【転職のプロが教える】転職エージェントの面談で聞かれることは?

「転職エージェントとの面談で何を聞かれるの?」
「逆にこんなこと聞いたらいいとかあるのかな?」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントとの面談で聞かれることについて解説します。

転職エージェントとの面談を前に不安や緊張を感じている方にとって、この記事が少しでも役立てば幸いです。

転職エージェントに面談で聞かれることは?

転職エージェントとの面談では、主に以下の3つの点について聞かれます。

  1. 経歴について
  2. 将来のキャリアビジョンについて
  3. 転職先に求める希望条件について

1.経歴について

転職エージェントとの面談では、まず1つ目に生い立ちや経験を聞いてきます。

面談時に履歴書と職務経歴書を持参してほしい、もしくは電話面談やWEB面談の際は事前に履歴書と職務経歴書をメールや郵送で送ってほしいと言われることが多いです。

面談では、用意した履歴書と職務経歴書をもとに、経験を細かく聞いてきます。

具体的には以下のような内容を聞くことが多いです。

  • 仕事内容はどのような経験をしてきたか
  • どんな実績を持っているか
  • 過去にすでに転職をしていた場合
  • 退職理由は何か
  • なぜこの仕事に就いたか

転職エージェントとしても、その求職者が、

  • どのような姿勢で仕事にのぞんでいるか
  • 経験している仕事内容から次にどんな仕事に活かせるか
  • どのような軸をもって転職をしてきたか

などを確認していきます。

面談をスムーズに進めるためには、あらかじめ、学校を卒業してから現職までの経歴や生い立ち、経験してきた業務内容や実績について、転職エージェントに伝えられるようにまとめておいたほうがいいでしょう。

2.将来のキャリアビジョンについて

生い立ちや経歴などの過去・現在の転職希望者(求職者)について伺った後は、将来のキャリアビジョン(未来)について聞いてくることが多いです。

1年後や5年後・10年後にどのような仕事をしたいか、どのような姿で働いていたいかを聞いてくるでしょう。

例えば、

  • 5年後は管理職として働いていたい
  • 10年後は経営に携わりたい
  • 5年後には○○の資格を取っていたい

などのビジョンがあればいいでしょう。5年後には結婚していたいや3年後には年収を500万円など、ざっくりしたビジョンでも大丈夫です。

もし、まだ将来のキャリアビジョンが決まっていない方は、転職エージェントと一緒に相談していくのもいいでしょう。

自分自身が将来どのような目標を持っていたいか、どのような姿になっていたいかをイメージしていただき、面談にのぞんでいただければと思います。

3.転職先に求める希望条件について

将来のキャリアビジョンについて聞かれたら、あとは具体的に転職先に求める希望条件やこだわりなどを聞かれます。

具体的には、

  • 希望する業界
  • 職種
  • 仕事内容
  • 年収
  • エリア
  • 休日や勤務時間
  • テレワークを導入しているか

などこだわりがあれば一緒に伝えると、伝えた希望条件をもとに、転職エージェントは紹介可能な求人を探していきます。

ただし、あまりこだわりが強く多くの希望条件があると、紹介できる求人数が限られてしまう可能性があります。

そのため、これは絶対希望したいという条件を2~3つくらいに絞って転職の軸として伝えていただくのがベストです。

逆に転職エージェントに聞いておいた方がいいことは?

転職エージェントに聞いてみることで、転職希望者(求職者)にとってメリットになることもあります。

面談では、転職エージェントに聞かれることが多いですが、以下のようなことを逆に聞いてみるのもいいでしょう。

  1. 転職エージェントのサポートについて
  2. 希望条件を広げればもっと求人紹介があるかについて
  3. 転職エージェントの生い立ちや経歴について

1.転職エージェントからどのようなサポートをしてもらえるか

面談のはじめに転職エージェントから説明がある場合が多いですが、どのようなサポートがあるかは確認しておくべきです。

転職エージェントを利用する際に、内定をもらうことがゴールではありません。

より良い転職先に入社することが重要ですので、

  • 求人は都度紹介してもらえるのか
  • 面接対策はしてくれるのか
  • 内定をもらった際に年収の交渉をしてもらえるのか
  • 入社までのフォローは何かあるか

