総務事務の休日や勤務時間はどのくらい?総務事務に残業が発生しやすい3つの時期もチェック!

総務事務の休日や勤務時間はどのくらい?

「総務事務の休日や勤務時間はどのくらい?」

と悩んでいませんか。

転職会社に約6年勤務した経験をもつ、「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたの悩みを解決します。

この記事を読んだ方が、すてきな企業に巡り合えることを、心より願っております。

総務事務の休日は?

総務事務の休日

総務事務の休日は、就職した会社によって異なります。例えば、土日祝が休みの会社なら総務事務も土日祝が休みですし、火曜・木曜が休みの会社なら総務事務も火曜・木曜が休みです。

社内のさまざまな業務を行う総務事務は、仕事相手となる会社や社員が休みでは仕事が進められないので、基本的には会社の所定休日が休みとなります。休日は会社の業務内容や業種によって異なるため、求人票をよく確認してみましょう。

総務事務は多忙ですが、休日出勤する可能性があるのは繁忙期のみであり、回数も年に数回程度です。基本的には、会社が定めた休日をしっかり取ることができます。

総務事務の勤務時間は?

総務事務の勤務時間

総務事務の勤務時間は、社員であれば1日7~8時間、パートや派遣の場合は1日5時間程度の短時間勤務の場合もあります。
勤務時間については求人票に明記されていますので、応募前にしっかり確認しましょう。

社員の勤務時間は、取引先や社員との連携を考えて、9時~17時または18時までと定めている会社がほとんどです。基本的には、一般企業の営業時間で働くと考えておけば問題ないでしょう。

パートや派遣の場合は、シフト制の短時間勤務となることがあります。勤務時間は、9時~15時、10時~16時、などが一般的です。短時間勤務は時給制になりますので、時給の金額もしっかりチェックしましょう。

総務事務に残業が発生しやすい3つの時期

総務事務に残業が発生しやすい3つの時期

総務事務の休日や勤務時間が理解できたら、残業についても把握しておきましょう。
総務事務は会社の中核となる総務部に所属するため、業務が集中する特定の時期に残業が発生することがあります。その時期を、就職前に理解しておきましょう。

年度末の時期

総務部は会社の固定資産や建物を管理しているので、年度末にあたる2~3月は決算書に必要な集計作業に追われます。決算書に計上する数値にミスは許されないので、何度も確認と計算をしなくてはなりません。そのため、年度末は遅くまで残業することがあります。

その他にも、総務部が管理する備品の棚卸しや在庫管理表の確認も、年度末にしなくてはならない業務です。さらに、他部署から集計や計上の仕方などを相談されます。

こうしたことから、年度末の総務事務の仕事はかなり忙しくなると理解しておきましょう。

株主総会の時期

総務部は、会社の実績を株主に報告する株主総会の運営に当たるため、株主総会が開催される6~7月は非常に忙しくなり、残業が増えます。

株主総会の数ヶ月前は、株主への招集通知の作成と配布、株主に配布する資料の作成、会場で映すパワーポイントの作成などが主な業務となります。株主総会数日前になると、会場の設営がメインの業務です。

株主総会当日は、来場者の案内や質問への対応をはじめとする運営の補助を行います。総会が終了した後は会場の撤去を行うため、帰宅は深夜になることもあります。

株主総会は会社にとって最重要行事なので、残業は避けられないと理解しておきましょう。

社内イベントの時期

社内イベントは総務部が主催するため、イベントの前後に残業が発生します。総務事務はイベントの費用やスケジュールを管理することが多く、通常の業務にこれらが加わることになるのです。

社員に一体感を持たせて社内業務を円滑化させることが、社内イベントを行う目的の1つです。そのため、会社全体をサポートする立場にある総務事務も、準備の段階からさまざまな業務を担当することになります。

社内イベントがどういったタイミングで行われるかは会社によって異なりますが、その時期は残業が発生する可能性が高いことは理解しておきましょう。

まとめ

メリハリのある働き方で総務事務を楽しもう!

総務事務の仕事は、休日や勤務時間がはっきりしており、繁忙期もわかりやすいので、メリハリを持って働くことができます。
この記事をまとめると、総務事務は、通常の時期は退社後に自分の時間をゆっくり楽しみ、繁忙期はバリバリ働いて自分を成長させられる仕事と言えます。

メリハリのある働き方を理想とする人にはおすすめの職種ですので、興味のある方はぜひ総務事務に挑戦してみてください。この記事が、あなたの就職活動のお役に立てれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA