派遣登録に必要な履歴書の書き方|派遣と履歴書にまつわる情報総まとめ


元派遣&転職会社で約6年勤務

「派遣登録で使う『履歴書』は、どうやって書いたらいいの?」と思っていませんか?

そこでこの記事では、派遣会社に勤務していた経験を活かして「派遣登録に必要な履歴書の書き方」を解説いたします。

さらに、書き方だけではなく、以下のように通常の転職とは違う「派遣での履歴書の扱い方」も詳しく解説いたします。

  • 派遣と通常では書き方がどう違うのか
  • 履歴書は手書きかそれともデータか
  • 派遣期間を履歴書でどう書けばいいのか

これからの派遣登録や就業で必要となる履歴書の作成に、少しでもこの記事が役に立てば幸いです。

この記事の管理者
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩
派遣&転職会社で約6年勤務

転職活動にまつわる悩みを抱えている方は、この記事の一番下にあるコメント欄より、ぜひご相談ください! 必ず回答します。

また、この記事の「よかった点」や「悪かった点」がありましたら、ぜひひと言コメントをお寄せいただけるとうれしいです。「#就職しよう」編集部の励みになります!

派遣登録に履歴書は必要なの?

登録するときに履歴書が必要な派遣会社もあれば、登録時は不要としている派遣会社もあります。

大手派遣会社のほとんどは「履歴書不要」ですが、エリア限定の中小派遣会社は提出するように言われる場合が多いです。

大手派遣会社 派遣登録時の履歴書等の有無
スタッフサービス 不要(ただし職歴をスムーズに入力するため、職歴メモの持参が必要)
テンプスタッフ 不要(ただし事前入力ができない場合は、職務経歴書のみ持参が必要)
マンパワー 不要
パソナ 不要(ただし面談でのメモとして、職歴メモが必要)
リクルートスタッフィング 不要(ただし事前入力ができない場合は、職歴メモの持参が必要)

大手派遣会社なら履歴書は全く必要ない?

派遣登録で履歴書がいらない場合でも、就業が決まるまでに提出する必要がある場合もあります。

気をつけるべきなのは「紹介予定派遣」です。

紹介予定派遣に応募した場合は、派遣先企業に提出するための履歴書や職務経歴書が必要になります。

派遣登録の場合と通常の場合、履歴書の書き方はどう違う?

記入が必要な項目と不要な項目、具体的に分けてみると、以下のような違いがあります。

派遣登録向け 一般向け
必要 学歴・職歴 必要
不要 志望動機 必要
不要 通勤時間 必要
必要 希望欄 必要

このように、派遣登録では履歴書で記入が不要な箇所がいくつかあります。それ以外は、通常の履歴書と同じく、詳しく丁寧に記載する必要があります。

提出した履歴書は派遣先企業も見る?

派遣登録で提出した履歴書を、派遣先企業が見るということはありません。

派遣先企業がみる履歴書は、別途作成するように指示されます。その場合は、派遣会社からのアドバイスも受けながら、作成していきましょう。

【参考例あり】派遣登録で提出する履歴書の書き方

派遣登録で提出するための履歴書の書き方を、以下5つの項目にしぼって解説します。

  1. 学歴・職種
  2. 志望の動機・アピールポイントなど
  3. 通勤時間
  4. 本人希望記入欄

派遣登録で履歴書がいらなくても、後に必要になることもあるため、書き方はぜひ習得しておきましょう。

1.学歴・職種

履歴書・学歴

学歴・職種欄を書く際、正式名称を使い、嘘偽りは一切しないことが大切です。

学歴と職歴は、時系列で並べるのが基本です。そのため、まずは「学歴」を記入し、そのあとで「職歴」を記入しましょう。

職歴・履歴書

記入はすべて正式名称が基本です。学校名や会社名は正式名称で記入し、学部や所属部署まで細かく記載しましょう。

職歴では、会社名・部署名の後に1行程度で「どのような仕事をしていたか」を書くと履歴書からアピールすることができます。

また、記入する学歴・職種は、在籍期間が短くてもすべての経歴を書く必要があります。最悪の場合は、経歴詐称になってしまうため、抜け漏れなく間違えずに書きましょう。

学歴・職歴で最も面倒な「年度計算」は、早見表を用いたり、転職サイトの自動計算ツールを使うと、手間が少なくておすすめです。

参考

入学・卒業年度計算ツール(早見表)リクナビNEXT

2.志望の動機・アピールポイント

履歴書・志望動機、アピールポイント

派遣会社に登録する際に提出する履歴書ならば、「志望動機」は書かなくてOKですが、「アピールポイント」は書いておきましょう。

ただし、紹介予定派遣の場合には、応募する派遣先企業に対する志望動機も合わせて書く必要があります。

そこでここでは、アピールポイントの書き方のコツと、志望動機の書き方のコツを2点、合わせて3つのポイントをご紹介します。

1.アピールポイントの書き方のコツ

アピールポイントは、今までの仕事上でもプライベートでも特筆したいことを記載し、それを「これからの仕事に活かせる」ことをアピールします。

ここにアピールポイントを書く理由は、自分を採用するとこういう良いことがあるというメリットを伝えるためです。

たとえ仕事上での実績が少なくても、学生時代やプライベートで頑張っていることなどアピールできるポイントがあり、それが仕事上に活かせるのであれば、どんどん記載しましょう。

