【転職のプロが教える】転職エージェントとの面談に私服で行っても本当に大丈夫なの?

「転職エージェントとの面談は私服でもいい?」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントとの面談時の服装について解説します。

転職エージェントとの面談時の服装に悩んでいる方にとって、少しでもこの記事がお役に立てば幸いです。

転職エージェントとの面談に私服で行ってもいいの?

転職エージェントとの面談で「私服OK」と指定されている場合は、私服で行っても問題ありません。

ただし、ビジネスの場にふさわしい服装にしましょう。

転職エージェントは、登録者が企業に自信を持って推薦できる人材かどうかをチェックしています。

スキルや人柄はもちろん、服装もしっかり見られているのです。

転職エージェントとの面談にどの程度の私服なら許される?

転職エージェントの面談に私服で行く場合は、シンプルで清潔感のある服装であれば問題ありません。

リネン素材やジーパンなどのラフすぎる服装や、袖なしトップスなどの露出が多すぎたりする服装は避けましょう。

夏場で袖なしの服しか持っていない場合は、上にカーディガンを羽織るとよいです。

足元も、絶対にパンプスや革靴でないといけないわけではありません。

しかしクロックスやサンダルなどつま先が開いた靴は、だらしない印象を与えてしまいます。

転職エージェントは私服のセンスでも登録者を判断しているの?

転職エージェントは登録者の服装によって、常識の有無を判断しています。

アパレル業界志望等、一部の場合を除いて面談時の私服がおしゃれかどうかは気にしていません。

しかし私服が派手、またはカジュアルすぎるなどの場合は、常識に欠けているという印象を転職エージェントに与えてしまいます。

登録者の服装があまりに常識から外れている場合、企業に紹介するのは不安だと思われてしまうでしょう。

結果、求人を提案する優先順位を下げられる可能性もあります。

転職エージェントによって面談時の服装の指定は違う?

転職エージェントによって、面接時の服装の指定は違うことがあります。

正社員のみ扱っているような転職エージェントでは、「スーツまたはオフィスカジュアル」を指定されることもあります。

オフィスカジュアルとは、ブラウスやシャツに、膝下丈のスカートまたはくるぶし~かかと下までの長さのパンツを合わせた、シンプルな服装です。

靴は革靴かパンプスがおすすめです。

バイトやパートなども取り扱っている転職エージェントでは、私服でも可能としていることが多いです。

しかし、自分自身が正社員を希望しているならば、スーツかオフィスカジュアルを着た方が無難です。

バイト・パート求人への応募なら面談時の服装はラフでも大丈夫?

バイトやパート求人への応募であれば面談時の服装がラフでも大丈夫かは、希望する業界によって異なります。

あまりに業界のカラーに合わない服装の登録者に対しては、「希望する業界のことをあまり理解していないのでは」と担当者が少し不安を感じます。

例えば信用性を売りにしている金融や、保守的な傾向のある商社業界などを希望しているのであれば、ラフな格好は避けましょう。

IT等の私服勤務が増えてきている業界や、採用率の高い介護・看護業界では、登録者の服装をあまり厳しくチェックしていないことが多いです。

足元がクロックス等の極端にラフな格好や、ミニスカート等の露出過多な格好でなければ問題ありません。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントの面談には、ビジネスの場でも違和感がない格好であれば私服で行っても問題ありません。

バイトやパート希望でも、応募する業界によってはラフな格好は好ましくない場合もあります。

自分が希望する雇用形態や業界に合った服装で第一印象をより良くして、好条件の求人を紹介してもらいましょう。

この記事が、あなたの転職活動に役立てば幸いです。