【転職のプロが教える】転職エージェントの面談が怖いと思う理由は?

『#就職しよう』は、複数企業と提携しながら、正しい情報を提供することに努めています。 当サイトを経由して登録などのお申込みがあった場合に、各企業から支払いが発生することもございますが、それがランキングや口コミなど提供している情報に影響することは一切ございません。 読者の皆様のお役に立てることを第一に考え、情報提供しておりますので、当サイトで得た収益はより確実な情報収集およびコンテンツの充実に充てさせていただきます。 (コンテンツポリシーの詳細はこちら)
この記事の執筆者

株式会社アドバンスフロー:中塚 章浩

パーソルテンプスタッフ株式会社に約6年在籍し、現在は人材紹介会社「株式会社アドバンスフロー」の代表取締役。
のべ約2,000名もの転職支援を行い、求職者が希望する仕事を得られるよう尽力。人材業界16年の経験から「転職はしっかりとした情報が得られれば得られるほど、理想の職場を見つけられる」と確信し、多くの人が情報を得られるよう、記事の監修も行う。

「転職エージェントとの面談って怖いの?」
「なんで担当者の態度が怖いの?」

と思っていませんか。

この記事では、転職エージェントの面談が怖いと言わる点について解説します。

転職エージェントとの面談を怖いと感じている方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

最初にチェック!おすすめ転職エージェント

doda
リクルートエージェント
公式サイトへ
・豊富な求人数は国内トップクラス
・転職支援実績NO.1
約2分で登録!
登録はこちら
doda
dodaエージェントサービス
公式サイトへ
・豊富な求人数をもつ
・転職サイトとしても利用可
約2分で登録!
登録はこちら

<PR>

転職エージェントとの面談が怖いと言われる理由とは?

転職エージェントとの面談が怖いと言われる理由に、よく以下のような点が多く聞かれます。

  • 面接中に説教される
  • 見捨てるような態度を取られる
  • 他社の登録を退会するように迫ってくる
  • 頻繁に電話がかかってくる
  • 求人を一方的に多数紹介してくる
  • そもそも無料サービスということ自体が怪しい

まず、転職エージェント側としては、求職者に対して見捨てるようなことはありません。

もし見捨てられるなどの態度に見えてしまったとしても、本心では求職者のサポートしたいという思いですので、安心して転職エージェントへ相談して問題ないです。

求職者の転職先の選択肢を増やそうという思いから、求職者への連絡の頻度が増えてしまったり、や求人の紹介数が増えてしまったりする時もあります。

しかし、転職エージェント側は善意で上記のような行動を取っているので、ぜひマイナスに捉えずに対峙していただきたいです。

なぜ転職エージェントとの面談が怖いと言われるようなことが起こるの?

怖いと思ってしまうのは、自分についてのみ聞かれる面談であるがゆえに感じてしまう感情であると考えられます。

普段の会話の中で、自分の過去の経験、現在の就業状況、将来のキャリアについて約一時間も深堀されることはありません。

そのため、なぜここまで自分のことを他人に教えなくてはいけないのか、とネガティブな感情を抱いてしまう傾向にあります。

転職エージェントの圧迫面談はよくあるものなの?

基本的に転職エージェントはキャリアについて親身になって聞いてくれる場ですので、圧迫面談が行われることはありません。

細かく将来のキャリアに関する相談をしてくれるので、安心して転職エージェントを利用してください。

しかし、先述したように転職エージェントで圧迫面談があり怖く感じたという声もあります。

ただ、圧迫面接があったと感じた方も、転職エージェントの担当者の話し方や考え方など相性が良くないだけの可能性が高いです。

相性が合わない可能性があるならば、転職エージェントや担当者の変更を依頼してみると良いでしょう。

面談が怖かったという理由で転職エージェントを退会した人っているの?

経験上、面談が怖いという理由で転職エージェントを退会した人は聞いたことはありません。

ただし、どうしても怖いと感じてしまった場合は退会して他の転職エージェントを探してみることも一手段であります。

しかし、すぐに退会をしてしまうのではなく、同じ転職エージェントにもたくさんの担当者がいます。

機会の損失を起こさないためにも、まずは変更依頼の連絡を入れてみる・会社HPにある代表メール宛に相談するなどを検討してみてもいいでしょう。

面談申込時に担当者のリクエストを送ることはできないの?