ただ、実績や資格を羅列したり、今までの業績を上から目線で自慢げに述べるだけでは、先方が採用したいとは思えず、アピールポイントにはなりません。

アピールポイント・履歴書

2.志望動機の書き方のコツ1「情報収集」

「どこに興味をもったか」「どんなことをしたいと思ったか」これらを志望動機に書くためには、応募する会社を知る必要がありますが、ありきたりなエピソードや事柄では印象に残りません。

面接で会ってみたい!と思ってもらうためには、あなただけのオリジナリティが必要です

それを書くためには、他者よりも深くて広い徹底的な情報収集が必要なのです。

【有効的な情報収集手段】

会社ホームページ
企業精神や経営者メッセージを筆頭にくまなく
会社のSNS
twitterinstagramなど
口コミサイト
カイシャの評判vorkersなど
同業他社のホームページ
敢えて他社も見て、違いや良さを確認する

この他に、一般向けに商品を販売していたり、サービスを提供しているなら、使ったユーザーの声をSNSでひろってみるのも有効です。

3.志望動機の書き方のコツ2「整理して結びつける」

情報収集で感じた「ここがいい!」「こんなことをやりたい!」という気持ちを整理して、以下の項目と結びつけます。

  • 他社ではなく、この会社がいい理由
  • 今での経験や自分のスキルを活かせる理由

これらを、情報収集で得た応募する企業の情報と絡めて、記載していきましょう。

できる限り記載は具体的に、数値なども用いて書き、「わたしはあなたの会社が求めている人材です」ということを、担当者がイメージしやすく書きましょう。ただし、上から目線で自慢げに書くのは絶対NGです。

履歴書・志望動機

3.通勤時間

通勤時間・履歴書

通勤時間は、勤務先が確定していないと書く必要がないため、派遣登録では記入しなくてOKです。

紹介予定派遣の場合は、派遣先企業まで自宅から出てどれくらいの時間がかかるか記入しましょう。

時間は5分単位で記入するといいでしょう。(例えば、自宅から派遣先まで実際38分ほどかかるならば「40分」と記入しましょう。)

4.本人希望記入欄

本人希望記入欄・履歴書

これから派遣で仕事をする際に、どうしても譲れない希望を書いておきましょう。

派遣登録会で行われるアドバイザーとの面談で、詳しい希望や条件については整理することになります。

しかし、ここは譲れない条件ならば、履歴書にも記載しておくといいでしょう。

ただし、「あわよくば……」という欲も含まれた条件は、紹介される求人の数を少なくするだけでなく、理想が高すぎる人・現実が見えていない人という印象を与えかねません。どうしても譲れない条件のみ記載しましょう。

また、特に条件がない場合は、「貴社の規定に従います」という一文のみ記載すれば大丈夫です。

派遣登録で使う履歴書の書式は?

市販されていものや、転職サイトでダウンロードできるものであれば、どの履歴書でも大丈夫です。

一般的には「JIS規格」の履歴書を使うべきと言われていますが、これは志望動機もアピールポイントも一緒になっており、自己アピールできる箇所が限られています。

アピール箇所が限られているということは、記入するところが少ないため、派遣会社の登録ならば、手間も少ないためJIS規格に遵守した履歴書がいいでしょう。

しかし、紹介予定派遣の派遣先に提出するならば、よりアピールするためにも、志望動機やアピールポイントの欄が広いタイプの履歴書がいいでしょう。

▽志望動機やアピール欄が広い履歴書ならこちら
amazon:自分を売り込む履歴書

派遣登録で使う履歴書に「写真」は必要なの?

派遣会社に履歴書を提出するならば、写真は貼り付けて提出しましょう。

撮影する際は、スーツ着用が必須で、口を閉じたままやんわりと笑顔を作る表情を作ります。髪型やメイクによっては、暗い印象を与える危険もあるため、明るく清潔感が出る恰好を心がけましょう。

▽自宅で履歴書写真が撮れるアプリもあります。
タウンワークマガジン:【履歴書カメラ】アプリでお金も時間も無駄にしない!

ちなみに、履歴書の持参が不要な派遣会社では、登録会の席で派遣会社が撮影を行ってくれます。

派遣登録での履歴書は封筒にいれていくべき?

