【転職のプロ監修】診療放射線技師(RT)におすすめ転職エージェントランキング

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

放射線技師 おすすめ転職エージェントランキング

『#就職しよう』は、複数企業と提携しながら、正しい情報を提供することに努めています。 当サイトを経由して登録などのお申込みがあった場合に、各企業から支払いが発生することもございますが、それがランキングや口コミなど提供している情報に影響することは一切ございません。 読者の皆様のお役に立てることを第一に考え、情報提供しておりますので、当サイトで得た収益はより確実な情報収集およびコンテンツの充実に充てさせていただきます。 (コンテンツポリシーの詳細はこちら)
この記事の執筆者

株式会社アドバンスフロー:中塚 章浩

「診療放射線技師におすすめの転職エージェントはどこだろう?」

と悩んではいませんか?

転職会社で約6年働いた「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

この記事で、信頼を寄せる転職エージェントに出会い、素敵な勤務先と巡り会えることを心より願っております。

最初にチェック!
診療放射線技師におすすめ転職エージェント
医療技師のお仕事
放射線技師専門のアドバイザーが対応
LINEでお気軽にご相談可能
給与交渉や勤務時間のご相談もお任せください!
約2分で登録完了!
公式サイトで詳細を見る
放射線技師人材バンク

\診療放射線技師専門/
専門だからこそ求人探しから面接対策まで、専門的で丁寧なサポートが受けられます!費用は無料!

約2分で登録完了!
公式サイトで詳細を見る
<PR>

診療放射線技師におすすめの転職エージェントランキング

診療放射線技師の転職には、
「診療放射線技師の求人が多い転職エージェント」
がおすすめです。
なぜなら、求人の多い転職エージェントに登録することで求人の選択肢が広がり、希望する条件の求人や好条件の求人に巡り合う可能性が高くなるからです。

そこで、Googleで「放射線技師 転職エージェント」と検索した際に掲載されていた転職エージェントを抽出し、求人数を調査すると、以下のような結果となりました。

調査概要
調査の企画・集計
株式会社アドバンスフロー
調査対象とした転職エージェントについて
Googleで「放射線技師 転職エージェント」という検索ワードで検索して掲載していた「『有料職業紹介事業許可』を取得している」企業
調査対象とした求人について
上記で調査対象とした転職エージェントがWEBサイトで公開している求人のうち、「条件:放射線技師」の条件に合致する求人数をカウントしました。
<調査日
ランキングの上部に記載

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の指標のひとつとしてご利用ください。

ここからは、各転職エージェントそれぞれについて詳しくご紹介します。

【求人数第1位】HJB 放射線技師人材バンク

HJB 放射線技師人材バンク
画像引用元:HJB 放射線技師人材バンク

HJB 放射線技師人材バンク
「診療放射線技師(RT)」の注目ポイント!
  1. HJB 放射線技師人材バンクは、医療分野認定事業者である株式会社エム・エス・エスが運営する「診療放射線技師のための求人・転職サイト」で、クリニック・健診センター・医療専門学校など多岐にわたる求人を持っている

HJB 放射線技師人材バンクのおすすめポイント

  • 放射線技師の仕事に詳しいキャリアアドバイザーが転職活動を支援。
  • オリジナルのマッチングシステムで希望の職場が見つけやすくなっています。
HJB 放射線技師人材バンクに関する情報
放射線技師の求人数
2,794件
取り扱い職種
診療放射線技師(RT)
施設形態
病院/クリニック/特別養護老人ホーム/その他
取り扱いエリア
全国
取扱い雇用形態
常勤/非常勤

関連記事:「放射線技師人材バンク」の口コミ・評判

【求人数第2位】medicoエージェント

medicoエージェントは、医療従事者に特化した転職エージェントで、放射線技師専門の転職支援サービスを行っています。

年間500件以上の紹介実績をもち、非公表求人(※人気が高い・急募など諸事情により公に募集ができない求人)も豊富に用意されています。

履歴書の添削や面接指導などもサポートしてくれるため、初めての転職には特におすすめの転職支援サービスです。

放射線技師の求人数
2,275件
取り扱いエリア
全国47都道府県
取扱い雇用形態
常勤/非常勤
運営会社
株式会社WILLCO
※旧サービス名「iDoctor」より2021年7月「medicoエージェント」に名称変更

【求人数第3位】ジョブデポ放射線技師

ジョブデポ放射線技師画像引用元:ジョブデポ 放射線技師

ジョブデポ放射線技師
「診療放射線技師(RT)」の注目ポイント!
  1. ジョブデポ放射線技師は、健康診断法人・整形外科クリニック・脳神経外科病院など日本全国に豊富な放射線技師求人を持っている

ジョブデポは、医療・介護・福祉業界の転職支援に特化した転職エージェントです。

医療・介護・福祉業界の求人数は転職業界最大級のため、全国の様々な医療機関や福祉施設の求人を掲載しています。

ジョブデポに関する情報
放射線技師の求人数
1,801件
取り扱い職種
放射線技師
取り扱いエリア
全国
取扱い雇用形態
常勤/非常勤
運営会社
with Career株式会社

【求人数第4位】マイナビコメディカル

マイナビコメディカル
画像引用元:マイナビコメディカル

マイナビコメディカル
「診療放射線技師(RT)」の注目ポイント!
  1. マイナビコメディカルでは、診療放射線技師の求人や転職情報に特化したページがあり、医療機器メーカー(クリニカルスペシャリスト)・地域密着型病院・健診センターなどに豊富な求人を見ることができる

マイナビコメディカルのおすすめポイント

  • 人材紹介業大手のマイナビが運営
  • 求人の量だけでなく質に強いこだわりがあるので質の高い求人多数
マイナビコメディカルに関する情報
放射線技師の求人数
1,095件
取り扱い職種
セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)/医療技術職(臨床検査技師・臨床工学技士・診療放射線技師)/視能訓練士/管理栄養士/栄養士/柔道整復師/医療事務
施設形態
病院/クリニック/介護福祉施設/在宅医療/企業
取り扱いエリア
全国
取扱い雇用形態
正社員/契約社員/非常勤・パート

関連記事:「マイナビコメディカル」の口コミ・評判

【FAQ】放射線技師の仕事探しによくある質問

放射線技師の転職を上手く進めるポイントは?

放射線技師の転職を上手く進めるポイントは、転職サイトと転職エージェントを併用することです。

役割の違う転職サイトと転職エージェントを併用することで、両方のメリットを活かした転職活動ができます。

転職サイトには、さまざまな求人票が掲載されており、自分で求人を探して応募することが可能です。

転職サイトを使えば、多くの求人票に目を通せますが、自分に合う求人の紹介や転職活動のサポートは受けられません。

一方で、転職エージェントなら、希望や条件にマッチする求人の紹介や、書類添削や模擬面接などのサポートも受けられます。

転職サイトと転職エージェントを併用することで、スムーズに転職活動が行えて、成功率もアップするでしょう。

放射線技師の転職理由はどんなものが多い?

放射線技師の転職理由として、多いのは次の3つの理由です。

【1.職場の人間関係に問題があるため】
  • 職場の同僚と性格や仕事のペースが合わず、新たな人間関係を求めて転職するケースは転職理由として挙げられる要素の一つです。
    とくに、クリニックなど放射線技師の人数が少ない職場ほど、転職希望者が多い傾向です。クリニックなどは、大型病院に比べて閉鎖的な環境になりやすく、転職を希望する放射線技師は珍しくありません。
【2.精神的・肉体的に辛いため】
  • 放射線技師は、精神的にも肉体的にも、かなりの負荷がかかる仕事です。放射線技師の人数が少ない職場だと激務になりやすく、気持ちを休める余裕がなくなってしまいます。
    また、夜勤が続いたり、当直の頻度が高かったりすることで肉体的な負担が大きく疲労が溜まりやすくなります。
    転職によって精神的・肉体的な負荷を軽減し、放射線技師の仕事を継続したいという方は多いです。
【3.キャリアアップや収入アップを図るため】
  • 放射線技師として、キャリアアップを図るために転職する人も多いです。放射線技師のキャリアは、担当できる検査の数や難易度が重要視されます。
    放射線技師として対応できる検査の種類が多く、高いスキルがあれば、就業先の選択肢も増えるということです。
    転職してさまざまな検査の実務経験を積むことは、年収アップや役職アップにも繋がります。

放射線技師の転職先は?

放射線技師の転職先としては、知識や経験を生かせる次の4つが挙げられます。

【1.クリニック】
  • クリニックへの転職は、夜勤や当直が精神的・肉体的に辛いという方におすすめです。
    なぜなら、ほとんどのクリニックでは、夜勤や当直を担当することがないからです。夜勤や当直のワンオペレーションに不安を感じている方は、安心して働けるでしょう。
【2.大規模な病院・専門病院】
  • 大規模な病院や専門病院は、放射線技師としてのキャリアアップを図りたい方におすすめです。
    大規模な病院や専門病院では、最先端の医療機器に触れたり、検査の経験を積めたりするからです。
    ハイレベルな技術を持ち合わせている放射線技師も多く、日々の業務を通して勉強になることが多いでしょう。
【3.医療機器メーカー】
  • 医療機器メーカーは、放射線技師としての知識や経験を生かし、別の職種に挑戦したい方におすすめです。
    とくに、放射線技師にぴったりの職種が、アプリケーションスペシャリストです。
    アプリケーションスペシャリストは、医療機器製品について、医療機関や展示会、学会などに赴いて説明する仕事です。
    営業職に同行することも多いため、成約数に応じてインセンティブが支給されることで、年収アップも期待できます。
【4.健診センター】
  • 健診センターは、担当できる検査の種類が少なく、比較的経験の浅い方にもおすすめです。
    なぜなら、健診センターが春や秋の繁忙期に備えて行う、放射線技師向けの研修で知識やスキルを身につけられるからです。
    最近は、マンモグラフィができる放射線技師の需要が高いため、マンモグラフィのスキルがある放射線技師には、とくに重宝されるでしょう。

放射線技師の求人探しのポイントは?

放射線技師の求人を探すときには、注目すべき2つのポイントをご紹介します。

【1.具体的な業務内容と範囲】
  • 放射線技師が担当する業務内容や範囲は、就業先によってさまざまです。具体的な業務内容と範囲については、必ず確認し、自分の知識やスキルにマッチしているか確かめましょう。担当してみたい業務内容がある場合は、応募の段階で採用担当者に相談しておくと安心です。
【2.在籍している放射線技師の人数】
  • 希望する就業先に在籍している、放射線技師の人数にも着目しましょう。求人票に掲載されていない場合でも、担当者を通じて確認することをおすすめします。なぜなら、就業先の規模に対し人手不足に陥っている場合は、激務になりやすいからです。放射線技師だけでなく、医師や看護師の人数のバランスも含め、確認しておくとよいでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、

放射線技師の転職なら、
HJB 放射線技師人材バンク」がおすすめです。
HJB 放射線技師人材バンクは最も多くの求人をもっています。
→求人数の多い転職エージェントを選べば選択肢が広がり、希望の求人に巡り合う確率が高まります。

この記事が、
あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

放射線技師の求人をより多く知るなら……
【転職のプロ監修】放射線技師(RT)の転職サイトおすすめランキング(33社求人数調査)
こちらの記事では、「放射線技師(RT)」の求人を豊富に掲載しているおすすめの転職サイトをご紹介しています。

転職エージェントと併用することで、求人に出合うチャンスが広がる転職サイトもぜひ一緒に登録しませんか?

この記事の執筆者
「法人派遣マッチング」ならびに
転職エージェント「♯就職しよう」運営
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩

大手人材サービス会社在籍で2,000名以上の就業に携わり、
「自分に合った派遣会社や人材紹介会社を選ぶ重要性」 を肌で感じてきました。この記事の執筆を通して、派遣会社や人材紹介会社を選ぶ際のミスマッチを少しでも解消できればと思っています。
現在、派遣会社と企業をつなぐ「法人派遣マッチング」と求職者と企業をつなぐ「転職エージェントサービス」を運営しており、それらから得られる最新情報をお伝えするべく、随時、記事の編集や更新も行っています。

経歴
パーソルテンプスタッフ株式会社に在籍後、2010年に株式会社アドバンスフローを設立し、求職者向け情報サイト「♯就職しよう」を運営。現在、#就職しようの執筆とともに、転職・就職などHR領域に関するサービスを多数展開中。 ・執筆者の詳しい経歴はコチラ
関連URL 著書