【転職のプロ監修】幼稚園教諭におすすめ転職エージェントランキング

幼稚園教諭 おすすめ転職エージェントランキング

「幼稚園教諭におすすめの転職エージェントはどこだろう?」

と悩んではいませんか?

転職会社で約6年働いた「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

この記事で、信頼を寄せる転職エージェントに出会い、素敵な勤務先と巡り会えることを心より願っております。

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

幼稚園教諭におすすめの転職エージェントランキング

幼稚園教諭の転職には、
「幼稚園教諭の求人が多い転職エージェント」
がおすすめです。
なぜなら、求人の多い転職エージェントに登録することで求人の選択肢が広がり、希望する条件の求人や好条件の求人に巡り合う可能性が高くなるからです。

そこで、Googleで「幼稚園教諭 転職エージェント」と検索した際に掲載されていた転職エージェント15社を抽出し、求人数を調査すると、以下のような結果となりました。

調査概要
調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした転職エージェントについて Googleで「幼稚園教諭 転職エージェント」という検索ワードで検索して掲載していた「『有料職業紹介事業許可』を取得している」企業などを12社厳選としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントがWEBサイトで公開している求人のうち、「条件:幼稚園教諭」の条件に合致する求人数をカウントしました。
調査日 2020年12月8日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の指標のひとつとしてご利用ください。

ここからは、各転職エージェントそれぞれについて詳しくご紹介します。

【求人数第1位】保育士ワーカー

保育士ワーカー(保育士ワーカー)
画像引用元:「保育士ワーカー」公式サイト

保育士ワーカーのおすすめポイント

  • 保育士さんが認めた支持率NO.1 求人サイト!
  • スキルと年収アップにつながる保育士の方におすすめの資格紹介が充実しています。
  • 利用者の80%以上が年収アップに成功の実績あり。
保育士ワーカーに関する情報
幼稚園教諭の求人数 3,078件
取り扱い職種 保育士/幼稚園教諭/正看護師/准看護師/栄養士
施設形態 保育園/幼稚園/認定こども園/院内/企業内/学童
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/アルバイト・パート

【求人数第2位】保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ
画像引用元:「保育情報どっとこむ」公式サイト

保育情報どっとこむのおすすめポイント

  • 正社員、派遣、パートなどライフスタイルに合わせて選べる求人を多く用意しています。
  • 利用者10人中3人は保育士未経験。未経験者のフォロー体制がある求人も取り扱っています。
保育情報どっとこむに関する情報
幼稚園教諭の求人数 3,037件
取り扱い職種 保育士/幼稚園教諭/看護師/栄養士
施設形態 公立保育園/私立保育園/公立幼稚園/私立幼稚園/認定こども園/託児所/病院内保育施設/企業内保育施設/学童保育/認定保育室/認可外保育園/幼児教室
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/契約社員/派遣/パート・アルバイト

【求人数第3位】保育ぷらす

保育ぷらす
画像引用元:「保育ぷらす」公式サイト

保育ぷらすのおすすめポイント

  • 保育業界に精通した専任コンサルタントが転職活動をしっかりフォローしてくれます。
  • 長く勤めたいと考える方のために、気になる「離職率」も教えてくれるので安心。
保育ぷらすに関する情報
幼稚園教諭の求人数 2,734件
取り扱い職種 保育士/幼稚園教諭/栄養士/調理師
施設形態 保育園/幼稚園/認定こども園/認証・認定保育園/認可外保育園/学童/放課後デイサービス/小規模保育園/病院内保育/企業内保育
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員

【求人数第4位】ジョブメドレー保育士

ジョブメドレー 保育士
画像引用元:「ジョブメドレー保育士」公式サイト

ジョブメドレー保育士のおすすめポイント

  • 地方在住の方には嬉しい面接時の交通費補助があります。(支給条件あり)
  • 全国で定期的に転職フェアも実施しているので、直接相談もできます。
ジョブメドレー保育士に関する情報
幼稚園教諭の求人数 2,267件
取り扱い職種 保育士/幼稚園教諭/保育補助/児童指導員/その他
施設形態 幼稚園/認定こども園/学童保育/幼児教室/認証・認可保育園/認可外保育園
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正職員/契約職員/パート・バイト/業務委託

【求人数第5位】保育士バンク!

