【派遣のプロが教える】派遣バイトに面接はあるの?派遣バイトの面接とは?

パーソルテンプスタッフ株式会社に約6年在籍し、現在は派遣会社「株式会社アドバンスフロー」の代表取締役。
のべ約2,000名もの転職支援を行い、求職者が希望する仕事を得られるよう尽力。人材業界16年の経験から「派遣はしっかりとした情報が得られれば得られるほど、理想の職場を見つけられる」と確信し、多くの人が情報を得られるよう、記事の監修も行う。

「派遣バイトに面接ってあるの?」
「企業と会うみたいだけど、何をするの?」

と思っていませんか。

この記事では、派遣バイトの面接について解説します。

これから派遣バイトで働いてみよう!とお考えの方に、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

最初にチェック!おすすめ派遣会社

事務ほか幅広くおすすめ テンプスタッフロゴ
公式サイトへ
事務系求人国内トップクラス!
事務以外の職種も豊富に取り揃え
約2分で登録完了!
公式サイトで詳細を見る
事務におすすめ スタッフサービスロゴ
公式サイトへ
事務・オフィスワーク系に強い!
大手企業で就業できるチャンスも
約2分で登録完了!
公式サイトで詳細を見る

<PR>

派遣バイトの前に企業との面接はあるの?

企業との面接は、全ての派遣バイトで必須となる選考内容ではありません。

派遣バイトの前に企業との面接があるのか心配されている方も多いでしょう。実際、派遣バイトに就く前に面接があったならば緊張してしまうと気になって応募できない人もいました。

しかしながら、派遣バイトでは企業との面接はすべて必須というものではありません。

派遣バイトでは、就業期間や業務内容によって派遣社員に任せる仕事の難易度が異なります。どなたでも任せられる業務内容であれば、基本的に面接・顔合わせはないと考えていいでしょう。

どのような場合であれば派遣バイト前に企業と面接・顔合わせがあるのか、長期と短期の派遣バイト別に紹介していきます。

1.長期の派遣バイト(一般派遣)の場合

一般派遣でも面接がない場合はありますが、長期の場合は顔合わせ面談が行われることがあります。

面接などがない場合は、派遣会社側で派遣社員の受け答えや欠勤回数、過去の就業経験や職歴を基に選考します。

しかし長く務めることになる場合、企業も「どのような人が来るのか見極めたい」と希望することが多く、就業する前に顔合わせ面談が行われます。

業務内容としては、接客・販売・コールセンター・事務などコミュニケーション能力やPCスキルを確認したい場合に派遣バイト前に面接がおこなわれることが多いです。

またフォークリフト作業など特殊なスキルが必要となる派遣バイトの場合は、適正試験も兼ね備えた面接・顔合わせをする可能性が高いでしょう。

2.短期・単発の登録制バイト(日々紹介型)の場合

短期・単発の登録制バイトの場合は、基本的に面接はありません。

なぜなら、派遣会社や派遣先企業からみて短期・単発の登録制バイトで求める第一優先は「人材を確保すること」であり、単発や短期の仕事で毎回面接があると募集が集まりにくくなってしまう恐れがあるためです。

求職者から見て短期・単発のお仕事に応募する際、毎度面接があると時間も手間もかかってしまい、応募を敬遠してしまう可能性があります。だからこそ募集率を上げるために、面接なしの仕事は派遣会社や派遣先企業にとってもメリットとなります。

また日々変わる人員のために、毎度面接・選考をおこなっていては、忙しい派遣先企業では対応しきれないという事情もあります。

しかしながら、イベントや接客など基礎知識やコミュニケーション能力が必要と判断される業務の場合は、企業がオンラインのZOOMなどで顔合わせを希望することが稀にあります。そのため、短期だから絶対に面接・顔合わせがないとは限らないため、注意しましょう。

3.直接雇用になる可能性がある派遣バイト(紹介予定派遣)の場合

紹介予定派遣の場合は、選考を前提にした面接が行われます。

長期の派遣バイトの中には、「紹介予定派遣」と呼ばれる一定期間派遣社員として働いた後にアルバイトや契約社員・正社員登用など企業の直接雇用を前提とした働き方があります。

紹介予定派遣の場合、直接雇用の社員になる可能性が高いため面接が行われます。長期の派遣バイト(一般派遣)では面接はないですが、紹介予定派遣は将来自分たちの会社の社員になる派遣社員になることから、企業側も選考を行うのです。

そのため長期の派遣バイトより、一般的な転職での面接に近い形で面接がおこなわれます。場合によっては、履歴書の提出なども求められることもあります。

派遣バイトの面接と顔合わせって何が違うの?

実は派遣バイトでは企業と面接をすることができず、全て「顔合わせ」といった形式になります。

なぜなら、派遣法によって派遣社員と企業の面接は禁止されているためです。そのため面接の代わりに顔合わせを行い、派遣社員の人柄や就業意思・能力を確認することがあります。

顔合わせでは面談形式が多く、「この派遣会社で仕事を任せられるのか」企業が判断するのに対して、派遣会社は「この職場で働きたいか」双方の意思を判断します。

またあくまで面接ではないので、企業と派遣社員が二人きりで顔合わせすることはありません。派遣会社の営業担当を交えての三者面談で、面接よりラフな雰囲気で顔合わせ面談をおこなうことになります。

法律で面接が禁止されているので厳密には「顔合わせ面談」といった形式になります。

しかしながら、便宜上派遣会社や企業も顔合わせ面談のことを「面接」として扱っていることもあります。

派遣社員に案内する際、面談と案内すると前準備や心構えをおこなわずに挑む可能性があり、「顔合わせ面談といった形式のラフな面接のような選考をおこないます」と、少し面接に近い形式の面談をおこなう旨が伝えられることもあります。

派遣バイトの面接ではどんなことを話すの?志望動機とかは必要?

派遣バイトの面接(顔合わせ)では任せられる業務内容を企業から教えてもらい、派遣社員の過去の経歴や仕事は問題なさそうか就業意思と人柄を確認していくことになります。

そのため派遣会社の方は主に次の内容を聞かれる可能性が高いです。

  • 過去の経歴(職歴)
  • 業務内容を聞いて、仕事をやっていけそうか
  • 何か質問したいこと
  • 自分の強み・弱み
  • 志望動機
  • 自宅から職場までの交通ルート、通勤に問題がないか
  • 遅刻や欠勤はしないか、持病があったり突発的に休む可能性はないか

あくまで顔合わせ面談ですので、一般的な面接のように静まり返った雰囲気で聞かれることはないでしょう。

しかし、上記で述べたこれらの内容は基本的に聞かれる可能性が高い質問です。特に「通勤に問題がないか」「遅刻や欠勤の心配がないか」は企業からよく聞かれます。

また多くの派遣社員は志望動機を考えていない方が多く、質問に狼狽えてしまうことになります。

事前に「なぜこの仕事を志望したのか」企業の面接担当者に好印象を持ってもらえる志望動機を考えておきましょう。

派遣バイトで面接ありと面接なしの違いは?

派遣バイトで面接があるかないかは、業務内容や企業の意向によって決まります。

コミュニケーション能力や仕事に必要なスキルが備わっているか自分で確認したいと企業が希望する場合には、派遣会社が派遣社員とコンタクトを取って面接を設けます。

しかし企業によっては「派遣会社で面接してくれれば、人選はお任せします」と選考を派遣会社に一任することもあり、その場合は派遣会社で人選をおこなうので企業との面接はありません。

また面接があるから嫌な仕事だと考える人も多いですが、面接がある仕事は派遣社員のことを親身に考えてくれている可能性が高いです。

面接ありと面接なしで仕事を選ぶのではなく、面接ありの場合は派遣社員が働く前に質疑応答ができる機会を作ってくれていると考えましょう。

まとめ

この記事をまとめると、

業務内容や企業の意向によっては、派遣バイトの前に企業との面接がある仕事もあります。

短期・単発の登録制バイトでは基本的に面談・面接等はなく、長期の派遣バイトの場合に顔合わせ面談がある可能性が高いです。

派遣会社の担当者を交えておこなう面接よりラフな雰囲気の質疑応答会ですので、顔合わせの際に分からないことや不安なことがあれば遠慮なく質問してください。

職場に入ってから後悔するより、面接の際に不安材料を払拭しておくことをおすすめします。

派遣バイトで就業する前に面接があることを考慮して、志望動機を考えておきましょう。

この記事があなたのバイト生活の役に立てば幸いです。

関連記事

派遣バイトのために派遣会社を探しているという方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。
>>【毎月更新】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社】が評判や口コミも紹介します!

こちらの記事では、長期(1か月以上)で働ける派遣会社や、短期・単発の派遣会社、業界や職種に特化した派遣会社など幅広く派遣会社をご紹介しています。

短期(1か月未満)や単発(1日のみ)の派遣バイトを探したい!という方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。
>>【派遣のプロ監修】短期バイト・単発バイトにおすすめ派遣会社ランキング