【転職のプロが教える】転職エージェントとの面談は本音で話しても大丈夫なの?

パーソルテンプスタッフ株式会社に約6年在籍し、現在は人材紹介会社「株式会社アドバンスフロー」の代表取締役。
のべ約2,000名もの転職支援を行い、求職者が希望する仕事を得られるよう尽力。人材6年の経験から「転職はしっかりとした情報が得られれば得られるほど、理想の職場を見つけられる」と確信し、多くの人が情報を得られるよう、記事の監修も行う。

「転職エージェントとの面談は本音で話てもいいの?」
「本音を言って墓穴を掘ったりしない?」

と思っていませんか。

この記事では、転職エージェントとの面談で本音をどこまで話すべきかについて解説します。

転職エージェントとの面談を前に、どこまで話すべきなのか不安を感じている方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

最初にチェック!おすすめ転職エージェント

doda
リクルートエージェント
公式サイトへ
・豊富な求人数は国内トップクラス
・転職支援実績NO.1
約2分で登録!
登録はこちら
doda
dodaエージェントサービス
公式サイトへ
・豊富な求人数をもつ
・転職サイトとしても利用可
約2分で登録!
登録はこちら

<PR>

転職エージェントとの面談はどこまで本音を話すべきなの?

転職エージェントとの面談では、できるだけ本音で話すことをおすすめします。

もし、ご自身の中でネガティブに思っていることがあっても、担当者がそう受け取るとは限りません。

本音を話すことで担当者にあなたの人柄や価値観が伝わり、より希望に沿った転職に繋がる可能性もあります。

転職エージェントとの面談で本音を言わない方がいいと言われるけど本当?

転職エージェントとの面談では、本音を話すことをおすすめします。

しかしながら、転職エージェントとの面談では、本音は言わないほうがいいという声も聞かれます。

特に、
・転職理由
・希望する転職条件
・希望する年収条件
・転職意欲
に関しては、本音よりも建前を優先するべきという声があります。

そこで、ここからは、上記4項目について1つ1つ個別に解説していきます。

1.転職理由がネガティブだったとしたら本音で話す必要ある?

ネガティブな転職理由でも、転職エージェントの担当者には本音で話すべきです。

実際、人間関係が合わない・残業が多い・給与が低いなどのネガティブなことが理由で転職を希望される方は多いです。

ネガティブ理由であっても、何が不満だったのかを担当者には率直に伝えましょう。

本音で率直に伝えることで、担当者にあなたの価値観が伝わり、希望に沿った転職先を紹介してもらえる可能性も高くなります。

2.希望する転職条件がたくさんあったとしたら少なくする必要ある?

まずは希望する転職条件は、そのまま担当者に伝えましょう。

あまり条件が多すぎると、紹介してもらえる案件が少なくなる可能性はあります。

紹介される案件が少なくなる場合は、担当者との面談の中で条件の取捨選択していきましょう。

3.年収条件は少なく言うべき?

希望する年収条件については、まずはそのまま希望通り伝えましょう。

年齢や経験内容によって、少し年収が下がることもあり、面談中に担当者から目安となる年収が提示される場合が多いです。

転職条件と同じように、年収条件も取捨選択していくことをお勧めします。

4. 転職意欲が低くても今すぐ転職したい!と言うべき?

今すぐ転職したいと思っていないのであれば、言うべきではありません。

今すぐ転職する気持ちがないのであれば、担当者に正直に伝えましょう。

  • 今の自分にどれくらい市場価値があるか知りたい
  • どんな求人があるか知りたい

という理由で面談に臨んでも転職エージェントは相談に乗ってもらえます。

転職意欲をアピールしないと求人紹介ってしてもらえないの?

転職意欲が高いアピールをしないと、求人紹介してもらえない可能性は高いです。

転職エージェントに求人を出している企業は、即戦力を求めています。

そのため、具体的に転職先を紹介してもらえるのは、転職意欲が高くなってからになります。

転職活動を始め、入社するまで早くても3ヶ月程度の時間が掛かります。

そのため、3ヶ月後に入社できる目途が立つまでは、求人紹介はしてもらえないと考えた方がよいでしょう。

それまでは、転職活動の準備期間と捉え、求人サイトからの情報収集や、履歴書などの自己アピール書類の見直しをしておきましょう。

初回面談では転職意欲がなかったけど本格的に転職活動をしたい場合は?

初回面談では転職意欲がなかったが、転職活動に本腰を入れようと思った場合は、すぐに転職エージェントに連絡を入れます。

初回面談の担当者から、連絡方法が提示されているので、提示された連絡先に連絡を入れましょう。

直接の連絡先がわからない場合は、エージェントの総合案内窓口に電話かメールで連絡を入れます。

その際は、転職活動を始めることにした意志を伝えましょう。

初回面談から3ヶ月以上期間が空いている場合は、再度面談が設定されることもあります。面談がない場合も、電話やメールで相談することができます。

転職エージェントとの面談で本音を言って利用できなくなることはあるの?

転職エージェントとの面談を本音で話すことで、後々転職エージェントを利用できなくなることはありません。

ただし、担当者のアドバイスに耳を傾けず、自分の希望ばかり通そうとした場合、転職エージェントからの支援が少なくなる可能性はあります。

本音で話しつつ、担当者の話も聞くようにしましょう。

転職エージェントとの面談でうっかり本音を言い過ぎないか緊張してしまうときは?

転職エージェントとの面談で本音を言い過ぎても心配はありません。

上にも書いていますが、本音を話すことで担当者にあなたの本意が伝わるからです。

本音で話をすることが、よりよい転職活動に繋がるため、安心してリラックスして話してください。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントとの面談は、本音で話すことをお勧めします。

今の状況や今後の希望など、まずは話してみて、転職活動の進め方などを相談しましょう。

この記事が、あなたの転職活動に役立てば幸いです。

関連記事
転職をするなら、転職エージェントを積極的に活用することをおすすめします。

転職に関する不安や悩みを相談でき、転職活動へのアドバイスや支援を受けられます。

こちらの記事では、さまざまな条件におすすめの転職エージェントを詳しくご紹介しています。
【転職のプロが比較】転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

転職活動に不安を感じている方、
転職エージェント探しに苦戦されている方、
ぜひ一度こちらの記事をチェックしてみてください。