【元転職会社監修】女性におすすめの転職エージェント5選【30社以上登録して厳選】


「女性の転職におすすめのエージェントはどこ?」とお考えではないでしょうか。

転職エージェントと検索すると30社以上見つかり、どの転職エージェントも同じに思えませんか。

そこで当サイトでは、30社以上の転職エージェントへ実際に登録し、非公開求人数などを徹底的に調べた結果、女性にとっておすすめは、どの転職エージェントなのか5つ厳選しました。

さらに、

  • 女性の年齢別におすすめの転職エージェント
  • 女性の管理職を目指すならおすすめの転職エージェント
で登録すべき転職エージェントが詳しくわかります。

また、女性のみに行った転職エージェントに関するアンケート結果や、残業が少ない職種についても記載しています。

あなたにとってよい転職をするための情報をまとめましたので是非ご覧ください。

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
代表取締役 中塚 章浩

大手人材会社にて約6年勤務。 派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験

目次

「女性向け転職エージェント」の選び方で知っておきたい事2つ!

「女性向け転職エージェント」の選び方で知っておきたい事2つ!

女性におすすめの転職エージェントを選ぶポイントを2つご紹介します。

ポイント①女性目線の役に立つコンテンツがある

女性の悩みが解決できるコンテンツのある転職エージェントは、女性に活躍して欲しいという思いが強い会社です。

いくつか転職エージェントの例をご紹介します。

1-1 マイナビエージェント Woman will

マイナビエージェント(WomanWill)のホームページ画像
画像引用:マイナビエージェント Woman will

年齢別の人気の職業・転職に有利な資格取得情報・家庭と仕事を両立したいという転職ノウハウ・お役立ちコンテンツがあります。

1-2 type女性の転職Agent

type女性の転職エージェントのホームページ画像
画像引用:type女性の転職Agent

20代の年齢別転職ポイントや、転職タイミングは結婚前か結婚後など気になる転職ノウハウが充実しています。

ポイント②求人検索のこまかい絞り込みに注目する

女性は男性と違い、ライフイベントで就業スタイルを変える方が多いです。

なので、女性の転職エージェントは、「女性ならでは」の求人の詳細検索ができる項目がある転職エージェントを選びましょう。

例として、結婚予定がある方は「産休・育児休暇」がある会社を選ぶと、会社を辞めることなく育児休暇が取ることが可能です。

1-1 パソナキャリア

パソナキャリアのホームページ画像

求人項目で、「女性が活躍」や「産休・育休実績」が実際に運用されている企業の求人にしぼって検索することができます。


画像引用:パソナキャリア 求人・転職情報を探す

女性におすすめの転職エージェント 5社紹介

女性におすすめの転職エージェント 5社紹介

上記のポイント2点

  • 女性の悩みを解決できるコンテンツがある
  • 求人検索画面で「育児休暇・産休」など女性ならではの項目で絞り込める

を参考に見ていきましょう。

1.パソナキャリア Woman CAREER

パソナキャリア ウーマンキャリアのホームページ画像

▽おすすめポイント

1.求人検索時で求人特徴欄より「女性特有の項目」を絞込できるか
※パソナキャリアで検索時
「女性が活躍」「産休育休制度有」「産休育休実績有」
2.女性の悩みを解決できるコンテンツがあるか
キャリアアドバイザーブログ
キャリアお悩み相談室

「パソナキャリア Woman CAREER」は「パソナキャリア」の女性向けの特設サイトです。
25万人分の転職ノウハウを生かしたデータで、転職が初めての第二新卒やキャリアアップしたい方、ハイクラス層の方まで転職をサポートしてくれます。

特集でいくつか求人を見ることができますが、求人検索は細かくできないので「パソナキャリア」から検索すると便利です。

2.リブズパートナーズ

リブズパートナーズのホームページ画像
画像引用:リブズパートナーズ

▽おすすめポイント

1.求人検索時で求人特徴欄より「女性特有の項目」を絞込できるか
なし
2.女性の悩みを解決できるコンテンツがあるか
LiBz Work Style:働く女性のためのコラムサイト
LiBz LIFE:働く女性のためのファッション・暮らしのサイト

リブズパートナーズを運営している株式会社LiB自体を女性が働きやすい環境を作っているので、女性に働きやすい求人をそろえている・女性のことをわかっている転職エージェントなのは間違いありません。

リブズパートナーズの4つのコミットとして、「年収アップ」「時間単価アップ」「未経験へのチャレンジ」「復職」があります。
年収アップしたい方、未経験の業種にチャレンジしたい方、子育てを終えて復職をしたい方にとってはぴったりの転職エージェントです。

3.マイナビエージェント Woman will

マイナビエージェント(WomanWill)のホームページ画像
画像引用:マイナビエージェント Woman will

▽おすすめポイント

1.求人検索時で求人特徴欄より「女性特有の項目」を絞込できるか
「残業ほとんど無し」「産休・育休取得実績あり」
2.女性の悩みを解決できるコンテンツがあるか
女性の転職ノウハウと知識
転職成功ノウハウ
転職お役立ち情報

女性に希望者が多い職種でまとめられていますので、求人検索がとても見やすいです。
求人特集には、女性でもグローバルに活躍できる求人情報や、残業月30時間以内の求人情報が掲載されています。

「転職ノウハウ」コンテンツも充実しており、「女性の転職面接の服装」や「転職に有利な資格」「女性に優しい企業の見分け方」など多くの求職者が疑問に感じることを一覧で表示されていますのでとても見やすく参考になるサイトです。

4.doda エージェントサービス


dodaエージェントサービスのホームページ画像

▽おすすめポイント

1.求人検索時で求人特徴欄より「女性特有の項目」を絞込できるか
「産休・育休取得実績あり」「原則定時退社」「残業20時間未満」「女性活躍」「育児・託児支援制度」
2.女性の悩みを解決できるコンテンツがあるか
なるほど!転職ガイド
転職Q&A
女性の転職・求人情報Woman Career(ウーマン・キャリア)

dodaを運営する、パーソルグループの名誉会長は女性です。篠原欣子会長は、女性の活躍できる職場を作るためにテンプスタッフを起業されました。
そんな方が会長を務める会社の転職エージェントなので、キャリアアドバイザーも女性の将来を見据えてアドバイスをしてくれます。

求人検索時の女性特有の項目はdodaエージェントが1番多いです。

5.リクルートエージェント

リクルートエージェントのホームページ画像

▽おすすめポイント

1.求人検索時で求人特徴欄より「女性特有の項目」を絞込できるか
なし
2.女性の悩みを解決できるコンテンツがあるか
転職成功ガイド
10分前でも間に合う面接対策

女性向けではありませんが、求人数の数はNo.1です。
求人数が多いと、希望する仕事に就ける確率がグンと上がります。

こちらも登録しておくことをおすすめします。

女性の年齢別!おすすめの転職エージェント

女性の年齢別!おすすめの転職エージェント

転職エージェントには、一定の年齢に強いエージェントがあります。

ここでは、20代・30代・40代の年齢別おすすめの転職エージェントをご紹介します。

1.20代の女性におすすめの転職エージェント

パソナキャリア

パソナキャリアのホームページ画像

【20代女性におすすめポイント】
  1. 女性の「第二新卒」や「次世代リーダー」といった転職支援を積極的に行っている

「キャリアが浅くても転職できるのか不安」「キャリアアップしたい」「未経験へキャリアチェンジしたい」など、20代の転職の悩みに答えるのがパソナキャリアです。
数々の転職成功実績のあるパソナキャリアに登録すべきです。

▽こちらも参考になさってください。

転職に悩む20代女性へ
【20代女性におすすめ転職エージェント4選】転職に悩む20代女性へ10社徹底比較!

2.30代の女性におすすめの転職エージェント

リブズパートナーズ

リブズパートナーズのホームページ画像
画像引用:リブズパートナーズ

【30代女性におすすめポイント】
  1. 女性のライフスタイルの変化に対応する4つのコミット

30代の女性は、結婚・出産などで、退職、転職、復職などライフスタイルが切り替わる方が多いです。
そこでリブズパートナーズを選んだ理由は、切り替わる悩みに対して解決する「年収アップ」「時間単価アップ」「未経験へのチャレンジ」「復職」といった4つのコミットです。

例えば、子育てと仕事を両立したい方は、どうしても働く時間が短くなります。そこで、時間単価のアップや、年収のアップを叶えてくれる求人を探してくれます。

▽こちらも参考になさってください。

【30代おすすめ転職エージェント5選】総勢14社比較!登録の仕方からおすすめ転職サイトまで「30代の転職」がまるわかり

3.40代の女性、女性の管理職におすすめの転職エージェント

JACリクルートメント

JACリクルートメントのホームページ画像

【おすすめポイント】
  1. 会長が女性で、社内でも男女平等に活躍できる環境があるので、女性が働く環境をわかっている

JACリクルートメントは、35歳以上の方に使用されている転職エージェントです。
なぜJACリクルートメントが女性におすすめなのかという理由は、社内で

    • CEOの田崎ひろみ会長は女性で活躍されている
    • 男女平等に活躍する職場環境
    • 育児休業中の社員のフォローできる環境
があるので、女性が働く環境をわかっているからです。

そして、JACリクルートメントはキャリアアップを望む方の転職も得意としています。
女性の管理職が増えてきていますので、さらなる高みを目指したい方は登録をおすすめします。

▽こちらも参考になさってください。

【元転職エージェントが語る】40代におすすめ転職エージェント10選!転職が難しい理由・成功する条件とは?
女性におすすめ転職サイト8選!バリキャリからワーママまでタイプ別に紹介

女性限定!転職エージェントについてのアンケート結果【総勢27人】

女性限定!転職エージェントについてのアンケート結果【総勢27人】

「転職エージェントを利用したことがありますか?」という質問に対し、実際に転職エージェントを利用して転職をした方に、アンケートを実施しました!
※2018年5月21日 クラウドワークスにて実施

【質問1】登録したことがある転職エージェントはどこですか?

1位・リクルートエージェント 56%
2位・doda 26%
3位・マイナビエージェント 11%

4位・JACリクルートメント 7%
その他・en、パソナキャリア、アデコSPRING、インテリジェンス、マスメディアン、看護のお仕事、リクルートキャリア

(※複数投票可能)

となりました!

最も登録した票数が多かったのは「リクルートエージェント」でした。
女性の転職に力を入れている転職エージェントではありませんが、求人数が豊富ですので、自分の希望する職種に出会える可能性が高いです。

【質問2】希望の求人と出会えた転職エージェントはどこですか?

1位・JACリクルートメント 2票
2位・リクルートエージェント、マイナビエージェント、インテリジェンス、マスメディアン、doda、看護のお仕事、リクルートキャリア 各1票づつ

「転職エージェントに紹介してもらった仕事は長続きしていますか?」という項目で、「現在も就業中の方」と返答された方の中から、
「転職エージェントに紹介してもらった仕事は自分に合っていると感じましたか?」という項目で「合っている」の2つの項目が合致した数が多かった転職エージェントは「JACリクルートメント」でした!

どちらのアンケート項目が合致するものがなかったので、票数はかなり少なくなっています。

【質問3】なぜ転職エージェントを利用しましたか?

1位・「いい求人情報がありそうだから」
転職サイトに掲載されている求人情報に載っている会社っていつも同じで信憑性がない…。

転職エージェントの求人数のうち約80%は「非公開求人」です。そのため、登録したほうがよりいい求人に出会える可能性が高くなります。

同数票・1位「アドバイスをもらえるから」
転職中、何度も履歴書や職務経歴書を作成しては書類選考落ち…。それが何社も続くと「この履歴書・職務経歴書でいいのか」自信が持てなくなるものです。

転職エージェントに登録すれば、履歴書や職務経歴書を添削をしてもらえるので、採用企業に自身のよさを伝えられるとともに、自分の弱みや強みが見えてきます。

2位・「早く転職をしたかったから」
「会社が嫌で、早く転職をしたい!」という方にも、転職エージェントはおすすめです。

下記のアンケート結果にもあるように、転職エージェントを利用して転職をした方は「2~3カ月」で新しい職場が決まっている方が多かったです。

【質問4】転職エージェントを利用後、就職するまでの日数を教えてください。

転職エージェント登録後、何か月で転職できたかアンケート結果

「前の職場にいる時に、転職エージェントに登録した方」が半数以上でした。(在職中18票、離職中9票)

いきなり会社を辞めるより、在職中に登録しておけば転職活動をしながら仕事ができるので安心できますね。

女性の職業、気になる4つ(年収・定年・残業・時短勤務)のこと

様々な職種のイラスト

女性の転職は将来も見据えた設計が必要です。そこで、

      • 女性の転職で気になる年収の高い職業
      • 倒産しにくい職業
      • 残業が少ない職業
      • 時短勤務できる職業

を調べてみました!

1.女性の年収が高い業界・職業は?

女性年収2017年度版
画像引用:※doda 2017年 女性の平均年収ランキング

女性の平均年収で600万円を超えているのは「投資銀行業務」と「運用(ファンドマネージャーなど)」の2職種だけで、どちらも金融系の専門職です。

何かと最近話題の「投資」関連の仕事は、業界平均年収が高い専門職だけあって女性でも高い年収になっています。

2.将来に倒産しづらい、定年まで続けられる職業は?

長く勤めようとしていた会社が倒産してしまっては、キャリアを積むことはできません。そこで長く勤められやすい職業・業界をご紹介します。

公務員

公務員試験は狭き門ですが、定年まで安定して働けるのが公務員の魅力です。

医療関係

看護師・歯科衛生士・薬剤師などの医療系職種は、たとえ子供ができたとしても国家資格を保持しているので復職しやすい職業です。

3.残業が少ない職業は?

自分の時間を大事にしたい方は、残業時間が少ない業種を選びたいですよね。ここでは、2019年度の四季報に掲載されていた「残業が少ない業種」をご紹介します。

金融業・卸業・小売は残業が少ない!

残業の少ない職業

信販・カード・リース(金融) 14.5時間
商社・卸業 16.4時間
小売 / デパート 9.2時間

引用:東洋経済 就職 四季報 2019年度版 1090p「3-1.業種別残業時間(時間/月)の平均」

意外と小売やデパート業界は、残業が少ないことがわかります。特に、貴金属類などの客単価が高い売り場は、客数自体が少ないため残業がない場合が多いです。

4.時短勤務できる職業は?

時短勤務(短時間勤務制度)は、3歳に満たない子供がいれば、原則職業や男女問わずすべての人が権利を使うことができます。

詳しくは以下の厚生労働省の資料文章を引用します。

(1) 短時間勤務制度の対象となる労働者

対 象
○ 短時間勤務制度の対象となる労働者は、次のすべてに該当する労働者です。

① 3歳に満たない子を養育する労働者であること
② 1日の所定労働時間が6時間以下(※)でないこと。
③ 日々雇用される者でないこと。
④ 短時間勤務制度が適用される期間に現に育児休業をしていないこと。
⑤ 労使協定により適用除外とされた労働者でないこと。

引用:短時間勤務制度(所定労働時間の短縮等の措置)について

まとめ:ライフイベントに合わせた転職エージェント選びを!

ライフイベントに合わせた転職エージェントを選んで生き生きと働く女性

女性は、出産・育児を記に就業スタイルを変える方もいます。

ですが、こういった女性の転職経験のないエージェントは、相手企業とのミスマッチで女性のライフプランを考えずに求人を紹介してしまいます。

仮に転職が成功したとしても、結果的にミスマッチゆえに早期退職せざるをえない状況になってしまいます。

そうならないために、女性を多く転職させたり・女性を大事にしている企業とのパイプを持った転職エージェントを選びましょう。

さらに転職エージェントを知るなら
この記事では、「女性の転職に強い」転職エージェントをご紹介しましたが、転職を成功させるなら「求人数の多さ」も重要です。それらを知りたい方は、こちらの記事をぜひ読んでみてください。
転職エージェントおすすめ18選
【転職エージェントおすすめ18選】職種別に徹底調査!誰でも登録したい転職エージェントが見つかる|事務・営業・エンジニア・看護師・薬剤師・介護士・保育士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA