主婦の仕事探しにハローワークの利用をおすすめする5つの理由


元派遣&転職会社で約6年勤務

「ハローワークをあんまり利用したことがない…」そんな主婦の方におすすめのハローワーク活用法を紹介します!
この記事では、主婦の方にハローワークの利用をおすすめする5つの理由を紹介します。

ハローワークの特徴を把握したうえで、就職活動に上手に活用しましょう。

この記事があなたの仕事探しのお役に立てば幸いです。

【アンケート調査方法】
調査対象:現在就業中の主婦の方
調査人数:100名
調査機関:クラウドワークス
調査月:2019年2月


大手転職会社にて約6年勤務、延べ2,000人近くの転職をサポート。派遣業務、転職エージェント業務、新卒代行業務など幅広い業務を経験。担当業界は、金融・不動産・メーカー・商社・IT・マスコミ・小売・官公庁など多岐にわたる。

①就職に関する相談に親身に対応してくれる

ハローワーク

今回、働く主婦の方に「ハローワークを利用した仕事探し」に関するアンケート調査を行いました。

そこで「ハローワークを利用した感想」を尋ねると、

「ハローワークの方が親切に対応してくれた」
「ハローワークに相談して、自分の意外な適性に気付かされた」

といったコメントが寄せられました。

【主婦の体験談】ハローワークを利用した感想

働く主婦

【主婦の仕事探し】
Q.ハローワークを利用した感想を教えてください。

ハローワークに相談に行ってみてください。主婦にも親切にアドバイスしてくれます。(40歳/経理事務)

働く主婦

【主婦の仕事探し】
Q.ハローワークを利用した感想を教えてください。

妊娠中というハンデがあったが、ハローワークの担当者のつてで、表だって募集されていないお仕事だったが紹介してもらえて、短期のアルバイトを即採用された(37歳/一般事務)

働く主婦

【主婦の仕事探し】
Q.ハローワークを利用した感想を教えてください。

自分がやりたい仕事とできる仕事や向いている仕事が意外と違っていることもあります。客観的にみてくれる人と話すことも大事だと思います。例えば、ハローワークや派遣会社の担当の方と話してみると事務を希望していたのに、カウンター業務や接客業を勧められ実際やってみて自分の適性が再発見できたこともありました。(51歳/経理事務)

あなたのお住まいの地域のハローワークについては、厚生労働省が作成している「ハローワーク所在地(都道府県別)」で最寄りのハローワークの場所をご確認ください。

②ハローワークはパート求人も豊富に取り扱っている

パート求人

元派遣&転職会社で約6年勤務

ハローワークが取り扱っているのは、「正社員」や「フルタイム」の求人が中心だと思っていませんか?

ハローワークは、「パートタイム求人」、「扶養控除内求人」といった主婦が働きやすく人気のある求人も数多く取り扱っています。

ハローワークの求人数(東京都)
フルタイムの求人 81,216件
パートタイムの求人 46,515件

調査日:2019年3月20日現在
調査対象:東京都の求人
調査方法:ハローワークインターネットサービスを利用

ハローワークは国が運営している機関で、歴史が長く、数多くの企業の求人を掲載してきた実績があります。

そのためハローワークには、民間の求人サイトなどに掲載されていない求人、とくに「地域密着型の企業」や「地元の中小企業」の求人を取り扱っている可能性があります。

このような理由からも、主婦の方の仕事探しの際に、ハローワークも利用することをおすすめします。

【主婦の体験談】ハローワークが取り扱っている求人について

働く主婦

【主婦の仕事探し】
Q.ハローワークが取り扱っている求人について感想を教えてください。

ハローワークは正社員以外にもアルバイトやパートの仕事も扱って居ます。私は正社員しかないと思っていました。(37歳/飲食店勤務)

働く主婦

【主婦の仕事探し】
Q.ハローワークが取り扱っている求人について感想を教えてください。

求人サイトなどには載ってない求人がハローワークにあるので、たまに見に行ったほうがいいと思います。(25歳/事務職)

③ハローワークの求人はスマホや自宅のパソコンを使って検索できる

ハローワークインターネットサービス(サイトTOP画面)
引用元:ハローワークインターネットサービス

厚生労働省が運営している求人検索サイト「ハローワークインターネットサービス」では、スマートフォンや自宅のパソコンから、ハローワークが公開している求人を好きな時間に検索することができます。

  • 子育て中の主婦の方
  • 外出する時間がなかなか取れない主婦の方

など、ハローワークに通うことが難しい主婦の方に、ぜひ利用していただきたいサービスです。

また、ハローワークに行く前に、サイトを使って気になる求人をピックアップしておくと、窓口での就職相談がスムーズに進むため、時間を効率よく使うことができます。

④子育て中のママ・パパ向けハローワーク「マザーズハローワーク」「ハローワークマザーズコーナー」がある

ハローワークは、子育て中のママ・パパへの就職支援サービスを専門的に行う

「マザーズハローワーク」
「ハローワークマザーズコーナー」

を全国に設置しています。

これらの施設は通常のハローワークと比べ、子育て中の方や子ども連れの方が就職に関する相談をしやすい環境となっています。

子育て中の主婦の方にとって、仕事探しの強い味方です。

子育て中の仕事探しに不安がある方、悩んでいる方は、お住まいの地域の「マザーズハローワーク」や「ハローワークマザーズコーナー」へ足を運んでみましょう。

「マザーズハローワーク」「ハローワークマザーズコーナー」の所在地などは、厚生労働省が作成している「所在地一覧パンフレット」からご確認ください。

参考

はじめての方へ|「マザーズハローワーク」とはどんな施設?マザーズハローワーク東京

「マザーズハローワーク」と「ハローワークマザーズコーナー」共通の特徴

共通の特徴
  • ハローワークの求人のなかでも、「仕事と子育ての両立」に理解のある企業の求人情報をまとめている
  • ベビーチェア、キッズスペース、授乳コーナー、多目的トイレなどを設置している
  • 専任の担当者がサポートしてくれる「個別就職支援サービス」を提供している
  • 面接対策セミナーや応募書類対策セミナーなど、就職支援セミナーを実施している
  • ExcelやWordなどの基本操作を学ぶ短期パソコン講習を実施している
  • 就職活動に関連した「子育て支援」や「保育所の情報」などについて相談できる
※サービス内容や設備は、施設により異なります

「マザーズハローワーク」と「ハローワークマザーズコーナー」の違い

違い
【マザーズハローワーク】
  • 通常のハローワークとは別の場所に独立した施として設置されている
  • 全国21ヵ所(2019年4月1日時点)
  • 【ハローワークマザーズコーナー】
  • 通常のハローワークのなかに設置されている
  • 全国178ヵ所(2019年4月1時点)
  • 元派遣&転職会社で約6年勤務

    施設の大きさや、キッズスペースなどの設備については、1つの施設として独立している「マザーズハローワーク」のほうが充実していますが、求人情報や就職支援内容などについては「マザーズハローワーク」「ハローワークマザーズコーナー」の差はほとんどありません。

    ⑤ハロートレーニング(職業訓練)を使って資格を取ることができる

    職業訓練

    これまでの職歴やスキルに自信がない方、ブランクが不安な方、手に職をつけたい主婦の方には「ハロートレーニング(職業訓練)」の受講をおすすめします。

    ハロートレーニング(職業訓練)についての詳細は、厚生労働省が作成している「ハロートレーニング(職業訓練)Q&A」をご確認ください。

    ここからは、ハロートレーニング(職業訓練)に関する5つの情報を紹介します。

    1. 受講対象者
    2. 講座内容
    3. 受講費用
    4. 募集情報
    5. 主婦の体験談

    雇用保険を受給している人じゃなくても通うことができる?

    元派遣&転職会社で約6年勤務

    「職業訓練って雇用保険を受給中の人が通うものじゃないの?」と思っていませんか?

    ハロートレーニング(職業訓練)には、次の2種類があります。

    • 「公共職業訓練」…雇用保険を受給している求職者を対象とする
    • 「求職者支援訓練」…雇用保険を受給できない一般の求職者を対象とする

    したがって、雇用保険の受給対象ではない一般の主婦の方も、「求職者支援訓練」を受講することができます。

    どのような講座がある?