保育士バンク!
画像引用元:「保育士バンク!」公式サイト

保育士バンク!のおすすめポイント

  • 国内最大級の保育士・幼稚園教諭の求人を取り扱っている転職サイトです。
  • 通常の求人検索機能の他、保育士バンク!が厳選した保育士にオススメのイチオシ求人を「プレミアム求人特集ページ」で確認することが出来ます。
保育士バンク!に関する情報
幼稚園教諭の求人数 772件
取り扱い職種 保育士/保育補助園長/主任/幼稚園教諭/保育教諭/児童発達支援管理責任者/看護師/栄養士/調理師/その他/td>
施設形態 認可保育園/認証保育園/託児所/幼稚園/認定こども園(保)/認定こども園(幼)/事業所内保育室/病児保育/学童保育/放課後等デイサービス/その他
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/契約社員/パート/フルタイムパート

幼稚園教諭におすすめ転職サイト3選

幼稚園教諭の転職なら、転職エージェントを活用しながら併せて転職サイトも利用することをおすすめします。

なぜなら、興味のある求人にすべて応募することができるため、応募求人を増やすことができ、結果的に転職成功率も高めることができるからです。

注意
転職エージェントと転職サイトにはそれぞれメリットがあるので、併用することで、より多くの求人に出会えるようになります。
転職エージェントと転職サイトの主な特徴は以下の通りです。

【転職エージェント】
  • 自分の希望に近い求人を転職エージェントの担当者から紹介してもらえる
  • 転職に関する相談や面接対策などの転職支援サービスを受けることが可能
  • 応募手続きや企業との連絡、採用後の手続きなどを転職エージェントの担当者が代行してくれる
【転職サイト】
  • 転職サイトに掲載されている求人に自由に応募できる
  • 応募手続きや企業との連絡などを自分で行う必要がある

ここからは、転職サイトのなかで幼稚園教諭の求人数を豊富に掲載している3サイトをご紹介します。

1.求人ジャーナルネット

求人ジャーナル画像引用元:求人ジャーナルネット

「求人ジャーナルネット」の特徴

「求人ジャーナルネット」は、全国の求人情報を毎日更新している転職サイトです。

正社員、派遣社員、アルバイト、パートなどさまざまな求人を豊富に取り扱っています。

また、スマートフォンアプリ「求人ジャーナル」をダウンロードすると、外出中でも簡単に求人検索を行うことが出来ます。

求人ジャーナルネットに関する情報
「幼稚園教諭」
の求人数
22,680件
取扱い職種 保育士/幼稚園教諭
求人の対象地域 全国
サイトの運営会社 株式会社求人ジャーナル

2.ハローワーク求人情報

ハローワーク求人情報画像引用元:ハローワーク求人情報

「ハローワーク求人情報」の特徴

「ハローワーク求人情報」は、株式会社アンティークが運営する転職サイトです。

「ハローワーク公式サイト」が管理している求人情報を転載し、より検索しやすくしています。

また、希望の勤務地や職種を登録すると、あなたの希望に合った新着求人がメールで届きます。

ハローワーク求人情報(運営:株式会社アンティーク)に関する情報
「幼稚園教諭」
の求人数
8,188件
取扱い職種 保育士/幼稚園教諭
求人の対象地域 全国
サイトの運営会社 株式会社アンティーク

3.タウンワーク

タウンワーク全国TOP画像引用元:タウンワーク

「タウンワーク」の特徴

「タウンワーク」は、全国のパート・アルバイト情報を掲載している転職サイトです。

求人数は国内最大級の100万件以上となっています。(2020年2月13日時点)

タウンワークに関する情報
「幼稚園教諭」
の求人数
7,540件
取扱い職種 保育士/幼稚園教諭
求人の対象地域 全国
サイトの運営会社 株式会社リクルート
関連記事

幼稚園教諭におすすめの転職サイトをより多く知りたいという方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

幼稚園教諭の転職サイト【転職のプロ監修】幼稚園教諭の転職サイトおすすめランキング【2022年9月求人数更新】

保育士と比較した「幼稚園教諭の年収」は?

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、幼稚園教諭と保育士の年収はほぼ同じと言えます。

幼稚園教諭の平均年収は、約367万円(月収約24万円・ボーナス約74万円)ですが、一方で、保育士の平均年収は、約363万円(月収約24万円・ボーナス約70万円)になります。

給与額 年間賞与等
保育士 24.45万円(月額) 70.06万円(年額)
幼稚園教諭 24.41万円(月額) 73.79万円(年額)

出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」を元に作成

幼稚園教諭と保育士のいずれの場合でも、給与は働く地域や職場によって異なります。

それぞれの職場の給与について情報収集し、自分の希望に合う職場を探すことが大切です。

保育士と比較した「幼稚園教諭の仕事内容」は?

保育士と幼稚園教諭では、どちらも子どもに接する仕事ですが、目的が違うための仕事内容は異なっています。

幼稚園教諭の仕事は、3歳児から就学前の子どもたちに「教育」することです。

文部科学省が定めた「幼稚園教育要領」に基づいたカリキュラムに沿って行われ、具体的には、幼稚園教諭は、子どもたちのコミュニケーション能力や社会性を伸ばし、個性を引き出す役割を担っています。

一方で、保育士のしごとは、子どもたちが生活習慣を身につけられるよう「サポート」することです。

食事や着替え、手洗いうがいなどを、保護者に代わって見守り、援助しています。

保育士から幼稚園教諭へ転職するメリットは?

保育士から幼稚園教諭へ転職するメリットは、比較的休みが取りやすくなることです。

保育園の場合は、土日の出勤があるうえ、夏休みや冬休みなどの長期休暇がない職場が多いです。

しかし、幼稚園の場合は、土曜日が休みで、夏・冬・春に長期休暇がとれる職場がほとんどです。

保育士だと「なかなか休みが取れない」という方は、休みが多い幼稚園教諭の方が、働きやすさを感じられるでしょう。

保育士から幼稚園教諭へ転職するときの注意点は?

幼稚園教諭になるためには、「幼稚園教諭免許状資格」の取得が必要です。

保育士としての実務経験があっても、「幼稚園教諭免許状資格」の資格がなければ幼稚園教諭にはなれません。

保育士としての実務経験が3年以上ある場合、特例により「幼稚園教諭免許状資格」の取得に必要な単位数が軽減されます。保育士から幼稚園教諭への転職を考えいてる場合は、資格取得の負荷を少しでも減らすために、保育士としての実務経験を3年以上積んでからの転職をおすすめします。

保育士資格を有する方について、保育士としての勤務経験を評価し、幼稚園教諭免許状の授与を受けるために修得することが必要な単位数を軽減することにより、幼稚園教諭免許状及び保育士資格の併有を促進する
引用元:文部科学省「幼稚園教諭免許状授与の所要資格の特例に関するQ&A」

文部科学省が定めているこの特例は、現時点では令和6年度末まで適用される予定です。

文部科学省の詳細サイトはこちら

幼稚園教諭から保育士へ転職するメリットは?

幼稚園教諭から保育士へ転職するメリットは、一人ひとりの子どもたちに向き合いやすくなることです。

幼稚園教諭は、クラス担任として1人で約30人の子どもたちを受け持ちます。

一方で、保育士1人が担当する子どもは、子どもの年齢によって異なり、0歳児なら概ね3人につき保育士1名・1~2歳児なら概ね6人に1名の保育士がつきます。

幼稚園教諭に比べて担当する子どもの数が少なくなり、結果として、一人ひとりの行動に目が行き届き、それぞれの成長を実感できる場面が多いでしょう。

幼稚園教諭から保育士へ転職するときの注意点は?

保育士になるためには「保育士資格」の取得が必要です。

保育士資格をスムーズに取れるよう、幼稚園教諭として実務経験を3年以上積んでからの転職がおすすめです。なぜなら「幼稚園教諭免許状資格」を取得し、実務経験が3年以上ある幼稚園教諭であれば、特例によって資格試験の一部が免除されるからです。

経過措置期間中に幼稚園教諭免許状を有し幼稚園等において一定の実務経験を有する者(以下「特例対象者」といいます。)を対象として保育士資格の取得に必要な単位数等の特例を設け、免許・資格の併有を促進する
引用元:厚生労働省「幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例」

厚生労働省が定めているこの特例は、現時点では令和6年度末まで適用される予定です。

厚生労働省の詳細サイトはこちら

幼稚園教諭の求人を効率よく探す方法

幼稚園教諭の求人を効率よく探す方法として、転職サイトや転職エージェント、ハローワークなど活用することが挙げられます。

なかでも、幼稚園の求人に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

なぜなら、幼稚園の求人に特化しているので、さまざまな条件の求人が揃っているからです。

また、勤務地や給与など、多様な条件で絞って検索でき、さらに転職支援を受けられるのが転職エージェントの魅力です。

非公開の求人も含めると求人数も豊富なため、希望する条件の職場を見つけやすいでしょう。

また、転職エージェントだけではなく、ハローワーク、派遣会社、転職サイト(求人サイト)なども併せて利用することで、さらに多くの求人と出会う可能性が広がります。

各サイトの特徴は以下の通りです。あなたの希望に合わせて併用することをおすすめします。

【転職エージェントの特徴】
  • 担当者が書類添削、面接対策、企業との連絡代行などを行ってくれる
  • 1人で転職活動を行うことに不安がある方、第三者のアドバイスが欲しい方におすすめ
【派遣会社の特徴】
  • 契約期間に定めがあるので、色々な企業で経験を積みたい方、短期のお仕事を探している方におすすめ
  • 派遣会社と雇用関係を結び、派遣先企業で就業するので、なにかトラブルがあったときに派遣会社が間に入ってくれる
【ハローワークの特徴】
  • 各自治体に拠点があるので、地方の方でも相談に行きやすい
  • 転職エージェントや転職サイトに掲載されていない、地域に根付いた企業の求人を保有している可能性が高い
  • 職業訓練、資格取得講座、ビジネスマナー講座などを提供している
【転職サイト(求人サイト)の特徴】
  • 気軽に好きなタイミングで求人情報の閲覧・応募をすることが可能
  • 自分のペースで転職活動を進めたい方におすすめ

求人情報の更新タイミングはサイトごとに異なりますが、毎日情報更新しているサイトも多いです。

条件の良い求人は、求人掲載直後から応募が集まりやすく、すぐに募集を締め切ってしまう場合もあるので、こまめに各サイトの最新求人情報を確認することをおすすめします。

幼稚園教諭と保育士はどっちが求人豊富?

幼稚園教諭と保育士の求人数を比較すると、保育士の求人数が豊富にあります。

最近では、幼稚園の数とともに、幼稚園教諭の求人が年々減少しています。

理由としては、少子化で子どもの数が減っていることや、共働き世代の増加で、子供の預け先が幼稚園から保育園へ変わっていることが挙げられます。

そのため、ご自身の希望に合う幼稚園教諭の求人を見つけることは、保育士に比べると難しい可能性があります。

希望する条件の幼稚園の求人が見つからない場合は、増加傾向にある「認定こども園」の求人を探すこともおすすめです。

幼稚園教諭の資格を生かせる職場なので、チェックしてみるとよいでしょう。

幼稚園教諭の面接でよく聞かれる質問はある?

幼稚園教諭の面接でよく聞かれる質問は通常の企業面接で聞かれる一般的なものと、幼稚園ならではのものの2つに分かれます。

  • 一般企業面接でも聞かれる質問
  • (質問例)なぜ幼稚園教諭を志望しましたか?

    (回答例)昔から子どもが好きで高校生の時に幼稚園のボランティア活動に参加する機会があり、興味を持ちました。実際に保育を学ぶ中で子供の命を預かる仕事だと実感し、好きな仕事で大きな責任感の中働きたいと志望しました。

    (質問例)あなたの長所・短所はなんですか?

    (回答例)長所は集中力があるところで、短所は集中しすぎて周りが見えなくなることです。今は定期的に深呼吸するなどリラックスする時間を設けて集中しすぎないようにしています。

  • 保育内容に関する質問
  • (質問例)子供に読み聞かせをする際に気を付けていることはありますか?

    (回答例)子供全員から見える位置に座り、抑揚を大きめに読むようにしています。また、小さい子供の場合は絵本の感想を聞くのではなく、世界に浸る時間を作っています。

面接では明るく誠実な人柄であるかが見られるので、子供にいい影響を与えられる人だとアピールすることが大事です。

幼稚園の教諭の転職におすすめの時期や季節はある

幼稚園教諭の転職は人の入れ替わりの時期である秋と年明けのタイミングがベストです。

多くの幼稚園では11月~12月頃に職員に対するヒアリングを行います。

ここで来年度の希望を確認するのですが、退職者が出るタイミングでもあります。

多いのは年度終わりの3月末で退職するパターンなので、転職活動も4月から新しい仕事を開始できる様に動くことをお勧めします。

ただ、中には年末に突発的に退職してしまう人もいるため、急募の求人が年末あたありに出てくることもあります。

急に決まってしまった場合も、職場に迷惑をかけないように、最低でも退職日まで1ヶ月は間を空けて退職を伝えるようにしましょう。

幼稚園教諭の退職理由で多いものはどんな理由?

幼稚園教諭の退職理由で多いものは次のとおりです。

  • 人間関係
  • 幼稚園教諭は仕事柄、女性が多い職場です。

    そのため、女性同士の陰口やイジメなどに遭遇することがあります。

    その状態に耐えきれずストレスから退職となってしまいます。

  • 給与などの待遇面
  • 幼稚園教諭は平均年収が300万円台前半と他の業種と比べると安いです。

    その割に、子供の命を預かるという責任が重く、やりがいを感じられないと退職に繋がってしまいやすい仕事です。

  • 仕事内容
  • 園児の面倒をみたり、触れ合う事自体が嫌になるケースは稀ですが、クレーム対応や業務量の多さから退職になるケースが多いです。

幼稚園教諭の資格を活かして異業種や異職種に転職することは可能?

結論から言うと、幼稚園教諭から異業種への転職は可能です。

異業種の転職であっても、親和性の高い職種はスムーズに決まる可能性が高いです。

特に介護職では幼稚園教諭で得た経験や知識が活かせる仕事です。

未経験からでも応募できるため、有利に転職を進めることができるでしょう。

また、子供服の販売員や幼児教室の先生なども親や子供を相手にする仕事なので、経験を活かすことができます。

他には保育士に特化した人材サービスの営業や、保育士に向けたサービスを提供している企業への就職も忘れてはいけません。

サービスを受ける保育士の目線で仕事ができるというのも転職で有利に働きます。

転職エージェントや応募先企業の口コミや評判を確認したいときはどうすればいい?

転職エージェント、応募先企業のクチコミや評判をインターネットで確認したいときは「転職会議」や「エンライトハウス」など、「企業の口コミサイト」の利用がおすすめです。

これらのサイトでは、
「その転職エージェントを利用したことがある人」
「実際にその企業で働いている人」
「その企業で面接を受けたことがある人」
などから寄せられたリアルな口コミが掲載されています。

また、給与、ボーナス、福利厚生などの情報についても掲載されています。

ただし、口コミサイトに書いてある情報が全て「正しい情報」とは言い切れません。なかには「サクラの書き込み」や「その企業を恨んでいる人が書いたデマ」が掲載されている可能性もゼロではないからです。なので、すべての情報を鵜呑みにしないようにご注意下さい。

また、転職エージェントや派遣会社などを通じて求人に応募する場合は、転職エージェントや派遣会社の担当者に「応募先企業」の内情について質問することも可能です。

また、弊社運営サイト「#就職しよう」では、派遣会社や転職エージェントを実際に利用したことがある方から寄せられた口コミを掲載しています。こちらも是非参考になさってください。

▼関連記事▼
>>「#就職しよう」口コミ・評判記事の一覧

初めての転職活動で失敗しないためのポイントや注意点は?

初めて転職活動を行う場合「仕事がすぐに見つかるかな…」「職場選びに失敗したらどうしよう…」と不安を感じる方が多くいます。

ここでは「初めての転職活動で失敗しないためのポイントと注意点」を紹介します。

  1. スキルの棚卸しをして自分のスキルや強みを確認する
  2. 求人情報の効率の良い探し方を身につける
  3. 応募先企業について情報収集を行う
  4. 転職エージェントやハローワークなどを上手に活用する

あなたの転職活動のお役に立てば幸いです。

【転職活動のポイント①】スキルの棚卸しをして自分のスキルや強みを確認する

転職を検討している方が、まず初めに行うべきなのは「スキルの棚卸し」です。

「スキルの棚卸し」とは簡単に言うと「これまでの職歴の中であなたが経験した業務内容や、あなたの実績などを洗い出しすること」です。

具体的には

  • 担当していた業務の詳細
  • 売上実績、営業実績などの数値
  • 身に付いているビジネスマナー
  • 電話応対、ビジネスメールなどの対応経験

など、これまで経験してきたことを全て書き出した上で、その中で
「好きな業務」
「得意な業務」
「成果を出せた業務」
「苦手な業務」
といった形で仕訳を行います。

自分の「得意な業務」や「成果を出せた業務」はあなたにとって「向いている業務」「強みとなる業務」となる可能性が高いです。

【転職活動のポイント②】求人情報の効率の良い探し方を身につける

世の中には求人情報が掲載されているサイトや情報誌が無数にあります。

その中で「自分の希望に近い求人」を効率よく探すためには下記のポイントを意識しながら利用する求人サイトを選ぶとよいでしょう

  • 総求人数が多いサイトを利用する
  • 希望職種の求人が豊富なサイトを利用する
  • 希望勤務地の求人が豊富なサイトを利用する
また、求人を絞りこみ検索をする際は、自分の希望する条件をなるべく細かく指定した上で検索を実行するのがおすすめです。

もし検索結果が数件しかでない場合は、絞り込み検索で指定した条件の中で「優先度が低い条件」から解除して再検索するとよいでしょう。

【転職活動のポイント③】応募先企業について情報収集を行う

気になる求人を見つけたら、応募先企業についての情報収集を行うことも大切です。

求人情報には「仕事内容」や「待遇」などの勤務条件しか記載されていないので、「実際の労働条件」や「実際に働いている社員の方の意見」を確認することはできません。

そんなときは

など、「企業の口コミ」が掲載されているサイトを利用するのがおすすめです。

これらのサイトは実際にその企業で就労経験がある方から寄せられた情報が多く掲載されているので、応募先企業の内情について事前に確認したいときに非常に役立ちます。

ブラック企業や劣悪な職場環境の企業を避けるためにも事前の情報収集は必ず行うことをおすすめします。

ただし、口コミサイトに書いてある情報が全て「正しい情報」とは言い切れません。なかには「サクラの書き込み」や「その企業を恨んでいる人が書いたデマ」が掲載されている可能性もゼロではないからです。なので、すべての情報を鵜呑みにしないようにご注意下さい。

また、「#就職しよう」では「企業の口コミが掲載されているサイト」を実際に使用したことがある方からサイトの使用満足度などを伺っています。どのサイトを利用するか悩んでいる方は、ぜひこちらも参考になさってください。

▼関連記事▼
>>「転職会議」を利用した方の口コミ・評判
>>「en Lighthouse(エンライトハウス)」を利用した方の口コミ・評判
>>「Open Work(オープンワーク)」を利用した方の口コミ・評判
>>「キャリコネ」を利用した方の口コミ・評判

【転職活動のポイント④】転職エージェントやハローワークなどを上手に活用する

初めての転職活動に不安がある方には「転職エージェント」や「ハローワーク」など、第三者のアドバイスを受けながら転職活動を進めることをおすすめします。

なかでも転職エージェントは、「スキルの棚卸し」「応募書類の添削」「面接対策」「日程調整」「給与交渉」などを無料でサービス提供しています。
初めての転職活動でつまづきやすいポイントをサポートしてくれます。

利用する前は「人に相談するなんて緊張する…」と感じる方もいらっしゃいますが、転職エージェントやハローワークを利用して転職活動を進めることで「転職活動がスムーズに進んだ!」「悩んだときにアドバイスをもらえて参考になった!」といった感想をお持ちの方が多くいます。

【FAQ】転職エージェントに関するよくある質問

転職に成功すると転職エージェントからお祝い金がもらえるって本当?

現在、転職エージェント(職業紹介事業者)求職者に対して転職成功に関する「お祝い金」を提供することは禁止されています。

以前は、転職エージェントを通じて転職に成功すると求職者に対して「お祝い金」といった名目で現金や商品券が支給されていましたが、2021年(令和3年)4月1日より「職業紹介事業者」がお祝い金などの金銭の提供をすることが禁止されています。

お祝い金の提供が禁止された背景には、転職エージェント側が求職者に「お祝い金の提供」を持ちかけて、繰り返し転職するように仕向けるといった事例が確認されたためです。

「お祝い金の禁止」に関する情報は厚生労働省の公式サイトに掲載されています。下記リンクをご参照ください。

【参考リンク】
>>厚生労働省―「就職お祝い金」などの名目で求職者に金銭等を提供して求職の申し込みの勧奨を行うことを禁止しました

転職エージェントの紹介手数料とは?

紹介手数料とは、企業が転職エージェントを利用して人材を採用する際に必要な費用です。リクルートエージェントのサービスを例に紹介手数料の仕組みを確認してみましょう。

リクルートエージェントでは、転職エージェントを介して採用が成立したときに初めて成功報酬(コンサルティングフィー)を企業から支給されます。

つまり、求職者が企業の選考に受からないと利益が発生しないわけです。反対に人材を紹介する担当者からすれば結果が求められるため、紹介手数料はインセンティブ(刺激・動機・誘因)のような役目を果たすことになるでしょう。

ちなみに、具体的な金額は条件によって変わるとのことです。

参考:リクルートエージェント「初期費用がかからない完全成功報酬型なので、リスクは最小限です」

転職エージェントからの連絡がしつこいときの対処法は?

転職エージェントからの連絡がしつこいときの対処法は、なぜしつこいと感じるかによって異なります。

  • 電話の頻度が高い場合→指定した時間帯以外の連絡は避けてほしい旨を転職エージェントに伝える
  • 求人の紹介が多い場合→求人の紹介の頻度を減らしてほしい旨、または希望条件を狭めて転職エージェントに伝える

また、転職エージェントに複数登録していて連絡の総数が多く、連絡がしつこいと感じる場合もあります。

選考などが進んでいる場合は、利用している転職エージェント以外に対しては「現在他社で選考が進んでいるため、しばらく求人紹介の連絡をお断りします」といった連絡を入れることで、利用していない転職エージェントからの連絡頻度を下げることができます。

転職エージェントの退会はできるの?

転職エージェントの退会は可能ですし、退会にそこまで手間がかかって負担になるということはありません。

「一度登録したら、転職しない限りずっと連絡がくるのでは……?」そんな不安をおもちの方もいらっしゃるかもしれませんが、転職エージェント登録後に退会することは可能です。退会を申し出ても退会させてくれないということは、大手ではまずありません。

昨今、転職エージェントの登録に際しては、1社だけではなく2~3社同時に登録するのが普通になっており、転職せずに退会することもめずらしくありません。退会を申し出たときに理由を聞かれることはありますが、基本的にはスムーズに退会できます。

退会は、WEB上で申請できる場合もあれば、担当者に連絡する必要がある場合もあります。もし担当者に連絡できない事情があるなら、転職エージェントの代表電話やお問い合わせ窓口に連絡するのもいいでしょう。

退会・個人情報削除申請方法一覧

申請方法
リクルートエージェント 専用フォームで申請
dodaエージェントサービス 会員専用ページより申請
(詳しくはこちら
マイナビエージェント 担当者またはメールで申請
(詳しくはこちら
Spring転職エージェント 専用フォームから申請

【FAQ】転職フェアに関するよくある質問

転職フェアってどんなイベント?

転職フェアとは、さまざまな企業が集まり、それぞれのブースで企業説明を行うイベントです。

企業の説明や社員に会うことで、求人票だけでは分かりづらい企業の社風を感じることができます。

また、採用担当者に直接質問する機会が設けられているため、応募する前に気になる点を解消することもできます。

さらには、さまざまな企業が集まっているため、今まで選択肢に入れていなかった企業に興味が湧くこともあり、転職時の選択肢の幅を広げられるチャンスです。

人材会社が主催する場合や、自治体が主体となって主催する場合などがあり、イベントによって会場の雰囲気や参加企業も異なります。

転職フェアは職種や業種別に開催されることもある?

転職フェアは、主催者によって対象となる職種や業種によって「総合型転職フェア」と「特化型転職フェア」の2タイプに分かれます。

①総合型転職フェア
②特化型転職フェア
  • 「看護師」「保育士」「エンジニア」「美容師」「飲食業界」「主婦の方」「シニア向け」などの職種やタイプ別に開催される転職フェア
  • 希望する職種に関わりがある企業のみが集まるので、効率よく情報収集をすることができる

転職フェアの開催情報はどのように確認すればよい?

お住まいの地域でどのような転職フェアの開催予定があるのか確認したいときはインターネットで検索することをおすすめします。

例えば、北海道札幌市の転職フェアの開催予定を確認したい場合は、インターネットの検索画面で
「札幌市・転職フェア」
「札幌市・転職フェア・看護師」
と入力し、検索実行をすると転職フェアの開催予定が表示されます。

ただし、タイミングによっては、転職フェアの開催予定が少ない場合もあります。

お住まいの地域によっては、そもそも転職フェアの開催実績がない場合などもありますので、その際は検索条件の「地域名」を「都道府県名」など幅を広げて検索をすることをおすすめします。

また、関東や関西など都市部にお住いの場合はJR駅や地下鉄構内に「転職フェア開催予定」のポスターなどが設置されていることも多いです。

転職フェアにはどのような服装で行くべき?

服装自由となっていても、スーツを着ていくことをおすすめします。

転職フェアは、転職希望者の選考をする場所ではないため、服装自由としている転職フェアが多いです。

しかしながら、企業の採用担当者に直接会うことができる機会でもあり、今後応募することになれば、採用担当者と再度顔を合せる可能性もあります。

さらに、転職フェアに参加している方の多くはスーツで参加しているため、カジュアルな服装で参加すると、逆に浮いて目立ってしまう危険もあります。

だからこそ、転職フェアにはスーツを着用し、転職に対する意気込みや気合い、社会人としてのモラルがあることを陰ながらアピールしましょう。

まとめ

この記事をまとめると、

幼稚園教諭の転職なら、
保育士ワーカー」がおすすめです。
保育士ワーカーは最も多くの求人をもっています。
→求人数の多い転職エージェントを選べば選択肢が広がり、希望の求人に巡り合う確率が高まります。

この記事が、
あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

関連記事(幼稚園教諭の転職)
幼稚園教諭の転職サイト【転職のプロ監修】幼稚園教諭の転職サイトおすすめランキング【2022年9月求人数更新】

こちらの記事では、「幼稚園教諭」の求人を豊富に掲載しているおすすめの転職サイトをご紹介しています。

転職エージェントと併用することで、求人に出合うチャンスが広がる転職サイトもぜひ一緒に登録しませんか?

関連記事(保育士の転職)
保育士のおすすめ転職エージェントランキング【転職のプロが語る】保育士のおすすめ転職エージェントランキング!評判や口コミも掲載

こちらの記事では、「保育士」の転職におすすめの転職エージェントをご紹介しています。

幼稚園教諭から保育士へのチェンジをご検討の方は、ぜひこちらもご確認ください。

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載