用することが多いため、雇用条件や福利厚生など詳細を自分で確認する必要があります。

3.知人からの紹介(リファラル)

知人や親族など企業に在籍している方から紹介を受けて入社する採用方法です。

知人や親族が在籍していることから、企業の内情を知ることができ、仕事内容や職場環境など気になる点を事前に確認できることから安心感があります。

また採用する企業にとっても、信頼できる社員から紹介された応募者であることから人柄としても安心できて効率がいい採用方法なのです。現在「リファラル」という名で広がっている採用手法でもあり、リファラルでしか採用しないという企業もあります。

一方で、知人がいるため内定が出た際に断りにくく、かつ入社後もその方の顔を立てる必要がある程度あることを認識したうえで活用されるといいでしょう。

転職エージェント利用者でその他の転職方法も使っている人はどれくらい?

半数以上の方は転職サイトなど情報を得たうえで転職サイトに登録されることが多いです。

ただ活動していく中で様々な情報を比較しながら、ご自身にあった転職活動を見つけられ絞って活動される方がほとんどです。職種や年齢、年収帯によって異なりますが、転職エージェント以外で内定を得て巣立っていく方も2~3割はいらっしゃいます。

転職エージェントは登録したら絶対に求人応募しないとダメなの?

転職エージェントとしては求人に応募しないと転職活動は前に進まないため、応募を強くお勧めするエージェントが多いです。

ただまずは求人情報を見たい・情報を知りたいという方も多く登録されるため、今の気持ちを転職エージェントの担当者にしっかり伝えられて利用するといいでしょう。

転職エージェントを使わない方がいい人はどんな人?

以下のような方は、まずは転職エージェントを使わずに転職活動を進めてみましょう。

  1. 自分のペースで転職活動に取り組みたい人
  2. 自分のアピールポイントがしっかり理解できている人

まずはどんな求人があるか知りたいという気持ちでいるは、転職サイトやハローワークなどで転職活動を自分のペースで進めるといいでしょう。また他者にあれこれ言われることが嫌だと感じる方も、まずは転職サイトなどを使って転職活動を進めてみてください。

ご自身の意見を明確に伝えることができる方や交渉が得意な方も、自ら積極的に行動することで転職活動が成功するケースも多いことから、転職エージェントを利用しないせずに転職活動を進めてもいいでしょう。

過去に転職エージェントを利用して嫌な印象が残っていたらどうしたらいい?

転職エージェントの担当者に嫌な印象があったとしても、以前登録した転職エージェントが自身の転職支援に強いなら登録すべきです。

なぜなら、転職エージェントは転勤や異動が多く、担当者が前回とは異なる可能性が高いからです。

転職エージェントはその担当者によってサービスレベルに偏りがあります。もしいい印象がない場合でも、再度登録して今回の転職エージェントの担当者との相性や印象を見極めるほうがいいでしょう。

ただし過去に登録した転職エージェントが中小規模の場合は同じ担当者が再度担当することが可能性もあるため、その場合は大手転職エージェントなどにまずは登録することをおすすめします。

転職エージェントに登録する際は、自身の中でなぜ良い印象がなかったのかも振り返った上で、面談の際にその旨を担当エージェントに伝えると担当者に配慮してもらうことができます。

また併せて、別の転職エージェントにも登録することをおすすめします。

複数の転職エージェントに登録すると相性がいい担当者が見つかりやすくなり、転職活動もスムーズに進めることができるからです。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントは利用をおすすめしますが、利用せずに転職する方法もあり、メリット・デメリットがあります。

現在は情報が多く、さまざまなサービスやメディアから転職情報を得られることができます。それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、自分が納得のいく転職活動に取り組むようにしましょう。

また、転職エージェントも複数社あるので、1社に決めず、複数登録することをお勧めします。

この記事があなたの転職活動の役に立てば幸いです。