【転職エージェントが教える】転職エージェントから応募した方が有利?

「転職エージェントから応募するのと、直接応募するのとどちらが有利なの?」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントからの応募が有利なのか解説します。

転職活動を効率的に進めたいという方やこれから転職エージェントの利用を考えてている方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

転職エージェントから企業に応募した方が有利なの?

興味がある企業が転職エージェントでも直接でも応募可能な場合は、転職エージェントからの応募の方が有利です。

なぜなら転職エージェントを利用することで、転職エージェントから得られるメリットを活用して転職活動を進められるからです。

有利とはいえ、転職エージェントに手数料を支払うことになっても優秀な人材を採用したいと考えている企業は、当然ながら採用基準が厳しいです。そのため応募にあたっては、戦略を練ることが大切です。

ただ企業によっては、自社HPや求人サイトのみで求人募集をしているケースもあり、転職エージェントを利用しても応募ができないケースもあります。

転職エージェントから企業に応募した方が有利になる理由とは?

転職エージェントから企業に応募した方が有利となる理由として、以下の3つがあります。

  1. 企業の内部事情がわかる
  2. 応募書類(履歴書・職務経歴書等)の相談ができる
  3. 面接対策ができる

1.企業の内部事情がわかる

転職エージェントの営業担当者は、企業の内部事情をよく知っています。

  • なぜ求人募集をしているのか
  • どのような人物が求められているのか
  • 社風などうか

などホームページや求人サイトの情報だけでは分からないような本音の情報を知ることができます。例えば事務職の募集で「未経験可」と書いてあっても、まったくの未経験ではなくパソコンの基本的な操作はできる人材の方が有利になったりするのです。

このような企業の内部情報を知って応募するほうが、ミスマッチを防ぐことにつながります。

2.応募書類(履歴書・職務経歴書等)の相談ができる

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書等の書き方の相談や作成後の添削などのアドバイスを受けることができます。

転職エージェントを通じての応募でもまずは書類選考があります。 書類選考の際に提出する書類をよりよいものにすることで、書類選考通過率をアップできる可能性があります。

また応募の際には、転職エージェントの担当者が「推薦文」を書いてくれるので、転職支援のプロから見たあなたの強みと企業にアピールしてもらうことができます。

3.面接対策ができる

転職エージェントでは、応募書類の添削の他に面接対策も行っています。

基本的なマナーから受け答えの仕方、志望動機や自己PRの確認など、面接本番を想定しての面接練習ができます。 企業の内部事情をよく知っている担当者から、より具体的なアドバイスを受けることが可能です。

どんな求職者なら転職エージェントを利用するべき?

特に利用すべきなのは、在職中で転職活動になかなか時間が掛けられない方です。

転職エージェントを利用していると、面接日の日程調整など企業と直接やり取りせずに進めてもらうことができます。

また初めて転職活動をする人も転職エージェントは積極的に利用するべきです。

なぜなら初めてでわからないことも多い転職でも、転職エージェントから転職活動の進め方を具体的に教えてもらうことができるからです。自己PRや志望動機に自信がない人は、具体的にアドバイスを受けることができるので特におすすめです。

逆に転職エージェントから応募した方が不利な場合はあるの?

基本的は転職エージェントから応募して不利になることはありません。

むしろ面接対策や書類の添削、企業の内部情報などを得られることから、転職エージェントから応募できる場合は転職エージェントからの方が有利になることが多いです。

ただし企業が転職エージェントを活用していない(つまり転職エージェントから応募できない)場合は、直接応募することになります。その際はご自身でしっかり準備をすることが必要です。

「この企業は転職エージェントのみ」ということはあるの?

企業が求人募集をしていることを秘密にしている「非公開求人」の場合は、転職エージェントを通じてのみ応募が可能です。

一概には言えませんが、企業によっては、特定の転職エージェントを通じての応募しか受け付けていない場合もあります。

特定の企業への転職だけを狙っている場合は転職エージェントは利用しないほうがいい?

狙っている企業がどのような採用活動をしているかによります。

転職エージェントを利用して採用活動をしている場合は、転職エージェントは利用した方がいいでしょう。

しかしながら自社のホームページのみで採用活動しているならば、転職エージェントは利用しても狙っている企業への応募はできないため、余分な手間がかかってしまう可能性もあります。

まとめ

この記事をまとめると、

企業への応募は、転職エージェントを利用した方が有利な場合が多いです。

ただし、その企業が転職エージェントを活用してない場合は、ご自身で応募することになります。

企業がどのように求人募集をしているのか、一度調べてみましょう。 不明な場合は、一度転職エージェントに相談してみることをおすすめします。 転職活動について具体的な情報を得ることができます。

この記事があなたの転職活動に役立てば幸いです。