面談申込時に転職エージェントへ担当者リクエストを送ることは、可能です。

やはり、自分の将来のキャリアに携わることですので、いかに納得のいく面談をするかが重要です。

そのような重要な面談を怖いという理由で機会損失してしまうことはとてももったいないことです。

自分が納得いくような面談をするには、どのようなアドバイスをくれる人が向いているのか事前に考え、担当者のリクエストをすることは全く問題ないです。

むしろ、転職エージェント側もリクエストを頂けた方が、担当者を選び易いのでお互いマッチした状況で面談を実施することができます。

面談で怖いと感じたりなめられたりしないためにどうしたらいい?

怖いと感じたりなめられたりしないようにするには、やはり自分のキャリアについて正直に話すことが一番重要です。

やはり転職エージェント側は常により的確なアドバイスをしようとしているのですが、やはり候補者の情報が少なければ少ないほど、的確なアドバイスが難しくなってしまいます。

より詳細に自分の過去の経験、現在の就業状況、将来のキャリアについて話すことで、丁寧に優しく的確なアドバイスをエージェントは提供してくれます。

面談時に怖いと感じても、そのまま同じ人にお願いした方が良いの?

面談時に怖いと感じた時は、すぐに他の人へ担当者変更依頼を出した方が良いでしょう。

怖いと感じたまま面談を進めていても、常にモヤモヤした感情を持ちながらキャリア相談をしてしまうので、自分の納得いく転職活動をすることができないかもしれません。

それでは時間の無駄になってしまうので、ぜひ担当変更依頼をしてみてください。

変更方法は、直接連絡しても問題ございませんし、抵抗がある方は他の連絡先に担当変更して欲しい旨を連絡してみましょう。

企業HPやメールの署名に大抵は記載があります。

自分に合った転職エージェントを見つけるにはどうしたら良いの?

まずは、転職エージェントを絞らないことが重要です。

転職活動で利用するエージェントを選ぶ際のポイントとして、以下の3点が挙げられます。

  1. 自分が興味のある求人を持っているか
  2. 自分のことを親身になってキャリア相談をしてくれるか
  3. 自分と相性の良い転職アドバイザーか

登録した転職エージェント1社目で上記3点が揃っている転職エージェントが見つかることは正直難しいです。

そのため、複数の転職エージェントを見て、最終的にどのエージェントをメインに転職活動を進めていくか決めていくと良いでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントとの面談で圧迫面談を行うことはないですが、人と人ですので相性的に怖いと感じる方もいらっしゃいます。

転職活動とは自分の人生に大きく影響を与えるイベントになります。

そのため、転職エージェントとの面談で少しでも違和感を感じた際は、転職エージェントを変更したり担当者を変更したりと、すぐに変更対応を行う必要があります。

転職エージェントは候補者を守る立場にありますので、思ったことは何でもすぐに相談をしてみてください。

候補者が不利になるようなことはしないので、安心して連絡をしてみましょう。

この記事が、あなたの転職活動に役立てば幸いです。

関連記事
転職をするなら、転職エージェントを積極的に活用することをおすすめします。

転職に関する不安や悩みを相談でき、転職活動へのアドバイスや支援を受けられます。

こちらの記事では、さまざまな条件におすすめの転職エージェントを詳しくご紹介しています。
【転職のプロが比較】転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

転職活動に不安を感じている方、
転職エージェント探しに苦戦されている方、
ぜひ一度こちらの記事をチェックしてみてください。
この記事の執筆者
「法人派遣マッチング」ならびに
転職エージェント「♯就職しよう」運営
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩

大手人材サービス会社在籍で2,000名以上の就業に携わり、
「自分に合った派遣会社や人材紹介会社を選ぶ重要性」 を肌で感じてきました。この記事の執筆を通して、派遣会社や人材紹介会社を選ぶ際のミスマッチを少しでも解消できればと思っています。
現在、派遣会社と企業をつなぐ「法人派遣マッチング」と求職者と企業をつなぐ「転職エージェントサービス」を運営しており、それらから得られる最新情報をお伝えするべく、随時、記事の編集や更新も行っています。

経歴
パーソルテンプスタッフ株式会社に在籍後、2010年に株式会社アドバンスフローを設立し、求職者向け情報サイト「♯就職しよう」を運営。現在、#就職しようの執筆とともに、転職・就職などHR領域に関するサービスを多数展開中。 ・執筆者の詳しい経歴はコチラ
関連URL 著書