派遣登録でも、封筒に入れて持参するほうが、好印象を与えられる可能性があります。

通常の転職での履歴書は、クリアファイルに入れた上で封筒に入れて先方に渡すのが一般的です。

履歴書などの応募書類の扱い方で、性格の一端が出ると言っても過言ではありません。雑な性格という印象を与えないためにも、応募書類は折れないように注意して持ち運びましょう。

派遣登録で使う履歴書は手書き?それともパソコン?

派遣登録では、指定されない限りは手書きでもパソコンでもどちらでも問題ありません。

派遣会社の中には、事前にメールで送付するように指示する場合もあります。その場合はパソコンで作成するほうが、送付も手間なく行えます。

持参する場合には、手書きでもいいでしょう。字体から、個性や人柄を伝えることができます。

ただし、紹介予定派遣の場合、手書きかパソコンかどちらがいいかは派遣会社に確認するべきです。

現在は、昔ながらの手書きを好む企業もあれば、パソコン作成を好む企業もあります。どちらがより先方にいいかは、派遣会社に確認するのが一番です。

派遣登録で履歴書をデータで送る場合どうしたらいい?

データで履歴書等を送る場合は、以下の3つの項目を注意しながら送付しましょう。

1.添付するファイルの名前
どのファイルか分かるように「履歴書.doc」など、一目で分かるファイル名にしましょう。
2.件名
誰から送信されたものかすぐ分かるように、件名には氏名を記入しましょう。
例:派遣登録応募書類送付の件/氏名◯◯◯◯ 
3.署名
個人では意外と忘れがちですが、メールの最後に署名を忘れずに入れましょう。

特にこの3つの項目は、意外と忘れてしまいがちです。相手の確認を少しでもスムーズにする気遣いは、派遣会社の担当者には好印象を与えます。

家にパソコンがない方は、ネットカフェやハローワークのパソコンなどを利用し、Gmailなどフリーのメールアドレスを使うと、大きな費用をかけずにパソコンで書類の作成と送付ができます。

派遣登録で就業した期間はどう履歴書に書く?複数の場合は?

派遣スタッフとして就業した履歴は複数でも記載が必要ですが、多い場合は書き方をシンプルにすることもできます。

通常、職歴は以下のように書くのが一般的です。

  • 1行目:〇〇株式会社 入社
  • 2行目:△△△事業部に配属
  • 3行目:配属先での簡単な業務内容や功績
  • 4行目:一身上の都合で退職

派遣の場合は、1行目と2行目の書き方を変更し、派遣元と派遣先が分かるように記載しましょう。

  • 1行目:◯◯派遣会社(派遣元) 登録
  • 2行目:△△株式会社(派遣先)✕✕部に勤務
  • 3行目:勤務先での簡単な業務内容や功績
  • 4行目:派遣期間満了につき退職

ただし、派遣先が複数の場合、記載するスペースが無くなる危険もあります。その場合は、以下のように2行に収めてシンプルに記載しましょう。

  • 1行目:◯◯派遣会社(派遣元)登録 △△株式会社(派遣先)✕✕部に勤務
  • 2行目:派遣期間満了につき退職

在職中に派遣登録する場合、履歴書にどう書けばいい?

在職中の場合は、現在の勤務先の職歴を「退職」から「現在に至る」するだけでOKです。

在職中の場合の職歴は、通常以下のように書くのが一般的です。

  • 1行目:〇〇株式会社 入社
  • 2行目:△△△事業部に配属
  • 3行目:配属先での簡単な業務内容や功績
  • 4行目:現在に至る

離職している場合は「一身上の都合により退職」となる4行目を、「現在に至る」にすることで、在職していることを伝えることができます。

履歴書がいらない派遣登録はある?|バイトや単発のときは?

大手派遣会社は履歴書がいらない場合が多いですが、登録制の派遣バイトも多くは履歴書が不要です。

最初にお伝えした通り、現在、大手派遣会社はほとんどが履歴書がいりません。

さらに、短期や単発の仕事が多い登録制派遣バイトも履歴書が必要ありません。登録制派遣バイトの場合は、学歴や職歴など細かく入力しなくても、派遣登録できる場合もあります。

まとめ:派遣登録で履歴書を提出することは今後の練習にもなる!

元派遣&転職会社で約6年勤務

派遣登録での履歴書の有無や、今後も含めた履歴書の書き方を解説しましたが、いかがでしたか?

履歴書を作成するのは、必要とはわかっていても、手間と面倒がかかるものです。

ただ、派遣登録時には不要でも、紹介予定派遣になれば必要になりますし、今後直接雇用に応募する際は必ず使うものでもあります。

派遣登録で提出できれば、書き方など具体的なアドバイスも派遣会社から受けることはできるため、いい事前練習と捉えると、面倒でも手が進むのではないでしょうか。

ぜひ解説した履歴書の書き方や、その他の知識をもって、スムーズに履歴書を書いて、転職の武器としていただければ嬉しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


?