などサポートしてくれる内容を面談時に確認したほうがよいでしょう。

2.求人紹介時に希望条件を広げればもっと求人を紹介してもらえるか

より多くの求人を紹介してもらえることによって、自分がより魅力的に感じられる求人に出合える可能性を高められます。

転職エージェントより求人を紹介してもらったとき、大体の求人は求職者の希望条件にマッチしたものを紹介されます。

ただし、転職エージェントによってはおすすめの求人といっても、転職エージェント側にメリットのある求人先だけを勧めてくる可能性も少なからずあります。

そのため、
「他に紹介できる求人が他にないか」
「希望業界や職種を広げたり、こだわりを取り除いたりしたら紹介求人が増えるか」
は確認いただいた方がよいでしょう。

時に、自分にとって絶対に入社したい企業だと思っても、書類選考で落ちてしまったり、また選考が進んでいくにつれてイメージしていた企業とは違ったという可能性も出てきます・

だからこそ、多くの求人を紹介してもらい、選考と一緒に希望先を絞っていく方がよいでしょう。

3.転職エージェントの生い立ちや経歴も気になれば聞いてみましょう

転職エージェントの担当者について知ることで、より信頼感を得られる可能性があります。

転職エージェントは、転職希望者(求職者)に転職のアドバイスをしていく立場です。

もし気になれば、転職エージェントがどのような経歴なのか、どのような業界で何年くらい転職エージェントをしているかなど聞いてみるといいでしょう。

転職エージェントの担当者について知ることで、この人は信頼できる転職エージェントだなと安心感を得られる可能性があります。

入社するまで、転職エージェントとマンツーマンでやりとりするので、面談を通して信頼できる転職エージェントかを見極めていくことも大事です。

聞かれて困ったと転職エージェントが思った場面は?

書類応募の時に直接応募企業とやり取りをしていいかと聞かれて困ったことがあります。

転職エージェントでは、転職希望者(求職者)が求人に応募するとなったら、転職エージェントが履歴書と職務経歴書、推薦文やPR文、職種によってはポートフォリオなどを応募企業へ送ります。

面談を通して、求職者の方の長所やアピールポイントを見抜いて、転職のプロが応募企業へ推薦していく流れです。

しかしながら、求職者の方が直接応募企業へ応募書類を送ったり、やり取りをしたいという事を聞かれることもありました。

転職希望者(求職者)が直接やり取りをできないため、心配になったり、直接アピールをしたいという気持ちもわかります。

客観的な視線で求職者の方を推薦することで、応募企業先もその方がどういう方なのか理解しやすいこともあるので、選考を通しての応募企業とのやり取りは、ぜひ転職エージェントに任せていただければと思います。

この転職エージェントでいいのか面談から判断するために聞くべきポイントは?

転職希望者(求職者)にとって、より信頼できる転職エージェントかどうかを判断するポイントとして、以下の2つをご紹介します。

  1. サポートをしっかりしてもらえるかを確認する
  2. 市場動向や転職動向を聞いてみる

1.サポートをしっかりしてもらえるかを確認する

転職サポートがある・なしだけでなく、サポートの内容もいることで転職エージェントを判断できます。

転職エージェントには、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策やロールプレイングをしてくれるサポートを行っている転職エージェントが多くあります。

面談時に、添削やロープレなどのサポートをしてもらえるか確認することをおすすめします。

面談時に持参した履歴書と職務経歴書をその場である程度添削してもらえる転職エージェントもあります。

しかし、その時に返された応募書類が例えば誤字脱字ばかりであったり、見当違いな内容を書かれてしまったりする可能性もなきにしもあらずです。

転職エージェントのサポートの内容によって、この転職エージェントは本当に信頼できるのかを判断材料にすることもいいでしょう。

市場動向や自分自身が希望する業界・業種に関しての転職動向を聞いてみる

転職エージェントに市場動向などを聞くことで、知識が豊富かどうか、そして企業との連携できている転職エージェントかどうかがわかります。

転職エージェントは、求職者に的確なアドバイスをしていくため、転職市場の市場動向や他社転職エージェントの動向などを日々リサーチしていく必要があります。

面談の際に、自分自身が希望する業界や業種について、

  • 市場動向はどのような感じなのか
  • 転職しやすいか
  • 希望する会社にはどのくらいの求職者が応募しているか

などを確認してみてもいいでしょう。

転職エージェントがより細かく丁寧に答えてくれたら、きちんと日々市場動向を勉強していたり、企業とも密にコミュニケーションが取れている転職エージェントである可能性があります。

そういった転職エージェントを信頼して、サポートをお願いしていく方がいいでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントとの面談を受けるにあたり、求職者も準備をしていった方が良いこともあります。

自身の今までのキャリアについて、過去・現在・未来を振り返ったりイメージしていくことは転職活動において非常に重要なことであります。

面談の際に転職エージェントと一緒に相談をしていくこともいいですが、事前にある程度はメモにおこしたりイメージをしていただいた方が、面談はスムーズに進んでいくと思います。

ぜひ面談前に実践をしてみていただければと思います。

この記事があなたの転職活動に役立てば幸いです。