主婦が派遣社員として働くメリットはあるの?働き方やパートとの違いを解説

「主婦として家事や子育てをしながら派遣社員をするメリットがあるのかどうか不安・・・」

とお悩みではありませんか?

派遣会社に約6年勤務した「#就職しよう」編集部の中塚が、主婦が派遣社員として働くメリットについて解説します。
この記事で主婦の働き方として、派遣社員をするかどうかの判断に役立てば幸いです。

目次

主婦が派遣社員として働くメリットとデメリット

主婦が派遣社員として働く時のメリットとデメリットの両方を紹介していきます。

どんな働き方にも良い部分もあれば悪い部分もあるため、メリットとデメリットどちらを重視するかで、主婦をしながら派遣社員として働いていくか判断することをおすすめします。

主婦が派遣社員として働くメリット

主婦が派遣社員として働いていくことで得られるメリットを紹介します。

派遣会社ごとで異なることもありますが、主婦をしながら派遣社員として勤務する働き方にプラスの効果を与えてくれるメリットがあります。

アルバイトやパートよりも時給が高くなる

派遣社員はアルバイトやパートと比べると、高時給になりやすい特徴を持っています。

特に専門的な知識やスキルが必要となる仕事を選ぶこともできるため、やりがいを求めながら高時給の仕事を行うことも可能です。

派遣社員は少しで給料を高くしたいと考えている方にも向いている働き方だと言えます。

福利厚生やサポートが受けられる

派遣会社によって受けられる福利厚生も変わってきますが、スキルアップ講座を受講できたり、育児休暇や産後休暇が充実していたりなどの、福利厚生やサポートが受けられます。

派遣社員として働く際は、登録しようとしている派遣会社がどのようなサポート体制をとっているのか、福利厚生は準備されているのかなど事前にチェックしておくことをおすすめします。

ある程度の時間の融通が利きやすい

派遣社員は派遣会社にどのような条件で働きたいか希望を伝えることで、ライフスタイルに合わせた勤務時間で働ける派遣先企業を探せます。

また、派遣社員は契約でどのような仕事をするか決まっているため、契約外の業務をしなくても済むことから、定時で仕事を終わらせて子供のお迎えなどもしやすくなります。

派遣社員は家事や子育てなど、プライベートな時間を確保しながら働ける働き方のひとつです。

主婦が派遣社員として働くデメリット

派遣社員として主婦が働く際の2つのデメリットを解説します。

派遣会社によってデメリットの部分が異なる場合もありますが、派遣社員には短所があることも忘れてはなりません。

条件に当てはまる派遣先企業が見つかりにくい

メリットでは時間に融通が利きやすいと述べましたが、主婦のように働く時間に制限をかけた派遣先企業を探そうとすると、なかなか見つかりにくいケースもあります。

派遣会社によってはフルタイムの仕事が多い場合もあるため、主婦をしながら派遣社員として登録しようと考えている派遣会社がどのような求人を扱っているのか、調べておく必要があります。

交通費が出ないこともある

派遣会社によっては、交通費が出ないこともあります。

また、派遣会社によっては、スキルアップ講座や各種割引サービスなどの福利厚生がない会社もあります。

派遣社員だからといって必ず福利厚生が手厚いサポートを受けられるわけではないため、いくつかの派遣会社を比較して、納得して仕事ができる環境の派遣会社を探すことをおすすめします。

派遣社員とパートの違いはどんなところにあるの?

主婦として働く方法は派遣社員だけではありません。今回はいくつか存在する働き方の中から、派遣社員とパートにはどのような違いがあるのか解説します。

どちらの働き方が自分に合っているのか確かめながら、考え方やライフスタイルに合うのか判断する参考にもなります。

派遣社員の特徴

派遣社員は派遣会社を雇用先として派遣先企業で働いていくことになります。

給料の支払いや福利厚生についても派遣会社が行うため、派遣会社によって受けられる福利厚生の内容も変わってきます。

また、有期雇用の場合は契約期間が定められているため、契約満了を迎えると他の派遣先企業を探す必要が出てきます。

直接雇用を狙うこともできますが、同じ職場で働き続けられる期限が3年までとなっているため、直接雇用がかなわなかった場合は、必ず3年に一度働く場所が変わることになります。

パートの特徴

パートの場合は、企業に直接雇用される形で働くことになります。

給料に関しても働いている企業から支払ってもらい、福利厚生も企業が用意しているものを利用できるようになっています。

また、パートは派遣社員のように雇用期間が決まっていないため、3年以上働き続けることも可能です。

さらにシフトが細かく設定されているパートは、1日4時間で週の3日だけ働くという方法も取れるため、勤務日数や時間に関しては派遣社員よりも柔軟性が高くなっています。

主婦が働くなら派遣かパートかどっちがいい?

