派遣として働いた期間の履歴書の書き方は?複数社・短期などの書き方の例も紹介!

派遣社員として在籍してる間の履歴書の書き方がわからない!とお困りではありませんか?

元派遣会社勤務の筆者が、派遣社員として在籍していた間の履歴書の書き方を派遣の種類や期間、業務別に細かく解説します!

書き方がわからない方は、例を参考にして履歴書の作成にお役立てください。

関連記事
様々な職種(事務職、製造業、介護、保育、ITなど)や条件(主婦,短期単発,学生,年代別,都道府県別など)で派遣会社を比較しています。

派遣会社おすすめランキング【元派遣会社】が評判や口コミを紹介

派遣として働いた期間の履歴書の書き方は?

履歴書の職歴欄に記載する前に必要な情報を調べておきましょう。
該当する情報は以下の4つです。

  1. 登録した派遣会社名
  2. 派遣先の会社名
  3. 業務の内容
  4. 派遣先で働いていた期間

これらをまとめた履歴書は以下の画像の通りです。
派遣期間の履歴書

派遣の場合は「入社」ではなく「登録」と記載します。
派遣社員として登録しているため、正社員の雇用形態ではないからです。

上記の履歴書の書き方が、派遣社員として働いた履歴書の基本になります。

上記を元にして、期間や派遣の種類等いろいろなケースでの履歴書の書き方をご紹介します。

参考

履歴書・職務経歴書の書き方ハローワーク インターネットサービス

1.派遣期間が短い場合(1ヵ月未満)の履歴書の書き方

派遣期間が1ヵ月未満は履歴書に書く必要はありません。

ですが、応募したいと考えている企業の業務内容が派遣社員として業務してきたことであれば記載するべきです。
少しでも経験がある方とない方では、経験のある方の方が有利になることが多いからです。

2.派遣期間が長い場合(1ヵ月以上)の履歴書の書き方

働いた期間が1ヵ月以上ある職歴は記載します。

書き方は派遣社員として働いた場合の履歴書と同じです。

派遣期間の履歴書

3.派遣先が複数社ある場合の履歴書の書き方

複数社ある場合は、派遣先と業務内容をシンプルにまとめて記載します。

派遣期間の履歴書

また、2社以上派遣会社で仕事をしていた履歴書は以下の通りに記載します。

派遣期間の履歴書

4.派遣先と業務内容が守秘義務で詳しく書けない場合の履歴書の書き方

派遣先と秘密保持契約を結んでいる仕事の派遣をしていた場合、派遣先や業務内容を話してはいけないケースの方もいらっしゃると思います。
守秘義務があるとはいえ、職歴に記載しない訳にはいきませんし、長く派遣業務をやってきた方にとっては空白期間になってしまいます。

以下の画像のようにぼかして記載します。
派遣期間の履歴書

派遣先企業が秘密の場合
「大手製造メーカー」「大手食品メーカー」「大手外資系企業」など
業務内容に守秘義務がある場合
「入力業務」「事務職」「システム」「入電業務」など

5.書きたくない派遣先の職歴がある履歴書の書き方

自分の都合で辞めてしまった・契約終了した派遣の職歴は、応募先へマイナス印象を与えると思われるため「書きたくない」と考えてしまいます。
しかし、1か月未満の派遣の職歴は書かなくても問題はありません。

どうしても空白期間が気になる方は、正直に記載しておきましょう。
以下の画像は実際に業務に必要な資格が取れず、1か月で契約終了になってしまった例です。
派遣期間の履歴書

派遣期間で空白期間があるからといって、前職の派遣期間を3月に辞めたのに5月で辞めたことにするのは経歴詐称となりますので気を付けましょう。

注意
正社員で働いていた場合は短期間でも必ず記載しないといけません。
なぜなら、雇用保険被保険者証に前職の会社名が記載されているから隠していてもばれるのです。

見ている会社は履歴書と照らし合わせることもあり経歴詐称になるため必ず記載しましょう。

6.短期単発派遣・パートタイム派遣(扶養内)の履歴書の書き方

就職の経験が少ない方は、短期単発派遣・パートタイム派遣時代のことを記載します。

応募先の業務内容に短期単発派遣やパートタイム派遣の経験で近いものがあればなお有利になります。

7.常用型派遣の場合の履歴書の書き方

常用型派遣は

  1. 派遣社員として入社した会社名
  2. 派遣先の会社名(部署名がある場合は部署名も記載)

を記載していきます。

常用型派遣 履歴書

業務委託の場合の履歴書の書き方は?

コロナ禍で派遣会社に登録したあと、業務委託として契約で仕事を依頼されることが増えてきましたので、業務委託のお仕事をされていた方の履歴書も一緒に記載します。
また、クラウドソーシングサービスで在宅でずっとお仕事をしていた方も業務委託に分類されます。

個人事業主として「開業届」を出している場合

また個人事業主として記載している方は、文末の言葉も少し変わってくるので注意が必要です。
個人事業主として「開業届」を出している場合は「開業」「廃業」となります。

開業届を出していない場合

開業届を出していない場合は「活動開始」「活動停止」を使用し、クラウドソーシングサービスに登録している場合は「登録」「退会」となります。

まとめ

派遣期間の履歴書の書き方をお伝えしました。

履歴書に記載する前に、自分の職歴に必要な情報を調べておきましょう。

  1. 登録した派遣会社名
  2. 派遣先の会社名
  3. 業務の内容
  4. 派遣先で働いていた期間

また、派遣期間は「入社」ではなく「登録」になります。
正社員の職歴と違うので気を付けましょう。

履歴書は自分のこれまで職歴を記載するものです。
空白期間があるからといって期間を延ばす、経験したことがない職種を描くのは経歴詐称となりますので正直に記載しましょう。

正社員を目指すなら…
自分1人で転職は難しそう。それならば「転職エージェント」をおすすめします!
職種別に登録したい転職エージェントを調査しています。どの転職エージェントに登録したらいいか悩んでいる方はまずこちらの記事を見てください。

転職エージェントおすすめ18選
転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載【転職のプロが語る】
今と違う派遣会社で働くなら…
編集部でおすすめの派遣会社ランキングを「職種別」「求人数の多い順」にご紹介します!

【11月更新】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社】が評判や口コミなども紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA