【転職のプロが教える】転職エージェントとの面談後の一般的な流れは?再面談もあるの?

「転職エージェントとの面談後はどうなるの?」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントとの面談後の流れについて解説します。

転職エージェントを利用しようとお考えの方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

転職エージェントとの面談後の流れは?

転職エージェントとの面談後の流れは、おおまかに以下のような流れとなります。

  1. 応募書類の作成・添削~担当者から求人の紹介
  2. 応募したい求人の選定
  3. 書類選考・面接の準備
  4. 面接
  5. 内定~入社

1.応募書類の作成・添削~担当者から求人の紹介

求職者が作成した履歴書や職務経歴書など、応募書類を転職エージェントの担当者が添削します。

早ければ即日、遅くとも2営業日後には添削の結果が返ってきます。

また、面談後およそ1~7営業日後に、担当者からメール等で求人を紹介されます。

応募書類を面談前に提出済みの場合は、転職エージェントとの面談したその日のうちに求人を紹介してもらえることもあります。

2.応募したい求人の選定

紹介された求人の中から、応募したい求人を選び転職エージェントの担当者にメールや電話で連絡します。

または転職エージェントが用意してくれた、WEB上の求人管理専用のマイページを経由して応募します。

紹介された求人全てに応募する必要はありません。

応募したい求人とお断りした求人について、担当者から理由を聞かれたら正直に回答しましょう。

正直に辞退の理由を伝えることで、求職者の希望により近い求人を提案してくれるようになるからです。

3.書類選考・面接の準備

求職者の履歴書や職務経歴書を転職エージェントが応募先企業に送り、書類選考が行われます。

書類選考の合否と理由は、各企業から直接ではなく、転職エージェントを通して伝えられます。

書類選考を通過した企業とは、面接の日程を調整します。

調整完了後に、選考の詳細に関するメールが転職エージェントから届きます。

その際、転職エージェントから事前に、模擬面接や同企業の面接で過去にあった質問の共有などもしてくれます。

4.面接

応募後書類選考を通過した企業と面接します。

内定をもらえるまでの面接の数は一般的には1~3回です。

面接と同時に、性格診断のような適性検査や学力試験などが行われる場合もあります。

面接の合否と理由は、転職エージェントを経由して伝えられます。

面接で評価した点や、不合格になってしまった理由などを知ることができます。

合否の理由を次回以降の面接にも活かせば、面接が苦手な求職者でも徐々に合格の確率が高まっていきます。

5.内定~入社

企業から内定が出た場合も、雇用条件と共に転職エージェントから伝えられます。

もう少し給与をアップしてほしい等の場合は、転職エージェントに頼んで交渉可能です。

複数内定が出て迷っていたり、現職の退職交渉が難しかったりする際も相談できます。

意思が固まったら、内定を受諾するか断るか転職エージェントに伝えましょう。

内定受諾の旨を伝えた後も、入社まで不安な点があれば転職エージェント経由で質問できます。

転職エージェントとの面談後にお礼メールした方がいい?

転職エージェントとの面談後には、お礼メールをした方がよいです。

お礼メールをせずとも、紹介される求人が減る等の不利益は特にありません。

しかし、転職エージェントの担当者も一人の人間です。

お礼メールを送ってくれる求職者の方が少数派であるため、受け取った担当者は嬉しく思い、求職者に対して良い印象を抱きます。

時間を割いてくれて感謝している旨の、簡単なお礼のメールだけでも送っておくことをおすすめします。

転職エージェントとの面談後に再度面談ってあるの?

転職エージェントとの面談後に、担当者から再度面談をするよう依頼されることもあります。

担当者から呼び出される理由は色々ありますが、求職者に対し怒っている等ではないため安心してください。

例えば、数多くの求人を紹介してもほぼ全て断った時などです。

何か求職者の心境や状況の変化があったのかと、今一度腹を割って話してほしいと考えています。

他には、紹介した企業の面接になかなか合格しない時などもあります。

求職者のメンタルをフォローしたり、より手厚い面接対策を行ったりなどの目的があります。

必要に応じて面接の基本的なマナーや、ついやりがちなクセの指摘など、細かい部分までアドバイスしてくれます。

転職エージェントとの面談後に再度時間をもらったりすることはできる?

転職エージェントとの面談後に、再度時間をもらうことはできます。

電話やメールで、担当者に再度面談してほしい旨と理由を伝えましょう。

例えば「転職すると最初は意気込んでいたけれど、転職しようかどうか迷いが生じてきたので相談したい」等の理由でも大丈夫です。

何度も何度も再面談をお願いしている等の場合を除いて、断られることはほとんどありません。

珍しいことではない上に、転職エージェント側も求職者に内定を取ってほしいと考えているため、遠慮なく再面談を依頼しましょう。

転職エージェントとの面談後どれくらいで内定ってもらえるの?

転職エージェントとの面談後に内定をもらえるまでの期間は、早い人で2週間程度、平均的には2か月程度です。

しかし実際は求職者のスキルと希望、就業中か離職中かにより異なります。

他には景気の良し悪し等、求職者のせいではない条件も関係してきます。

例えば人気職種である事務職を、事務職の経験が無いけれど希望しており、転職活動時の景気も良くない等の場合は平均よりも長引くことが多いです。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントとの面談後は、応募書類の作成から入社まで一貫してサポートを受けられます。

初回の面談が完了した後も、再度面談できます。

面談後、内定獲得までの期間は転職活動時の景気や、求職者によって差がありますが早くて2週間、平均2か月程度です。

転職エージェントの力を借りながら、焦らず内定を勝ち取りましょう。

この記事が、あなたの転職活動に役立てば幸いです。