派遣社員とパートの特徴をそれぞれ紹介しましたが、主婦が働くなら派遣かパートなどの直接雇用かどちらが良いのかと思うのではないでしょうか。

正直なところ、派遣とパートどちらにもメリットもあればデメリットもあるため、自分がどちらで働きたいと思ったかで決めることが大切です。

パートと派遣、どっちが上はありません。高時給を求めて派遣社員を選ぶのか、より柔軟な勤務時間を設定できるパートを選ぶのか、じっくりと考えた上で選んでください。

パートや派遣が正社員と格差ができやすいって本当?

同じ派遣先企業のスタッフであっても、パートや派遣社員と正社員では少なからず給料面や待遇面などで差が生まれていることが現状です。

しかし、最近では派遣社員の働き方なども見直される動きが活発になり、パートや派遣社員、正社員の間の格差をなくすための工夫がされ始めています。

実際に正社員と派遣社員などとの格差を埋めるために、どのようなことが行われているのか活動内容と現状についてお伝えします。

同一労働同一賃金で格差をなくそうとする働きがある

同一労働同一賃金とは、「性別や国籍、人種、雇用形態に縛られることなく、同一の仕事をする労働者は同一水準の賃金で支払われるべき」という考えのことを指します。

つまり派遣社員やパートも、正社員と同じ業務をするのであれば資金は同一でなければならないという考え方です。

不合理な待遇差禁止されているため、派遣やパートの賃金で正社員との格差が生まれないようにしている企業が増えています。

パートにおいても、2019年から導入されているパートタイム労働法の改正が進められ、収入格差や待遇差をなくすために政府も動いています。

正社員とパート・派遣社員との差が完全になくなるわけではない

派遣社員やパートと正社員の格差をなくすといっても、正社員との待遇差が完全になくなるというわけではありません。

派遣社員の契約によっては正社員と異なる部分を担当する場合もあったり、パートでは働く時間や日数が正社員よりも少なかったりなどのことが理由で、収入差は生まれます。

また勤務日数や時間が少ないと受けられない福利厚生などもあるため、働き方の違いによって差があるのが現状です。

専業主婦から派遣社員になるために重要なことは?

専業主婦から派遣社員になるためにはどのようなことが必要になるのか、主婦が派遣社員として働いていくことに役立つ情報をお届けします。

家事や子育てを両立しながら、働きやすい派遣先企業を探す際にも役立ちます。

主婦向けの派遣に強い派遣会社を選ぶ

派遣会社の中には、専業主婦の方でも働けるような求人を多く扱っている派遣会社もあります。

主婦向けの求人を多く扱っている派遣会社であれば、子育て中の女性に理解を持ってくれる派遣先企業も求人を出しているため、より主婦が働きやすい環境づくりがされた派遣先企業と契約を結びやすくなります。

複数の派遣会社に登録する

複数の派遣会社に登録することで、より多くの求人を探すことができるようになるため、勤務時間や勤務日数などの希望条件にあう派遣先企業が見つけやすくなります。

求人にエントリーしても派遣してもらえるかは分からないため、同時にいくつもの求人に応募して、より条件の良い派遣先企業を選ぶこともひとつの方法です。

専門的な資格を持つ

派遣会社の求人の中には、専門的な資格が必要になる仕事も扱われています。

例えばプログラマーや看護師など、特定の職場で働ける派遣先企業も存在しています。

つまり自分が持っている専門的な知識を活かせる派遣先企業を探すことになるため、求人にエントリーできる幅が広がります。

主婦向けの派遣に強い派遣会社の選び方とは?

主婦向けの派遣に強い会社の選び方を大きく3つに分けて紹介します。

主婦として何を求めて派遣社員として仕事をしていくのか考えながら、適切な派遣会社を探してください。

仕事と子育ての両立に理解がある派遣会社かどうか

派遣会社の中には、主婦の仕事と子育ての両立の難しさを理解している派遣会社もあります。

例えば、子供の送り迎えがしやすいように4~5時間程度の求人を取り扱っていたり、子供の急病時などに仕事を休んだりできる派遣先企業などを紹介してくれます。

主婦向けの派遣会社をお探しの際は、主婦向けの求人があるかどうか確認しておくことをおすすめします。

福利厚生や就労支援が充実しているかどうか

子育てをしながら働いて行こうとすると、子供が体調を崩した時などに仕事を休まなければならなくなるようなことも起こりえます。

子育て中の急なアクシデントにも対応できるように、早退や休みが行えるような環境づくりがされていたり、休業手当を用意したりしているような派遣会社もあります。

また、主婦や女性向けに就労に役立つ研修を行うなどの、就労支援を行っているような派遣会社もあるので、福利厚生やサポート体制の有無もより良い派遣会社探しのポイントになります。

扶養内で働ける求人があるかどうか

主婦として派遣社員をしていくにあたって、夫の扶養内で働ける求人を探している方も多くいます。

夫の扶養から外れてしまうと、配偶者が支払わなければならない税金の金額も増えてしまうことから、税金対策として扶養内で働ける仕事を取り扱っている派遣会社を探すことをおすすめします。

扶養内で働きたい方は、扶養控除となるように103万円以内の収入で抑えられるようにしてくれる派遣会社を選んでください。

40代主婦でも派遣社員として働ける?

40代の主婦でも派遣社員として働いていけるのか、派遣のルールや現状についてお伝えします。

派遣では年齢制限を設けることは禁止されている

派遣では20代だから受け入れる、40代だから受け入れないなどの年齢制限を設けることは禁止されています。

しかし、一般事務などの若手の派遣社員にも人気のある仕事先などは、どうしても年齢が上になってくると採用されにくく、仕事が決まらず厳しい面も持っています。

はっきりと年齢で断られることはありませんが、若手かどうかで判断してしまうような派遣先企業があることも残念ながら事実です。

子供がいる環境と年齢的な部分を心配される

40代主婦で子供がいる場合、年齢的な部分と子供がいることで休みが多くなるのではないかと心配されるケースがあります。

40代主婦でも働けるようにサポートや福利厚生が充実している派遣会社もありますが、フルタイム労働や、勤務日数の多い求人が多く扱われている派遣会社などでは、希望通りの派遣先企業が見つからず、仕事が決まらないということにもなりかねません。

40代からの工場派遣は可能?

工場派遣においては、40代で働いている派遣社員も数多くいるので、派遣させてもらえないということはありません。

男性、女性関係なく働ける現場が多いので、主婦でも工場派遣にエントリーできます。

他人とコミュニケーションをとるのが苦手であったり、あまり難しくない仕事をしたりしたいという方は、工場派遣を考えてみることをおすすめします。

50代主婦の派遣はやめたほうがいい?

50代になってくると30代や40代と比べると、体力的な部分がネックとなりやすいと感じるかもしれませんが、50代になると子育てが落ち着いて時間的な余裕ができる方も増えます。

50代の主婦になると子育てで忙しい40代や30代ではできなかった、フルタイムなどでの仕事も行えるようになるため、50代派遣の方が逆に派遣先企業の幅が広がって求人探しがしやすくなる面も持っています。

会社などで働いた経験がある方であれば、経験や年齢的な安定感や落ち着きが評価されるケースもあるため、50代主婦でも派遣社員として働くことも可能です。

40代男性が専業主夫から派遣で働くのは難しい?

40代の男性の方で専業主夫をしているという方でも、派遣会社では未経験から始められる仕事もあるため、条件に合った派遣先を探すこともできます。

男性であれば力仕事なども請負安くなるので、女性の主婦とはまた違った職種を選べるようになります。

また、性別関係なく子育てをしながら働く方向けの求人などもあるので、色々な派遣会社を比較して気になる求人を探してみることをおすすめします。

派遣で働く主婦の方が発信する2chやブログ、口コミは信用できるの?

派遣社員として働いている40代や50代といった主婦の方が、2chやブログなどで発言されている口コミは、信頼できるものもあれば、信頼度の低い情報などもあるため、うのみにしないことが大切です。

登録しようとしている派遣会社や求人の応募を考えている派遣先企業が信頼できるかどうかは、実際に職場見学などをして自分の目で確かめることをおすすめします。

評判の悪い派遣会社でも事務所によって良し悪しが異なるケースもあるため、問い合わせをしてみたり、実際に仕事について相談してみたりしながら信頼が持てそうかどうか判断してください。

派遣パートで事務の仕事って難しい?

派遣やパートでも主婦の方が働けるような、1日4時間などの短時間勤務や、週3・4での勤務が行えるようになっています。

派遣社員がパートと同じように短期間の業務ができる、パートタイム型派遣などもあるため、事務仕事であっても派遣やパートだからと難しくなるわけではありません。

派遣からパートや社員などの直接雇用になることはあるの?

派遣から直接雇用されることもありますが、必ず正社員というわけではありません。

契約社員やパートなどとしての働き方を提案されることもあります。

ただしパートの場合、派遣社員の時よりも賃金が少なくなってしまったり、正社員のようにずっと働いていける保証はなかったりするため注意が必要です。

パートであればシフト調整がしやすいなどのメリットを持っていますが、契約内容をしっかりと確認した上で、派遣社員を続けていくのか、直接雇用で働いていくのか慎重に決めてください。

大手派遣会社・派遣求人サイトでの主婦派遣の対応

大手派遣会社や派遣求人サイトでは、主婦派遣についてどのような対応をしているのか紹介していきます。

派遣会社によって主婦派遣が得意かどうかも変わってくるため、いくつかの派遣会社を事前に調べて比較しておくことをおすすめします。

テンプスタッフの対応

テンプスタッフは、「FlexibleCAREER(フレキシブルキャリア)」というサービスを展開しています。

これは、自身の専門性を活かしつつもフルタイムではない働き方ができるサービスで、家庭や育児と仕事を両立しやすい求人を多数そろえています。

このサービス以外でも、テンプスタッフにはは主婦向けの求人として、週2で働ける派遣先企業や土日祝日が休みで長期の契約が行える派遣先企業などを紹介しています。

また女性社員でも気軽に応募できる軽作業などの仕事も紹介されているため、工場などの派遣先でも活躍できる求人も扱われています。

短期の仕事から長期の仕事まで、ライフスタイルに合わせた職場を探している方にテンプスタッフはおすすめです。

スタッフサービスの対応

スタッフサービスでは、時短スタイルと呼ばれる、育児や家事、介護などにかける時間を保ちながらオフィスワークのキャリアを活かせる働き方の提供をしています。

勤務時間を子供のお迎えに合わせて、14時までや16時までに設定できたり、派遣社員の持っているスキルや経験に合わせて最適な仕事を探したりなどのサポートが受けられます。

また、eラーニングやキャリア相談など主婦の就労を手助けしてくれるサービスも用意されています。

パソナの対応

パソナは働く主婦をサポートする、ママサポートが用意されています。

ママサポートでは、 仕事のブランクに対する不安を解消するセミナーや、専門担当員によるマンツーマンでのカウンセリングなどが利用できます。

また、就労中にも家庭と仕事の両立ができるように相談ができる環境づくりがされています。

マンパワーの対応

マンパワーでは、主婦をしながら派遣社員をしている方が多く所属しています。

主婦の方がどのような仕事をしているのかより詳しい情報を提供するために、働いている先輩ママたちの勤務を含めた1日の流れを紹介するなどの情報提供をしています。

主婦として実際に働いている生の声が聞けるので、主婦の派遣社員が実際にどのように働いているか気になる方は調べてみることをおすすめします。

ヒューマンリソシアの対応

ヒューマンリソシアでは主婦向けのサポートとされているものはありませんが、結婚や出産時の休暇の取得や、医療給付や手当金が用意されています。
健康保険の利用などもできるので、主婦として働きながら福利厚生を活用していく環境は整えられています。

リクナビ派遣の対応

派遣情報サイトのリクナビでは、「主婦」というキーワードで検索を行えば、主婦を応援する求人や、未経験からでも働ける仕事が数多く紹介されています。

週4日で働けるような求人なども用意されているので、主婦でも働ける求人探しがしやすい派遣情報サイトのひとつです。

エン派遣の対応

エン派遣では、主婦の方でも働ける週4日勤務や、10時から16時までの仕事など、専門性の高いものからシニアの方でも働ける、幅広い派遣先企業やパート先の紹介がされています。

扶養内勤務に対応した仕事などもあるため、主婦をしながら働きたいという方でも利用できるようになっています。

まとめ

この記事をまとめると

派遣社員は主婦をしながらでも働ける
派遣社員は、主婦をしながらでも働ける求人が数多く扱われているため、複数の派遣会社を利用するなどして、週4日や1日4時間勤務などの派遣先企業を探すことも可能です。

子育てと両立をする必要があるため、求人探しには制限がかかることになりますが、主婦が活躍できる派遣先企業も少なくありません。

主婦対応の求人に強い派遣会社を活用しよう
派遣会社によって、主婦向けの求人を多く扱っていたり、育児休暇や産休、短時間勤務の提供などに力を入れたりしている派遣会社もあります。

派遣会社によっては主婦向けの求人が少ない場合もあるため、主婦の派遣社員でも働けるような求人やサポートを行ってくれるのか事前に調べておくことをおすすめします。