    • ExcelやWordの基本操作などを学ぶ講座
    • Webサイトの作成やプログラミングに関する講座
    • 簿記、経理に関する講座
    • 介護、ヘルパーなど介護職に関する講座

    などをはじめとする、さまざまな分野の講座があり、興味のある講座を選択することができます。
    授業のなかには

    「面接対策」
    「ビジネスマナー講座」

    といった仕事復帰に役立つ内容が含まれています。

    受講期間は講座によって異なりますが、基本的には2~6ヵ月程度、長いものだと1年~2年程度の講座もあります。

    受講費用はいくらくらい?

    ハロートレーニング(職業訓練)の受講料は無料です。

    ただし、「教材費」「材料費」「資格受験料」「交通費」といった諸経費は自己負担となります。

    自己負担額は講座によって異なりますが、自己負担額はトータルで数千円~2万円程度です。

    民間の資格取得講座や通信教育の受講費用と比べると、ハロートレーニング(職業訓練)は自己負担額をおさえられますので、家計への負担が少なく済みます。

    募集情報を確認するには?

    ハロートレーニング(職業訓練)の募集状況は地域・時期により異なり、受講するには選考試験に合格する必要があります。

    募集状況、選考内容については厚生労働省が運営している「ハロートレーニング(職業訓練)情報検索ページ」、または最寄りのハローワークで確認することができます。

    最後に、実際にハロートレーニング(職業訓練)を受講したことがある主婦の方から寄せられたコメントを紹介します。

    【主婦の体験談】ハロートレーニング(職業訓練)の感想

    働く主婦

    【主婦の仕事探し】
    Q.ハローワークトレーニング(職業訓練)を利用した感想を教えてください。

    結婚して、相手が県外の人だったので、転職することになりました。転職するにあたり、新しいスキルも身につけたいから、職業訓練にも通いました。(45歳/営業事務)

    働く主婦

    【主婦の仕事探し】
    Q.ハローワークトレーニング(職業訓練)を利用した感想を教えてください。

    結婚後子どもが生まれ、時短社員(拘束7時間で実働6時間)になりました。しかし子どもが3歳になるとフルタイムに戻らなければならなかったので2歳過ぎたあたりで会社を辞め、職業訓練で転職活動中です。職業訓練は2年間でもうすぐ修了になりますが、27歳になって勉強を再び出来るようになるとは思わなかったです。同じ職業訓練生も意欲が高く、国家資格まで取得出来るのでよかったです。(27歳/スーパー勤務)

    働く主婦

    【主婦の仕事探し】
    Q.ハローワークトレーニング(職業訓練)を利用した感想を教えてください。

    ExcelやWordの資格を取る講座に通いました。受講生の年齢・性別はさまざまでしたがとても和気あいあいとした雰囲気で楽しく学ぶことができました。授業内容もわかりやすく、今の仕事に活かせています。(32歳/一般事務)

    このほかにも、専業主婦から仕事復帰を目指していた主婦の方から

    「仕事復帰の前にハロートレーニング(職業訓練)に通い、身体をならしていった」

    といったコメントも寄せられました。

    まとめ

    ここまで「主婦にハローワークの利用をおすすめする5つの理由」 を紹介しました。

    おさらい
    1. ハローワークは就職に関する相談に親身になってくれる
    2. フルタイム求人はもちろん、パート求人の取り扱いも豊富である
    3. ハローワークインターネットサービスを利用すると、自宅のパソコンやスマホからハローワークの求人を検索できる
    4. 子育て中のママ・パパ向けのハローワーク「マザーズハローワーク」や「ハローワークマザーズコーナー」がある
    5. スキルやブランクに不安がある主婦の方、資格を取得したい主婦の方は「ハロートレーニング(職業訓練)」がある

    求人情報を探すには、求人サイトや就職支援サイトで検索するほか、派遣会社やハローワークなどを利用する方法がありますが、取り扱っている求人はそれぞれ異なります。

    そのため、仕事探しをするときは、さまざまな求人検索の方法を合わせて利用することをおすすめしています。

    この記事で紹介しているハローワークの情報を参考にしながら、仕事探しを進めましょう。

    元派遣&転職会社で約6年勤務

    あなたにぴったりのお仕事が見つかることを願っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA