【転職のプロ監修】プロジェクトマネージャーにおすすめ転職エージェントランキング

この記事の管理者
株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

プロジェクトマネージャー おすすめ転職エージェントランキング

「プロジェクトマネージャー(PM)におすすめの転職エージェントはどこだろう?」と悩んではいませんか?

転職会社で約6年働いた「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

この記事で、信頼を寄せる転職エージェントに出会い、素敵な勤務先と巡り会えることを心より願っております。

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

プロジェクトマネージャー(PM)におすすめの転職エージェントランキング

プロジェクトマネージャーの転職には、
「プロジェクトマネージャーの求人が多い転職エージェント」
がおすすめです。
なぜなら、求人の多い転職エージェントに登録することで求人の選択肢が広がり、希望する条件の求人や好条件の求人に巡り合う可能性が高くなるからです。

そこで、Googleで「プロジェクトマネージャー 転職エージェント」と検索した際に掲載されていた転職エージェント13社を抽出し、求人数を調査すると、以下のような結果となりました。

プロジェクトマネージャー(PM)におすすめ転職エージェントランキングプロジェクトマネージャーの求人数(件)

リクルートエージェント

10,016

マイナビエージェント

4,757

ワークポート

3,907

dodaエージェントサービス

734

パソナキャリア

2,319

レバテックキャリア

1,435

エリートネットワーク

745

type転職エージェント

974

Geekly

991

Micheal Page

163

TechClipsエージェント

8

マイナビクリエイター

355

ヒューマンリソシア

46
調査概要

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした転職エージェントについて Googleで「プロジェクトマネージャー 転職エージェント」という検索ワードで検索して掲載していた「『有料職業紹介事業許可』を取得している」企業などを12社厳選としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントがWEBサイトで公開している求人のうち、「条件:プロジェクトマネージャー」の条件に合致する求人数をカウントしました。
調査日 2021年10月25日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の指標のひとつとしてご利用ください。

ここからは、各転職エージェントそれぞれについて詳しくご紹介します。

【求人数第1位】リクルートエージェント

リクルートエージェントのホームページ画像

リクルートエージェントのおすすめポイント

転職支援実績は累計45万人以上
転職支援実績が豊富です。2011年度の転職実績では、14.2%の方がIT・通信業界へ転職が決定しています。
求人が豊富・非公開求人も含めて20万件以上の求人数
公開されずに採用が決まっていく「非公開求人」が豊富なため、好条件の求人が見つかりやすいです。
特に、営業職や技術職(IT系・その他含む)、コンサルタントの求人が豊富です。
リクルートエージェントに関する情報
プロジェクトマネージャーの求人数 10,016件
取り扱い職種 アプリエンジニア、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニア、セキュリティエンジニア、通信系インフラエンジニア、ITアーキテクト、サポートエンジニア・運用SE、社内SE、IT戦略・システム企画担当、ヘルプデスク、テクニカルサポート、基礎研究、製品開発、組込み・制御エンジニア、プリセールス、セールスエンジニア、品質管理、テスト、情報システム・監査、WEB、インターネット、ゲーム、デザイナー、クリエイター
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員 他

【求人数第2位】マイナビエージェント

マイナビエージェント
画像引用元:「マイナビエージェント」公式サイト

マイナビエージェントのおすすめポイント

  • 20代に信頼されている転職エージェントNO.1!
  • 平日忙しい人のために、土曜日も面談実施中です。
マイナビエージェントに関する情報
プロジェクトマネージャーの求人数 4,757件
取り扱い職種 営業・販売/経営・企画・マーケティング/事務系(経理・総務・人事)/IT・エンジニア/電気・機械・科学エンジニア/医療・医薬品・化粧品/コンサルタント/建築・土木技術
取り扱い業種 IT・通信/Web・インターネット/機械・電子/科学・素材/商社/物流・運輸/小売・卸売・サービス/旅行・エンタメ/マスコミ・広告/人材/コンサルティング/金融・保険/不動産・建設/医療・医薬/インフラ・官公庁
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/他

【求人数第3位】ワークポート

ワークポート
画像引用元:「ワークポート」公式サイト

ワークポートのおすすめポイント

  • ホテルのコンシェルジェのような、きめ細やか転職サポートに定評がある
  • これまでの転職支援の実績を元に、データからひとりひとりに合った求人を提案してくれます。
ワークポートに関する情報
プロジェクトマネージャーの求人数 3,907件
取り扱い職種 ソフト開発・システムエンジニア/クリエイティブ/ネットワーク/サポート/研究・製品開発/品質・評価/コンサルタント・プリセールス/ゲーム/ものづくり系エンジニア/営業/事務・管理/企画/マーケティング・プロモーション/役員/販売・サービス
取り扱い業種 ゲーム/インターネットサービス/WEB制作・デザイン/SI/MI/ソフトウェア・クラウドサービス/広告・マーケティング・リサーチ/SES・ITアウトソーシング/通信・ISP・データセンター/ITコンサル/放送・映像・音響/出版・グラフィックデザイン/メーカー/商社/外食・フードサービス/レジャー・アミューズメント・スポーツ施設/ホテル・ブライダル・旅行/美容・エステティック/運輸・流通/教育/人材サービス/アパレル・ファッション雑貨/スーパーマーケット・コンビニ・量販店/自動車販売/家電・OA・携帯/調剤薬局・OTC/医療機関/福祉サービス/コンサル・シンクタンク/建築・土木・設計/不動産/マンション管理・ビルメンテナンス/設備関連/電気・ガス・水道・エネルギー/銀行・信用金庫/証券/保険
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/契約社員/業務委託

【求人数第4位】パソナキャリア

パソナキャリア
画像引用元:「パソナキャリア」公式サイト

パソナキャリアのおすすめポイント

  • グループ企業一体で「女性躍進活躍」を掲げているので、女性の転職サポートに定評あり。
  • 紹介求人の質が高さが評価されています。
  • メール及び電話対応がスピーディーなので、転職活動がスムーズに進みやすいです。
パソナキャリアに関する情報
プロジェクトマネージャーの求人数 2,319件
取り扱い職種 営業/管理・事務/IT・WEBエンジニア/技術職/クリエイティブ/マーケティング・企画/コンサルタント・士業/販売員・サービススタッフ/研究・開発/専門職
取り扱い業種 製造業/商社/流通・小売・サービス/IT/マスコミ・広告/金融・保険/不動産・建設/物流・倉庫・交通/コンサルティング・士業/医療・医薬品/教育・人材ビジネス/環境・資源・エネルギー
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/他

【求人数第9位】dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービスのおすすめポイント

  • ITエンジニアの求人数が1万件以上
  • エージェントからの連絡が早い
dodaエージェントサービスに関する情報
プロジェクトマネージャーの求人数 734件
取り扱い職種 アプリエンジニア、サーバエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニア、セキュリティエンジニア、通信系インフラエンジニア、ITアーキテクト、サポートエンジニア・運用SE、社内SE、IT戦略・システム企画担当、ヘルプデスク、テクニカルサポート、基礎研究、製品開発、組込み・制御エンジニア、プリセールス、セールスエンジニア、品質管理、テスト、情報システム・監査、Web、インターネット、ゲーム、デザイナー、クリエイター
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員

プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャーの違いは?

「プロジェクトマネージャー」と「プロダクトマネージャー」は、単語としては似ていますが全く別の職種です。

どちらも略すと「PM」ですので混同しやすいかと思います。

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の業務管理を担う役割であり、目的や予算、そして期間に応じて、プロジェクトの進行を管理していく職種です。

プロジェクトに関わる関係者がスケジュール通りにタスクを消化できているか把握し、リスクや障害があれば解消のために旗振り役を努めます。

一方のプロダクトマネージャーは、担当する製品、つまりプロダクトをより価値の高いものにすることが職務です。

単にいい製品を作ればよいという役割ではなく、収益を得るまでのプロセス全ての統括者を担うのがプロダクトマネージャーです。

もちろん、それぞれのプロセスには専任の担当者がいますが、それらの担当者を取りまとめて製品の価値を高めることが使命になります。

個別のプロジェクトの進行管理をするのがプロダクトマネージャー、製品の統括を行うのがプロダクトマネージャーと覚えておきましょう。

プロジェクトマネージャーに向いてる人は?

プロジェクトマネージャーに向いている人は、以下のような特徴を持つ方です。

  • コミュニケーションに長けている人
  • ちょっとしたことに動じず、高い壁ほど燃える人
  • 全体像が把握できる仕事に楽しさややりがいを感じる人

例えばシステム開発においても、技術面のスキル以上に上記のような特徴が必要となります。

細かい技術面に関してはプロジェクト内の技術に精通したメンバーに任せてもよいのです。

多数のメンバーをまとめたり、関係者との利害、スケジュール調整にはコミュニケーション能力が書かせません。

数多くのタスクを進行管理する中では、不測の事態には率先して解決への道標を作っていく必要もあります。

全体像を把握し、大きな仕事が動いていくことに楽しさを感じられる人こそ、プロジェクトマネージャーに向いていると言えます。

プロジェクトマネージャーは年収1000万円を狙うことは可能?

プロジェクトマネジャーは年収1000万円以上を狙うことが可能な職種です。

「プロジェクト」と一口に言っても、例えば社内の自部署だけで行う小さな改善プロジェクトでもプロジェクトマネージャーと呼んで差し支えありません。

しかしながら、年収1000万円を達成できる次元のプロジェクトマネージャーとは、もっと大規模かつ高額の利益が得られるプロジェクトを遂行するプロダクトマネージャーです。

例えば、複数の企業が関係したり、事業の収支に大きな影響をもたらすようなプロジェクトと想像するとよいでしょう。

一つの目安として、「PMP」というプロジェクトマネージャーとしての専門知識を証明する資格が必要となるレベルと考えると良いでしょう。

PMに年収1000万円を出せる企業となると、昇格要件としてPMPという資格取得が条件になっているケースも多く見られます。

もちろん実務経験が重視されるのは間違いないですが、コスト管理や収支把握に目を向けると、手法に関する知識も必要となるということです。

プロジェクトマネージャーは市場価値が高く将来性がある?

プロジェクトマネージャーは市場価値が高い職種であり、将来性もあります。

IT系のプロジェクトマネージャーを例として取り上げると、技術トレンドの知見・スキルを獲得しながら、メンバー管理や利害関係者との調整まで器用にこなさなければなりません。

そのようなマルチな能力を期待されるプロジェクトマネージャーとして活躍できる人材は各企業で不足しており、求人も豊富にあります。

また、時代とともに移り変わっていく技術スキルとは異なり、マネジメントスキルは不変的であると言えます。

このため、プロジェクトマネージャーとして積んだ経験は将来も活かせる可能性が高く、需要が大きく下がることはないであろうと考えられます。

プロジェクトマネージャーの役割と仕事内容は?

プロジェクトマネージャーの役割は、端的に言うと「プロジェクトの管理・推進役」です。

ある目的を達成するために、社内外の複数のメンバーのマネジメント役としてスケジュール管理、進行管理、予算・コスト管理などを担います。

また企画段階から納品・リリース段階まで、一貫して担当する役割でもあります。

大規模なシステム開発においては、部下としてセクションごとの細かい開発管理を担う「プロジェクトリーダー」が存在することもあります。

このようにプロジェクトマネージャーは大きな裁量を持って仕事ができ、責任や影響度が大きいポジションです。

プロジェクトマネージャーはストレスが溜まりやすい?

プロジェクトマネージャーは、人によってはストレスが溜まりやすい仕事である可能性があります。

例えば、以下の内容に苦手意識があったり、疲労感を感じる人にはストレスが大きいでしょう。

  • 人前で話すことに緊張感があり、身構えてしまう
  • 他者の都合で起きたトラブルや遅延につきあわされるのが辛い
  • 周囲のことや未来のことに気を配る余裕がない

プロジェクトマネージャーの仕事はコミュニケーションや調整が多くを占めますので、単純に人付き合いが煩わしいと感じる方にはストレスが溜まりやすいと言えます。

会社によってはプログラマとしては努力でき能力が評価されたものの、先のキャリアパスはマネージャーしかなく、仕方なく登用されたという方もいるでしょう。

技術や現場重視でやってこられた方にとっては、プロジェクトマネージャーは辛い仕事である可能性が高いといえます。

プロジェクトマネージャーになるには未経験だと難しい?

プロジェクトマネージャーは未経験でなるには難しい職種です。

なぜなら、プロジェクトマネージャーは複数のメンバーを束ねるマネジメントのポジションだからです。

プロジェクトの背景や細かいタスクを理解できる能力があって、初めて成り立ちます。

未経験からプロジェクトマネージャーを目指す場合、後輩の指導や、小さい責任範囲でのリーダーを任せられるようになるところから始めましょう。

職種や業界を問わず、いきなり大きな責任を伴う仕事を任されることはほぼないと考えておいた方がよいでしょう。

プロジェクトマネージャーは資格を取得した方がいい?

プロジェクトマネージャーになる上で、必ずしも資格は必要ではありません。

大小問わず、実際にプロジェクトをやりきった経験や、複数のメンバーや利害関係者をまとめた実務経験が重要視されます。

ただし、企業によってはプロジェクトマネージャーへの昇格要件や中途採用の応募条件として、資格が必要になる場合があります。

プロジェクトマネージャーに関わる代表的な資格としては以下の2つが挙げられます。

  • プロジェクトマネージャ試験
  • PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)

「プロジェクトマネージャ試験」はIPA(情報処理推進機構)が主催する国家資格試験です。

一方の「PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)」はPMI本部が主催する国際的に通用する資格です。

相応の努力が必要ではありますが、本格的にプロジェクトマネージャーとしてのキャリアを歩むのであれば勉強、取得して無駄になることはないでしょう。

プロジェクトマネージャーの募集要項として多い条件、求められるスキルは?

プロジェクトマネージャーの募集要項としては、以下の条件が挙げられる事が多いです。

  • プロジェクトの管理経験がある
  • システムの設計、開発、テスト等の広い工程に関する知識がある
  • 一つ以上の高度な専門知識、豊富な実務経験がある

特にプロジェクトの管理経験の有無については深堀りして聞かれることが多く、必須条件と捉えてよいでしょう。

小さなプロジェクトであっても、メンバー、予算、スケジュールを意識して取り回した経験は、転職活動でアピール要素になります。

プロジェクトマネージャーになれる年齢に制限はある?

プロジェクトマネージャーになれる年齢には特に制限はありません。

豊富な仕事の経験が必要となりますから、30代後半〜40代でプロジェクトマネージャーを務める方が多い印象です。

それまではSEやリーダーを勤め、経験を積んだ後に着任するということです。

年齢制限はないものの、仕事を全うできるだけの経験を得るには相応の時間が必要となります。

プロジェクトマネージャーとはどんな仕事?

プロジェクトマネージャーとは、システム開発における責任者のポジションです。

システムのリリースに至るまでのゴールに向けて、品質やコスト、納期を守り達成することが仕事となります。

この仕事を達成するために複数のメンバー(SE、PG)をまとめ、ステークホルダーとの調整を重ねる役割を担います。

これら管理業務が主となるため、細かいシステム開発は行う機会は無いことのほうが多いでしょう。

プロジェクトマネージャーの将来のキャリアパスは?

プロジェクトマネージャーはシステム開発において一番の責任者の役割になります。

このため、プロジェクトマネージャー以降のキャリアパスとしては社内の上位役職者を目指すことが多いです。

例えば、「システム開発部門の部長」や、「CIO(情報システム部門トップ)」が挙げられます。

担当事業における開発プロジェクト全てを管轄する立場となりますので、プロジェクトマネージャーのうちから複数のプロジェクトを同時に対応する経験をしておくとよいでしょう。

また、上位役職者同士の打ち合わせや商談に参加することも多くあり、調整・交渉の機会は増加する立場になります。

まとめ

この記事をまとめると、

プロジェクトマネージャー(PM)の転職なら、
リクルートエージェント 公式サイトはこちらがおすすめです。
リクルートエージェントは業界最級のITエンジニア関連求人を常時3万件以上保有しているので、希望の求人に巡り合う確率が高まります。

この記事が、
あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

関連:IT系おすすめ転職サイト
【転職のプロが19社比較】ITにおすすめの転職サイトは?(ITエンジニア、WEBデザイナー、ゲームクリエイター)
こちらの記事では、「IT業界」の求人を豊富に掲載しているおすすめの転職サイトをご紹介しています。

転職エージェントと併用することで、求人に出合うチャンスが広がる転職サイトもぜひ一緒に登録しませんか?

関連:IT系おすすめ転職エージェント
【転職のプロが15社比較】ITにおすすめの転職エージェント(ITエンジニア・Webデザイナー・ゲームクリエイター)
こちらの記事では、「IT」の求人を豊富に掲載しているおすすめの転職エージェントをご紹介しています。
さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載